物販

ECサイト初心者でもわかる!売れるデザインとは

自分でECサイトを作る時に、サイト内のレイアウトやデザインは、慣れていない人にはとても難しい作業です。初めてデザインを考えるときに有効な方法は、実績のあるECサイトのデザインを参考にすることです。

今回は、ECサイトを制作するときに参考になる「売れるデザインレイアウト」を紹介します。初心者でも分かりやすいように解説するので、これからECサイトを製作しようという方もぜひ参考にしてください。

Contents

ECサイトのデザインとレイアウトの基本は?

商品を販売するためにECサイトを新しく制作する時に、難しいポイントはレイアウトやデザインで、誰でも悩む作業です。素人っぽいデザインは、もちろん集客を減少させてしまいますが、デザイン性がありカッコ良いサイトが売れているわけでもありません。

ECサイトのデザインで一番重要なポイントは「シンプルでわかりやすい」ことです。色々なサイトを見比べている人に対して配慮や心配りがされているサイトは、商品が見やすくて購入までの流れにストレスがないので自然とユーザーに選ばれます。

評判がよくて多くのユーザーに選ばれている人気のECサイトは、セオリーを決まって守っていて、「王道」とも言えるデザインがあります。何事も基本はとても大事なので、まずはその基本を覚えてください。そこから自分のオリジナリティを加えていけば、売れやすいECサイトを制作できるようになります。

ECサイトの第一印象が重要

ページを開いた時のパッと見た感じで、どのような印象を受けるかも大切です。サイトに訪れた人が「このサイトをもっと見てみたい」と思うためには、「見にくさ」や「分かりにくさ」を感じないようなレイアウトデザインが大切です。

そして、自分の取り扱う商品のターゲットをイメージして、その客層が好印象を感じるデザインを考えます。サイトの配色ロゴデザインフォントの印象などに気を配って、第一印象を良くします。そうすることでサイトに訪れた人がサイトをゆっくりと閲覧することにつながって、商品が売れる機会が自然と増えるようになります。

購入までの流れをスムーズにする

人気のあるECサイトでの共通点の一つに、「購入までがスムーズに操作できる」というのもポイントです。サイトに訪問したユーザーが商品を見るために回遊して、商品をクリックして購入するという基本行動を起こしやすいデザインであれば、商品が自然と売れやすくなります。

購入までの行動がスムーズにストレスなく行えれば、顧客の満足度向上にもつながって商品を購入以上の「良い体験」をしてもらえます。サイトを製作する時には、購入する人の立場になって考えてどのようなサイトであればスムーズか、逆にどんなレイアウトだとストレスに感じるかを考えながら制作しましょう。

売れるECサイトのデザインの共通点は?

売れるECサイトのレイアウトデザインに共通していることは「見やすくて分かりやすい」という事で、仕組みが複雑な最新技術や奇抜なアイディアのサイトでも「見にくくて分かりにくい」サイトは売れません。逆に、難しい技術を取り入れてなくて、レイアウトがシンプルでも分かりやすければ売れます。

デザイン性にこだわってカテゴリメニューを増やしたり、カタカナや英語表記の部分を増やしたりすると、わかりづらさにつながります。お洒落な印象を求められるアパレル系のECサイトでも、どれだけお洒落な素材でデザインをしても分かりづらいレイアウトだと、意味がありません。売れているネットショップに共通しているパターンをまとめて、黄金デザインを部分ごとに紹介するので、ぜひ参考にしてください。

売れているECサイトのヘッダーデザイン

最初はこの画像を参考に、「売れるECサイトのヘッダーデザイン」をご紹介します。

ヘッダーデザインには、店舗ロゴを入れる場合が多いですが、その店舗ロゴは左上に設置します。そのロゴをクリックすれば、サイトのトップページが表示されるようにあらかじめリンクを設定しておくと、ユーザーにとって便利です。

そして、ヘッダーの目立つところに「5000円以上で送料無料」のようにいくら以上で送料が無料になるか、もしくは送料はいくらなのかを必ず掲載しておきましょう。ECサイトを利用するユーザーのほとんどは、送料無料で購入したい気持ちがあるので、その条件は目立つようにしておくとユーザーは安心して買い物ができます。

ページの右上には問い合わせができるリンクと電話番号も掲載しておくと、商品やその他の事柄について不明点について聞きたい時にわかりやすくなります。ヘッダーはサイトをデザインする時の中でも大事な箇所で、どのような第一印象を与えるかを左右する箇所でもあります。表示箇所に余裕があるなら、ブランドのキャッチコピーを表示しておくと、サイトに訪れた人がすぐにどのようなECサイトなのかを知ることもできます。

売れるECサイトのナビデザインについて

サイトナビと呼ばれる箇所のデザインについて解説します。

売れているECサイトでは、左カラムと呼ばれる縦のラインに、カテゴリーメニューを掲載している場合が多いです。ページの左側に、商品のカテゴリや種類をいくつかにわけて、そこをクリックしてリンクを開けば対象の商品ページが表示されるものです。取り扱う商品の種類が増えれば増えるほど、このカテゴリわけが非常に重要になります。

たとえば、楽天市場は多くのショップが出店しているネットモールですが、さまざまなカテゴリわけがされています。このサイドナビデザインがないと、目的の商品を見つけるまでに時間がかかり、見やすくてわかりやすいサイトとは呼べなくなります。

また、カテゴリーメニューの近くには検索窓を設置して、関連ワードで商品を検索できる機能をつけておくとより見やすくなります。サイトの訪問者にとって、どのようなカテゴリで分けておけば見やすいのかをしっかりと考えて、購入までの流れをスムーズになるように意識しましょう。

売れるECサイトのメインコンテンツのデザインについて

メインコンテンツデザインについて解説をします。

サイトを見た時に注視しやすいポイントになるメインコンテンツは、今何に注力をしているかが一目でわかる場所であると効果的です。できれば、「jQuery」などを利用したカルーセルバナー・スライドバナーで多くのアピールをして、関連ページや特集ページへのリンクを設定しておきましょう。

バナーや画像をクリックすれば、対象ページへリンクしているのがユーザーの共通意識なので、リンクが設定されていないと購入までがスムーズにはなりません。メインコンテンツの真下に位置する箇所も注目を集める場所なので、クーポンやレコメンド商品、イチオシの商品などの案内を掲載しましょう。

100円ほどの小額のクーポンでも効果は十分に期待できる上に、クーポンの獲得者にはメールが送られるので顧客獲得にも効果があります。さらに、下の箇所には多くのネットショップが「商品ランキング」を掲載していて、今見ているECサイトで売れているものを簡単に知ることができます。

ランキング形式にする事で日本人にはとくに効果があり、ほかのユーザーが購入した商品が欲しくなる方が多いです。メインコンテンツとその下部のデザインをしっかり考える事で、よりわかりやすいECサイトがデザインできます。

売れるECサイトのフッターデザインについて

サイトの一番下部にある「フッター」のデザインについて解説します。

楽天市場などの大型モールでよく見かけるフッターデザインのパターンに、このようなものがあります。ほかのウェブサイトでもメニューを探したり、企業情報を探したりするための箇所として殆どのページで作成されています。

ネットショップにおいては、このフッターに買い物をする流れをまとめている「ご利用ガイド」をほかの情報と共に、リンクを設定している場合が多いです。多くのユーザーは、ECサイトの細かい情報を知りたい時にはフッターを確認する癖が付いているので、心配りができているECサイトにする為にはフッターデザインも大切です。具体的には、「配送について」「支払い方法について」「領収書、納品書について」「返品、交換について」「会社情報」「お問い合わせ先」を掲載している場合が多いです。

パソコンサイトとスマホサイトのヘッダーデザインの違いはある?

パソコンサイトの場合のヘッダーデザインは、配置している要素のメリハリをつけてデザインした方がわかりやすくなります。具体的には、自社の強みや問い合わせ番号は目立つように掲載をして、ほかのそのサイトでも見かける要素は小さめに掲載をするとメリハリがつきます。

メリハリといっても不自然になると見にくくなるので、サイズや色の濃さなどで調整しましょう。スマホサイトの場合は、パソコンに比べると表示される画面が小さいので、省スペースで表示できるように工夫しましょう。

また、Wifiのない電車や外出先から見ることも多いので、表示速度が速くなるように考える必要もあります。小さい画面で動的なスライドショー形式の要素は見にくくなるので、スマホは静止画像を使用しているサイトが多いです。

ボタンやリンクをわかりやすくデザインする

サイト内に配置するボタンやリンクは目立たせるように工夫しないと、サイトの回遊率が悪くなる可能性があります。具体的には、ボタンのリンクを設定するところには、ブロック型で立体的になっているようなデザインのものを配置するとわかりやすくなります。

リンクを設定している文字には他とは違うフォントを使い、区別がつくようにしておくと分かりやすくなります。スマホはとくにパソコンのようなカーソルがないので、一目見た時にわかるようにしておきましょう。一番小さいものでも10mm程度にしておいて、指先でもタップしやすいようにしておく必要があります。

サイトの下にあるフッターのデザインについて

サイトの下部にあるフッターは購入する前に知っておきたい情報をまとめておくと、ユーザーはわかりやすく見やすいレイアウトになります。その内容は「配送方法、日数」「決済方法」「返品方法」「問い合わせ先」などを掲載して、ヘッダーに入りきらなかった情報を補う内容にします。

パソコンサイトの場合は、文章は短くして、大きめのアイコン大きめにして内容を把握しやすいようにしておきます。スマホはスペースが限られるので、短い見出しや画像バナーから、リンクを設定して別ページに誘導します。商品の詳細ページを見たユーザーが購入に至らない場合、ページ下部にあるフッターに関連商品のリンクがあればそこから回遊に繋がります。

フッターの内容を工夫をすれば次の販売チャンスにも繋がり、購入率もあがりますので目を惹く内容にする事が大切です。よくある手法では、「ほかの人はこちらもチェックしています」といった文面でリンクを設置していることが多いです。

売れているECサイトが共通して行うこと

サイトページのレイアウトデザインの他にも、人気のあるECサイトが必ず行なっていることがあります。人気のあるECサイトの行なっていることを一つずつ真似をして、自分にどんな方法が合っているかを吟味しながらチャレンジしましょう。人気のECサイトが共通して行なっていることを、5つにまとめて解説するので、ぜひ参考にしてください。

商品画像のポイントについて

商品画像の中でも商品を検索した時に一番最初に表示される「第一画像」は、商品の第一印象を決める大事なものです。第一画像に文字を入れることも重要で、最近は正方形の画像が主流になっています。文字入れには「送料無料」や商品価格などを入れておくと、商品検索後に表示される画像だけで購買意欲を向上させられます。

バナーのキャッチコピーについて

特集バナーやカテゴリーバナーに文字入れをする時には、文字のキャッチコピーを工夫することも大事です。キャッチコピーに関しては、ほかのECサイトにはない、独自性の表現が大切です。一文でネットショップの特徴が伝わるような、キャッチコピーが大切です。

メインコンテンツに表示する商品について

サイトページのメインコンテンツデザインで、売れ筋商品のランキングを掲載することを紹介しました。もうひとつ重要な要素は「売りたい商品」を掲載することで、トップページでの取り扱いが大切です。

売れ筋の商品が売れる理由の一つに「安くて手軽だから」というものがありますが、そのような商品は薄利なので売り上げを伸ばす商材としては不十分です。利益を増やす時に利益が1000円の商品を100個売ることと、1万円の商品を10個売ることは額だけを見ると同じです。

商品をたくさん売ることは顧客を作る上で大切ですが、客単価を上げることも利益を上げる時には重要です。利益率の高い「売りたい商品」を売る為に、トップページのメイン部分でアピールする事が大切です。

バナーと商品画像の内容について

ECサイトを見る人の多くは、サイトを見ることに慣れているので文字情報よりも商品画像やバナーを見て情報を得ることが多いです。その為閲覧する時間が短くても必要な情報が伝わる商品画像とバナーになることを意識して、レイアウトを考えることが大切です。サイトページを閲覧している人の立場になって、必要な情報と不必要な情報を選んでわかりやすくしていきましょう。

サイトページの配色について

商品ジャンルによって訴求するイメージは違いますが、人気のECサイトの多くは「無彩色」を背景にしていることが多いです。無彩色とは白、黒、グレーなどの色を指して、背景には商品イメージを邪魔しない白を採用しているサイトが多いです。

黒い配色は高級感がでるのでブランディングによっては有効ですが、日用品や食品の場合は白がオススメです。強調したいテキストには赤を使用して、通常テキストには黒を使用すれば可読性が高まり読みやすくなります。配色は出来るだけシンプルに、わかりやすいデザインにすることが重要です。

ECサイトのデザインにトレンドはある?

アパレル業界でもトレンドは毎年変化して、それに応じて展開する方法が年々変わっていきます。ECサイトのデザインにおいても毎年トレンドは変化するので、そのトレンドを把握しつつデザインを考える必要があります。

レスポンシブデザインについて

検索順位をモバイル版ページの評価で決める「モバイルファーストインデックス」の動きに伴い、レスポンシブデザインのECサイトが増えています。モバイルサイトからの購入率は年々上昇しているので、モバイルサイトの作成は売り上げアップにもつながる大切な要因です。

レスポンシブデザインについて、具体例を2つ挙げて解説します。
一つ目のレスポンシブデザインは、KEIです。

トップ画に表示されている画像が印象的で、パソコンサイトでは横並びで商品が表示されていますが、モバイルサイトでは縦に商品が表示されるようにレスポンシブデザインを使っています。更にスマホからサイトを見たときは、1度タップすると画像が変化して商品説明が表示され、もう1度タップすると商品詳細ページへリンクしているので見やすい作りになっています。

もう一つは、有名ハイブランドのGUCCIです。

日本版の公式サイトではパソコンでは横並びに商品が表示されますが、モバイルサイトでは縦に並ぶようにレスポンシブデザインが使われています。このような有名なブランドのECサイトでも、レスポンシブデザインが採用されている事実が、レスポンシブデザインがどれだけユーザーにとって便利なのかを物語っています。

ミニマルデザインについて

最近のECサイトの多くは、沢山の情報を詰め込むのをやめて、できるだけシンプルなデザインにしていることが多いです。これは「ミニマルデザイン」と呼び、必要最低限の情報を掲載して、商品の魅力を十分に引き出すためのデザインです。

2つの具体例を紹介します。

1つ目は、信級玄米珈琲のECサイトで、とてもシンプルで本当に伝えたいことだけを厳選して掲載しています。

商品画像と商品説明にこだわりを持っていることが、ページを見るだけで伝わるので見やすいサイトのデザインになっています。

2つ目は、ETQ AmsterdamのECサイトで、トップページにはテキストを使用しておらず商品画像のみでデザインされています。

ページを閲覧した時には、自然と商品画像を見るので、商品についての関心が高まる特徴的なデザインになっています。

グリッドレイアウトについて

グリッドレイアウトは、複数枚の画像を並べる時に適していて、採用しているECサイトも数多くあるデザインです。グリッドレイアウトを使用すると、画像やテキスト、商品説明文などを整理して見やすく表示できます。

トレンドのレスポンシブデザインとの相性も良いので、グリッドレイアウトデザインを使用するサイトは、これからも多くなるはずです。グリッドレイアウトデザインを使用しているサイトを見ながら、グリッドレイアウトデザインについて解説します。

1つ目は、Hunter BootsのECサイトでメイン画面にグリッドレイアウトデザインを採用していて、メンズとレディースなどへのページへ誘導するデザインになっています。

さらに、その先のページのデザインもグリッドレイアウトを使用しているので、全体の統一感があり見やすいデザインになっています。大きめの写真とグリッドレイアウトデザインを組み合わせて、商品の印象を全面に出しているのか特徴的です。

2つ目のECサイトはSTAR JEWELYです。

このECサイトはジュエリーを取り扱っていて、商品一覧のページでグリッドレイアウトデザインを採用しています。一覧表示をしているページには、テキストや説明文は入れずに、商品画像のみのシンプルなデザインです。

アクセサリーなどの小物系のECサイトでは、商品画像だけを表示してクリックすれば、詳細ページにリンクしている作りのものが多いです。Hunter Bootsも似たようなデザインになっているので参考にしてください。

参考になるECサイトを見つけたいなら

参考になるECサイトを探したいという方に向けて、色々なサイトが掲載されているウェブページを紹介します。自分のイメージに近いページを参考にして、こだわりのECサイトを制作しましょう。

MUUUUU.ORGについて

縦長のオーソドックスなレイアウトを掲載していて、業種別やデザインの傾向、色味に分類して検索が可能です。

ECサイトは約300程掲載されていて、さまざまなサイトのトップページを見ることができます。自分自身でページをデザインする時にはもちろんですが、制作会社にイメージを伝えたい時にもオススメのサイトです。

参考:MUUUUU.ORG

WEBデザインの見本帳について

国内のポートフォリオサイトを兼ねたギャラリーで、非常に掲載点数が多い、有名なwebデザインギャラリーです。

一覧から「ランキング」や、”かわいい”といった「印象」等、ユニークな検索ができます。ランキング機能を使って多くの人に支持されているサイトを簡単に見つけることができるので、初心者の方におすすめのサイトとなっています。

参考:WEBデザインの見本帳

cart crazeについて

海外のECサイトのみを掲載していて、1700個以上のECサイトが掲載されています。

ひとつずつ5段階で評価付けがされていて、サムネイルが大きく表示されるのでイメージのサイトを見つけやすいのが特徴です。さらに、PSDテンプレートやアイコンなどの無料素材も公開されているので、そのままデザインを参考にすることができます。海外の特徴的なデザインを知りたい人に、オススメのサイトです。

参考:cart craze

ECサイトを外注する時のポイントは?

ECサイトを自分でデザインするのはどうしても難しい、という方はECサイトの制作を外注することも視野に入れると良いでしょう。ECサイトを外注する時のポイントについて紹介します。

外注先の選び方について

まずはネット検索で「ECサイト制作代行」というような内容で検索をして、実績や料金などをみていくつかピックアップしましょう。自分に合っていそうなところをピックアップしたら、見積もり依頼をして制作についての相談をしていきます。

その時までに、あらかじめ自分が作りたいECサイトのイメージをしっかりと固めておきましょう。具体的に参考になるECサイトがあればわかりやすいので、見積もりの段階で伝えておくとスムーズです。

ECサイトを外注する時のメリット

ECサイトの制作を外注するメリットを、3つに分けて解説します。
1つ目は、「時間短縮」です。自分でデザインや制作する時間を外注することで、自分の作業時間が増えるので、商品の仕入れや配送の準備にじっくりと時間を使えます。

2つ目は、「クオリティが高い」という点です。自分にECサイトを制作する知識がなくても、ハイクオリティなECサイトを作ってくれます。自分に必要な知識量が減るので、スタートを早くすることも可能です。

3つ目は、「プロの意見がもらえる」という点です。サイトを運営するにあたって、制作代行会社は多くのサイトを見ているので、多くのサイトを見たプロの意見を聞くことができます。わからない点は遠慮せずに聞いて、代行業者の意見も参考に運営しましょう。

ECサイトを外注する時のデメリット

次に、ECサイトを外注業者に依頼した時のデメリットを3つ紹介します。
1つ目は、「費用がかかる」という点です。プロの業者に依頼するので当然ですが、ECサイトの規模やデザインによっては想像以上に費用がかかる場合もあるので、見積もりはしっかりととっておきましょう。

2つ目は、「維持費もかかる」という点です。ECサイトのコンテンツを追加したい時や、改修をしてもらう時にももちろん費用がかかるので、サイトを維持するためにも費用がかかります。

3つ目は、「ECサイトの知識は身につかない」という点です。自分で制作した場合は、徐々に問題点や気づきを何回も繰り返して、自分自身の意識をつけていきます。依頼した場合は自分の知識量は増えないので、ECサイトを制作する時には業者への依頼が必須になります。

まとめ

独自のECサイトを運営する時には、サイトのレイアウトやデザインが、直接売り上げにも関係してきます。ECサイトを閲覧する人の立場に立って、いかに見やすくするかが重要なポイントになります。今回の内容を参考にして、自分だけのECサイトを制作して、多くの人に選ばれるデザインレイアウトを追求しましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。