物販

ネットショップ構築サービスを徹底比較!有料&無料 あなたに合うおすすめは?

ネットショップを構築・運営するとき、自社サイトを構築するかAmazonのようなモール型サイトに出店するか悩みます。ショップの独自性確保のため、自社のECサイトを立ち上げる場合には、無料カートで初期費用を抑えるのか有料カートで集客を積極的に行うか、難しい選択です。ECサイトサービスの多様化が進むなか、自分の店舗にあった最適なサービスの選び方を詳しく解説します。

ECサイト提供サービスについて

ECサイト(electronic commerce site)は、ネット上で商品を販売するWebサイトのことです。Amazon、楽天のように多くの会社が出店しているのが「モール型サイト」で、自社単独で運営するのが「自社ECサイト」です。

ネットショップ開業を決めたら、最初の段階で「モール型サイト」に出店するか、自社ECサイトを構築するかを決める必要があります。

モール型ECサイトの概要

モール型サイトとして代表的なものに、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどがあります。モール型であれば、提供されるシステムで商品・サービスを販売すればいいので、ネットショップを一から構築する必要がありません。モールは知名度、豊富な品ぞろえ、利用しやすいといった優位性から集客率が抜群です。

モール型サイトは「マーケットプレイス型」と「テナント型」の2種類あります。

楽天市場、Yahoo!ショッピングはテナント型です。テナント型の場合、モール運営側がスペースを貸し、出店店舗は自分で商品登録、受注管理、発送手配を行います。

Amazonはマーケットプレイス型のモール運営サイトです。マーケットプレイスの場合、利用者は商品の提供と発送手配を行うのみで、商品管理はモール側が行います。出店ではなく、出品するという感覚です。

自社でドメインを取得してECサイトを運営するタイプ

自社ECサイトとは、自社単独でドメインを取得して運営するECサイトです。モール型のように既存のシステムに出店または出品するのではないので、商品を販売するサイトを自社で手配する必要があります

かつては、自社でECを運営するには、ITベンダーに委託して、ゼロからシステムを作らなければいけませんでした。デザイン等の自由度が高いというメリットはあったものの、莫大な時間やコストがかかりました。

現在ではショッピングカートASPの利用が一般化しているため、効率よく自社でECサイトを運営することが可能になっています。ショッピングカートASPとは、ネットショップで商品を販売する際に必要となるシステムや機能をレンタルというスタイルで提供する事業者です。システムは自動でアップデートされ保守管理もサービス提供者側が責任を持ちます。

Yahoo!ショッピングは初心者の強い味方

Yahoo!ショッピングはメジャーなモール型サイトの中では費用が最も安く設定されています。2013年から初期費用と月々の固定費完全無料化を実現、初期費用は無料、毎月かかるのは広告費と決済手数料などです。

他にも、Yahoo!ショッピングならではの良さとして、出店したサイト内に外部リンクを貼れるということがあります。自社のECサイトやホームページに飛ぶリンクを貼ることができます。外部リンクを貼ることは、他のモールでは普通許されていません。

集客力が圧倒的に強い

Yahoo!ショッピングは集客面での優位性が顕著です。ソフトバンクグループという強みを生かして、ソフトバンクユーザー向けにキャンペーンを実施したり、Tポイント会員を取り込んだりと多方面から集客活動を進めています

Yahoo!JAPANのトップページからYahoo!ショッピングに繋げる、Yahoo!の検索結果に店舗や商品を反映させるという方法も使われています。

【集客力比較】

 比較集客力
Yahoo!ショッピングYahoo!からの流入やアフィリエイトによる流入あり
無料ASP×無料ブログの利用が可能だが、WordPressの方がSEOが優れている
オープンソース×フリーページ機能などの利用が可能
WordPressプラグインWordPressでブログ記事が成功すればSEOに流入も可能だが労力がかかる

一点注意が必要なのは、初期費用が無料のYahoo!ショッピングは店舗数が国内最多なため、商品によってはモール内で競合多数という状況に追い込まれます。価格や商品開発などで、差別化をはかる必要があります。

セキュリティー対策がしっかりしている

Yahoo!ショッピングで過去において、個人情報の漏洩問題が発生しています。海外で発生した事件ですが、入力した個人情報が悪用されたケースです。また、消費者から購入代金を騙し取る詐欺サイトが出店していたことがありました。

Yahoo!ショッピングではこういった教訓を生かして提携会社に依頼してセキュリティー対策の強化に勤めています。また、以前Yahoo! JAPANが ID乗っ取りの兆候を認めたことがあり、これをきっかけにパスワードの無効設定、ワンタイムパスワード、シークレットID、ログインアラートなどの有効な措置をとっています。

セキュリティ問題が発生すると消費者からの信頼を失ってしまいます。Yahoo!ショッピングはモール運営会社として一括で責任を持ってセキュリティ管理を行っているので、店舗側は安心して出店できます。

Yahoo!ショッピングに出店した場合の費用

Yahoo!ショッピングに出店した場合、初期費用、月額システム利用料、売上ロイヤルティが無料になります。必ず支払わなければいけない費用は、ストアポイント原資(売上1%~)、そしてキャンペーン原資(売上1.5%~)合計2.5%(1%+1.5%)で、これが最低利用料金です。

アフィリエイターに対して支払われる料金を負担するために設定されているのがアフィリエイトパートナー報酬原資とアフィリエイト手数料です。アフィリエイターに対する報酬を高く設定すると掲載するアフィリエイターが増えるので、宣伝効果も高まります。

モール型出店ではブランディングの確立が難しい

モール型ECに出店することのデメリットの一つに、ブランディングの確立が難しいということがあります。自社の店舗ならば、良い商品を優れたサービスで、しかも最安値で販売すれば自社のファンが増えます。

しかし、Yahoo!ショッピングに出店した場合、消費者はYahoo!ショッピングでお買い物をしたという認識です。これでは、Yahoo!ショッピングのリピーター獲得に貢献できても、自店舗のリピーターを獲得できません。

サイトのデザインを工夫し、自店舗の特色を出して、ブランディングを確立することはリピーターを獲得するためにとても重要です。

初期費用がかからない無料ASPカート3社の比較

STORES、BASE といった無料のショッピングカートASPを使えば、無料でECサイトの構築が可能なため、ネットショップをより気軽に始めることができます。無料のショッピングカートASPは商品が売れた段階で決済手数料や利用料が発生するシステムのため、商品の販売が軌道に乗るまでの初期投資をグッと抑えることができます。

新たなビジネスを始めるときは、商品の仕入れ、マーケティング、人材など多額な費用が必要です。中小の事業体にとって、初期費用がかからない無料のショッピングカートASPは利用価値の高いシステムと言えます。

■BASEの費用体系

BASEは初期費用、月額費用、販売手数料は無料でサービスを提供しています。商品が売れたときにクレジットカードの決済手数料として3.6%+40円、サービス利用料3%がかかります。

ショップの売上金を引き出すときは、売上振込手数料、事務手数料の支払いが必要になります。売上金が振込まれるのに10日間待たなければならないので、注意が必要です。

BASEを利用するメリットとしては、作成ステップがシンプルでまったくの初心者でも利用しやすいといった点があげられます。デザインテンプレートは11種類、背景122種類が用意されていて、無料ASPカートの中では比較的種類が豊富です。商品登録数は無制限です。

参考:BASE

■STORESの費用体系

STORESは月額費用無料のフリープランと月額1,980円のスタンダードプランの2種類から選ぶことができます。いずれのプランも初期費用は無料です。商品が売れたときにクレジットカードの決済手数料はフリープランで5%、スタンダードプランでは3.6%かかります。フリープランでも商品登録数は無制限です。

デザインテンプレートは、8種類、背景82種類から選ぶことが可能です。保管・梱包・発送を委託できるサービスや、売上金が翌日に振り込まれるスピードキャッシュサービスも利用可能です。

参考:STORES

■イージーマイショップの費用体系

イージーマイショップは4つの料金プランが設定されています。初期費用と月額利用料が無料のプランを選ぶと、消費者からのお問い合わせ対応がない、再販リクエストの受付機能がないといった点が不便ではあります。

商品が売れたときにかかるクレジットカードの決済手数料は3.57%+40円で、イージーマイショップ無料版を使用する場合は 5.0%+40円が必要になります。

参考:イージーマイショップ

有料カートか無料カートか決めるときの4つのポイント

有料カートか無料カートかを決めるときに、必ず調べて比較するべき4つのポイントについて紹介します。選ぶときの一番重要なポイントは値段でもクオリティーでもなく、自分のネットショップに合致したサービス内容かどうかという点です。

サーバー容量

ここであげるサーバー容量とは、ショッピングカートASPを提供する各社で保持しているサーバーから、各出店店舗に配分されるハードディスクの容量のことです。容量がたりないと、商品画像をたくさん登録できない、アクセスレポートがたまるとディスク容量がすぐに上限に達するといった問題が発生します。

無料カートでは、サーバー容量を明示していない会社がほとんどで、容量の上限が低めに設定されていることが推測できます。出店する商品の種類が多い、消費者ニーズを考慮して画像を多めに貼りたい店舗は、サーバー容量が大きい有料カートを選ぶ必要があります。

デザインテンプレートの種類の豊富さ

有料カートの場合、デザインテンプレートは100種類以上の中から選べます。HtmlやCSSの編集ができるため、サイト回遊率やデザイン性を高めることが可能です。

無料カートの場合、デザインテンプレートの数は多くても10種類前後、少ないところでは1種類のみ、または有料で販売というところもあります。HtmlやCSSの編集はできず、リンクも貼れません。テンプレートをカスタマイズして独自性を出したいという人は有料カートを選びましょう

集客機能の有無

有料カートも無料カートもSNS連携による集客は可能です。また、有料カートの場合は、会員登録、顧客管理、ポイントシステム、メルマガ機能と多様な方法を使って集客できます。Googleショッピング、Yahooショッピング、価格.comといった提携ショッピングモールへの出品も可能です。

無料カートの場合は、会員登録、ポイントシステム、メルマガ機能が不十分です。集客に関しては、有料カートの優位性が顕著と言えるでしょう。

独自ドメインの取得が可能かどうか

多くの有料カートでは独自ドメインの設定が可能です。独自ドメインを取得すると、ECサイトのURLを「社名.jp」「商品名.com」と設定できるため、高いブランディング効果が望めます。会社や商品の独自性や知名度もアップし、集客にも効果があります。

無料カートの場合、独自ドメインの取得が不可の場合があります。例えばSTORESだと、有料プランのみ独自ドメインの取得が可能になります。共有ドメインの場合、名前が長く覚えづらいため、顧客にインパクトを与えることができません。検索エンジンで上位を狙うのもかなり難しいでしょう。

有料カートと無料カート、どちらを選ぶべき?

無料か有料かを決める決定打は実は相性です。サービスの善し悪しではありません。なぜならば値段なりのサービスしか提供しないからです。

無料カートといってもまったく無料ではなく、初期費用を無料にして、商品が売れた後で利用料や売上振込手数料を徴収する方法で利益を得ています。そして得た利益で提供できる低コストなサービスだけ提供するシステムです。

自店舗のニーズを満たすサービスであれば、無料カートを選び、自店舗が必要なサービスが提供されないのであれば、迷わず有料カートを選ぶべきです。途中でサービス提供会社を変更するのは、時間や手間、コストを考えると絶対にNGです。

無料カートのメリットとは

無料カートのメリットは、初期費用と固定費用がかからないことです。実店舗でもネットショップでも、開業当初は商品の仕入れ、商品開発、マーケティングや人材採用と、とにかく費用がかかります。初期費用がゼロということで、出店のハードルがかなり下がります。

また、固定費がかからないのもありがたいシステムです。利用料や売上振込手数料のように、商品の販売と連動して料金がかかるシステムであれば、商品が売れなくても、ショップの経営を続けることができます。デザインテンプレートの種類は少ないのですが、イマドキのおしゃれなテンプレートを用意しているカートが多く、素敵な流行のショップを気軽にオープンできます。

無料カートを選んだほうがいいのは、商品点数がわずかでサーバー容量は少なくて十分、一時的な出店なのでコストを極力抑えたい。また、趣味の延長として考えているのでそこまで気合を入れたくない、テンプレートのカスタマイズは面倒、副業なので手間ヒマかけてネットショップを経営していくつもりはない、といった場合が想定されます。

無料カートのデメリット

ブログもそうですが、あらかじめ用意されたデザインテンプレートを利用すると、他のネットショップとかぶってしまうことがあります。無料カートによってはテンプレートを1種類しか用意していない場合もあり、「あそこの無料カートを使っているな」といったことまで分かってしまいます。

また、無料カートでは、サーバー容量が少ないため、商品画像の登録が限られてしまいます。商品点数が多い中規模以上のショップには不向きと言えるでしょう。気軽に、安く、一時的に出店するにはとても便利ですが、長期的に成長を続けながら売上を伸ばしていくには不向きと言えるでしょう。

有料カートを使うメリットとデメリット

有料カートと無料カートの決定的な違いは、集客サポートを初め、利用者側が売上を伸ばしていくのに必要な各種のサポートが充実しているという点にあります。有料カートでは顧客登録機能、会員ポイント機能、メルマガの送信など集客のための機能が充実しています。

また、運営サポート、電話サポート、メールサポート、セミナーや個別相談会の開催によって、利用者がカートを有効に活用できるように導きます。相談でアドバイスを受けることによって、ネットショップの販売スキルが向上します。

このように、販売目標に即して売上を伸ばしたい一定規模以上の企業や個人事業者、長期的に売上を拡大したい中規模以上の通販サイトは有料カートを使うメリットは高いと言えるでしょう。

まとめ

ネットショップがますます普及している今日、ネットショップを構築・運営する方法は選択肢が増えました。Amazonのようなモール型サイトに出店すれば集客力は抜群です。ショップの独自性確保のため、自社のECサイトを立ち上げるのも、無料のショッピングカートASPを活用すればコストを安く抑えることが可能です。

ネットショップを成功させるためには店舗の規模、商品の種類や価格帯によって最適なネットショップの開業・運営方法を選ぶということが、最も重要になります。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。