物販

ECサイト構築におすすめのサービスを徹底比較!

ECサイト構築には様々な選択肢がありますが、どれを選べばよいか、迷ってしまうのではないでしょうか。必要な機能や価格によってもサービスが異なります。今回はオススメのサービスを徹底的に比較して紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

ECサイトとは何か?

そもそもECサイトとは何か、明確に答えることができるでしょうか?再度確認して行きましょう。

ECサイトについて再確認

ECサイトとは「インターネット上で商品やサービスを販売するためのサイト」のことです。ちなみにECとは、「Electric Commerce(電子商取引)」の略です。ECサイトはAmazonや楽天市場などのように1つの大きなWebサイトに商店街のように各店舗が出店するモール型と、自社で独自にサイトを構築する自社サイト型の2つに分類されます。

ECサイトを持つ3つのメリット

では自社型のECサイトを持つことによる3つのメリットを解説していきます。

①売上機会が増える

商品やサービスの売り上げを上げるためには、そもそも商品やサービスを消費者に知ってもらう機会を増やす必要があります。実店舗でも、1つの店舗に商品を置いておくより、複数の店舗に置いた方が、より多くのお客様の目に触れ、購入される可能性も高くなります。つまり、インターネット上に商品を置くことで、世界中の人々が顧客になる可能性があるのです。

②機能やデザインの自由度が高い

Amazonや楽天市場といったオンラインモールではチェーン店のような統一感のあるデザインが重視されています。よって、他の店との差別化はし難い状況です。その点、ECサイトは自由にデザインできます。実店舗で陳列やPOPなどを工夫するように、自社ならではの個性を表現することができるでしょう。

③解析が簡単

ECサイトの場合、どこからどのようにサイトに訪問したか、どのページが最も閲覧されたか、1番売れた商品は何かといったデータを手に入れることが容易に可能です。逆に閲覧されていないページも分かるので、サイトの改善につなげることができます。実店舗やオンラインモールでは、このようなデータを集めるのには難しく、時間がかかることも多いため、改善までに手間がかかってしまいます。

ECサイトを構築する4つの方法

ECサイトを構築するには以下の4つの方法があります。

①オープンソース

Web上で無料公開されているソースコードを用いて、ECサイトを構築する方法です。基本的な機能とテンプレートが備わっているため、手軽に構築でき、費用も抑えられます。一方で、テンプレートをそのまま用いただけではECサイトのメリットである、他社との差別化は図れず、カスタマイズにはある程度の知識が必要となります。また無料のため、オープンソース側にバグがあって、ECサイトに不具合があったとしても、誰もサポートしてくれません。リスクは自社で負うことになるので、注意が必要です。

②ASPサービス

ASPとは「Application Service Provider」の略です。ネットワークからアプリケーションソフトの機能をレンタルで導入し、サイトを構築する方法です。誰でも手軽に導入して、ECサイトを構築することができるのが特徴です。サービスの管理は事業者が行うため、セキュリティやバグ、アップデートなどの対応を自社でする必要がありません。またオープンソースの次に安い方法でもあります。

デメリットは機能のカスタマイズができず、デザインも限られるため、お店の発展性がないことです。また他のシステムとの連携も難しく、大規模なECサイトには不向きです。

③パッケージ

ECサイトを構築するための様々な機能がまとまってパッケージとなっているソフトウェアをベースとして、ECサイトを構築する方法です。追加費用を払うことでカスタマイズも可能で、デザインの自由度も比較的高いです。導入後の保守・運用も事業者側に委任することができます。

一方で、初期費用やメンテナンス費が高額になる点はデメリットです。パッケージによりますが、数十万~数千万円程度の費用が発生します。システムが古くなった場合に、新しいものに乗り換えする場合もコストがかかります。またカスタマイズやデザインの自由度が高いということは、その分導入までの時間がかかるということもあり、スケジュールには注意が必要です。

④フルスクラッチ

既存のプログラムを使わず、全てをゼロから構築する方法です。メリットとしては、機能やデザイン、他の自社システムとの連携等、カスタマイズが自由にできる点が大きいです。

デメリットは費用で、構築にかかる費用は4つの方法の中では飛びぬけて高額になります。またゼロから構築するため、完成までは長期間になることは覚悟しなければなりません。またインフラやサーバー、バグ対応等も自社で用意するか、外注することが必要になりますので、小~中規模のECサイトには向かない方法です。

ECサイトをフルスクラッチで構築する時の3つの問題

フルスクラッチはゼロからECサイトを作るため、3つのシステムが問題となってきます。

①セキュリティ

ECサイトにはログインフォーム、お問い合わせフォームや注文フォームなど情報を入力することが多く、クレジットカード情報等、個人情報も含まれます。
よって、セキュリテイ面は最も疎かにできない点で、SSL(暗号化システム)やOSやソフトを最新のものにする、こまめなセキュリティ診断を行う、といった注意を払う必要があります。
セキュリティに問題がある場合、悪意のある第三者からハッキングを受けて顧客の個人情報が盗まれたり、不正アクセスによりサイトが改ざんされたりという被害を受けかねません。

②カートシステム

カートシステムとはいわゆる「買い物カゴ」のことです。商品の数や料金の合計、消費税、送料などに加え、サイトによってはクーポンとセール割引の適用もあり、見た目以上に複雑なシステムです。
購入者の個人情報との紐付が必要なため、ここでもセキュリティの強度が重要です。ASPサービスやパッケージではカートシステムが用意されていますが、フルスクラッチでは当然自社で作成する必要があります。他のシステムとの連携が必要な場合もあります。

③決済システム

決済の方法は従来の銀行振込、クレジットカード、代引き、コンビニ決済に加え、新たにPayPalやキャリア決済なども登場しています。自社のメイン顧客の年齢や性別に合わせて、適切な決済方法を導入する必要があるでしょう。当然ながら、ここでもセキュリティの強化は欠かせません

ECサイトをフルスクラッチで構築する時の費用と期間

サイトのデザインや機能にもよりますが、フルスクラッチでECサイトを構築する場合、初期費用が数百万円~数千万円、メンテナンスなどに要する費用は月に数十万単位で必要です。年商50億円以上のECサイトはフルスクラッチによるサイトと言われています。

またECサイトは構築までに約2か月~半年の期間は見ておきましょう。すぐに売りたい商品やサービスにはASPサービスやパッケージの利用が向いています。

モール型と自社サイト型の違い

ECサイトはショッピングモールに出店する「モール型」独自のサイトを構築する「自社サイト型」の2種類があります。この2つの違いについて、解説します。

モール型の特徴

モール型は楽天市場やYahoo!ショッピングのように、インターネット上のショッピングモールに出店する方法です。リアルな店舗で言うならば、デパートのテナントとして出店するようなものです。

モール内には、「ファッション > レディースファッション > トップス 」などの複数の商品カテゴリーがあり、商品を選択すると複数のショップの商品画像と価格、それぞれのショップへのリンクが表示され、顧客はさまざまなショップの商品を見ることができます。商品を価格の安い順などで並べ変えて、比較することもでき、欲しい商品を顧客が検索して購入することができます。

自社サイト型の特徴

自社サイト型は、独自ドメインを取得して、レンタルショッピングカート等を利用して、自分の店を独自にインターネット上に構築して、ネットショップを開業する方法です。実店舗で例えると、路面店へ出店するようなものです。

モール型のような規制やルールに縛られることがないため、自由にデザインや機能を構築できることが特徴です。ただし、モールの集客力に頼ることができるモール型とは違い、集客は自分たちでおこなう必要があります。

では、どちらの方法を選ぶべきなのでしょうか?初期投資できる資金力があり、集客に手間をかけられない場合はモールの方が向いています

なぜなら、大手のショッピング(EC)モールはサイト訪問する数が圧倒的に多いからです。サイト内での競争にさらされる可能性は高いですが、そこも含めて商品力を確かめたいという方には向いていると言えるでしょう。

一方、最初からビジネスとして本気でネットショップを成功させたい方は、自社サイト型がオススメです。また、実店舗を運営していてすでに商品が売れており、商品力には自信があるような場合にも自社サイト型がオススメです。

オススメの一番の理由は、利益率が高いことです。モールには出店費用や運営費が高額になることが多いです。集客のために工数(手間)は少なからずかかる可能性はあります。

利益が増えれば、集客の知見がある人、サイト運営者の採用など必要な人材を確保することができます。また、広告や商品開発への投資ができ、ネットショップを長く続けられます。

ここで、参考までに50万円の売上があがったと仮定した場合のコストを比較してみましょう。

モール型の費用

楽天市場の場合の費用は下記の通りです。(数字は2020年5月20日現在のものです)

初期費用:60,000円
月額費用:19,500円以上(画像容量5GBのスタンダードプランは月額50,000円)
手数料:最低3.1%以上
システム利用料 PCまたはモバイル経由月間売上の2%~7%
+ポイント原資 楽天会員が購入した代金の1%
+安全性・利便性向上のためのシステム利用料 月間売上の0.1%)
+アフィリエイト経由の場合、アフィリエイト売上の2.6%)

例えば、50万円の売り上げの場合、楽天市場では最低でも、初月に

初期費用60000円+月額費用19,500円+手数料15,500円=95,000円以上必要です。

また、売上を伸ばしたい場合は、別途広告費用が発生します。

自社サイト型の費用

ASPサービスの中で平均的な価格帯のMakeShopの場合

初期費用1万円+月額費用1万円=合計2万円

手数料はどれだけ売れても0円のため、売上が上がれば上がるほどお得になり、コスト面で優れています。

※また機能の面でもネットショップに必要な決済、集客、運営、リピート化の機能は搭載されているので、小規模はもちろん、大規模ショップでも対応可能です。

ECサイト構築におすすめASPサービス4選

ECサイトを作ろうとするとき、多くの選択肢がありどれを使えばよいか迷う方も多いことでしょう。そこでまず、導入・ハードルの低さから人気のASPサービスの中でオススメの4つのサービスを紹介します。

カラーミーショップ

参考:カラーミーショップ

<カラーミーショップ 3つの特徴>

①圧倒的なユーザー数
カラーミーショップの最大の特徴は圧倒的なユーザー数です。4万店舗以上が利用しており、有料のASPサービスの中では飛びぬけて多い数字です。

②高いデザイン性
一般的なECサイトの機能を持ち、豊富なテンプレートが揃っているためデザインの自由度が高いのも特徴です。個人の小規模サイト向けというイメージが強いですが、実はカスタマイズによってデザイン性の高いサイトも構築できます。そのため、月商数千万円を超えるような大型ショップでも使用されています。

③安価な価格設定
販売手数料はかからず、初期費用や月額費用も他のASPサービスに比べて比較的安い設定となっています。

Make Shop

参考:Make Shop

<Make Shop 3つの特徴>

①日本一の流通金額
Make shopはECサイトのシステムの中で、8年連続でショップの流通総額が高いASPサービスです。日本一売れるネットショップ・ECサイトのサービスと言えるでしょう。

②機能の数が多い
機能数もASPサービスの中でNO.1に輝いており、実装したい機能を実現することができます。機能数の割に月額料金が安く、汎用性が高いこともオススメポイントです。

③幅広いユーザー層
個人運営から一部上場の大企業まで、幅広い層に使われているサービスです。

ショップサーブ

参考:ショップサーブ

<ショップサーブ 3つの特徴>

①業界の老舗
ECカートの老舗が提供するサービスのため、安心して利用できます。

②コンサルタントがつく
各ECサイトにコンサルタントがつくため、サポート体制が手厚いこともメリットです。ECサイト初心者にも使いやすい設計です。ただ、商品登録の数やスマホ対応等、一般的な機能を使うことには別料金が発生する等、少々割高な面もあります。

③多くの契約をショップサーブで完結できる
カートシステムや決済代行会社など、ECサイトに必須のサービスやツールをショップサーブ内で完結させることができます。

Future Shop2

参考:Future Shop2

<Future Shop2 3つの特徴>

①機能の自由度が高い
ASPサービスは制限が多いというイメージを覆したのが、Future Shop2です。Future Shop2でしかできないオプションや外部システムとの連携、アプリやの対応など、高度な機能が実現できます。

②デザイン性も高い
サイトデザインの自由度が高いため、デザイン性を重視したいアパレルショップからの人気が高いサービスです。

③上級者向けのシステム
機能が多い分、サイト構築の難易度が高いこと、月額料金も比較的高いことから、初心者にはハードルが高いサービスと言えるでしょう。サイトにこだわりたい、上級者向けのサービスです。

ECサイト構築におすすめのECパッケージ3選

インターネット上には様々なECパッケージが販売されています。しかし、これからECサイトを構築しようとする人は何を基準に選べばいいか分からないのではないでしょうか?ここからはECパッケージのおすすめ3選と、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

ECパッケージとは?

ECパッケージとは、ECサイトを運営するために必要な機能をまとめてパッケージにしたソフトウェアのことです。

商品管理や在庫管理機能など、ネットショップ開業に必要な機能はもちろんのこと、コールセンターとの接続、外部システムの連携などカスタマイズも充実しています。ASPに比べて、デザインの自由度も高いことも特徴です。

ECパッケージの3つのメリット

①ECサイト運営の標準機能が搭載されている

ECパッケージでは、ECサイト運営に必須な商品・在庫・顧客管理・注文管理・メール配信・分析機能等を使用することができます。そのため、ゼロからECサイトを構築する手間を省くことができます。

②自社サイトに応じた機能を追加できる

ECパッケージは利用者がカスタマイズして使うことを前提に作られているので、必要な機能を自由に追加することができます。社内に技術者がいなくて、機能が追加できないということもないため、満足のいくECサイトを作れるでしょう。

③セキュリティが強い

ECパッケージを制作している会社は開発内容を開示していません。よって、制作会社の開発者しか仕組みが分からず、ウイルス攻撃などに対する防御は強いこともメリットとしてあげられます。

ECパッケージの2つのデメリット

①導入費用が高い

ASPサービスに比べて、ECパッケージを用いてのサイト構築は、導入には多額の初期費用が必要となってしまいます。
ただ費用を抑えたいがためにユーザーが使いづらいサイトを作るより、費用はかかってもユーザーが使いやすいサイトを作る方が後々の費用対効果は高いでしょう。

②年月の経過により、システム自体が古くなる

インターネット関係のツールは、変化の速度が非常に早く、1年もすれば新しいツールが発売され、更新されていきます。
そのため、会社規模の変化や時代の変化と共に、システム自体が古くなったら、メンテナンスが必要になります。ECパッケージ会社との連携が重要になります。

ECパッケージを選ぶ時の3つのポイント

①オープンソースか?有償パッケージか?

ECパッケージには無償でダウンロードできるオープンソースと、制作会社から買い取る優勝パッケージがあります。オープンソースの場合、初期費用は発生しませんが、カスタマイズやバグには自社で対応しなければなりません。

一方、有償パッケージは費用がかかりますが、標準的な機能はあらかじめ設定されているため、自社でカスタマイズすればECサイトを運営することができます。またカスタマイズやアフターフォローも制作会社に依頼することも可能なため、技術者が社内にいない場合は、有償パッケージを利用した方が良いでしょう。

②自社サイトに必要な機能が揃っているか?

まず、自社で使いたい機能を洗い出し、そのECパッケージに必要な機能があるかどうか確認しましょう。また使い心地などをデモンストレーションで確かめてからの購入をおすすめします。

③会社の対応力を見極める

ECサイトは時代の変化に伴って、管理の方法も変わっていきます。買い取ったECパッケージ会社に構築後の管理・運用等も任せる場合は、状況の変化に適切に対応する力があるか見極めましょう。

おすすめのECパッケージ3選

1.EC Orange

参考:EC Orange

EC Orangeは複数のブランドの店舗を展開する企業向きのECパッケージです。

<EC Orange 3つの特徴>

①複数店舗の運営に向いている
在庫や売上・顧客情報などを一元管理でき、POSの在庫データ連携も可能なため、実店舗との在庫と連携して販売ロスをなくすことができます。

②VR(バーチャリティ)コマースでバーチャル店舗を作成可能
VRコマースとは、バーチャル空間内でユーザーがまるで実店舗で買い物しているかのような体験ができる機能のことです。EC Orangeはこのような最新のトレンドをいち早く取り入れています。

③多言語(中国語・英語)に対応
ECサイトの多言語対応により、マーケットを世界中に広げるだけではなく、管理画面も英語や中国語に対応しており、外国人労働者にも働きやすい環境を作ることができます。

2.ECbeing

参考:ECbeing

ECパッケージ業界で最も有名なのがECbeingです。

<ECbeing 3つの特徴>

①アクセスログ解析・サービス分析など高い接客支援サービス
導入後のマーケティングに力を入れており、1,200サイト導入で蓄積されたノウハウをもとにコンサルティングをしてくれます。

②24時間365日常駐サポートで、高水準のセキュリティを実現
サポート体制が非常に整っており、トラブルも少ないので安心して利用できます。

③最新トレンドやニーズを拡張できる追加機能が充実
多くの技術者を投入して日々開発にも力を入れており、追加の機能が充実しています。

3.コマース21

参考:コマース21

豊富な経験と圧倒的な技術力が魅力なのでが、コマース21です。

<コマース21 3つの特徴>

①受注業務が自動化され、出荷までのロスが軽減
その高い技術力で受注業務を自動化し、出荷までにかかる時間や手間を抑えたいといった顧客のニーズに合わせた

②1プラットフォームで複数店舗が構築可能
複数の店舗を構築することができるので、ブランドによりオリジナル性の高い店舗を構築できます。

③複数モールとの自動連携により一括管理も可能
カスタマイズ性が高く、楽天市場やYahoo!ショッピング等のモールと在庫管理などを一括して行うことも可能です。

まとめ

ECサイトを作る際は自社の商品やサービス、コンセプト、メインターゲット等に応じたサービスを選ぶ必要があります。ASPサービスやECパッケージも日々更新され、できることも増えているので、自社にあったサービスを選んで、魅力的なECサイトを構築していきましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。