物販

ECサイトを構築するための方法と利用できるサービスを徹底解説

これからECサイトを立ち上げたい、ネットショップを開業したいという人のために、その構築方法と利用できるサービスをご紹介します。

ECサイトを運用するために必要な業務からそれにかかる費用、使えるサービスまで徹底解説しますので、ぜひご覧ください。

ECサイトとは?

「ECサイト」とは、英語の「Electronic Commerce Site」のことで、インターネット上で「電子商取引」をする「WEBサイト」の総称です。

まずは、その概念と定義、運営のために必要とされる機能から説明します。

ECサイトの定義

ECサイトには、広義では「ヤフオク」などネットオークションサイトや「メルカリ」などのフリマアプリや、オンライン書店・映画のネット配信サービスなども含まれますが、今回の記事では一般の消費者に向けて商品を販売する「ネットショップ」という意味でご紹介します。

現在、国内のECサイトとして大手のショップから個人運営のショップまでおよそ270万軒の店舗があると言われ(2019年5月現在)、ありとあらゆるものがネット上で販売されています。

また、ネット上には国や国境の概念がないことから、海外のユーザーをターゲットにした「越境EC」と呼ばれるECサイトも増えています。

ECサイトには、大きく分けて「モール型サイト」「自社ECサイト」の2種類のタイプがあります。

モール型サイトは、サイバーモールや仮想店舗街などとも呼ばれ、企業や個人がネットショップをモールに出店して物販事業を行うことになります。モールへの出店には、出店料や利用手数料がかかります。国内では「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」が3大ECモールとして有名です。

自社ECサイトとは、自社でサーバを用意してサイトを構築し、ショッピングカートから決済、セキュリティまで自前で用意するスタイルのECサイトです。最近は、レンタルサーバーを借りなくてもECサイトが構築できる「ASP」(WEBアプリケーション)もよく利用されています。

ECサイトに必要な機能

それでは、ECサイトに必要な機能を見ていきましょう。

何が必要かは、スーパーなどのリアル店舗で買い物をする時のことを想像すれば分かりやすいかと思います。

スーパーでは、欲しい商品を備え付けのカゴに入れてレジに行き、現金やクレジットカード、あるいはペイペイなどのQR決済で支払いをしますよね。この一連の流れはECサイトでもまったく同じで、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングでも上部に必ず「カート」や「買い物かご」のアイコンが用意されています。

あなたのECサイトでも事情は同じです。したがって、「ショッピングカート」と「決済システム」は、ECサイトに不可欠な機能なので必ず用意しなければなりません。

スーパーで買い物をする時に意識することはありませんが、例えば、クレジットカードで支払った場合には、本人確認や個人情報保護のための「セキュリティシステム」と、在庫管理などのための「受注管理システム」が裏側で動いています。こうした機能も必須です。

さらに、ECサイトに集客するための仕組みや、ユーザーへメールなどを配信する顧客管理機能、買い物の利便性を高めるスマホアプリなどの付加機能もできれば導入したいところです。

ECサイトを運営するための業務

ECサイトを運営するための業務には、大きく分けてフロントエンドバックエンドがあります。

フロントエンドとは、ユーザーと直に接する業務、つまりECサイトに商品を揃え、集客をして販売を行う一連の業務のことです。具体的には、サイトの基本設計やデザイン、販売する商品の企画・発注、集客・販促プロモーション、ブログやSNSでの情報発信などです。

バックエンドとは、ユーザーが直接意識することが少ない業務で、商品データの登録や受発注の管理、さらにセキュリティ対策などの後方支援業務を指します。こちらの業務はかなり多岐にわたりますが、商品情報登録、受発注管理、在庫管理、梱包・配送、アクセス解析・顧客管理などが挙げられます。

これらの業務を遅延なく日々行うためには、それなりの規模と人員が必要なので、効率化のためには業務の一部をアウトソーシング(外注)することも必要です。特に、商品情報登録の際に必要な「ささげ業務」(撮影・採寸・原稿)や、在庫管理から梱包・発送までの物流業務が比較的外注化しやすい業務であるといえるでしょう。

自社ECサイトを構築する方法について

前述のとおり、ECサイトには「モール型サイト」「自社ECサイト」がありますが、どちらを選ぶのが良いでしょうか?

それぞれにメリットとデメリットがあり、扱う商品アイテムの種類や販売量、ECサイト事業に投資できる資金と人員にもよるので、一概には言えません。

特に自社ECサイト構築をする方法には様々なパターンがありますので、もう少し詳しく見ていましょう。

自社ECサイトを構築するメリット

「自社ECサイト」は、「モール型サイト」に比べてサイトの設計やデザインの自由度が高いところがメリットです。

モールに出店する場合は既存のフォーマットに従ってページを作らなくてはならないので、どうしても似たような見た目にならざるをえないのとは対照的です。

また、既存客以外の新規顧客の獲得を目指している場合、まったく新しい販売チャネルを持つことができます。最近注目されているECサイトとリアル店舗をリンクさせた「オムニチャネル」化にも対応することができます

ECサイトを構築する4つの方法

自社ECサイトを構築する場合、主に以下の4つの選択肢があります

・オープンソース
オープンソースとは、ネット上で無料で公開されているプログラム、およびソフトウェア(フリーソフト)の総称です。

ECサイト用のオープンソースは数多く公開されていますが、国内では機能面、実績ともに「EC-CUBE」が群を抜いています。

参考:EC-CUBE

使用料は基本的に無料ですが別途レンタルサーバを用意する必要があり、ゼロから構築するにはそれなりの知識とスキルが必要なので、制作は外注するのが現実的でしょう。

・パッケージ
ECサイトに必要な機能が揃った有料ソフトウェアで、国内では「ecbeing」「EC-ORANGE」などが有名です。先ほど紹介した「EC-CUBE」をベースにしたものやクラウド型など様々なタイプがあり、初期費用も数十万円〜数百万円程度かかり、月額費用も必要です。

参考:ecbeing

参考:EC-ORANGE

パッケージは、デザインの自由度・カスタマイズ性が高いというメリットはありますが、開発期間が長くかかる点には注意が必要です。

・ASP
ASPとは「Application Service Provider」の略で、インターネット上でアプリケーションソフトなどを提供する事業者やサービスのこと。ECサイトの分野では、「BASE」や「STORES」などがあります。

レンタルサーバを用意する必要がなく、基本的に初期費用・月額費用ともに無料(一部有料サービスあり)なので、個人経営のネットショップや小規模なECサイトを構築する場合にはおすすめです。

ただし、デザインの自由度やカスタマイズ性は低いので、競合他社との差別化が難しいのがデメリットです。

・フルスクラッチ
新しいECサイトを、イチから構築する手法をフルスクラッチといいます。

これについてはかなり特殊なケースと言えますので、次の項で詳しく説明します。

フルスクラッチで構築するには?

ECサイトを新規に立ち上げる際に既存のソフトウェアやサービスなどを一切利用せず、すべてオリジナルで開発するのがフルスクラッチ。いわゆるオーダーメイドの自社ECサイトです。

フルスクラッチの場合は、サイトの基本設計からデザイン、付加機能まですべて自由に構築できますが、ECサイトに必須の機能である「ショッピングカート」「決済システム」「セキュリティ」「受注管理システム」などを開発するだけでも膨大な手間と労力がかかります

フルスクラッチしたときの採算性

ECサイトをフルスクラッチで構築する場合の費用は、一般的には初期費用に1千万円以上、月額費用に数万円〜数十万円かかるといわれます。

また、開発期間は最低でも半年〜1年と、非常に長くかかります。開発にかかる時間や費用からみても、フルスクラッチで構築する場合は5億円以上の年商が見込めるECサイトでないと採算性に乏しいでしょう

ASPのショッピングカート

ショッピングカートはECサイトに必須の機能ですが、自前で開発するのは現実的ではありません。各ASPでは無料・有料のショッピングカードが用意されているので、そちらの利用を検討してみましょう。

無料ショッピングカートのASP

無料のショッピングカート機能が使えるASPには、「BASE」「STORES」などがあります。

どのサービスも基本的には初期費用・月額費用・販売手数料は無料ですが、クレジットカード決済の場合、販売額の4〜5%の手数料がかかります。

有料ショッピングカートのASP

対して、有料のASPとしては、「Make Shop」「futureshop」などが多くのユーザーの支持を集めています。

初期費用・月額費用ともに1〜2万円程度で、クレジットカード決済の場合の手数料も4〜5%です。

無料ASPと有料ASPの違い

当然の話ですが、無料ASPよりも有料ASPの方が費用に見合うだけのサービスが充実しています。

大きく違うのは、使用できるデータ容量、デザインテンプレートの種類、集客機能の有無、そして独自ドメインが使えるかどうか等の付加機能です。

これらの要素はECサイトを運営するにあたって大きなポイントになりますので、それぞれのスペックの比較が欠かせません。

無料ASPと有料ASP、どちらを選ぶ?

無料ASPと有料ASPのどちらを選ぶかは、費用対効果をどう考えるかの問題です。

最低限の機能しか装備されていない無料ASPでもそこにリソースを注入することができれば売上に繋がりますし、集客機能が充実した有料ASPなら多くの消費者にアクセスしてもらえる可能性が広がります。

要は、ECサイトやネットショップのコンセプトや取り扱う商品によって最適なサービスを選択することが大事だということです。

自社ECサイトの構築は身の丈にあった方法で

ここまで見てきたように、自社ECサイトの構築には、フルスクラッチからパッケージ、オープンソース、ASPまで様々な方法があります。

構築に必要な費用も完全無料から数千万円までまさにピンキリなので、それぞれの身の丈に合った方法を選択していきましょう。

ECサイトの構築におすすめのASP

ここからは、おすすめのASP(ECサイト構築サービス)をご紹介します。

BASE

完全無料でネットショップが開設できることから、初心者にも人気のASPがBASEです。初期費用・月額費用ともに無料ですが、決済手数料3.6%+40円とサービス利用料3%が別途かかります。

参考:BASE

STORES

初期費用は基本無料です。プランは2種類あり、月額無料(決済手数料5%)のフリープランと、月額1,980円(決済手数料3.6%)のスタンダードプランから選べます。まずは費用をかけることなくネットショップを運営してみたいという方におすすめです。

参考:STORES

カラーミーショップ

初期費用3,200円・月額費用900円〜とローコストで始められ、4万軒以上の導入実績があるショッピングカートASPがカラーミーショップです。販売手数料がかからないので、ランニングコストを抑えることができます。

参考:カラーミーショップ

Make Shop

Make Shopは、初期費用1万円・月額費用1万円〜・販売手数料ナシというシンプルな料金体系が特徴です。3カ月以上の長期契約だと月額費用が最大30%割引になるので、長い目で見るとお得なサービスです。

参考:MakeShop

ショップサーブ

ショップサーブは、5万店の以上の導入実績がある老舗サービスです。「最小の運営負荷で月商1,000万円狙える機能が満載」というのがセールスポイントです。初期費用は15,000円・月額費用11,400円〜で、専任担当者によるサポートが充実しています。

参考:ショップサーブ

モール型サイトのおすすめサービス

モール型サイトのおすすめサービスもご紹介しておきます。ぜひ参考になさってください。

Amazon

Amazonは、初期費用無料でお店を出店することができます。プランは2種類あり、小口出品(毎月49点まで)だと商品ごとに100円+販売手数料が、大口出品だと月額4,900円+販売手数料がそれぞれ掛かります。販売手数料は商品カテゴリーによって8%〜15%の間で変動します。大口出品する場合は、別料金で商品の受注から配送・返品対応などの業務をすべて代行してくれる「FBA」というサービスが便利です。

参考:Amazon

楽天市場

初期費用は6万円ですが、月額費用は19,500円〜10万円まで4種類のプランが用意されており、手数料もそれぞれのプランによって異なります。楽天ポイントと連携させることができるので、幅広いユーザーから利用してもらえるというメリットがあります。

参考:楽天市場

Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピングは、国内出店数No.1のショッピングモールです。その料金体制はちょっと変わっていて、初期費用・月額費用・販売手数料すべて無料ですが、ストアポイント原資・キャンペーン原資・アフェリエイトにかかる費用をショップ側が負担する必要があります。その費用は月商10万円以上のお店で、おおよそ5〜6%です。

参考:Yahoo!ショッピング

ポンパレモール

ポンパレモールは、リクルートグループが運営するECモールです。初期費用2万円・月額費用29,000円・システム使用料2.5 %(クレジットカード別途)と、シンプルな料金体系です。じゃらんやホットペッパーなど、リクルートグループのサービスと連携しているのが特徴です。

参考:ポンパレモール

au PAY マーケット

KDDIが運営する、auのスマホユーザー向けに特化したモール、それがau PAY マーケットです。初期費用1万円・月額費用4,800円で、手数料はプランによって4.5〜11.2%と幅があります。スマホからの利用が8割以上で、30〜40代の女性ユーザー向けの商材を出品するのに向いています。

参考:au PAY マーケット

サイトコンセプトに合わせた方法でECサイトを構築しよう!

以上、ECサイトを構築するための方法と、現在国内で人気があるECサイト構築サービスをご紹介しました。

ここまでご説明したように、ECサイトといっても「モール型サイト」と「自社ECサイト」とではその構築方法や運営方式がまったく異なりますし、それにかかる費用も桁違いです。

まずは運営したいECサイトのコンセプトを明確にした上で、ご自身に合った方法を検討してみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。