物販

【ゼロからのECサイト運営】モール・自社運営・ASP、どれがおすすめ?

新型コロナウイルスの影響で、ECサイトの利用者が増えています。リアル店舗を運営する人の中にもECサイトにチャレンジしてみたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

しかし、「小規模店舗でも運営できるのだろうか?」「何から手を付けたら良いのだろう?」といった悩みを抱えている人もいるはずです。

そこで今回は、これからECサイトを始めたいという方を対象に、ECサイトの始め方について解説しようと思います。ECサイトの運営は、個人の副業としても注目されるようになっています。これを読んで、ぜひ新たな一歩を踏み出してください。

ECサイトはモールよりショッピングカートASPがおすすめ!

ECサイトには、Amazonや楽天のようなショッピングモールに加入する方法と、自前で独自のショップを立ち上げる方法とがあります。

ECサイトとは?

まずは、ECサイトの定義を確認しましょう。ECサイトのECは、Electronic Commerce(電子商取引)の略です。商品やサービスをオンライン上で販売するウェブサイトのことをECサイトと呼びます。ネットショップやオンラインショップという呼び名もありますが、ほぼ同じ意味と考えて間違いありません。

ECサイトには、ショッピングモールに出店するタイプと、ショッピングカートASPを活用して自前で立ち上げるタイプとがあります。それぞれの特徴やコストについて順番に見ていきましょう。

ショッピングモールに出店する方法

まずは、ショッピングモールに出店する方法です。

オンライン上のショッピングモールと言えば、日本では楽天市場、Amazon、ヤフーショッピングが有名です。個別のネットショップで買うより、モール内のお店で買ったほうが安心という人も少なくありません。

モールに出店するメリットは、その知名度のおかげで毎日多くのユーザーが訪問してくれることです。ゼロから集客をする必要がないのは、大きな利点と言えるでしょう。

一方、デメリットは、競争相手が多い点とコストが高い点です。たくさんのお店が出店しているため、独自色を打ち出せなければ自社商品が埋もれてしまいます。

また、すぐに価格競争になりやすいのもネックです。競争に勝つためには、広告宣伝にコストをかける必要も出てくるでしょう。

ショッピングカートASPを使ってお店を立ち上げる方法

もう1つの方法は、ショッピングカートASPを使ってお店を立ち上げる方法です。ショッピングカートASPは、ECサイトを構築するためのツールです。これを活用すれば、「○○.com」といった自社ドメインでのオリジナルECサイトを簡単に立ち上げることができます。

先ほどのモールへの出店がデパートで売るイメージだとしたら、ショッピングカートASPを使う方法は自分でリアル路面店を開くようなイメージです。

メリットは、簡単かつ低コストで開店できることです。さまざまなショッピングカートASPがありますが、モールへの加盟よりも低コストでお店を立ち上げることができます。また、操作が簡単なことでも特徴です。プログラミングに精通していなくても、サイトの指示にしたがって操作すれば、すぐにお店をオープンさせることができます。

デメリットは、集客を自前でやらなくてはいけない点です。モールなら、すでにたくさんのユーザーがいます。しかし、独自ショップの場合は、一からお客様を集めてくる必要があるのです。

ショッピングモールに出店する場合のコストは?

ショッピングモールに出店する方法とショッピングカートASPを使ってお店を立ち上げる方法、それぞれどれくらいのコストを見ておけばよいのでしょうか。

まずはモールへの出店パターンですが、意外とコストは高めです。例えば、楽天市場に出店する場合、以下の料金がかかります。

・初期登録費用:60,000円
・月額出店費用:19,500円〜100,000円
・システム利用料:月間売上高の2%〜7%
・その他:オプションサービスあり

オプションサービスにはさまざまなものがあります。たとえば、楽天市場で商品を購入すると楽天ポイントが付与されますが、これは出店者の負担によって成り立っています。詳しくは以下のページからチェックしてください。

参考:楽天市場:出店プラン・費用

ショッピングカートASPを使ってお店を立ち上げる場合のコストは?

続いては、ショッピングカートASPを使ってお店を立ち上げる場合のコストです。大きく分けて2つの料金体系があります。

(1)取引額に応じた課金の場合
これは、取引が成立した場合のみ料金が発生する仕組みです。たとえばBASEの場合

・BASEかんたん決済手数料(送料を含む合計金額 X 3.6% + 40円)
・サービス利用料(送料を含む合計金額 X 3.0% )

が必要です。そのかわり、初期費用や月額の固定料金はかかりません。

(2)月額の固定料金の場合
こちらは、取引があっても無くても、毎月固定でかかるものです。のちほどご紹介する4つのサービスの中では、GMOペパボが運営するカラーミーショップが最も安く、

・エコノミー:月額834円〜月額1,000円(12ヶ月契約〜3ヶ月契約)

となっています。

ECサイトの運営におすすめのショッピングカートASP、無料と有料の違いは?

ショッピングカートのASPには、無料サービスと有料サービスがあります。手軽に試してみたいならば無料サービスを使うのも良いでしょう。しかし、有料サービスには、無料サービスでは得られないメリットもあります。

そこで、無料サービスと有料サービスの違いを見ていくことにしましょう。ここでは次の4つの観点から解説します。

・ウェブサイトの容量
・デザインテンプレートの種類
・集客力
・独自ドメイン対応

利用できるウェブサイトの容量

まず1つ目の違いは、利用できるウェブサイトの容量です。サーバーの利用可能容量が大きければ大きいほど、文章や画像などのコンテンツを多く載せることができます。多くの無料サービスでは、ウェブサイトの容量が制限されています。

たとえば、KDDIウェブコミュニケーションズが運営するクラウド型ホームページ作成サービス「ジンドゥー」の場合、次のようなプランになっています。

FREEプラン(無料)
・サーバー容量:500MB
・掲載可能な商品数:5
・帯域幅:2GB

PRO(月額 US10ドル)
・サーバー容量:5GB
・掲載可能な商品数:15
・帯域幅:10GB

BUSINESS (月額 US20ドル)
・サーバー容量:無制限
・掲載可能な商品数:無制限
・帯域幅:無制限

無料版の場合、サーバー容量だけでなく掲載可能な商品数についても制限されます。また、帯域幅とは、どれだけのアクセスに耐えられるかの指標となるものです。これが大きいほど、ユーザーは快適に閲覧することができます。

ジンドゥーだけでなく、他社の多くのサービスでも、無料版ではウェブサイトの容量が制限されています。そのため、多くのコンテンツを活用する予定の方は、有料版を選んでおきましょう。

デザインテンプレートの種類

2つ目の違いは、デザインテンプレートの種類の豊富さです。無料のものは有料のものに比べて、デザインテンプレートの数が少ない傾向にあります。

無料のテンプレートはシンプルなものが多いです。商品を並べただけのデザインや個人サイトのような雰囲気が感じられるものもあります。信用されるECサイトにしたいなら、有料版を選ぶようにしましょう。そうすれば、他店との差別化にもつながります。

たとえば、月額利用料が不要のBASEの場合、無料で用意されているデザインテンプレートは11種類あります。

しかし、5,000円から13,000円くらいの予算を出せば、より優れたデザインのテンプレートを購入できます。レベルの高い作品も多数あるので、ぜひチェックしてみてください。

参考:BASE:デザインマーケット

また、カラーミーショップなら77点のテンプレートが用意されており、そのうち46点は無料です。また、月額500円のテンプレートプラスを選択すると、次のような機能が付加されます。

・営業日カレンダー管理
・トップページバナー設定
・新着商品管理
・イチオシ商品管理
・インフォメーション

参考:カラーミーショップ:テンプレート

このように無料と有料とでは、利用できるデザインの幅が違うことがわかります。

集客力

3つ目の違いは、集客力です。有料プランの場合、無料プランに比べて集客機能が優れていることが多いです。

たとえば、メルマガを発行したりブログを運営したりするだけでなく、お客様に対するフォローメール機能、商品割引のクーポンコード発行機能、口コミを書いてもらうレビュー機能、ソーシャルメディアと連携するSNSボタン機能などのさまざまな機能が付いてきます。

また、SEO対策についても有料版の方が優れています。前述のジンドゥーなら、有料のBusiness(月額 US20ドル)を選ぶと、次の機能が付いてきます。

・ページの詳細設定
・リダイレクトURL設定
・カスタムURL設定

さらに、上位プランのSEO PLUS(月額 US30ドル)を選べば、同社のSEOツール「Ranking Coach」を利用することができます。

独自ドメイン対応

4つ目の違いは、独自ドメインの取り扱いです。無料版の場合、独自ドメインの利用が制限されているケースがあります。

たとえば、STORES.jpで独自ドメインを利用したい場合、フリープランではなくスタンダードプラン(月額1,980円)を選択する必要があります。

参考:STORES.jp:機能紹介

本格的にECサイトを運用するなら独自ドメインの利用がおすすめです。お店としてのしっかりしたイメージができるだけでなく、将来別のショッピングカートへ移行する際も、URLを変更しなくてよくなるからです。

無料版ショッピングカートASPがおすすめな3つのケース

有料版と無料版、それぞれのショッピングカートASPサービスを見てきましたが、無料版はどんな人に向いているのでしょうか。ここでは3つの場合をご紹介します。

副業としてECに取り組みたい場合

まず個人の副業としてECショップの運営に取り組みたいなら、無料版のショッピングカートASPがおすすめです。有料版のASPを使うと初期費用や月額費用が負担になります。

テストマーケティングを行いたい場合

テストマーケティングを行いたい場合も、無料版を利用したほうが良いでしょう。テストマーケティングの目的は、本格的に販売を開始する前に顧客の反応を見て課題を探ることにあります。

つまり、テストマーケティングは、できるだけ低コストで取り組むべきステージと言えるのです。したがって、こういう場合も無料版のショッピングカートASPサービスを利用するのがおすすめです。

既存のウェブサイトにEC機能を加えたい場合

新たにECサイトを立ち上げるのではなく、既存のウェブサイトにEC機能を加えたい場合も無料版のほうを選ぶべきでしょう。

ショッピングカートASPを選ぶ際の2つのポイント

今では非常に多くのショッピングカートASPがありますが、どのような点を考慮して選えば良いのでしょうか。ここでは2つのポイントをご紹介します。

商品やターゲット層に合わせて選ぶ

1つ目のポイントは、商品やターゲット層に合わせて選ぶことです。

もしアクセサリーやグッズなど、かわいらしい商品を数多く揃えたショップにしたいなら、おしゃれなデザインのテンプレートをもつASPを利用するのが良いでしょう。単調なデザインのサイトでは、せっかくの商品が台無しになってしまいます。

また、商品レビューを活用したい場合は、レビュー機能のあるASPを検討してみましょう。メルマガやフォローメールを送る機能も付いていれば、口コミを書いてもらったお返しにプレゼントを配るキャンペーンを行うことも可能です。

ECサイトの成長ステージに合わせて選ぶ

2つ目のポイントは、ECサイトの成長ステージに合わせて選ぶことです。

無名のショップからスタートするのであれば、豊富な機能を備えた高額なASPを契約する必要はありません。

開業当初は管理画面の操作に慣れるだけでも時間を要するものです。そのため、最初は簡単に操作できるシンプルなASPを選ぶと良いでしょう。

おすすめのショッピングカートASPをご紹介

最後に、おすすめのショッピングカートASPをご紹介します。ショッピングカートASPにはたくさんの種類がありますが、ここでは定番どころをピックアップしてみました。

カラーミーショップ(運営:GMOペパボ)

まず1つ目は、GMOペパボ株式会社が運営するカラーミーショップです。まずまずの機能性をもちながらも、低コストかつ簡単操作が特徴です。

2005年スタートの老舗ですが、ECサイト初心者に人気で、デザインテンプレートも47種類(無料版は15種類)が用意されています。

契約者の75%が「実店舗あり」と回答していることからも、実店舗を経営しつつネットショップも運用したいという人に向いていると言えます。

カラーミーショップの特徴は、月額料金が安価なのに売上に応じた課金が無い点です。また、レギュラープランを選択すると、フリーページを1万ページまで設けることができるので、入門者から中級者まで幅広く利用することができます。

■料金プラン
・エコノミー:月額834円〜月額1,000円(12ヶ月契約〜3ヶ月契約)
・レギュラー:月額3,000円
・ラージ:月額7,233円

MakeShop(運営:GMOメイクショップ)

2つ目は、GMOメイクショップ株式会社が運営するMakeShopです。

2004年スタートのサービスで、用意されているテンプレートの数が171種類と豊富です。カラーミーショップと比べると費用が高いのがネックですが、デザインのカスタマイズ機能が充実していると評判です。

前述のカラーミーショップだと、デザインを加工するにはHTMLやCSSを使った編集が必要なため、初心者には取っつきにくいところもあるかもしれません。しかし、MakeShopなら管理画面を操作するだけで、ページのレイアウトやメニュー表示の変更から商品画面の詳細設定まで、簡単にカスタマイズすることが可能です。そのため、「難しい操作は苦手だけど、毎日の動きに合わせて頻繁にカスタマイズしたい」という人におすすめです。

また、機能面でも優れています。たとえば、データをもとに売れ筋商品を抽出する売上分析ツールや、顧客や会員を属性に合わせてグルーピングできる機能、売上や注文数に合わせたランキング表示機能や、定期購入システムなども備えられています。

■料金プラン
・MakeShopエンタープライズ:初期費用100,000円、月額50,000円〜
・プレミアム:初期費用10,000円、月額10,000円(長期契約なら最大30%OFF)

ショップサーブ(運営:Eストアー)

3つ目は、株式会社Eストアーが運営するショップサーブです。スタートしたのが1999年なので、今回ご紹介するサービスの中では最も歴史があります。

ショップサーブは長年の運営ノウハウと高い機能性で知られており、1時間に1億円分の受注をこなせるシステムには定評があります。ただし、値段が高いため、本格的なEC展開を考える法人向けのサービスと言えるでしょう。

料金は高いですが、契約者数は22,000社に上ります。それだけの支持を集める背景には、顧客への手厚いサポート体制が影響しています。

カートや決済、受注管理、顧客管理といった機能だけでなく、制作や集客などに関する総合的な支援を受けつつネットショップを運営したいなら、検討の価値ありです。

■料金プラン
・パブリック:開通料:15,000円、月額11,400円
・ベーシック:開通料:15,000円、月額16,500円
・プライム:開通料:15,000円、月額22,000円
・プレミアム:開通料:15,000円、月額46,800円

Future Shop2(運営:フューチャーショップ)

最後にご紹介するのは、株式会社フューチャーショップが運営するFuture Shop2です。

最も安価なスタンダードでも月額22,000円からとなっており、本格的なEC展開を考える法人向けの商品と言えます。

Future Shop2の特徴は機能の豊富さです。新しい機能の導入に非常に積極的で、たとえば2019年には合計5回ものバージョンアップを実行しています。また、Apple PayやAmazon Payにいち早く対応したのも同社です。

他では見られないサービスとしては、海外向け通販(越境EC向け)サービスがあります。それがFutureshop Overseasサービスで、月額28,000円から海外向けの通販にも対応しています。

サポート体制の熱心さでも知られ、そのおかげか契約企業の10店舗に1店舗が年商1億円と言われています。電話とメールによる無料サポートに加え、最新の活用ヒントを紹介するアカデミーも毎月のように開催されています。

■料金プラン
・スタンダード:月額22,000円〜
・ゴールドプラン:月額81,000円〜

おすすめショッピングカートASPを活用してECサイトを始めよう!

この記事では、これからECサイトを始めたい人のために、ECサイトの始め方を解説しました。

小さく始めたいなら、無料のツールを使ってチャレンジしてみましょう。少しずつ試行錯誤をしていく中で、次第にお客様も増えていくはずです。成長に応じて、有料サービスへと切り替えるのもありでしょう。

最初はわからないことだらけかもしれません。しかし、実際に取り組んでみれば自然と理解が進んでいくはずです。ぜひ、ショッピングカートASPを利用してECサイトを始めてみてください。