物販

ECサイトを自作する方法!自分に合った方法でECサイトを始めよう!

「ECサイトを自作するなんて可能なのか?」と疑問に思われるかもしれませんが、実は可能です。しかも、その方法はひとつではありません。それぞれの方法に長所短所があるので、自分に合ったものを選ぶことが重要になります。

ECサイトを自作したい人、ECサイトの作り方について色々と知りたい人は、是非この記事を参考にしてください。

ECサイトを作る方法は、主に4つ

ECサイトを作る方法には、主なものとして以下で紹介する4つがあります。それぞれの特徴を知って、自分はどの方法を採用するべきか考えてみてください。

ECサイトを一から作る「フルスクラッチ」

フルスクラッチは、文字通りECサイトを一から作る方法です。一から設計するので、会社で使っている物流システムや顧客管理システムと連携を取るのも簡単です。また、デザインも自由になります。とにかく自由度が高いことが一番のメリットです。

一方で、既存のシステムを利用してECサイトを構築するのと違って、サイトに不具合が生じた場合は、自社内で解決する必要があります。メンテナンスやセキュリティについても、自社の責任で行う必要があります。

ただ、フルスクラッチでECサイトを作る場合は、開発会社に依頼して相当な開発費用と開発期間をかけるのが通常です。そのため、この方法は基本的に大手企業が大規模なECサイトを立ち上げる場合にしか利用されません。

ベンダーからのプログラム提供を受ける「ECパッケージ」

ECパッケージというのは、システムの開発会社(ベンダー)が提供するシステムを基にして、自社向けのカスタマイズを施した上でECサイトを開設するものです。

基本となるシステムは構築済みなので、開発期間や開発費用がフルスクラッチの場合よりも抑えられます。ただ、フルスクラッチよりも抑えられるとはいっても、かなりの費用がかかることには違いはありません。

また、サーバーを確保したり、定期的にメンテナンスやバージョンアップを行ったりする必要があるため、維持費もかなりかかります。そのため、ECパッケージは、主に中規模・大規模のECサイトを開設する際に取られる方法です。

ソースコード自体は無料「オープンソース」

オープンソースは、無料で公開されているソースコード(プログラム)を利用します。無償で使用することができるので、そのまま使うのであれば開発費用はかかりません。

もっとも、実際には自社向けにカスタマイズした上で導入する場合が多いので、相応の開発費用がかかります。

また、オープンソースを使って自社でECサイトを作った場合、開発会社からのサポートが受けられないので、保守管理やセキュリティ対策、トラブルがあった場合の復旧作業など、ECサイトの運営に必要な全ての業務を自社の責任で行うことになります。そのため、自社内に専門の部署を置き、かつ専門的な知識がある従業員を雇わない限り、実現は難しい方法です。

ECサイト構築のためのサービス全体が提供される「ASPカート」

ASPというのは、アプリケーション サービス プロバイダの略で、プロバイダがソフトウェアを提供しているものです。そして、ASPカートとは、ECサイトに不可欠なショッピングカートのシステムを含んだECサイト開設全般をサポートしてくれるASPのことです。

ASPカートを利用すれば、専門的な知識がなくてもECサイトを簡単に開設できるようになります。

ただし、ASPカートの場合、自社向けのカスタマイズをすることは難しく、デザインもあまり自由にはなりません。

以上より、ASPカートは、手軽ではありますが、不自由なところもある方法と言えるでしょう。

それぞれの方法によった場合の費用について

それぞれの方法によった場合に発生する費用については、およそ以下のようになります。

まず開発費用に関しては、かなり幅が広いので一概には言えないのですが、フルスクラッチが一番かかります(数千万円といった規模になります)。

ECパッケージは数十万円から数千万円程度オープンソースは最小はゼロ円ですが、実際にはデザインテンプレートを購入したり、決済システムの導入費用がかかったりして数百万円程度の費用がかかる場合が多くなります。ASPカートは、初期費用ゼロ円のサービスもありますし、費用がかかる場合でも数万円から数十万円程度です。

毎月継続的に発生する維持費等に関しても、かなり幅があります。社外に委託するか否かで費用は大きく変わりますが、フルスクラッチやECパッケージ、オープンソースの場合で最高数百万円程度、ASPカートはぐっと安くなって高くても数万円程度です。

ECサイトを自作することのメリットとデメリット

ここでは、ECサイトを自作することのメリットとデメリットについて考えてみます。自作の方法としては、フルスクラッチは一般的ではないので、オープンソースの利用を前提とします。

オープンソースを利用して自作するメリット

自作するメリットは、自分の思い通りにECサイトを構築できることです。既存のECサイトでは実装されていない機能なども、自分のアイデアと技術力次第で自由に採用することができます。

また、開発会社に依頼するコストがかからないという費用面でのメリットもあります。

オープンソースを利用して自作するデメリット

一方で、オープンソースのデメリットとしては、ECサイトを自作するために相当な技術と知識が必要な点が挙げられます。技術や知識を一から習得しようとすると、かなりの時間と労力がかかります。

また、自作したECサイトは、メンテナンスやアップデートを自分で行う必要があります。もし自分で運用していくことが難しくなったとしても、自分で書き換えたコード(プログラム)に関しては、メンテナンスを代行してくれる会社はありません。最後まで自分で責任を持つ覚悟が必要になります。

オープンソースを利用してECサイトを自作する手順

ここでは、実際にオープンソースを利用してECサイトを自作する際の手順について解説していきます。ここでは細かなやり方までは説明できませんが、大まかな流れを把握してください。

サーバーを準備する

まずは、ECサイトのデータを置いておくサーバーを準備しなければなりません。サーバーを自分で構築することもできないわけではありませんが、そのメリットはほぼありません。特別な事情でもない限り、レンタルサーバーを契約するのが無難です。

オープンソースをインストール

サーバーの準備ができたら、オープンソースのソフトウェアをダウンロードしてサーバーにインストールします。ECサイトを構築するためのオープンソースとしては、EC-CUBEがメジャーです。

こういったメジャーなオープンソースを利用する場合、レンタルサーバーにクイックインストール機能が実装されていることが多いため、インストールが楽に行えます。

参考:EC-CUBEが使えるレンタルサーバー(EC-CUBE公式ホームページ)

ECサイトの基本的な設定を行う

インストールが終わったら、クレジットカード決済をはじめとする各種決済サービスの導入手続を行います。決済サービスの導入にあたっては審査があるので、早めに申し込んでおく必要があります。

それから、サイトの名称を決めたり、商品を登録したり、お客様にお送りするメールの文面を確認したりといった基本的な各種設定を行いましょう。

サイトのレイアウトやデザインを決める

それ以外には、レイアウトを変更したりデザインを変更したりといったカスタマイズを行います。技術がある人であれば自分で行うこともできますし、テンプレートも用意されています。

テンプレートを使う場合、そのまま使っても良いのですが、自分なりの変更を加えることもできます。ただし、レイアウトやデザインをカスタマイズするには、HTMLやCSSの知識が必要になります(HTMLやCSSについては、後で補足します)。

デザインだけでなく機能面をカスタマイズできるプラグインもありますから、必要に応じてインストールすると良いでしょう。デザインテンプレートやプラグインは、無料のものもありますが、基本的には有料です。

ECサイトをオープンする

サイトのデザインが終わって商品の準備もできたら、サイトを公開します。これでネットショップを開いたことになります。

なお、オープンソースを利用するだけなら、ラインセンス料は発生しません。ただし、EC-CUBEの場合、EC-CUBEを基にソフトウェアを開発して、それを頒布する際には商用ライセンスを取得する必要があります(商用ライセンスは有料です)。商用ライセンスを取得することなくソフトウェアを頒布する場合は、そのソフトウェアに関してもオープンソースとすることが義務付けられています。詳細は以下のURLを確認して下さい。

参考:EC-CUBEライセンスについて

オープンソースの場合、改変することは自由ですから、様々なカスタマイズができます。ただ、技術がある人であってもカスタマイズは難しいので、最初のうちは標準機能を使ってサイトを運用しつつ、必要に応じてカスタマイズを検討することをおすすめします。

ECサイトを自作するために必要な知識(言語)

これまで「知識や技術がある人」といった書き方をしてきましたが、ここでどんな知識が要求されるのか解説しておきます。具体的には、ECサイトを構築するために要求される言語(プログラム言語・マークアップ言語)についてです。

ECサイトを作るための言語は2つに分かれます。サイトを閲覧する際にパソコンやスマホでの処理に使われる言語と、サーバーでの処理に使われる言語です。前者をクライアントサイド言語、後者をサーバーサイド言語と呼ぶことがあります。

サイトを表示するために必要なクライアントサイド言語

クライアントサイド言語は、簡単に言うとECサイトを表示するための言語で、HTML、CSS、JavaScriptの3つがあります。中でも、HTMLがメインと言える存在で、サイトに表示する文章や画像などの内容とその配置について記述する際に用いられます。

CSSには、HTMLで記述した内容を装飾する役割があります。文字に色を付けたりして見やすいサイトを作るのがCSSです。

JavaScriptを使えば、動きがあるサイトが作れます。マウスカーソルを合わせるとメニューリストが表示されるといった動きのある表現をするために使われます。

サーバーで行われるデータ処理に必要なサーバーサイド言語

ECサイトでは、サーバー側でもデータ処理が行われています。お客様が入力したデータを保存したり、入力された内容に対して適切な返答をしたりするのは、サーバー側のプログラムによるものです。サーバーサイドの言語には、PHPやJavaが使われています。他にも色々な言語が使用可能ですが、主なものはこの2つです。

PHPは、EC-CUBEでも使われています。Web開発に多く用いられていて、比較的習得しやすいとされているので、初心者にもおすすめです。

Javaは、どんなコンピュータでも利用できる汎用性が高い言語です。セキュリティに優れているため、大規模なシステム開発に向いているとされています。

ECサイトを開設した後の業務について

ECサイトを自作しても、それは最初の一歩に過ぎません。継続的にサイトを運用していくことの方が、むしろ大切です。

そこで、最後に、サイトを開設した後の業務の内容について見ておきましょう。

商品の追加

サイトを開設した後も、商品は適宜追加していく必要があります。ECサイトの場合、お客様は商品に直接触れることができないので、商品画像や商品説明を工夫し、商品の特徴が正しく伝わるように心がけなければなりません。その際は、商品の長所だけでなく短所についても触れた方が、説得力が増す場合が多いです。

また、商品に不具合があった場合の返品・返金に関する対応についても明記しましょう。もしものときにしっかりとした対応をしてくれるサイトであれば、お客様も安心して商品を購入してくれます。

サイトの不具合への対処

ECサイトを運営していると、アクセスが集中してサイトが重くなったり、サーバーがダウンしたりといったトラブルが起こることがあります。

このようなトラブルへの対応をしっかり行わないと、商品の良し悪しとは関係なくサイトを利用してもらえなくなります。

必要に応じてサーバーのメンテナンスや増強を行いましょう。

注文や入金の確認とメール送信

お客様に商品を注文していただいたら、必ず注文情報を確認しましょう。このとき、決済方法の確認を忘れないよう注意してください。注文情報に問題がなければ、商品在庫を確認して注文確認メールをお送りします。

クレジットカード決済の場合は、すぐに商品発送の作業に入れます。

銀行振込の場合は、入金が確認できてから商品を発送することになります。ただ、この入金確認を怠り、商品を発送しないままにしていると、お客様にとって「入金したのに商品が届かない」状態となってしまいます。入金確認はこまめに行って、発送遅延が起こらないように気をつけましょう。

入金確認後だけでなく商品の発送時にもお客様にメールをお送りして、お客様に安心していただけるように努めることも重要です。

お問い合わせへの対応

商品に関するお問い合わせへの対応といったお客様のサポートも大事な業務です。お問い合わせに丁寧に対応できているか否かで売上は大きく変わります。

お問い合わせが多い内容については、「よくある質問」のコーナーを設けたり、商品説明に追記したりするとよいでしょう。

サイトへのアクセスを集めるための対策を行う

ECサイトを自作した場合、最初のうちはサイトの知名度が低いため、アクセスが集まらないのが問題です。そのため、アクセスを集めるための対策が必要です。

費用をかけることができるのであれば、ウェブ広告を使うといった方法があります。予算が限られているのであれば、SNSを活用するなどして宣伝活動を行いましょう。

また、サイトを訪問してくれたお客様のアクセス解析を行うことも必要です。お客様がどのような行動をとって商品を購入したのか、あるいはしなかったのかを分析しつつ、商品を購入しやすいサイトを構築するよう心がけましょう。

ECサイトを自作する方法は様々。自分に合った方法を選ぼう!

この記事では、ECサイトを自作する方法を中心に解説してきました。

ECサイトを自作する方法には、大規模なサイト向けのものから、比較的小規模なサイト向けのものまで様々なものがあります(もちろん、前者のほうが費用がかさむ傾向にあります)。

この記事を参考にして、自分が作りたいECサイトに合った構築方法を選んでください。