物販

FBA代行を活用するメリットとおすすめのFBA代行業者を紹介!

Amazonを利用した転売ビジネスが軌道に乗り、取り扱う商品数が増加すると、1人で作業するのが大変になってきます。そこで利用したいのがFBA代行業者です。手数料はかかりますが、代行業者を使えば効率的に作業を進められます。

この記事では、FBA代行業者を選ぶポイントやおすすめの代行業者を紹介します。自分に合ったFBA代行業者を選んで、転売ビジネスを成功させましょう。

FBAを代行してくれる業者

FBA代行業者は、あなたに代わって以下の作業を行ってくれます。

・FBAへの納品
・オークション出品(商品説明文の作成・写真の撮影)
・検品作業
・梱包作業
・発送作業

手間のかかる作業は全てFBA代行業者が担当してくれるので、自分で行う作業はこれだけになります。

・国内または海外から商品を仕入れる
・FBA代行業者に商品を送る
・必要書類をFBA代行業者へ送る

FBA代行業者が作業を進めてくれる

FBA代行業者を利用すれば空き時間ができるので、その時間を商品のリサーチや選定作業に回すことができるようになります。

さらに、従来よりも取り扱える商品数が増えるので、総売り上げのアップも期待できます。自分が体調不良や私用で作業ができない日でも、FBA代行業者が作業を進めてくれます。

FBA代行業者を利用するメリット

FBA代行業者を利用すれば効率的に転売ビジネスを進めることはできますが、その分費用が発生します。そのため、費用に見合ったリターンが得られるのかが重要なポイントとなります(いわゆる費用対効果)

時間を得られる

FBA代行業者を利用すると、「時間」を手に入れられます。

代行業者を利用しない場合、商品を仕入れてFBA倉庫へ発送するまでに多くの時間がかかってしまします。例えば、ある商品を発送するまでにトータル2時間かかるとすると、FBA代行業者に頼めば、この「2時間」が手に入ります。

迅速に発送してくれる

FBA代行業者を利用せずに自分一人で作業するとなると、商品リサーチや仕入れ作業に時間を取られるために、商品を購入してもらっても迅速に発送できなくなる可能性があります。

その点、FBA代行業者を利用すれば、商品が購入されてから発送するまでがスピーディになります。商品が早く届くようになれば購入者に喜んでもらえ、結果としてあなたの評価が上がることになります

FBA納品のストレスから解放される

FBAへ納品するまでの単調な作業が苦にならないのであれば、自分で全ての作業を行うのもよいでしょう。しかし、FBA倉庫への納品作業が苦痛に感じる方は、FBA代行業者の利用を検討するべきです。

在庫管理もお任せできる

転売ビジネスでネックとなるのが在庫管理です。限られたスペースに商品を保管し、FBA倉庫へ納品するまで管理するのは大変なものです。そんな在庫管理もFBA代行業者を利用すれば全ておまかせできます。

FBA代行業者を選ぶ際のポイント

FBA代行業者を利用してみようかなと思っても、はじめての方にとってはどの代行業者を選んだら良いのかチンプンカンプンではないでしょうか。そこで、FBA代行業者を選ぶポイントを解説します。

利用料

まずは、FBA代行業者を利用するにあたって必要となる費用について見ていきましょう。FBA代行業者を利用する際に発生する費用は以下の通りです。

月額料金・・・ほとんどの代行業者で必要な費用です
基本料金・・・商品の種類によって異なる場合があります
セット組料金・・・複数の商品をセットにする場合に必要になる手数料です
ラベルシール代・・・業者によっては不要な場合もあります
配送料・・・FBA倉庫までの配送料です
返送料・・・商品を返送する場合にかかります
保管料・・・納品まで保管してもらう際に必要です

対応の丁寧さとスピード感

FBA代行業者の丁寧さと作業スピードはかなり大事です。自分の求めているサービス品質を満たしていない業者だと、かえってストレスになってしまいます。ただ、FBA代行業者の丁寧さや作業スピードは、実際に利用してみなければ分かりません。

実際に利用してみて「あまりに合わないな」と感じたときは、すぐに変更しましょう

FBA代行業者の規模

FBA代行業者の規模も考慮してください。

FBA代行業者には数人で経営している業者から大型倉庫を持っている業者まで様々あります。少人数でやりくりしている業者だと、人数不足のために丁寧な対応が望めないかもしれません。逆に、大規模な業者だと手数料がかさむ可能性があります

どの代行業者を選ぶかは、自分の取り扱う商品の数や費用面を考慮して決めて下さい。

人気のFBA代行業者

ここからは、転売ビジネスでよく利用されているFBA代行業者を紹介します。

黒船物流

黒船物流は、国内・海外両方のFBA倉庫まで納品してくれるFBA代行業者です。

海外へは、アメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリアへ発送してくれます。月額料金は1アカウント9,800円で、通常便の他にもお急ぎ便も利用できます

また、有料オプションも多数用意されているので、必要なオプションを選びましょう。海外へ発送する際のオプションは以下の通りです。

・FBAオプション
・エンドユーザーオプション
・BUYMAオプション

国内への発送は月額料金2,980円で利用できます。基本作業の手数料も一律300円となっており、海外への発送と比べるとかなりリーズナブルです。

国内発送の場合も、有料オプションが用意されています。

・FBAオプション
・エンドユーザーオプション
・BUYMAオプション

参考:黒船物流

福富サポート

福富サポートは、老舗のFBA代行業者で料金も業界最安値です。初回登録時のみ会員登録料3,000円が必要ですが、月会費は3,980円です。

配送料金は、利用するFC(フルフィルメントセンター)によって異なります。FCは多治見や堺などにあります。

オプション料金として納品サービス料検品料写真撮影料などが細かく設定されているので、料金体系が非常に分かりやすくなっています。

参考:福富サポート

輸入.com

輸入.comは輸入代行サービスを行う企業です。FBA代行を行ってもらう場合は、ビジネス会員またはエキスパート会員になる必要があります。月会費は以下の通りです。

個人会員:無料
ビジネス会員:2,980円
エキスパート会員:9,800円

FBA納品代行サービスを利用するには、月会費に加えて月額料金が2,551円かかります。また、以下の費用も必要です。

・FBA納品代行手数料 1箱360円
・FBA納品ラベル手数料 1点24円
・商品転送料金 25ドル~

日本国内への配送料は箱のサイズにより異なります。

また、梱包費壊れ物取り扱い手数料などのオプション料金も用意されています。

参考:輸入.com

サポートBB

サポートBBはFBA代行だけでなく、オークション出品代行も行っています。入会金は5,000円で、月額金は1,980円です。その他手数料は以下の通りです。

・FBA代行手数料 1ケース280円
・商品ラベル貼り 15円

送料は箱のサイズとFCによって異なります。

袋詰め作業セットアップ料金などのオプションサービスも充実しています。

参考:サポートBB

ランドクリエイト

ランドクリエイトは、国内・海外へのFBA倉庫への納品代行プランを用意しています。

国内へのFBA代行の場合、月額料金は4,980円で、梱包用段ボールは1箱210円です。送料は箱のサイズによって異なります。

アメリカFBAへの納品代行の場合は、月額料金が9,800円で、アメリカFBA納品用ラベル1枚につき100円の手数料がかかります。

アメリカFBA納品センターまでの送料は、特別料金実費のみ負担が必要です。

参考:ランドクリエイト

FBA代行業者を利用するメリットとポイント

ここからは、FBA代行業者を利用するメリットとポイントを紹介します。

関税を元払いしてくれるFBA代行業者

輸出ビジネスで面倒な手続きの1つが関税の支払いです。海外のAmazon倉庫へ商品を輸送する場合は、関税を元払いしておく必要があります。関税が元払いになっていないと、Amazonに受取を拒否され、商品が返送されてしまいます。

しかし、FBA代行業者を利用すれば関税の元払いも代行してもらえるので、スムーズにFBA納品作業を進められます。

料金の安いクーリエ業者と契約できる

荷物を安い料金で送るには、FedEx(フェデックス)やDHL(ディーエイチエル)などのクーリエ業者を利用するのが一般的です。しかし、クーリエ業者は契約の手続きが大変です。この点、FBA代行業者を利用すれば、クーリエ業者とも有利な契約を結んでくれるので便利です。

FBA代行業者を選ぶ際のポイント

FBA代行業者を選ぶ際は、国際送料も確認しておきましょう。特に、以下の料金がポイントです。

・燃料サーチャージ
・関税
・関税元払い手数料
・保管手数料(検査が必要な時)

また、FBA代行業者がFBA倉庫まで直送してくれるかどうかも確認しておきましょう。FBA代行業者には、自宅からFBA倉庫まで直送してくれる業者と、国内倉庫を経由する業者があります。輸送にかかる日数や費用が変わってくるので、必ず確認が必要です。

段ボールなどの梱包材料を無料で提供してくれる業者もあれば、別料金になっている業者もあります。商品の数が増えるほど梱包材料にかかる料金も高くなるため、コストを確認しておきましょう。

輸出ビジネスに最適なFBA代行業者

海外のFBA倉庫へ商品を届けてくれるFBA代行業者を紹介します。それぞれの業者で利用可能なクーリエ業者も確認しておきましょう。

TNK Logistics

TNK logisticsは、アメリカ・カナダ・メキシコ・イギリス・フランス・ドイツ・イタリア・スペインへ商品を配送してくれます。直送は原則不可ですが、月額手数料がかからない点が大きなメリットです。クーリエ業者は、DHL、Fedex、UPSです。

参考:TNK Logisitcs

Trade-Concierge

Trade Concierge(トレードコンシェルジュ)は、アメリカ・カナダへ商品を配送してくれます。直送は不可で、会員費も月額3,240円かかりますが、燃料サーチャージやそのの他手数料も費用に含まれています。クーリエ業者は公開されていません。

参考:Trade Concierge(トレードコンシェルジュ)

Streamline

Streamlineは、アメリカまで商品を配送してくれます。直送も可能ですし、Streamline倉庫を経由させてからの納品も行えます。Streamline倉庫を経由する場合は、倉庫内で検品作業が行われるため、不良品を排除できるメリットがあります。クーリエ業者はFedexです。

参考:Streamline

シュウカキ

シュウカキは基本的にアメリカのみ商品を配送しますが、個別相談も受け付けています。会員費が月15,984円とやや高めですが、シュウカキ倉庫へ直送しておけば梱包も代行してもらえます。

参考:シュウカキ

OCEAN TOMONI LINE

OCEAN TOMONI LINEは、アメリカ・カナダ・フランスへ商品を配送するFBA代行業者です。月額費は月10,500円で、会員募集は不定期に行われています。直送はしてもらえませんが、税関対応も行ってくれる点がポイントです。クーリエ業者は非公開です。

FBA代行業者を活用して効率的に転売ビジネスを行おう

多くの作業を伴う輸出ビジネスも、FBA代行業者を上手に利用することで負担を減らし取引をスムーズに行えるようになります。

FBA代行業者は数多くあるので、費用やサービス内容を考慮して、自分の取り扱う商品に最適な業者を選択しましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。