物販

海外から商品を買い付ける方法!手順と注意点も丁寧に解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ネット上のオークションやフリマで商品を売っていると、日本国内からだけでなく海外からも商品を仕入れてみたいと思ったことはありませんか。でも、「どうやって商品を仕入れたらいいのか分からなくて…」という人も多いでしょう。

そこで今回は、海外サイトからの商品の買い付け方法を紹介します。この記事を読んで、あなたも海外仕入れを始めてみてください。

海外から商品を買い付けるメリット

商品を海外で買い付けるメリットを紹介します。大きなメリットは以下の通りです。

日本で販売されていない商品を取り扱うことができる
・海外で買った方が安い商品がある
小ロット、または単品で購入できる。

日本で販売されていない商品を取り扱うことができる

海外から商品を仕入れるメリットのひとつは、日本では販売されていない商品を取り扱えることです。例えば、近年のアロマブームの中、自然な香りのするアロマ商品を探している人は多いです。しかし、日本のお店では日本企業の商品がメインで取り扱われているので、気に入ったものがなかなか見つかりません。

そんな時に、あなたが海外から買い付けた自然な香りのアロマ商品を販売していたら、喜んで購入してもらえるでしょう。

海外で買った方が安い商品もある

また、日本で買うよりも海外製品を安く購入できるというメリットもあります。ショッピングセンターでも海外製品を取り扱っているお店は多くあります。しかし、店舗の場合は商品を輸入するために業者を通しているので、その分値段設定が高くなっていることも少なくありません。

そのため、海外から正規品を安価に仕入れ、量販店よりも安く販売できれば、売上の可能性が高まります。

小ロットまたは単品で購入できる

日本で海外商品を購入する場合は、ケースごと購入する必要のある商品も多いです。しかし、海外から買い付ける場合なら、単品で購入できることがあります。

初めて購入する商品をいきなりケースごと購入するのは不安ですよね。単品で購入できるのであれば、お試しに1つだけ購入してみることもできるので安心です。

海外で商品を買い付けるデメリット

しかし、海外からの商品の買い付けには以下のようなデメリットも存在します。

保証のない製品が多い
高い送料関税がかかる
・壊れても修理ができない

保証のない製品が多い

日本の商品には1年間の保証がついているものが多いですが、海外で購入した商品は保証の付いていない商品が多いです。そのため、購入した商品に不備や破損があっても、返品・交換に対応してもらえないことも少なくありません。

高い送料や関税がかかる

海外から商品を買い付けるには、当然送料がかかります。しかも、大きくて重量のある商品の場合、送料が本体価格よりも高くなってしまう場合もあります。そのため、海外から買い付ける商品は、大きさ重量も考慮して決めなければなりません。

また、買い付ける商品によって関税が異なります。必ず商品を輸入する前に税関のホームページで商品の関税をチェックしておきましょう。

壊れても修理できない

電化製品などは故障してしまうこともあります。しかし、日本国内では修理してくれないメーカーもあるので注意が必要です。日本で修理できないとなると、故障の際は海外へ商品を送らなければならなくなってしまいます。これは大きな負担です。

商品の買い付け方法

海外から商品を買い付ける主な方法は以下の通りです。

・海外のメーカーから直接仕入れる
・海外の知人に依頼する
・現地まで行って直接仕入れる

海外のメーカーから直接仕入れる

海外から商品を買い付ける場合に一番安心できる方法が、メーカーや販売店と契約した上で商品を購入する方法です。メーカー等から直接買い付ける場合は、保証がきちんとついていることが多いです。数多くの商品を取り扱う場合は、この方法が一番でしょう。

海外の知人に依頼する

海外に知り合いがいる場合は、彼らに頼むことで良い商品を選んで送ってくれるでしょう。しかし、信頼できる人がいれば良いですが、詐欺のリスクもあるので注意は必要です。

現地まで行って直接仕入れる

自分で確実に商品を仕入れたい場合は、自ら海外へ出向くのが良いでしょう。しかし、渡航費や滞在費がかかってしまうので、仕入れのためだけに海外へ行くのはおすすめできません。「旅行しながら商品を見つける」くらいの気持ちで海外へ行くのが理想的です。

海外で商品を買い付ける方法

海外といっても、その国のどこで商品を仕入れればよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。こちらでは、海外での仕入れ先としておすすめの場所を紹介します。

問屋街

日本では、問屋街でいろいろな商品を安く購入できますよね。海外にも日本のような問屋街があります。問屋街では、日本では見つけられないような変わった商品や珍しい商品がたくさん見つかるでしょう。現地の人と価格交渉できるのも、楽しみの一つといえます。

ストックハウス

海外には、「ストックハウス」と呼ばれる場所があります。ストックハウスとはブランド品などの売れ残り商品をアウトレット価格で販売する場所です。有名なブランド品でも半額になっていたり、一部免税対象になったりすることもあるので、かなりお得に商品の買い付けができます。

個人であっても、ショップを経営している人なら利用できるので、買い付けの際は利用してみましょう。

ショールーム

ブランドものの洋服や化粧品は、ショールームで販売される場合も多いです。有名なブランドの洋服や化粧品は、ショールームを利用して買い付けると良いでしょう。

展示会

より確実に商品を仕入れるには、やはりメーカーから直接仕入れるのが一番です。各国でブランドの展示会が実施されているので、参加することで新商品も見つけられるでしょう。各国の展示会は、日本貿易振興機構のホームページから検索できます。

参考:日本貿易振興機構「世界の見本市・展示会情報」

現地まで行って直接仕入れる際の注意点とコツ

実際に自ら現地へ出向いて買い付けを行う際の注意点コツを紹介します。「当たり前!」という思い込みのせいで見落としがちなポイントもあるので、注意点をしっかり確認しておきましょう。

旅費を節約する

当然のことですが、渡航費滞在費はできるだけ抑えるようにしましょう。

例えば、旅行会社のパッケージツアーに申し込めば、安く海外へ行くことも可能です。また、航空会社のマイレージポイントを貯めれば、次の渡航費を節約できるので、マイレージカード必ず作っておきましょう。

輸入する商品の関税は事前にチェック

販売目的で物品を海外から購入した場合、関税を支払う必要が生じます。商品によって関税率は異なるので、購入前にきちんと確認しておきましょう。また、商品を販売する目的で輸入する場合は、税関で「商品名・価格・素材」等を記入する必要もあります。

名刺を作成しておく

海外での買い付けの際に、また取引したいと思える人と出会った場合は、連絡先の名刺を渡すことができれば便利です。そのため、海外へ買い付けに行く前に自分の連絡先を記載した名刺を作成しておきましょう。

英語でメールアドレスフェイスブックアカウントなどを記載しておくと、海外の人との連絡が容易になります。

良い取引先を見つけよう

海外での買い付けに慣れていない場合は、現地へ行っても手探りの状態になってしまうでしょう。慣れてくるまでは上手くいかなくても仕方ありません。まずは現地へ行き、良い取引先を見つけておきましょう。

また、現地の写真を撮っておき、ブログなどで自分のネットショップとともに紹介しておくと良いでしょう。きちんと現地で買い付けている商品だと分かるので、買ってもらえる確率も高くなります。

買い付けた商品を販売する方法

販売用の商品が揃ったら、いよいよ出品です。

ここからは、初心者でも比較的簡単に利用できる販売方法を紹介します。

メルカリなどのフリマでお試し販売

海外から買い付けた商品を初めて販売する時は、誰でもドキドキするものです。そこで、まずはお試しとして気楽な気持ちで出品してみましょう。

おすすめの出品先は、メルカリです。

メルカリは様々な世代の人が利用しているフリマサイトです。きっと、あなたの商品を求めている人に出会えるでしょう。

最初は利益のことはあまり考えずに1点か2点ほど出品してみます。すると、購入希望者が現れるでしょうから、実際に取引を行ってみましょう。その手応えによって、次に販売する商品の価格や配送方法などを検討すると効率的です。

ネットショップを開設し販売する

メルカリなどのフリマ・オークションサイトでの出品・販売に慣れてきたら、自分のネットショップを開設するのも良いでしょう。個人でも利用されている人が多いネットショップといえば、「BASE」が有名です。

参考:BASE

BASE」では、手作りのハンドメイド商品の他、本当に様々な商品が販売されています。自分好みのショップページにカスタマイズできる点も魅力の一つです。

もちろん、ホームページ作成に慣れていない人でも、テンプレートを使って簡単にショップページが作成できるので安心してください。販売できる商品が揃ったら、ぜひ自分のショップサイトをオープンしてみましょう。

ネットショップの手数料に注意

「BASE」は、ハンドメイド商品や輸入した商品を販売したい人が良く利用しているネットショップサービスです。登録料や月額料金は無料なので、気軽に開設してみると良いでしょう。

しかし、商品が購入された場合は以下の手数料がかかってしまいます。

・BASEかんたん決済手数料
・サービス利用料
・振込手数料

BASEかんたん決済手数料は、各注文ごとに注文金額の3.6%+40円となっています。また、各注文ごとに注文金額の3%サービス利用料がかかります。BASEの売上金を振り込んでもらいたい場合は、振込手数料250円かかります。さらに、振込金額が2万円未満の場合は、事務手数料500円が必要になるので注意しましょう。

自分らしいネットショップの開設

「BASE」を利用するメリットは、初心者でも簡単にネットショップが作れるという点です。

その一方で、「BASE」のデメリットは検索で見つかりにくい点です。欲しいものを探すときはGoogleやヤフーで検索するのが一般的ですが、BASEのネットショップは、検索サイトで上位表示されにくいのです。

検索で見つけてもらいやすいショップを作りたい場合や、もっと自分らしいショップに仕上げたい場合は、自分でホームページを作るという方法もあります。この場合、アメブロなどの無料ブログではネットショップを作ることができません。必ず、商用利用可能なブログサービスやサイト作成サービスを利用しましょう。

自分のネットショップを作るメリット

もっと自分らしいネットショップを作りたい場合は、自分でドメイン(ホームページのアドレスとなるもの)を取得し、自分だけのネットショップを開設しましょう。自分のホームページを持つメリットは、デザインや構成を自分好みにカスタマイズできる点です。

ネットショップだけ作るのも良いですし、ブログ要素も追加し、海外での買い付けの様子をレポートするのも良いでしょう。ホームページ作成方法は、書籍も多く販売されているので、それらを参考に作り上げていきましょう。

楽しく海外商品を販売しよう

今回は、商品を海外から買い付ける方法について紹介しました。

自分の好きな商品を海外から買い付けて、自分好みのネットショップで販売するのは、とても楽しい作業です。

最初は失敗してしまうこともあるかもしれませんが、気楽に楽しみながら自分のネットショップを作り上げていきましょう。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る