スキル

フリーランスという働き方のメリット・デメリットを大公開-会社員との違いとは?

フリーランスという言葉自体は知っていても、実際どんな働き方をしているのか、会社員との違いは何なのか、説明できる人は少ないのではないでしょうか。この記事では、フリーランスのメリットとデメリット、フリーランスになった時に必要な手続き、フリーランスとして人気の職種について解説します。フリーランスに興味があるという方は、是非参考にしてください。

フリーランス-個人事業主や会社員との違い

フリーランスと個人事業主、フリーランスと会社員とでは具体的に何が違うのかについて説明できる人は意外と少ないものです。ここでは、フリーランスと個人事業主の違い、フリーランスと会社員の違いを見ていき、フリーランスという言葉の意味について理解を深めていきましょう。

フリーランスと個人事業主の違い

フリーランスとは、仕事の案件ごとに単発で契約を結んで業務にあたる人のことをいいます。企業や団体との雇用契約はなく、クライアントとの関係性は「対等」です。

個人事業主は、法人ではなく個人で事業をしている人のことをいいます。個人でフリーランスをしている人は、個人事業主でありフリーランスでもありますが、法人化したフリーランスは個人事業主ではありません。そもそも、フリーランスというのは働き方を示す言葉で、個人事業主は税務上の所得区分を示す言葉です。

フリーランスと会社員の違い

会社員は、企業と直接雇用契約を結んで業務にあたります。出勤時間や出勤日、休暇など働き方のルールは企業側が決め、従業員側はそれに従う形です。

正社員であれば契約期間を定めることはなく、従業員側が退職希望を出すか、企業側が解雇するかがなければ自動的に契約が続くことになります。

仕事は会社が用意してくれて、年末調整も必要書類さえ提出すれば会社がすべて手続きをしてくれます。自由度は少ないですが、その分個人でやらなければならない業務も少ないといえるでしょう。

いっぽうフリーランスは、単発の仕事ごとに契約を結んで働きます。組織には属していないため、基本的に成果さえ上げられれば、働き方や仕事の進め方は自由です。

ただし、必要な備品を用意する・契約をとる・確定申告をするというように、すべての業務を自分で行わなくてはいけません。また、契約先のクライアントが仕事を教えてくれることはないので、必要な知識は自分で仕入れていかなくてはいけません。

フリーランスになったら考えるべき手続きについて

フリーランスになると、会社勤め時代は必要なかった手続きも、自分で行わなくてはいけません。ここでは、フリーランスになった際にするべき3つの手続きについて解説します。

年金

フリーランスになったら、厚生年金に加入したままではいられません。退職日から14日以内に市役所へ行き、国民年金に切り替えましょう。

厚生年金に比べて受給額が低くなるため、不安がある人は国民年金基金への加入も考えると良いです。国民年金基金とは、自営業・フリーランス向けに、国民年金と重複して加入できる年金制度です。

健康保険

健康保険についても手続きが必要ですが、年金と違い、必ずしも国民健康保険に加入しなくてはいけないわけではありません。

《フリーランスに転向後の健康保険の加入先》
(1)任意継続健康保険
(2)国民健康保険
(3)ご家族の健康保険

任意継続健康保険に加入すれば、2年間は社会保険のままでいられます。2ヶ月以上の被保険期間があること、退職日から20日以内に継続の申し込みをすることが、加入の条件です。

退職時の給与によって金額が決定し、2年間は変動することがありません。ただし、会社の半額負担がなくなるので、今までの2倍の金額が課せられる点に注意してください。

国民健康保険の保険料は、前年の所得や世帯人員数に応じて決められます。任意継続健康保険と国民健康保険は、一概にどちらが安いとはいえないので、担当地区の国民健康窓口に問い合わせて確認してみましょう。

開業届・確定申告

開業届の提出と、確定申告についても手続きをする必要があります。とくに、青色申告をする場合には「青色申告承認申請書」の提出が必要です。

提出期限は1月1日から3月15日、もしくは開業から2ヶ月以内です。提出が遅れてしまうと、強制的に白色申告になってしまいますので、注意しましょう。

会計ソフトも充実しているので、経理未経験でも「1年目から青色申告」は不可能ではありません。しかし、もし不安が大きいようなら1年目は白色申告で大体の流れを掴み、2年目から青色申告に移行する手もあります。

フリーランスのメリット

長年会社員だった人から見ると、フリーランスの働き方は特殊です。ここでは、フリーランスのメリットにはどのようなものがあるのか見ていきます。

好きな時間に仕事ができる

基本的に、スケジュールの組み方も仕事量も自由に決めることができます。1日に12時間働く日があっても良いですし、まったく働かない日があっても構いません。

朝起きれなければ午後から仕事をする、子供が寝静まった夜中に仕事をする、など自分でコントロールして業務にあたることができます。自由度の高さは、フリーランス最大のメリットといえるでしょう。

自分の裁量で仕事ができる

会社員の場合、上から振られた仕事を断ることは基本的にできません。進め方は会社のルールに従う必要がありますし、希望した部署から異動になってしまうことも考えられます。

いっぽうフリーランスの場合は、仕事の案件ごとに契約を結ぶ働き方なので、やりたくない仕事は断ることも可能です。自分で営業をかけて、自分がやりたい仕事に賛同してくれるクライアントとのみ、契約を結ぶこともできます。契約時に提示した成果さえ上げられれば、仕事のプロセスについて指示されることもありません。

高収入を狙える

企業に勤めていると、自分のできる仕事が少し増えた程度では給与に変化は見られません。また、「自分が大きな業績をあげても、ボーナスという形で全社員に割り振られてしまう」「会社の業績が悪いことで、昇給が見送りになる」といった理不尽も起こります。

フリーランスの場合、働いた分だけ収入が上がりますし、仕事スピードが上がれば短い作業時間で同じだけ稼ぐことができます。努力が数字として反映されやすいのが、フリーランスのメリットです。

仕事相手を選べる

企業に勤めていると一緒に働く人を選ぶことはできませんが、フリーランスなら可能です。波長が合うクライアントとのみ仕事をする、対面がなくメールのみで完結する働き方をするなど、自分の心地よい働き方を選べるので、人間関係のストレスが軽減します。

通勤ストレスがない

フリーランスは基本的に仕事場所と仕事時間を選びません。満員の通勤電車に乗る必要がないため、通勤ストレスがゼロになります。

自宅、コワーキングスペース、カフェなど、自分が心地よい環境下で仕事にあたれるのが魅力です。通勤時間が長くてストレスを感じている人も、フリーランスになれば移動時間を仕事や趣味に充てられます。

ただし、オフィス常駐型の契約を結んだ場合には通勤義務が生じてしまいます。通勤をストレスに感じている人は、リモートワークで仕事できる職種やクライアントを選びましょう。

フリーランスのデメリット

メリットがあれば、当然デメリットも存在します。ここでは、フリーランスのデメリットを見ていきます。

収入面が不安定

働いた分だけ収入になるというのは、言い換えれば「働かなければ収入はゼロ」ということです。会社員だったら、成果のあがらない月があったとしても、即月給には反映されないため、安定しています。

フリーランスの場合、良いときも悪いときも即収入に影響するのです。有給やボーナスも存在しないため、体調や貯金といった自己管理の徹底が会社員以上に必要になってきます。

また、報酬の支払いも月末払いと決まっているわけではありません。基本的には、成果物を納品した際に対価が支払われます。ある仕事を150万で請け負ったとしても、納品までに5ヶ月かかれば4ヶ月間は無収入になってしまうのです。

社会保障が少ない

フリーランスは、厚生年金に加入することはできず、受給額の低い国民年金制度で老後を迎えなくてはいけません。国民健康保険は、会社が半分負担してくれる社会保険に比べ、高いです。

また、雇用保険がないために、病気や自己で働けなくなっても失業手当を受け取ることはできません。フリーランスという働き方が広まってきたとはいえ、法人でない限り社会的信用度は低く、クレジットカード作成や不動産契約がしづらいというデメリットもあります。

過重労働になりやすい

仕事量を自分で調節できる点はメリットですが、管理してくれる人がいないために過重労働になるケースがあります。

理由としては、
・働く場所や時間に制限がないことも相まって、仕事時間とプライベートの区別がつきにくくなってしまう
・収入を上げたいがために、仕事を請け負いすぎてしまう
・今後の契約が不安で、クライアントの無理な依頼を断ることができない
といった事が挙げられます。

フリーランスには、ワークライフバランスを自分で整えていく意識とスキルが必要です。

フリーランスに人気の3つの職種

フリーランスとは働き方を指しているので、特定の職種を意味する言葉ではありません。フリーのカメラマン、フリーのイラストレーターなど、多種多様な職業が存在します。ここでは、フリーランスとして働きやすい、人気の職種を3つ紹介します。

ITエンジニア

オフィス常駐型とリモートワーク形に分かれます。オフィス常駐型は会社員エンジニアと近い働き方になりますが、最大の特徴は契約企業を1つに絞る必要がない点です。常駐型を週3日、残りでリモートワークという働き方もでき、総合的に見ると会社員エンジニアよりも高給になれます。

とくに今はWebアプリケーションエンジニアの需要が高いため、JavaやRubyを扱えるエンジニアに求人が集まっています。ただし、受注から納品までをひとりでこなさなくてはならないので、コミュニケーション能力やエラーが起きたときの解決力など、総合的なスキルが必要となるのは間違いありません。仕事の請け方としては、知人経由で仕事を斡旋してもらう、フリーランスエンジニア用のエージェントやクラウドソーシングサービスを利用するなどがあります。

Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトをクライアントの希望通りに構築する仕事です。もともとデザインが決まっている案件であれば、コーディングスキルのみで構築が可能ですが、デザインスキルを身につけることで幅広く仕事を受けられるようになります。

特別な資格は必要ありませんが、HTML・CSSの知識と、Illustrator・PhotoShopなどのデザインツールを使いこなすスキルが必須です。一度Web制作会社に入社して実務経験を積んでから独立、という流れがスムーズですが、はじめからフリーランスになることも不可能ではありません。

実務経験があるにしろ無いにしろ、クライアントに自分の能力をアピールできることが大切です。ポートフォリオを作成したり、SNSで集客活動を行なったりして自己アピールをしていきましょう。プログラミングやライティング、マーケティングなどプラスαのスキルがあれば、尚良です。

Webライター

文章を書くのが好きな人におすすめなのが、Webライターです。特殊な技能が要らず、初期費用もパソコン代とマイクロオフィス代程度で済むため、初心者でも手をつけやすい職種といえます。

記事単価もしくは文字単価で請け負うことが多く、執筆スピードが上がればその分収入も増えます。はじめのうちは1記事書きあげるだけで大変ですが、慣れれば1時間に3,000~4,000文字程度の執筆が可能です。

文字単価1円で請け負っても時給3,000円以上ですから、会社員並み、もしくは会社員以上に稼ぐことも可能です。SEOやマーケティングの知識をつければ、文字単価2~4円の仕事も受けれるようになり、さらに安定した収入を得ることができます。

まとめ

終身雇用が当たり前ではなくなり、副業解禁、クラウドソーシングサービスの増加など、働き方はますます多様化しています。フリーランスという働き方は、社会保障が少ない、収入が安定しないといったデメリットがある反面、自由度が高くストレス度合いも自分でコントロールできる魅力があります。

会社員時代には考えられないような高給取りになることや、日本全国を旅しながらのノマドワークも可能な、夢のある働き方です。インターネットの普及によって職種も多種多様になっているので、「自分には無理」と諦める前に、多方面から情報収集してみることをオススメします。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。