物販

売れる商品写真の撮影の仕方とコツを伝授 ~撮影方法をマスターして売上UP!~

どんな商品ジャンルでも、売れているネットショップには、ある共通性があります。それは、「写真がお洒落で綺麗であること」です。それほど写真が売上にもたらす影響は強いものです。少しの違いが大きな売上の違いを生み出します。

写真は商品のことを伝える大きな表現力の要素です。そこで、今回は写真の撮影の仕方の基本やコツをご紹介します。

商品撮影がうまくいかない理由と基本知識

商品を撮影したけれど、なんだかイマイチ。それには必ず原因があります。まず、商品を撮影する時の基本について解説します。

室内の撮影が難しい理由とは?

基本的に、室内での撮影は日中に外で撮る写真よりも難しいです。なぜなら、以下のような問題があるからです。

  1. 室内は肉眼で見るよりカメラでは暗く写る
  2. 撮影スペースが限られていていて不要なものが入る

逆に、これらの問題が解決できれば、綺麗な写真は撮影できるということです。これからお話することを実践してみると初心者でもこのような事態は回避できます。

照明の光と影のコントロールで生じる違いとは?

こちらの2枚の写真はどちらが美味しそうに見えますか?

1枚目の写真は天井の照明で撮影したもので、2枚目の写真はフォトラ(照明)で撮影したものです。天井照明で撮影した苺タルトは、立体感のないのっぺりとした写真になっています。一方で、フォトラを使った写真では、まるで本物のような艶と立体感があります。

同じ苺タルトでも、照明の光と影のコントロールでこれだけの違いが出ます。通常の照明が1灯だけだと、影が強く出てしまって苺タルト本来の姿を表現することはできません。

フォトラの場合は、照明が2台セットになっていて、簡単に撮影ができます。フォトラの照明2台の光の当て方の強弱をそれぞれ調整すると、陰影がある写真に仕上がります。

特に料理や食品は、陰影を付けることで「艶感」や「立体感」を出して食品の新鮮さや美味しさを表現できます。撮影用照明ではなく、デスクライトなどの普通の照明を使ったり、日差しの強い晴れた日の自然光で撮影すると影が濃く強く出すぎてしまいます。

その際に、フォトラの拡散パネルを使うと、強い直線的な光を柔らかい光にして被写体全体をバランスの取れた均一の光で包み込んでくれます。照明は、ネットショップで販売する金属製品のアクセサリーの艶や輝き、洋服であれば布の質感を表現するのに重要な要素となります。

商品撮影に必須の道具

出品する商品が多くなればなるほど、写真撮影の手間も増えます。また、太陽光を利用した撮影は、天気にも左右されますし、場所や時間の都合でいつでも撮影ができるとは限りません。そこで、いつでも安定した商品写真撮影ができる環境が整うよう、この項目で紹介する3つの道具を揃えましょう。

ライト

参考:Neewer 2パック 二色660 LEDビデオライトとスタンドキット Uブラケットと遮光板付きの3200K-5600K CRI 96+ 調光可能なライト、75インチライトスタンド スタジオ撮影とビデオ撮影用 - Amazon

写真撮影専用のプロフェッショナルなライトもありますが、小物の撮影であれば家庭用のデスクライトなどでも問題ありません。ただし、注意したいのはライトの色です。自然な太陽光に近い「昼白色」や「ナチュラル」を選択しましょう。

黄色っぽい光の「電球色」は、商品の色を正確に再現できませんし、「昼光色」は青みがかった写真になる傾向があります。また、光の方向を自由自在に動かせるものを用意できればベストです。

レフ板

参考:TARION 撮影用 丸レフ板 直径60cm 折りたたみ可能 銀&白 拭き布付き - Amazon

レフ板は、光を反射させるための道具です。逆光などがある場合に明暗差を減らす役割になります。例えば、人を撮影する時に逆行を人に反射させることで、顔を明るく見せることができます。

レフ板が1枚あれば手軽に撮影を開始できます。使い方については、人物をモデルとした撮影でレフ板を使う場合は、モデルに対して60度から90度くらいの位置にレフ板を使うのが基本とされています。

しかし、下から強い光を反射しすぎると、顎の下の陰影は弱くなり、モデルがお化けのように見えて不自然な感じになってしまうので気をつけましょう。なぜなら、日常で下から強い光が反射することは、雪山以外ではあまり無いシチュエーションなので、不自然に写ります。

そのため、人物に対して反射面から平行に光を当てることをオススメします。そうすると、真下から光を反射するよりも自然な印象になります。

バックペーパー・背景布

参考:UTEBIT 撮影 背景布 白 2m x 3m 強力クリップ付「4個セット」バックペーパー 6.56 x 9.84ft ポリエステル 単色 洗濯可 背景紙 200 x 300 cm バックスクリーン ホワイト 写真 スタジオ 全身撮影 バックグラウンド 袋縫いタイプ 撮影やビデオに対応 - Amazon

バックペーパーとは、撮影用の背景紙です。白と黒の2種類を用意しましょう。画用紙などの目の粗いものではなく、ツルツルした模造紙などが適しています。

バックペーパーはデザインも豊富にあります。タイル、大理石柄など、イメージに合わせて使い分けしましょう。例えば、ピアスなどのアクセサリー小物を撮影する時に、テーブルや台に大理石のバックペーパーを敷いて、その上にピアスを置いて撮影すると高級感が出ます。

撮影用の照明とは?

初心者・中級者にオススメの撮影用の照明はLEDとストロボです。ストロボはプロのカメラマンが使っていますが、これは大型照明と同じ光です。

初心者には小型の方が使いやすくお値段もお手頃なのでオススメできます。LEDとストロボも種類がかなりあるので、その選び方をご紹介しますので参考にしてみてください。

リングライト・スタンド式のLED照明

LEDは撮影用の定常光として使われていることが多く、スタンド(三脚)と組み合わせて使います。なぜなら、発熱しにくく、色が安定しているからです。光量が多く、三脚に取り付け可能なタイプは、小物の撮影から人の撮影まで幅広く対応できるので便利です。

クリップオンストロボ

Nikonでは、クリップオンストロボのことを「スピードライト」と呼んでいます。クリップオンストロボとは、つまり外付けのフラッシュのことです。

これは、プロが使っているものです。何だか難しそうに感じますが、オートモードのような機能があるので、設定さえすれば誰でも簡単に使えます。

柔らかく鮮やかな写真を撮りたい場合は、クリップオンストロボの必須撮影方法である「天井・壁バウンス」を使ってみましょう。この技術を使えば、人や物の自然な艶や影を表現できます。

壁や天井が白色であることが鉄則ですが、この白い壁や天井に発光させてバウンス撮影します。強い光を被写体に当てるので、ストロボの光の向きは重要です。被写体に当たる光の向きで写真の仕上がりは全く違います。

モノブロックストロボ

アマチュアでもでもハイレベルな写真が撮れると人気が高い撮影用ブロックストロボ。光量がスピードライトよりあるので明るいのが特徴です。スタンドに取り付けて被写体を撮影しますが、以下の点に気を付けましょう。

  1. ソフトボックスやディフューザーを使用して光を柔らかくするのは必須
  2. コンパクトデジカメはストロボを接続できない機種もある
  3. カメラ上部にホットシューがあるか確認する

ホットシューがあればアダプタを付けてストロボを接続できるものもあります。

商品の写真を見栄えよく撮影する方法とは?

この項目では、商品の写真を見栄えよく撮影するコツを解説します。

照明で明るさを調整する

商品写真の撮影の基本は以下の2つです。

  1. 室内では撮影専用の照明を使う
  2. イメージカットなどの一部は自然光を使う

また、撮影方法のコツは以下の5つになります。

  1. 白い天井・床・壁を選ぶ
  2. 太陽光の影響が少ない窓が北向きの部屋を選ぶ
  3. 屋外の撮影は明るい曇りの日が最適
  4. 照明の光は真上か斜めから当てる
  5. 光を調整して回す

光の調整・回す方法は、「透過(ディフューズ)」と「反射(レフレックス)」があります。照明を透過して光を柔らかくする道具がディフューザーで、照明を反射させて目的の方向へ光を回すための道具がレフ板です。この2つは撮影現場には必須のアイテムです。

背景の演出をする

背景は、白い紙を使用しましょう。ハリがあって厚みがある半マット系のケント紙や背景紙(バックペーパー)が最適です。

背景紙を上から吊るして床面まで敷きます。この時、緩やかなカーブをつくって垂らすようにセッティングしましょう。大きな背景紙は何か固定する装置が必要です。

「物」を撮影する場合は、一般的なのは白、グラデーションカラー、黒などです。カラフルな色の紙を床面に敷くと、商品に色が反射するので注意してください。

用途別のオススメの背景紙

商品のイメージカットの撮影

壁紙(糊なしタイプ)」がおすすめです。テクスチャー系の柄、木目、タイル、レンガ、大理石、和風などデザインが豊富で丈夫です。

食器やファッション小物

」がおすすめです。クラシカルで重厚感ある雰囲気を演出したいのなら、布を使うと効果的です。しかし、綺麗に見せるには皺の寄せ方やテクニックが必要です。

キラキラした装飾品や透明な化粧品ボトル

キラキラや瓶のボトルなどの質感を強調して高級感を演出するには、アクリルボードやガラスを台にして、その台に商品を乗せて撮影してみてください。

撮影する角度に注意

撮影角度を変えると印象が変ります。一般的に、遠くや高い場所から撮影した写真は、全体像が分かりやすく商品を客観的に眺めているように見えます。一方、低い目線や近くで撮影した写真は、商品を手に取りたくなる気持ちにさせる効果があり、使うイメージを彷彿させます。

それぞれの効果があるので、両方撮影して使用するようにしましょう。撮影角度は、「画面の水平(垂直)がとれていること」を必ず確かめてください。安定感がないものには不安を感じてマイナスな印象を与えます。

また、台を使用する場合は、ガラスやアクリルだと撮影している自分が映り込んでしまうことがあるので気を付けましょう。角度を変えたり黒レフを使用するなど工夫が必要です。

購買意欲を掻き立てる商品撮影の方法

次に、消費者の購買意欲を高めるための撮影のコツとテクニック「バリエーション撮影の方法」について解説します。

アップで撮影する

今まで解説したのは、商品全体の撮影の仕方でしたが、今度は商品の見せたいポイントを絞ってアップで撮影します。そうすることで、商品の魅力がさらに倍増し、食品写真の場合だとよりおいしさが伝わります。

シチュエーションをイメージできる背景を演出する

背景をお洒落に演出することで商品を使うイメージを連想させます。照明を変えなくてもイメージが大きく変ります。

商品によって違う撮影テクニック

商品によっても撮影のテクニックは異なります。それぞれの商品ジャンル別にポイントをお教えします。

食品の撮影テクニック

食品は、パッケージから取り出して、食べるシーンをイメージしてセッティングしましょう。食品撮影は「照明を程よく逆光にする」ことが基本のテクニックになります。ピントをしっかり合わせることも大切な基本のひとつです。

メインの照明を商品の少し後方から当てると、立体感が出ます。グラスなどは光が透けて綺麗に見えます。

ただし、強い光を当てないように注意しましょう。強い光にすると、商品の手前の影が濃くなって食品の繊細な部分の表現が欠けてしまいます。

アパレル商品の撮影テクニック

まず、購入するお客様がどんな人かイメージしましょう。イメージに合うモデルを使って撮影できればベストです。それが難しい場合は、トルソーを使ったり、他の小物やアクセサリーを使って洋服全体のコーディネートをして撮影しましょう。

特に、床に置いて撮影する時は、売りたい商品の単品だけを撮影するのではなく、全体のコーディネートをすることで購買意欲を掻き立てます。また、洋服選びの大切な要素である「サイズ感」が分かるように撮るのもポイントです。

照明は商品と同じくらいの高さに設定して、左右のやや斜め前から光を当てます。ディフューザーやレフ板を使うことを忘れないようにしましょう。洋服や小物は素材感を表現することが大切です。

また、余談になりますが、インスタグラムの「ハッシュタグ」はご存知でしょうか?撮影した写真をインスタグラムにハッシュタグをつけてアップすると、より宣伝効果が増します。

まとめ

本格的に撮影用の照明や道具を使って撮影すると、フォトラは2~3万円代、レフ版は1千円~2千円ほどかかります。プロカメラマンのようにクリップオンストロボをカメラにつける場合は、1万円代~5万円以上はかかります。全てを揃えようとすると、それなりに費用もかかってしまいます。

しかし、小物の撮影であれば、100円均一ショップで背景紙を買って台に敷いて演出をし、照明はデスクライトだけでも十分お洒落で綺麗な写真が取れます。写真を撮影する時の角度を少し変えるだけでも写真のイメージは変わります。

今回ご紹介した撮影のテクニックを使えば、あなたもプロ並みの商品撮影ができるでしょう。少しのテクニックの差が商品写真のクオリティに大きな違いをもたらします。

何を商品としているかによって必要な道具も違うので、あなたが実際に必要なものは何かをよく考えて検討してみましょう。そして、今回の記事を参考にして商品の撮影を実践してみてください。