物販

ハンドメイド商品の販売方法とおすすめECサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ハンドメイド商品の市場は大きくありませんが、常に一定の需要があります。
販売先を間違えなければ、ハンドメイド商品のみを扱って生計を立てることも可能です。

そこで今回は、ハンドメイド商品を販売する際のコツを徹底解説します。

ハンドメイド商品の6つの販売方法

まずはハンドメイド商品の販売方法を6つ紹介します。

ECモールに出店

1つ目は、ハンドメイド商品を取り扱っているECモールに出店する方法です。
そのメリットとデメリットは以下のとおりです。

(1)メリット

  • 写真と商品説明を用意するだけで手軽に販売できる
  • 初期費用がかからない
  • 無料で出品できる
  • 集客の必要がない

(2)デメリット

  • 販売手数料がかかる
  • ブランディングが難しい
  • ECモールの規約に従う必要がある

自社ECサイト作成

2つ目は、自社ECサイトを作成する方法です。
これにも以下のようなメリットとデメリットがあります。

(1)メリット

  • 一度集客できるようになれば、サイトが資産になる
  • ブランディングが容易
  • 自由にデザインを決められる
  • 手数料がかからない

(2)デメリット

  • サイトを作る手間がかかる
  • 集客の手間がかかる

イベントに出店

3つ目は、ハンドメイドイベントに参加して出店する方法です。

例えば、東京ビックサイトで行われるハンドメイドジャパンフェス・デザインフェスタでは、数万人の来場者に向けて販売できます。
他にも、地域のフリマイベントに出店するなどの手もあります。

イベント参加のメリットは、

  • 実際に手にとってもらえること
  • 同業者の知り合いができること

デメリット

  • 接客が必要なこと
  • 値札・POP広告など必要なものを全て自費で用意しなければいけない

委託販売

4つ目は、委託販売です。

雑貨店に卸して販売してもらう方法です。
販売業務をプロに任せられるメリットはありますが、その分手数料がかかります。

ネットオークションに出品

5つ目は、ネットオークションに出品する方法です。

気軽に出品できますが、オークションサイトとハンドメイド商品はあまり相性がよくありません。
オークションサイトは基本的に希少価値の高い商品が売れる市場です。
ハンドメイド商品はよほど出来が良くない限り、良い値はつきません。

フリマアプリに出品

6つ目は、メルカリなどフリマアプリに出品する方法です。

フリマサイトは、オークションサイトと比べてハンドメイド商品との相性が良いです。

おすすめハンドメイドECモール5選

続いて、ハンドメイド商品の販売におすすめの、無料で使えるECモールを5つ紹介します。

minne

1つ目は、minneです。

参考:minne

minneは日本最大級のハンドメイド専門ECモールです。
雑誌やテレビで取り上げられるほど話題になっています。
minneなら認知度が高いため、別途集客対策を練る必要もありません。
利用者の大半は20~30代の女性です。

販売手数料は10%、売上の振込手数料は172円です。

Creema

2つ目は、Creemaです。

参考:Creema

Creemaも日本最大級のハンドメイドECモールです。
利用者は20代後半~40代前半の女性が大半を占めています。
販売手数料は8~12%です。
売上の振込手数料は30,000円未満の場合は172円、30,000円以上の場合は270円です。

ココナラハンドメイド

3つ目は、ココナラハンドメイドです。

参考:ココナラハンドメイド

ココナラハンドメイドは、登録から一定期間は無料で利用できます。
無料期間終了後は、販売手数料が10%となります。
利用者は20~30代の女性が多いです。
売上の振込手数料は3,000円未満の場合は160円、3,000円以上の場合は無料です。

BASE

4つ目は、BASEです。

参考:BASE

BASEは自分専用のECショップを簡単に作れるECモールです。
初期費用はかかりませんが、かんたん決済手数料が3.6%+40円、サービス利用料が3%かかります。

iichi

5つ目は、iichiです。

参考:iichi

iichiは職人レベルのハンドメイドバイヤーが集まるハイレベルECモールです。
利用者の年齢層は30~50代で男性も比較的多いです。

販売手数料は20%です。

ハンドメイド商品の価格設定

続いて、ハンドメイド商品の価格設定のコツを説明します。

相場を調べる

価格設定のコツは相場を知ることです。

相場は出店先によって異なります。
出品前に、出店先のECモールで類似商品の販売価格を調べておきましょう。

ハンドメイド商品のタイトル付

続いて、ハンドメイド商品のタイトル作成のコツを説明します。

ターゲットが明確になるよう具体的なタイトルを付ける

タイトル作成のコツは「ターゲットが明確になるよう具体的なタイトルにする」です。

例えば、猫のデザインのピアスを「猫のピアス」というタイトルで出品してもなかなか売れません。
まず誰に向けて作ったのかを明確にした上で、以下のように具体的なタイトルをつけましょう。
それを踏まえて「働く女性におすすめ!フォーマル&かわいい猫ピアス」等のわかりやすいタイトルを付けましょう。

ハンドメイド商品の写真の撮り方

続いては、ハンドメイド商品の写真の撮り方のコツです。

商品説明より写真が大事

ハンドメイド商品の販売で最も重要なのは商品写真です。

どれほど魅力的な商品説明文を書いても、写真に魅力がなければ購入されません。
したがって、商品写真の撮影に最も労力を注ぐ必要があります。

立体感・使用感のある写真を撮影する

魅力的な写真を撮るコツは、立体感を出すことです。

例えば、服の場合、床において撮影するのではなく、実際に着ている写真(着画)を載せた方が魅力が伝わりやすくなります。
できるなら、アクセサリーも付けた状態で撮ったほうが良いでしょう。

写真加工はほどほどに

必要に応じて写真加工ソフトも使っていきましょう。
ただし、過度な加工・編集はクレームの原因になるので注意しましょう。

ライバルと差別化する方法

続いて、ライバルと差別化する方法です。

類似商品が多く出品されている場合は、ライバルとの差別化が欠かせません。
以下のような方法を試してみてください。

  • ターゲットを限定する(ex.20代の働く女性)
  • コンセプトを設定する
  • 手紙を添える
  • アフターフォローを徹底する

丁寧なアフターフォローがリピーターを作る

ライバルとの差別化を図るには、アフターフォローを丁寧にするのが一番効果的です。

販売後、定期的に
「商品に問題はありませんか?」
「いつでも修理いたします」
などと購入者のことを気にかけるメッセージを送れる販売者は意外と少ないものです。
そのため、このようなアフターフォローをしっかりやっていれば、リピーターになってくれる人も増えます

ハンドメイド商品の販売はライバルが少ない

EC市場におけるハンドメイド商品市場はそこまで大きくないため、強いライバルはあまりいません。
物販初心者でも稼ぎやすい市場なので、ぜひ出店してみてください。

【期間限定公開】物販ビジネスと相性の良い最強のクレジットカードとは?



物販ビジネスではクレジットカードは必須です。あなたも何かしら使用していますよね。

ただ、あなたが使っているそのクレカ…実はものすごく損をしています。

多くの人はクレジットカードなんてどれも同じと思いがちですが、使うクレカが変われば利益率の向上、支払サイクルの長期化、最初から限度額が大きいなど、ビジネスに大きく影響を与えます。

そんな数あるクレジットカードの中でも、物販ビジネスと最も相性の良い最強のカードをあなただけに特別にお教えします。

広告やCMなどは一切やっていない極秘のクレジットカードなので、お見逃しのないようにしてくださいね!

【11月30日までの限定公開】
>>> 最強のクレジットカード情報を無料で入手する


おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


最高級のステータス持つアメックスの極秘情報を無料公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法