スキル

HTMLやCSSに詳しくなくても使えるホームページテンプレートは超便利!

多くのホームページはHTMLというプログラミング言語で書かれています。正確にいうと、プログラミング言語ではなくて、マークアップ言語というものなのですが、初心者にはその違いもよく分からないでしょう。この状態でホームページを一から作るのは大変です。

しかし、ホームページのレイアウトやデザインのひな型であるホームページテンプレートを使うと、ホームページが簡単に作成できます

ホームページを手軽に作りたい人は、この記事を参考にして、ホームページテンプレートを利用してみてください。

Contents

ホームページテンプレート(HTMLテンプレート)とは何か?

ホームページテンプレートというのは、ホームページの作成に必要なHTMLやCSSのほか、JavaScriptや画像などが一式、セットになって提供されているものです。HTMLテンプレートとも呼ばれますし、CSSのみで構成されるものはCSSテンプレートとも呼ばれます。

ホームページを作成するためには、本来はHTMLやCSSといったマークアップ言語をマスターして、自分でコードを書かなければいけません。しかし、ホームページテンプレートを使えば、必要な部分だけを自分で差し替えるだけで、ホームページが作れます。

例えば、以下のURLを見てください。TEMPLATEMAGというサイトにComing Soonのページのテンプレートが公開されています。

参考:Bootstrap Comming Soon Templates

ここに公開されているテンプレートを利用すると、スライドショーやタイマーを掲載したページが専門的な知識がなくても作成できます。

自分で一から作るとかなり大変なのですが、テンプレートを利用することで、作業工程を大幅に短縮して作ることができるのです。

なお、テンプレートによっては、使用するブラウザによって挙動がおかしくなるといった不具合がある場合もあります。万能ではありませんが、上手に使えば非常に便利なものです。

CSSフレームワークとの違いは?

ホームページ作成を楽にしてくれるものとしては、CSSフレームワークというものもあります。これとホームページテンプレートの違いを簡単に解説しておきます。

CSSフレームワークは、パーツ集やライブラリなどといった言葉に言い換えることができます。ホームページ作成のために必要な部品があらかじめ作ってあるというイメージです。

有名なCSSフレームワークに「Bootstrap」があります。パソコンやスマホ、タブレットなど、どのデバイスでも見やすいレスポンシブデザインのホームページのレイアウトを作成できることで人気を集めています。

ただ、このBootstrapを使っても、すぐにホームページが作れるわけではありません。ホームページを作りやすくしてくれるだけです。

これに対して、ホームページテンプレートは、作成済みのホームページを提供してくれているのに近いものです。文章を書き換えたり、画像を差し替えたりするだけで、公開可能なホームページが作れます。

ホームページテンプレートを利用するメリットとデメリット

ここまでの説明で、ある程度はお分かりいただけたかもしれませんが、以下にホームページテンプレートを利用することのメリットをまとめておきます。

また、テンプレートを使うことにはデメリットもないわけではありません。こちらについても書いておくことにします。

メリット1:ホームページ公開までの時間を短縮できる

ホームページの作成には無限に時間を使えるわけではありません。お店の開店日に合わせてサイトを準備しなければならない場合や、プロジェクトの立ち上げに合わせて作らなければいけない場合など、ホームページ作成には何らかの締め切りがあるのが普通でしょう。

また、ホームページ作成以外の業務を抱えながら、並行して作業を進めなければならないこともあるでしょう。

こういった場合に、ホームページ作成にかかる時間を大幅に短縮できるホームページテンプレートは極めて有効です。

メリット2:専門の制作会社に依頼するコストを削減できる

ホームページのデザインは、専門のデザイン会社に発注することもできます。しかし、この場合は当然のことながら、相応の費用が発生します。

一方、ホームページテンプレートの場合だと、無料で使えるものも多く、有料のものであってもデザイン会社への発注費よりも安く済みます。テンプレートを利用することでコストを削減することができるのです。

メリット3:HTMLやCSSの知識がなくてもホームページが作れる

この記事でも既にご説明したように、ホームページテンプレートを使えば、文章や画像を差し替えるだけでホームページが作れます。つまり、テンプレートを使用すれば、HTMLやCSSの知識が、ほぼゼロの状態でもホームページが作れるということになります。

ただし、テンプレートによっては、多少のコーディングの知識がないと使いこなすのが難しい場合もあります。その場合でも、一からホームページを作る場合と比べれば、必要とされる知識はわずかなものといえます。

テンプレートを使うことのデメリットは?

テンプレートを使うことのデメリットは、オリジナリティが出しにくいということです。既成のものを使うわけですから、同じテンプレートを使ったサイト同士は、どうしても似た部分が出てきます。

ただ、実際に使ってみれば分かりますが、画像を差し替えただけでもページの印象はかなり変わります。テンプレートを使ったからといって、個性が出せないわけではありませんから、デザインに強い拘りがあるのでなければ、この点は大きなデメリットにはなりません。

もう一つのデメリットは、修正が難しいということです。テンプレートは、ダウンロードした人が修正をしても構わないという条件で配布されていることがあります。

しかし、実際に修正をしようとすると、例えば「この場所の色を変えたかったのに、そこを変えたら他の場所の色も変わってしまった」といったことが起こります。色ならまだしも、デザインを修正しようとすると、表示が崩れて読めないページになってしまうこともあり得ます。

HTMLやCSSの知識がある人なら問題ありませんが、初心者の場合は、テンプレートはそのまま利用するだけに留めておいた方がいいでしょう。

ホームページテンプレートの選び方

ここからは、ホームページテンプレート(HTMLテンプレート、CSSテンプレート)の選び方について解説します。

業種のカテゴリーをチェック

テンプレートを公開しているサイトでは、テンプレートを業種ごとにカテゴライズしている場合があります。

例えば、飲食店・グルメ、美容・ファッション、健康・フィットネスといったカテゴリーが設けられている場合が多いです。それぞれのカテゴリーには、その業種で使うのに適したデザインのテンプレートが集められています。

このカテゴリーを基準にしてテンプレートを探せば、用途に合ったテンプレートが見つけやすくなりますから、まずはカテゴリーをチェックしましょう。

作りたいホームページに合ったテンプレートのベースカラーを選ぶ

テンプレートには、それぞれに基調となっている色(ベースカラー)があります。例えば、黒を基調にしたテンプレートであれば、落ち着きや高級感といったものが演出できます。逆に、ポップなカラーで、楽しさや新鮮さを印象付けることもできます。

このようにテンプレートのベースカラーは、ホームページ全体のイメージを左右します。テンプレートを選択する際には、作りたいページのイメージに合ったベースカラーのものを選ぶようにしましょう。

デザインの美しさだけでなく、テキストの読みやすさもチェック

一見して美しいデザインでも、テキストの内容が読みにくいようではホームページとしては失格です。

文字情報も読みやすいテンプレートを選びましょう。ホームページのメインとなるコンテンツの読みやすさは特に重視してください。

サイト閲覧者にとっての「見やすさ」に配慮されているかも確認

情報量やページ数の少ないサイトでは、あまり気にしなくても大丈夫ですが、情報量が多い場合やページ数が多い場合は、見やすさに配慮したテンプレートであるか否かも重要です。

例えば、ページの最下部に「上に戻る」ボタンがあるとか、目次が表示できて見たい場所に飛べるようになっているといった機能があると、ページを閲覧する人に便利です。

これらの「見やすさ」は、それを備えているからといって、そのホームページが見たくなるわけではありません。しかし、「見にくい」ページは、内容と関係なく見てもらえなくなりますから、見やすさに対する配慮がなされていることはとても重要なのです。

ホームページテンプレートの具体例

ここからは、具体的なホームページテンプレートをご紹介していきます。

無料でも本格的なサイト作成が可能「Enzyme」

Enzymeは無料で使えるテンプレートであるにも関わらず、かなり充実したものとなっています。パソコンだけでなく、スマホやタブレットでも閲覧できるレスポンシブデザインで、色やフォントなどの変更も可能です。

参考:Enzyme

フリーランスのポートフォリオに「Stanley」

Stanleyは、用途がはっきりしたテンプレートです。フリーランスの人が、自分の作品等を紹介するポートフォリオの作成に適しています。

シンプルで見やすく、動作も軽いテンプレートです。

参考:Stanley – Bootstrap Freelancer Template

マウスオーバーでタイトル表示「Type&Grids」

Type&Gridsは、上でご紹介しているStanleyと比べると、かなり凝った作りのテンプレートです。画像の上にマウスカーソルを載せるとコンテンツのタイトルが表示され、クリックするとコンテンツがその場で開きます。

動きが面白いので、それだけでもサイト閲覧者の興味を惹けるテンプレートです。

参考:Type&Grids

ホームページテンプレートを提供しているサイト

ここからは、個別のテンプレートではなく、テンプレートを提供しているサイトについてご紹介します。有料のものや利用には条件があるものも含まれていますので、利用規約などをよく読んだ上で利用するようにしてください。

一度購入すれば無制限に使える「クラウドテンプレート」

クラウドテンプレートは、有料でテンプレートを提供しているサイトです。「レスポンシブWordPressテーマ」の場合4,980円、「HTMLテンプレート」の場合1,980円です。

商用利用可能で、ホームページ制作会社がカスタマイズして顧客に納品することもできます。また、一度購入したテンプレートは、何回使用しても追加料金が発生したりすることはありません。

個人の趣味のページなどで使うには、有料なのはネックになりますが、商用利用可能なので、ビジネスで使う人には便利なサイトです。

また、このサイトを運営しているクラウドナインは、無料でテンプレートを提供している「無料ホームページテンプレート.com」も運営しています。無料のテンプレートを探している人は、こちらをチェックしてみるといいでしょう。

参考:クラウドテンプレート

参考:無料ホームページテンプレート.com

ホームページ作成講座も公開中「CSS.Design Sample」

CSS.Design Sampleでは、比較的シンプルな汎用性の高いテンプレートを公開しています。無料で使用することができて商用利用も可能ですが、テンプレート内に設置されているCSS.Design Sampleサイトへのリンクを削除することは禁止されています。その他の注意事項は、利用規約を読んでください。

このサイトは、本来はホームページ作成講座の方がメインです。「ホームページの構造」といった初歩的なところから解説されていますので、HTMLやCSSの勉強をしたい人は見てみるといいでしょう。

参考:CSS.Design Sample

基本無料で使えるテンプレート「TempNate」

TempNateで提供しているテンプレートも基本無料で使えます。「基本無料」というのは、テンプレートの下部に表示される著作テキスト表示(design by tempnate)を削除したい場合には、料金が発生するからです。

削除する場合の料金は、1サイトにつき3,900円となっています。

参考:TempNate

テンプレートも公開しているブログ「CSS HappyLife」

CSS HappyLifeは、これまでに紹介したサイトとは違ってブログ形式になっています。初心者向けの記事が多く、読み物としても楽しめます。

参考:CSS HappyLife

まとめ

ホームページテンプレートについて解説してきました。テンプレートを使うと、一からホームページを作るよりも、はるかに簡単に短時間でホームページが作れます

テンプレートは沢山公開されていますから、自分が気に入ったデザインを選ぶこともできますし、自分でプログラムするのは難しい高度な機能を搭載したページが作れるのも魅力です。

自分で一から思い通りのホームページを作りたいという人にはテンプレートは必要ないかもしれませんが、こういった人の場合でも、どんな風にコードを書いているかを見れば勉強になりますよ。

この記事を読んでホームページテンプレートに興味を持った人は、まずは気に入ったものを1つダウンロードしてみてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • ・まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • ・取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ・ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。