物販

ネット販売のやり方がわかる!ネットショップの開業方法を解説

最近ではネットショップの開業をサポートしてくれるサービスが増えたことも手伝って、ネットショップの開業が簡単になってきています。しかし、どのサービスを使えばいいのか、どんな機材が必要か等、悩みは尽きません。

この記事では、そういったネット販売を始めるにあたっての悩みを解消すべく、ネット販売(ネットショップ)のやり方について解説していきます。ネット販売を始めたいという人は、是非参考にしてください。

ネット販売を始める4つの方法を解説

ネット販売を始める方法には色々とありますが、ここでは主なものを4つ取り上げようと思います。それぞれに特徴があるので、自分にあったものを選んでください。

楽天市場やYahoo!ショッピングなどに出店する

楽天市場やYahoo!ショッピングのような、ネットショップが集まったサイトのことをECモールと呼びます。実店舗で言うところのイオンモールのように、数多くのショップが集まって、1つの大きなモールを作っています。

ネット販売を始める方法の1つ目としてご紹介するのは、これらのECモールに出店する方法です。ECモールに出店するメリットは、そのECモールの知名度を利用できるところにあります。

一方で、同じモール内のショップ間で価格競争になることが多く、利益が上がりにくいのがデメリットです。

さらに言えば、楽天市場の場合、月額出店料や初期登録費用の負担が大きいのも難点です。これらの負担と予想される売上高を勘案して、利用すべきか否かを決定しなければいけません。

参考:楽天市場:出店プラン・費用

Yahoo!ショッピングの場合は、初期費用、月額システム利用料、売上ロイヤリティが無料となっていますが、ストアポイント原資負担などのコストが生じます。これらについても事前に調べておく必要があります。

参考:Yahoo!ショッピング:料金・費用について

なお、Amazonに関しては、出店するというよりも個々の商品を出品する形になります。「自分のショップを開きたい」という人には、希望とは違うものになってしまうかもしれませんが、販売力は高いものがあります。

また、AmazonにはFBAマルチチャンネルサービスというサービスがあって、Amazon以外のショップで受けた注文も、Amazonに配送を任せることができます。費用はかかりますが、このサービスを利用すれば発送業務の負担を大幅に軽減できます。独自サイトでネットショップを開く場合も、発送作業はAmazonに任せるという方法もあるわけです。

参考:Amazon出品サービス:マルチチャンネルサービス

自分でホームページを作成して決算システムを組み込む

自分でホームページを作成して代金決済のシステムを組み込むという方法もあります。

この方法の場合、ホームページ作成ソフトなどを使ってホームページを作成します。そして、「カート(ショッピングカート)」と呼ばれる代金決済のシステムについては、レンタルして使います。

例えば、SHOP-Makerは、20年以上の運用実績があるレンタルカートを提供している企業です。

決済手段としては、PayPalのような決済サービスを導入する方法もあります。

ASPカートと比べると面倒な点が多いですが、ショップのデザインが自由になるメリットはあります。

一連のサービスをまとめて提供してくれる「ASPカート」

ECモールに出店するのではなく独自サイトでネットショップを開業する場合には、「ASPカート」というサービスを利用すると便利です。

ASPというのは、Application Service Provider(アプリケーション サービス プロバイダー)の略で、プロバイダーがネットショップの開設に必要なサービス全般を提供してくれるものです。

このサービスを使えば、コンピューターに関する専門知識がない人でも、少額の費用でネットショップを始められます。具体的な企業としては、カラーミーショップなどが有名です。

細かいサービス内容は各社によってまちまちですが、用意されたテンプレートの中から好みのデザインを選び、販売商品を登録してネットショップを開設するという流れはだいたい共通しています。

在庫リスクを負わずにネットショップを経営できる「ドロップシッピング」

やや特殊なネットショップ形態としては、ドロップシッピングというものもあります。これはショップが注文を受けた商品をメーカーや卸問屋から直接購入者に発送するというもので、ショップ側は商品の在庫を抱えることがありませんし、発送業務の手間もかかりません。

例えば、TopSellerという仕入れサイトでは、ショップが受けた注文をアップロードすると、商品がメーカーから直接発送されるというサービスを行っています。

一見すると便利なサービスのようですが、TopSellerの商品は他店も扱っているので、ショップの独自性をアピールすることはできません。商品の取扱点数を増やすなどの目的で利用するには便利ですが、これだけでショップ経営を成り立たせるのは難しいでしょう。

ネット販売を始めるための資金について

土地や建物を借りて実店舗を開業する場合と比べると、ネットショップの開業に必要な資金は格段に少なくて済みます。もっとも、資金ゼロで始められるというわけではありません。

ショップの開業のやり方によって必要な資金は異なりますが、ここでは「最低でもこれくらいは必要」となる金額について解説します。

パソコン等の購入費

ネットショップを開業するためには、いくつか準備すべき機材があります。

まず、パソコンは必須です。スマホやタブレットで作業できなくもありませんが、作業効率が悪くなるので、できるだけパソコンを用意しましょう。インターネットがスムーズに閲覧できる程度の性能があれば十分なので、数万円で売っている中古品で問題ありません。

次に商品撮影用にデジタルカメラも必要です。スマホで代用することも不可能ではありませんが、明るさなどの調節がやりにくいので、デジカメを用意することをおすすめします。10万円程度のものを用意できれば良いのですが、資金に余裕がなければ数万円のものでも事足ります。

また、明細書などを印刷するプリンターも必要です。印刷スピードが速い機種の方が作業効率がよくなるのは確かですが、とりあえずは普通の家庭用のもので十分です。

他にも、細かなところでは、商品の梱包に使うダンボールや緩衝材なども必要になります。これらは数百円あれば買えるでしょう。

ネットショップ開業サービスの利用料

先ほどカラーミーショップを例として挙げましたが、ここを利用した場合、初期費用として3,000円、それに加えてレギュラープランで月額3,000円の利用料金が発生します。楽天市場のようなECモールの場合、出店料の負担はもっと重くなります。

もっとも、BASEのような初期費用、月額料金ゼロ円のサービスもあるので、これらを使えば固定費はゼロになります。ただし、BASEの場合でも決済手数料、サービス利用料はかかります。

ショップのデザイン費

これはASPカートの無料のテンプレートを使えば発生しない費用です。有料のテンプレートを使ったり、独自サイトのデザインをプロに発注したりするとその費用がかかります。

ここでもカラーミーショップを例にすると、数千円から3万円弱の価格で有料のテンプレートが提供されています。

参考:カラーミーショップ:テンプレート

ショップのデザインをプロに発注する場合は、発注内容や発注先によって価格は様々ですが、最低でも20万円程度は見込んでおく必要があります。

ネットで販売する商品の仕入れ先

当然ですが、ネットショップを経営するには商品が必要です。しかも、仕入れる商品は、売れる商品、儲けが出せる商品でなくてはいけません。

数多くのネットショップがある現在では、他のショップと同じ商品を扱っていても思うようには売れません。価格を下げれば売れるようにはなりますが、そうしてしまうと今度は儲けが出せません。

仕入れのポイントは、できるだけ他のショップが扱っていない商品を仕入れることです。

ネット卸問屋は手軽に仕入れられる

商品を手軽に仕入れたいなら、ネット卸問屋や仕入れサイトと呼ばれるサイトを使うと良いでしょう。ただし、多くのサイトは会員登録制で、仕入れ目的でなければ会員登録をすることができません。

上記のサイトを利用すれば仕入れが簡単になりますが、他のショップと同じ商品を仕入れることになる点には注意が必要です。

見本市や展示会に参加する

他のショップに先駆けて商品を見つけたければ、見本市や展示会に参加するという方法もあります。その場で商談が可能な場合も多いですし、トレンドを知るのにも役に立ちます。

以下に挙げるJETRO(日本貿易振興機構)のページのように、見本市や展示会をまとめているサイトをチェックして参加できそうなものがないか探してみると良いでしょう。

参考:世界の見本市・展示会情報(J-messe)

商品を生産しているメーカー、ハンドメイド作家と直接交渉する

是非自分のショップで取り扱いたいという商品がある場合には、メーカーとの直接交渉を試みるのもいいでしょう。メーカーの中には卸業者としか取引しないところもあるので、交渉が上手くいくとは限りませんが、ダメ元であたってみましょう。

また、minne(ミンネ)のようなハンドメイド商品を扱っているサイトをチェックすれば、センスの良い作家が見つかります。商品を卸してもらったり、一緒に商品開発をしてもらったりできないか提案してみるといいでしょう。

これらの方法は、卸業者を通して商品を仕入れるよりも困難な場合が多くなりますが、交渉に成功すれば、他のショップにはない独自の商品を仕入れられるようになります。

問屋街を訪ねて卸問屋から仕入れる

東京や大阪といった大都市を中心に日本全国には問屋街と呼ばれる地域があります。こういったところを訪ねて目ぼしい問屋と仕入れ交渉をするのもよいでしょう。問屋によっては、企業相手の商売しかしておらす、個人事業主には商品を卸してくれない場合もありますが、これまた交渉してみる価値はあります。

交渉の際は、氏名、住所、電話番号、ショップの名称やURLなどを記載した名刺を用意しておくとスムーズに商談に入ることができます。

海外から商品を仕入れる

海外の商品を仕入れる方法もあります。海外からの仕入れなら、他のショップと商品がかぶる可能性を減らせますし、国内よりも安く仕入れられて儲けを出しやすくなる場合もあります。

ネットで海外のバイヤーとコンタクトを取っても良いですし、現地に実際に足を運んで交渉するのもアリです。小規模なショップの場合は、海外で購入した商品をそのまま日本に持ち込んで販売することもできます。

開業届は出しておいた方が得

ネット販売を始めるなら、開業届に関する知識も身につけておきましょう。

開業届というのは、新たに事業を開始した人が提出するもので、これを出しておくと青色申告が使えるなどのメリットがあります。

確定申告の手続が多少複雑になりますが、メリットが大きいので、できるだけ提出しておきましょう。

事業を開始した日から1ヶ月以内が提出期限

開業届は、事業を開始した日から1ヶ月以内に提出します。ただ、何をもって事業開始とするか特に決まっていないので、事業の開始日は自分で自由に決めることができます。

開業届としてしなければならないことは、「個人事業の開業・廃業等届出書」という書類を納税地を所轄する税務署長宛に提出するだけです。

詳細は、以下のURLを確認してください。

参考:国税庁:個人事業の開業届出・廃業届出等手続

開業届を出すメリット

開業届を提出する一番のメリットは、なんと言っても青色申告が使えるようになることです。

青色申告には控除額が大きいこと以外にも、赤字を3年間繰り越せたり、事業を手伝う家族に支払った給与を経費扱いにできたりといった、事業を行う上でのメリットがあります。これらのメリットを享受するためにも、開業届を出しておきましょう。

青色申告承認申請書の提出が必要

青色申告をするためには、開業届だけを出せばいいわけではありません。「所得税の青色申告承認申請書」の提出も必要なので、開業届を出す際に一緒に出しておくのがおすすめです。

同時に提出しなかった場合は、青色申告をしようとする年の3月15日までに提出しておきましょう。その年の1月16日以降に開業した場合は、開業から2ヶ月以内の提出が認められています。

参考:国税庁:所得税の青色申告承認申請手続

ネットショップを成功させるには集客も大事

ネットショップを開業したとしても、お客様が集まらなければ営業を継続していくことはできません。そこで、この記事の最後に、ネットショップの集客について見ておきましょう。

独自サイトでは集客が特に重要

ECモールに出店した場合は、モールが独自に様々な集客のための施策を実施してくれます。また、独自サイトと比べて、ECモールには圧倒的な知名度があります。

これに比べて独自サイトを立ち上げた場合、知名度が極めて低いのが普通です。実店舗を持つ有名店が新たにネット販売に進出する場合は別として、多くのネットショップでは、開業後に知名度を上げたり、アクセス数を上げたりする努力が必要になります。

集客方法その1 ネット広告を出す

資金力がある場合は、ネット広告を出すのが手っ取り早く効果的な方法です。

Googleなどの検索結果画面に表示されるリスティング広告が代表的なものですが、Webサイトにバナーを表示するディスプレイ広告(バナー広告)、SNSを広告媒体としたSNS広告、YouTubeなどを使った動画広告なども有効です。

集客方法その2 ブログを活用する

ネット広告が効果的だとしても、開設後間もないネットショップでは、思うように広告費を捻出できない場合が多いはずです。そんな場合は、ブログを活用しましょう。ブログの閲覧者が増えなければ集客効果が上がらないので、即効性がある方法とは言えませんが、費用をかけずに集客を図ることができます。

ブログを集客に利用する際には、商品の宣伝だけでは閲覧者を集めることができないので、顧客が興味を持ってくれそうな情報も併せて掲載することを心がけましょう。

集客方法その3 SNSを使う

ブログと共に低費用で使える手段として、SNSがあります。特にInstagramは、いわゆる「映える」写真を掲載することで集客に繋げることができます。

中でもアパレル関係の商品を扱っているショップはInstagramとの相性がいいので、積極的に使っていきましょう。

ネット販売を始めてみよう!

ネット販売のやり方、ネットショップの開業方法について解説してきました。本文内で解説したように、ネット販売を始めるには色々な方法がありますし、かかる費用も違うので、自分に合った方法を探してください。

たしかに、ネットショップを開業するには、商品の仕入れや集客など、あらかじめ考えておかなければならないことが色々とあります。しかし、考えてばかりいても物事は進みません。費用負担が少ない開業方法もありますから、あまり悩み過ぎずに、まずはショップを開いてみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。