物販

Amazon輸出で売れる商品を見つけられるリサーチ法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazon輸出で結果を出すには、売れる商品をリサーチして、販売することが必要です。物販の基本なのですが、売りたい商品や好きな商品を販売している出品者も多いので、売れる商品を正しくリサーチできる人は、多いとは言えません。

そこでこの記事では、Amazon輸出で稼ぐために知っておきたい、売れる商品をリサーチする正しい方法を解説していきます。

Contents

Amazon輸出で大切な2つのリサーチ方法とは?

Amazon輸出をする際に一番重要であるとも言えるリサーチですが、方法自体は難しくありません。大きく分けて2つのパターンがあるので、見てみましょう。

手作業でのリサーチ方法

実は一番確実な方法として、手作業でのリサーチがあります。売れる商品であり、かつライバル出品者が少ない商品を見つけるための方法です。ツールを使ってのリサーチの方が効果的というイメージもありますが、実はツールで検索されない穴場の商品を見つけることができるのは、この方法なのです。

Amazon輸出をする人は多いので、そのような商品は見つからないと思っている方も多いです。しかしライバルが少なくて、利益がある商品というのは、日々新しく出てくるので、無いわけではないのです。

とはいえ利益がある商品を見つけるには、リサーチの方法を知っておかなければいけません。

ツールを使って自動化する方法

1つずつ商品をリサーチしていき、利益がある商品を探すのは、不可能だと感じる方もいます。確かにツールを使って検索をすると、一気に商品の検索ができるので、販売できる商品の数も多くなります。

ツールを使ってリサーチをして、出品をする時のポイントは、利益率が高い商品を探し出して、それを出品して利益を伸ばしていくことです。

ツールの使い方にもよりますが、価格差や利益率、さらにランキングの変動などを見て、出品する数を増やしていきます。商品の数が多くなってくると、何を出品していたのかも分からなくなるほどの商品数になりますが、経験を重ねていくと、本当に売れる商品が見えてきます。

リサーチの方法よりも結果が重要

リサーチの方法は、手作業とツールを使った2つの種類があることを解説しました。

手作業では、売れるものを探し、競合が少ない商品を販売していきます。さらにツールの場合では、利益率が高い商品を数多く出品し、販売数を増やしていくのがポイントです。

これらの2つの方法を組み合わせてリサーチをすることで、販売しやすく利益がある商品が見つけられます。

これに加えて、売れる可能性があるのかの市場調査も重要になってきます。基本的には、最初は手作業でどんな商品が売れるのかを探し出し、ある程度利益がでるようになると、さらに効率化を図るためにツールによって販売する商品の幅を広げていくのが良いでしょう。

FBA販売とは何?

FBA(Fulfillment By Amazon)というのは、Amazonに梱包から出荷、さらにカスタマーサービスまでを依頼できるサービスです。在庫をAmazonの指定する倉庫に出荷しておき、注文があると自動で商品を出荷してくれるサービスです。

FBA販売をするメリットとデメリット

このFBA販売には、メリットとデメリットが存在します。

FBA販売のメリット

  • Amazonのカートを獲得しやすい
  • FBA販売をするセラーの場合は、カートを獲得しやすくなるので、販売のチャンスが広がります。そのため、無在庫販売をする場合と比べても、多少高い価格であってもカートを獲得できる可能性が高くなります。

    無在庫セラーや自社商品を在庫から発送しているセラーの場合は、FBA販売でできないような商品を販売していることも多いので、競争になりにくいのも現実です。

  • 業務を自動化できる
  • 輸出ビジネスにおいて、出荷するためにピッキングをして、梱包をするというのは、負荷が大きい業務です。それで、自分で出荷作業をしなくてもよいという、メリットは出品者に自由な時間をもたらします。

  • 国際送料を抑える
  • FBA販売では、荷物をまとめてFBA倉庫へ納品するので、国際送料が安くなります。その一方で輸送費の計算の際に、実重量と容積重量の計算が必要になります。

  • 評価が高くなる傾向がある
  • 即日で商品が届くと、良い評価をもらいやすくなります。個人では、そこまでの対応が難しくなりますので、FBA出品をする際のメリットになります。もし荷物の破損や到着遅延などという、出品者に起因していない要素があれば、評価の削除依頼が可能なので、アカウントの環境が守られます。

FBA販売のデメリット

  • 在庫を保有しているリスク
  • これは物販特有のデメリットですが、在庫を保有しているというリスクです。いつ売れるのか、そして需要があるのかはっきりしていないのに、販売すると在庫を抱え込んでしまう危険性があります。

  • 利益計算が複雑になる
  • FBA納品先の倉庫サービス費用、FBA手数料、月額在庫保管料などの計算する必要がある費用が増えます。これだけの内容があれば、利益計算が複雑になるのが通常です。

ライバル出品者から商品を探す

商品のリサーチの手順は以下の通りです。

1:日本人の出品者を30人ほど見つける

その為に、キーワードにjapanなどと入れて検索する方法があります。もしくはショップ名に日本語が入っていると、そのセラーは日本人の可能性があります。30人ほど見つかったら、それをエクセルにまとめておきます。

2:FBAに特化している出品者を見つける

出品数が多い場合は、FBA出品しているセラーです。およそ数千から数万という出品数であれば、無在庫でFBA出品している確率がほとんどです。

Amazon輸出を始めたばかりの初心者であれば、出品数が少ないセラーが参考になります。まずは数十から数百ほどしか出品していないセラーを参考にすると良いでしょう。

評価の数が、自分よりも少しほど多い出品者が参考になります。評価が0の場合は、少ないとは思いますが、商品が売れると評価が積み重なっていきますので、自分よりも評価があると何が売れているのか参考にできます。

3:出品者の商品をツールや手動でリサーチする

出品者の商品一覧を、リサーチします。どこで利益が出ているのか、手動やツールを使って探していくと、自分が商品を探す助けになります。一つずつ商品を探してみて、利益が出るポイントを探してみましょう。

4:利益が取れそうにない場合は日本Amazon以外で調べる

リサーチツールを使えば、外国のAmazonでいくらで販売されているのか調べられます。しかし利益計算ができるのは、日本Amazonで販売されている商品のみです。それ以外の商品の場合は、自分で商品を探し、利益がいくらになるのか計算しなければいけません。

例えば、ASIN違いが発生していたり、日本Amazonにない商品などです。これらは場合によって手動で探している時のみ、発見することができたります。日本Amazonが一番安いとも限らないので、ネットショップを含めて安く販売しているお店を探していきます。

FBA商品のリサーチをする基準とは?

商品をリサーチする時のポイントは以下の通りです。

1:セールスランキングを見る

セールスランクが高い商品は、最近売れた商品であることを表します。まずはよく売れている商品を出品するのが、リスクが少ない方法です。

2:国内外の価格差を見る

大量に売れている商品の場合は、価格差が小さい場合もあります。その場合は、選択肢からその商品を外すか、もしくは卸仕入れで手に入らないかを考えます。

3:Amazon販売があるかを確認

Amazon自身が販売している商品の場合には、出品を避けておきます。特にAmazonに価格勝負をするのはよくありません。Amazonより安く出品すると、Amazonが販売価格を下げてくることもあり、アカウントをサスペンドされるケースもあります。

4:FBAセラーの数を確認

他にFBAセラーがいないのがベストですが、ランキングが高い商品であれば、売れることがあります。

無在庫販売について

無在庫販売というのは、在庫を持たずに商品を販売するスタイルです。これは仕組みとしては簡単で、Amazon上で出品をしておき、商品が売れた時点で仕入れをします。

Amazonで買い物をするユーザーは、期日までに商品が届けば、在庫があるのかないのかは関係ないのです。

無在庫販売のメリット・デメリット

無在庫販売のメリットとデメリットを見ていきましょう。

無在庫販売のメリット

  • 在庫リスクがない
  • 在庫を持っていると保管スペースが必要です。在庫スペースを確保しているのに売れないという現象は、赤字につながっていきます。在庫を持たずに販売するのは、物販ビジネスにおいてリスクを軽減できます。

  • 出品規制に対応できる
  • Amazon輸出をしていると、Amazon側の規約に反している商品を知らずとして販売していたり、著作権や商標権の侵害クレームを受けることも考えられます。その場合に、出品していた商品を取り消すことがあります。無在庫販売であれば、こうしたケースでも出品を取り消すだけで、在庫には影響しないのでメリットと言えます。

  • 低回転で高利益率の商品を取り扱える
  • あまり売れない商品の場合は、販売者の言い値で価格が決まっていることも多く、それほど薄利ではありません。逆にその分回転が低いので、在庫を抱えるのにはリスクがあります。

    売れる確率が低く、いつ売れるのか分からない商品を持ち続けるのは、在庫管理上でも資金の面でも良くありません。キャッシュフローをよくしておかないと、黒字倒産のように資金がショートする可能性があるからです。その点無在庫販売では、低回転率の商品でも安心して出品できます。

  • 手元に資金がなくてもビジネスができる
  • 無在庫販売の場合は、先に商品を売るスタイルになるので、手元に資金がなくても販売ができます。Amazon輸出で無在庫販売の場合にお金を受け取れるのは、Amazonの管理画面で「出荷確認」のボタンを押したタイミングです。その時から2週間に1度、Amazonから売上代金が入金されます。

    正確に言うと、仕入れと代金の入金にはタイムラグがあるのですが、クレジットカードを使うと手元にキャッシュがなくてもタイムラグを埋めることが可能です。

無在庫販売のデメリット

  • 在庫の確保が難しい
  • 在庫リスクがないというメリットの裏返しで、在庫を注文が来た時に確保しなければいけないというのは、デメリットにもなります。注文を受けてから仕入れをするので、商品が手に入らないという場合は、注文のキャンセルが必要になります。セラー側の都合でのキャンセルは、アカウントヘルスに影響するので注意が必要です。

  • 薄利になりがち
  • この要素は、Amazonのカートを獲得できるのかという事と関係があります。Amazonは配送スピードを速くしていきたいと考えていますので、FBAセラーを優遇してカート獲得させています。カートに入っているセラーは、時間差で交代されるのですが、無在庫セラーの場合は、低価格で出品しなければカートは回ってきません。

  • 大量出品の管理が難しい
  • 薄利多売の戦略であれば、数点を数多く販売することで利益を出していきますが、無在庫販売では、低回転で高利益率になります。それで数多く出品することで、売り上げが上げていく形になります。

    そうすると、どうしても商品数が増えていくので、徐々に管理が難しくなります。無在庫販売で利益を出していくには、この大量出品が乗り越えるべき壁になります。

Amazon輸出で無在庫商品のリサーチをする

無在庫販売をしていく上でのポイントを解説します。

手動でリサーチするメリットは?

無在庫販売をするには、手動でのリサーチの強みがあります。お金がかからないだけでなく、手動だからこそライバルが少ない商品を見つけることが可能になります。

例えば、ライバルが多い商品の場合は、他の出品者の評価が高い場合には、あえて評価が数が少ない出品者から買う人はそれほど多くいません。まずはライバルが少ない商品で、最安値で販売していくことが、実績を積み重ねるのに必要です。

手動でリサーチする方法

検索バーにキーワードを入れて検索をしていきます。その際に日本らしいキーワードがあると検索に引っかかりやすくなります。単語を組み合わせると、出品者が少ない商品を見つけることができるので、参考にしてみてください。

ここではjapan import hakamaで検索をしてみます。
検索の結果このように表示されます。

FBA出品者が2人以下で、ランキングがついている商品を探していきます。
ツールで検索をしてみて、売れているのか実績を見てみます。

さらに利益の計算を進めていきます。
必要なのは、段ボールの重さとアメリカAmazonまでの発送料、アメリカAmazonでの販売手数料です。
もし利益率が低くても、利益があるのであれば、出品をしておくべきです。

出品者が少ない理由を考えてみる

ASINがつながっていなかったり、アメリカと日本のAmazonのどちらかで在庫切れになっていると出品者が少なかったりします。

商品を見つけた後はどうするか

利益がある商品を見つけたのであれば、関連する商品を芋づる式にリサーチしていきます。

ライバルセラーが販売している商品の利益率が高いという事もありますので、1つ見つかったのであれば、さらに調査を進めましょう。

新商品を狙って販売をする

無在庫販売では、FBAセラーよりも有利に販売できる分野が限られています。それは、新商品の販売で、FBA納品が間に合っていない時には、無在庫商品でも販売が可能です。

ツールを使って探してみても、何年も前の商品であれば、利益がほぼ出ない商品になっていることがありますが、新商品であれば、無在庫でも販売ができます。

ツールによっては、新着商品を検索できる物もありますので、新商品を検索することができます。

ツールを使ってリサーチする

Amazon輸出のリサーチにおすすめのツールを紹介していきます。

目的によって使い分けるツール

セラー評価依頼ツール

商品を買ってもらったお客さんにセラー評価を依頼するためのツールです。アクションを起こして、セラー評価をしてもらいます。

価格改定ツール

Amazonでは商品の価格が変化していきます。それで自分が設定したルールで、自動で価格を変更するためのツールです。

在庫管理ツール

自分の商品の在庫数の変動の確認や、在庫が少なくなった時にアラートするツールです。取り扱う商品が多くなると必須のツールです。

出品制限ツール

リスクが高い商品を出品対象から外していくツールです。

リサーチツール

市場の商品価格を一括で比較し、利益が出る商品を探したり、他の出品者の商品を抽出したりできます。売れ筋で利益がある商品を探すのに役立つツールです。

ランキング追跡ツール

商品カテゴリーのランキングの変動を見ることができるツールです。

在庫数確認ツール

他の出品者の在庫数を確認するためのツールです。

導入しておきたい無料ツールの紹介

Amadiff
ASINコードを入力すれば、ワンクリックで別の国のAmazon発売ページに飛ぶことができます。価格を比較したりして、リサーチに使う事ができるツールです。

Keepa
ランキング追跡に使うことができるツールで、元々はAmazonで商品を購入する人が使うためのツールなのですが、ランキング推移を見れるのでぜひ使っていきたいツールです。

Camel Camel Camel
こちらもランキング追跡のためのツールです。しかし使い勝手がそれほど良くないので、keepaでは検索できなかった時に使う事ができます。

Automate Pricing
Amazon公式の価格改定ツールで、セラーセントラルから利用できます。無料で使えるので、ぜひ活用していきたいツールです。

ツールを使って自動リサーチする方法

ツールを使った自動リサーチを徹底されている方も多くおられます。

アマトピア

価格によって機能が異なる総合型のツールです。リサーチができたり、在庫追跡、さらには売り上げ分析までできます。

商品リサーチ月額9800円
在庫追跡月額4900円
価格改定月額2980円
売り上げ分析月額7980円
広告運用月額4980円

Amazon輸出リサーチツール【グローバルせどらー】7か国一括リサーチ型

16,800円で買切るタイプのツールです。日本を含めて8か国のAmazonに対応しているので、世界でのAmazonの価格差を一括で検索ができます。

Amazon輸出のリサーチ高速化ツール【Caroon輸出王】5か国販売対応版

19,800円で買切るタイプのツールです。日本とAmazonの価格差があるものを、キーワードをベースにしてリサーチし、FBA手数料も表示してくれます。アメリカ以外にも対応しているので、アメリカAmazon以外での販売を考えていても対応できます。

ツールを使わずに無在庫販売をする

リサーチツールを使わないリサーチでは、ツールでは見つけられない商品を見つけるかがポイントです。

ツールを使わずにリサーチする方法

ポイントになるのは、ツールで見つけられない商品を販売している出品者を見つける事にあります。そのようなセラーは、出品数が多くなく、FBA出品を併用していて、ライバルが少ない商品を販売している傾向があり、日本Amazon以外で販売していることが多くあります。

ぜひセラーを見つけたのであれば出品している商品からリサーチをしていきましょう。

ツールを使わずに価格改定をする

セラーセントラルから「PRICING」、さらに「Automate Pricing」をクリックします。

さらに「Create a new pricing rule」をクリックします。

ここに来ると、価格改定の設定が可能です。最低価格に合わせて設定するか。カート価格に合わせるのかの基準を選択できます。

設定が完了すると「Save and select SKUs」をクリックします。

商品の最低価格と、最高価格を決めて、最後に「Start repricing」をクリックします。

ツールを使わずに在庫管理をする

1つの商品に対して、複数の販売先を見つけて記録しておきます。そしてショップのURLを記載しておき、在庫を確認し、価格を調べておきます。さらにリサーチした時の価格を元にして、価格を修正したり、出品停止をしたりします。

手間がかかる作業ですが、慎重にリサーチをする必要があるので、実際に手作業ですると良いリサーチです。

リサーチで気を付けたいポイントは?

Amazon輸出も年数が経っているので、販売をして利益を出すのが難しくなってきています。
しかしチャンスが全くないわけではなく、利益を出すことができる商品はあるのです。
リサーチを徹底して、そのような商品を見つける術を身につけましょう。

Amazonでのリサーチのコツは派生させること

販売センスの良いセラーを見つけると、出品商品を参考にして利益が出る商品をまねしていきます。ここで忘れたくないのは、利益が出る商品の関連商品にもチャンスがあることです。

売れている商品のメーカーを探っていったり、付属品や消耗品など関係する商品をリサーチしていきます。このリサーチを怠らないようにすると、ライバルがまだいない掘り出し物を見つけることができるかもしれません。

新しい商品を見つけるのも大切ですが、意外と販売している商品の周りをじっくりとリサーチするのも大切です。

Amazon輸出で見つけたキーワードを振り返る

人気があるキーワードは売れ続けるものですし、日本で売れた物は、海外に遅れて伝わることがあります。アニメやドラマは新しく発売されていくので、そこのチャンスがあるので、キーワードの振り返りが必要です。

ライバルに差をつけるためにしておきたいこと

Amazonに出品をしても売れないという場合には、いくつかの傾向が見られます。

売れ筋のポイントが異なる

アメリカのAmazonの場合には、市場規模が日本よりもさらに大きくなります。それで日本のランキングの順位でイメージしているよりも、アメリカの場合はカテゴリの規模が大きいので、取りこぼしが少なくなります。

カテゴリ自体の大きさが異なっているので、100万位以内でない商品でも売れている物はたくさんあります。この点を覚えておくと、何を出品するのか参考にしておくことができます。

日本の強みが弱い

日本の強みがある商品を見つけることが、外国のAmazonで出品する時のポイントです。日本の機能が高い商品や、日本文化やおもちゃなどは、海外でも人気で売れる可能性が高くなります。

中国の物をアメリカに輸出するのは、中国の業者がしていますので、日本からは日本らしい商品を輸出するのがAmazon輸出で成功するためのポイントです。

価格が適切に設定されていない

相場よりも高い場合は、商品は売れません。しかし下げ続けても、利益が下がるだけです。
ライバルの存在や、価格設定などをチェックしておくと、出品者の変化や、最適な価格設定が見えてきます。

Amazon輸出で成功するためには正しいリサーチをする

Amazon輸出で最もポイントになるのは、リサーチをしっかりすることです。

卸仕入れや物流なども大切ですが、リサーチを徹底することで、利益が出やすい商品を見つけることができるからです。正しいリサーチ方法を取得し、自己流にアレンジを加えると、他の人には探せない商品探しをすることが可能です。

自分だけのリサーチ法を確立するまで、この記事で解説したリサーチ法を徹底することで、リサーチの基本を習得しましょう。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法