物販

Amazon輸出の無在庫販売の方法と儲けるコツ

自分の手元に在庫を持たずに販売する「無在庫販売」という方法はご存知ですか?手元に在庫をせずに売れる事が確定してから仕入れて販売する方法です。

在庫をかかえるリスクが無くて、初期投資を少なく始められるので副業としてもオススメです。今回はAmazon輸出での無在販売のやり方とコツをご紹介します。

Amazon無在庫輸出のやり方は?

Amazonの無在庫輸出の方法をご紹介します。初心者の方でもわかりやすく説明しますので、ぜひ参考にしてください。

キーワードで売れる商品を探す

まずは売れる商品を検索してみましょう。キーワードでの検索ができるのでシンプルな方法で、誰でも簡単に検索が可能です。たとえば、儲かりやすい商品が多いカテゴリは「Toys&Games(おもちゃ・ゲームなど)」や「Watces(時計)」「Office Products(文房具)」などです。

各カテゴリで検索をする時には「Japan」や「Japan Limited」などを加えて検索すると出て来やすくなります。ブランドやタイトルを日本のものにするのもオススメで、腕時計であればCASIOやアニメならラブライブやアイドルマスターなどです。たとえばこの「idolmaster」で検索をかけてみると、以下の商品が見つかりました。

日本円にすると約9,200円で販売されている商品が、

524円で仕入れが可能です。

また、別の商品では日本円で約9,400円ほどの商品が、

日本のamazonで5,890円で仕入れが可能です。

リサーチの方法を取得すれば、思っているよりも簡単に売れる商品を見つける事はできます。

無在庫販売をしている販売者をリサーチする

無在庫販売をしている人をリサーチして、無在庫輸出をする時の参考にすると儲けるための技術が付きます。また、売れる商品のリサーチや、自分の知らない商品カテゴリを知ることもできます。

キーワード検索をする時に「Japan import」や「Kimono」など日本を連想するキーワードで検索してください。たとえば「Japan import」で検索をすると以下の結果が出てきます。次に画面にある「used&new offers」をクリックして、何人がその商品を出品しているかを確認します。

今回の目的は日本人の販売者を見つける事ですので、次に出品者一覧のページを開きます。

次に日本人で無在庫輸出をしている人を探しますが、探す時には「ショップ名にJAPANや日本の地名の文字」と「Ship from JAPANと明記されていて日本発送と分かるもの」と「FBAではなく自己発送のもの」というポイントを見ます。

該当するショップをクリックすると下記ページに飛びます。

次にチェックするポイントは販売者の評価数と出品数です。

目的は自分が無在庫輸出をする時に参考にする為のリサーチなので、厳選された少量の商品を販売していて、評価数が多い販売者を探す必要があります。目安として評価数は1ヶ月で10〜30個で、出品数が100〜20,000個ほどです。

販売数が2万など多い販売者はツールを使用して物量で利益をあげようとしているので、あまり参考にはなりません。ストア毎の出品数を確認するには、ストア名の下にある「Storefront」をクリックすれば確認できます。

商品の価格を比べる

最後に見るべきポイントは商品毎の価格です。Amazonでは通常ASNコードで商品を管理しているので、検索窓にASNコードを入力すると同じ商品を見つける事ができます。

また、商品によってはASNコードがついていない商品もありますが商品画像を使用して、画像検索を行うと同一商品のAmazonのページを検索できます。価格を調べてから利益の計算を行います。計算といってもとても単純で「Amazonでの出品価格」–「仕入れ価格」–「販売手数料」–「送料」で出た金額が最終的に手元に残る利益です。

海外へ輸出をする場合は送料が高くなるので、あらかじめいくらになるかは把握しておきましょう。アカウントの種類にもよりますが販売価格の15%を目安に計算しておけば、おおよそは大丈夫です。

Amazon輸出を無在庫で行うメリットは?

無在庫販売におけるメリットは、文字通り在庫を持たない事にあります。通常商品を販売する場合は売れる見込みのある商品を仕入れてから販売しますが、無在庫販売では売れる見込みの商品を販売契約をしてから仕入を行います。

この「売れてから仕入れる」という手順を踏む事で、不良在庫を抱えるリスクをゼロにできます。また、売れる事が確定してから仕入れる事で初期コストを限りなく抑えてビジネスができるのもメリットです。

Amazonでは商品の画像の写真が必須ではないので、Amazonのカログにある既存の画像を使用します。他のプラットフォームでは実際手元にある商品の状態を確認するという意味でも、写真を要求される事がほとんどなのでAmazonは無在庫販売に向いていると言えます。

リサーチをした予想で仕入れた商品を手元に置いておくのと、売れるのが確実になってから仕入れてそれまでは手元にないというのでは精神的負担も軽くなります。仕入れの手順や確保などは注意が必要ですが、このようなメリットが無在庫販売にはあります。

無在庫販売で売れるポイント

無在庫販売をしている商品を購入する人の心理状態は、「商品が安い」か「在庫を持っている販売者がいない」というのが多いです。ということは、無在庫販売をする時には「他の販売者よりも安く」と「誰も在庫を持っていない商品」というポイントが重要になります。具体的にはどこでも販売されている商品ではなくて、購入する人が少ないマニアックな商品を安く売るのが成功のポイントです。

Amazon輸出を無在庫でするデメリット

無在庫販売を行なう場合、メリットだけではなくてデメリットもあります。起こりうるトラブルは、「販売確定後に仕入れできなくなる事」と「販売確定後に仕入れ値が上昇する事」の2つです。

まず、販売確定後に仕入れができなくなるとキャンセルをするしかありません。購入者からすれば商品を探して、カートに入れて決済手続きをしてからキャンセルされると時間の無駄にしかなりません。

Amazonからしてもキャンセル手続きをして手間がかかる上、利益もないのでいい事は一つもありません。Amazonで許容されているキャンセル件数は注文の2%以内のキャンセル率です。50件の注文に対して1件のキャンセルは、梱包中の破損など人為的なミスもあり得るのでなんの問題もありません。

もう一つの仕入れ値が上昇してしまう事に関しては、あらかじめリサーチしていた価格よりも仕入れをする時期に価格が上がっていて、利益が下がってしまうという事です。価格によっては、販売価格と諸経費を合わせると赤字になってしまうという事もあり得ます。赤字になるのを覚悟して仕入れるか、キャンセルしてしまうかの選択になりますが、無在庫販売でのキャンセルは信用を無くしてしまいます。

そのため、赤字でも仕入れて「販売した」という実績を積む事をオススメします。これを防ぐ為にはこまめに仕入れ値をチェックして、変動があれば販売価格をそれに合わせて変更する必要があります。

全体を通して黒字になっていれば何も問題ないので、赤字を出した時には次から気をつけてチェックする体制を見直せば問題ありません。以上が無在庫販売をする時のデメリットです。

Amazon輸出で売れやすい商品

Amazon輸出では購入者は海外の人になるので、国内のビジネスとは売れる商品が違います。日本特有の商品が売れる事が多く、フィギュアやおもちゃなどはとくに人気があります。アニメやおもちゃ関係は人気で売れる分ライバルも大勢いるカテゴリでもあります。

この画像salesrankの波の動きが激しいほど頻繁に売れているという事になり、フィギュアなどは波が激しく動きます。ライバルが多いという事は価格競争も自然と激しくなり、販売するにあたって知識と知恵が必要になります。

Amazon無在庫販売のとるべき戦略は?

Amazonで輸出ビジネスをしている人は、FBAを利用している人が多いです。無在庫販売をすればアカウントが停止されるので、無在庫販売はNGという認識があります。けれども、無在庫販売もやり方さえ注意していればなんの問題もありませんし、無在庫販売ならではのメリットもたくさんあります。

Amazon輸出で無在庫販売をする流れ

Amazon輸出ビジネスで、無在庫販売という方法をとる時にどのような流れで行うのかをご紹介します。まず、Amazonのアカウントを作成しますがアカウントには小口(Individual)と大口(professional)の2種類があり、自分のスタイルに合わせてアカウントの種類を決めます。

無在庫販売では手元に在庫を置かずに行うので、大量の商品を取り扱う場合が多いです。そのため、基本的に月額のアカウント料金はかかりますが、沢山の商品を取り扱い販売する場合には大口の方がお得になります。このAmazonの販売者用アカウントを作成すればすぐに出品する事が可能で、とても手軽に輸出ビジネスを始められます。

ツールを有効活用する

無在庫販売でAmazon輸出ビジネスをする場合、取り扱う商品は最終的に1000を超える事がほとんどです。その為商品の管理をするのを手動では絶対に間に合わなくなり、取引成立後にキャンセルを余儀なくされてアカウント削除にもつながります。自分のスタイルに合ったツールを使用する事が大切です。

Amazon輸出で無在庫販売をする時の仕入先について

基本的に仕入先はAmazonから仕入れるのがオススメですが、仕入れ価格や在庫状況によっては楽天など他のプラットフォームから仕入れることもあります。他にも色々な仕入先がありますが、利率の目標は10%を目安にして利益が出しやすいところから仕入れるのを心がけましょう。

Amazon輸出で無在庫販売をして儲けるコツ

Amazon輸出で無在庫販売をして儲けるコツはいたってシンプルで、「最安値で販売する事に注力する」Amazonでは同じ商品を販売している際に比べられる一番大きい要素は「価格」です。

評価も大切な要素ですが、非常に悪い評価でない限り、価格が決め手になる事は多々あります。販売する商品の価格を相場の最安値圏内を維持する事が重要で、その為のツールも開発されています。イメージとしては10万商品を出品していてその内最安値圏内のものが多くて数千点、そこから実際に売れるのが数十個です。

出品している内に仕入れ値が下がって、販売価格も下げられるようになることもあるのでとりあえず出品しておくと良いでしょう。他にも配送にかかるコストをカットして、販売価格を下げる工夫をするのも有効な手段です。出荷数に応じて安くなる配送方法もありますし、梱包資材を大量に購入して安くするなど販売価格を下げる手段はたくさんあります。

Amazon輸出の在庫管理ツールは無在庫販売でも使える?

Amazon輸出をする時に、便利なツールについてご紹介します。在庫管理ツールには2つあり、「仕入先の在庫状況の管理」と「自分の在庫を管理」にわかれます。

無在庫販売に関しては前者の「仕入れ先の在庫状況の管理」のツールがあると非常に便利です。無在庫販売を行っていてよくあるトラブルは、商品が販売出来てから仕入先に在庫がない状態になることです。無在庫販売は出品数が膨大な量になる事がほとんどで、自分で管理しようとすると労力が必要になります。

そこで便利なのが在庫管理ツールです。ツールを使用すれば「在庫切れの商品の出品停止」「在庫が切れた場合アラームで知らせる」「在庫管理の自動巡回」などとても便利な機能があります。

ツールを使用せずに手動で無在庫販売を行った場合はキャンセル率が高くなる可能性があるので、ぜひツールを利用してください。在庫管理のツール意外にも色々なツールがあるので、無在庫販売を行う際にはぜひチェックしてみてください。

無在庫販売における在庫管理の重要性

Amazon輸出の無在庫管理では在庫管理が非常に重要です。在庫管理を怠ってしまうと仕入れトラブルが起きて、何度もキャンセルしているとアカウント削除につながる可能性もあります。また、無在庫販売では出品の数がとても多くなり、仕入れトラブルのリスクも増加するので、出来る限りトラブルを無くす為に在庫管理のツールがとても有効です。

在庫管理のツールについて

無在庫販売において在庫の管理は、起こりうるリスクを限りなく低くする為に重要な要素です。無在庫販売において利用できるツールでは仕入先の在庫チェックです。

出品している商品の取引が完了してから在庫を確認するのは遅いので、常に仕入先に在庫があるかどうかのチェックが必要です。出品数が多いほど管理は難しくなるので、その為にツールを使用します。

在庫確認ツールをご紹介

在庫管理を行う為に便利な代表的なツールをご紹介します。まずは、無料で使用できる在庫管理ができる定番ツール「HARU」です。

日米のAmazon、楽天市場、ヤフオク、ZOZOTOWN、など大手ネットショップで使用できます。また、ハードオフや駿河屋などコアな商品を取り扱っているところでも使える在庫管理ツールです。

一番のメリットは使用している人が多いので、使い方で分かりづらい事があっても調べればすぐにわかります。その反面、誰でもこのツールでできる域にはすぐに達せるので、ビジネスを成功させるには工夫が必要です。

次に紹介するのは「KUROFUNE」です。Amazonでの仕入れをする時に有効なツールで、海外のAmazonに出品していて在庫切れを起こした時には、自動的に出品を停止してくれます。その他にも機能が充実しているので、工夫次第でこのツール一つで色々な事ができます。

3つ目にご紹介するツールは「アマトピア」です。このツールは在庫を管理するだけではなく、商品リサーチや売上分析機能、顧客のフォロー機能など様々な機能が使用できます。使い方が少し難しいですが、使いこなせば売上を大きく伸ばす事も可能です。

在庫管理以外のツールについて

Amazon輸出の無在庫販売で使用すると便利な、他のツールもご紹介します。セラー評価ツールとして人気のある「FEEDBACKFIVE」や価格改定ツールの「PRIMA CLOUD」など有料のものもあれば、価格改訂ツールの「Automate Pricing」やランキング追跡ツールの「PRICE CHECK US」など無料のものもあります。複合的なツールもあるので、どれが自分のスタイルに合っているか吟味して積極的にツールを取り入れていきましょう。

リサーチする時に必要な考え方は?

Amazon輸出を行う時に必要な考え方をご紹介します。具体的にどんな思考回路で取り組めば良いかをご紹介しますのでぜひ参考にして、Amazon輸出ビジネスをしてください。

まずは自分のアカウント状態を確認する

Amazonではご存知の通り、アカウントへの評価というものがあります。自分がすでにアカウントを開設して5年以上経っていて、アカウントの評価が1万件以上ある場合は、役立つツールを取り入れてとにかく数を出品して稼ぐのがオススメです。

というのは、Amazonからアカウントへの信頼があるので、ちょっとしたトラブルではアカウント停止にはなりません。また、購入者からしても評価が多い出品者の方が取引実績があるという事で、安心感を持って取引にすすめられます。

このようにアカウントの強みがある方は、他のセラーと比べて価格以外にも武器を持っているという事になります。逆にアカウントの評価がないと価格しか武器がない状態になるので、戦略をしっかりと作って取り組んでください。

ツールは効率を上げる道具だと理解する

ツールはあくまで、作業効率を上げる為の道具です。ツールに頼る内容と自分の力で売上へとつなげる内容をきっちりと理解して、自分のオリジナリティを持ってビジネスをすると儲かります。

ツールのリサーチ機能では限界があるので、自分の知識や経験が重要な場面もたくさんあります。ツールは上手に使ってAmazon輸出の無在庫販売で儲けるのは、あくまで自分のセンス次第です。

ライバルが少ない商品で勝負する

同じ商品を販売しているのが50人の商品と、10人の商品であれば10人の方が最安値を狙いやすい商品になります。ライバルが少ないというのはAmazon輸出において非常に重要なポイントで、思いもよらないところに大きな利益がある場合もあります。

もし仮にその商品を取り扱っているのが自分だけなら、その商品価格の決定権は自分にあります。価格が商品を売る要素として重要なネットビジネスでは、利益を出す為にライバルが少ない事も重要です。

Amazon輸出の無在庫での配送はどのように行う?

商品が売れると、次は配送です。通常の輸出よりも無在庫販売では配送でも注意点があるので、実際に無在庫販売を行う前に行くつかのポイントを覚えておきましょう。

無在庫販売では仕入れの納期に注意する

無在庫販売では注文があってから仕入れて、届いた商品を発送します。商品が届くまでにも「仕入れ」という工程があるので通常と違って、仕入れの際にトラブルがある場合があります。

たとえば在庫があると思っていたら色やサイズがなくて、納期が数週間かかればせっかく売れた商品もキャンセルになりかねません。ツールを使用して在庫管理に慣れるまでは、Amazonでの仕入れを中心に行った方が無難です。

仕入れが問題なく済めば大体3日ほどで、自分の商品として発送が可能です。Amazonから仕入れていても数日かかる場合もあるので自分のチェックしている商品が明日発送なのか、きちんと確認しておく事が大切です。

ハンドリングタイムを設定しておく

仕入れや梱包に通常よりも日数がかかってしまうのが、無在庫販売のデメリットです。初期設定では1〜2日に設定されているので無在庫販売をする場合は変更しておくのが無難です。

この設定は「ハンドリングタイム」と呼ばれるもので、発送までの日数に余裕を持てます。

例をあげるとこの商品のようにハンドリングタイムを7日間に設定しておくと、実際の商品ページでは6日〜10日という表記になります。長すぎても購入意欲を削ぐ可能性があるので、目安としては5日にして現実的な日数を設定しましょう。

発送してからも日数がかかる

ハンドリングタイムとは商品の取引が完了してから、販売者が発送するまでの日数を指します。販売者が発送してから購入者の手元に届くまでにも、最長で32日間の日数がかかります。通常配送では18日から32日間で送り先の国によって、到着日数が大きく変わります。

追加料金がかかりますが速達で1日から3日かかるので、急ぎの商品であれば速達だと日数は早くなります。慣れるまでは通常配送の「Standard」のみの設定で、慣れてくれば速達などを設定すると良いでしょう。

まとめ

Amazon輸出の無在庫販売はやり方と注意点さえ気を付けていれば、大きな利益を生み出す輸出ビジネスになります。もっとも注意することは在庫を確保できずにキャンセルになることで、続けてキャンセルがあるとアカウントを停止される可能性もあります。

無在庫販売を始める時には今回ご紹介した内容を参考にして、無在庫販売のリスクをうまく回避して取り組みましょう。Amazon輸出の無在庫販売はコツさえつかめば大きな利益を生む可能性があります。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。