物販

画像編集ツールのオススメを比較!編集のポイントとは

ネットショップなどのサイト構築では、訪問者の目を引くためにきれいな画像があると効果的です。しかし自分できれいな画像を準備するのは大変ではないでしょうか。

自分の準備した画像の質を上げるには、「画像編集ツール」を活用するのがオススメです。画像編集ツールはたくさんありますが、どれが良いのか迷ってしまうものです。

今回は無料で使える画像編集ツールを比較していきます。さらに画像編集のポイントも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

画像編集ツールの選び方とは?

画像編集ツールとは、もとからある画像にテキストや編集を加えられるツールのことをいいます。通常の写真などをよりきれいに加工することで、見た人により良い印象を与える効果があります。有料のツールもありますが、機能制限や広告の表示が条件で無料で使えるツールも多いです。

最初は無料のツールで慣れてから、より良い有料のツールを使うのがオススメです。まずは、画像編集ツールの選び方をお教えします。

編集ツールを選ぶ前に確認すること

画像編集ツールを選ぶ前に、確認しておきたいことがいくつかあります。まずはインターネット環境が整っているかどうかです。回線が不安定になっていると、何度も止まってしまい編集作業が進みません。

画像編集ツールをインストールして使う場合は、パソコンのスペックも確認しましょう。パソコンのスペックが低いと、機能が制限される・動きが悪くなるなどの可能性が出てくるからです。

使いたい機能を明確にする

画像編集ツールは「イラスト作成」と「画像補正」に分けられます。イラスト作成をするタイプは、元の画像が無い状態から作り上げる方法です。画像補正タイプは、元の写真や画像を補正する方法になります。

イラスト作成タイプはイラストが得意な人向けと言えるでしょう。目的がイラスト作成でない場合は、画像補正タイプを選ぶのがオススメです。

無料画像編集ツールの注意点

画像編集ツールの有名どころといえば、「Photoshop」や「Illustrator」が挙げられます。しかし無料で使えるのは少しだけで、最終的には有料での購入が必要です。

有名どころを使ったほうが良いのではないかと思えますが、無料の編集ツールでもじゅうぶんに加工はできます。使い方さえ覚えられれば、無料でもきれいな画像の加工ができるようになります。

しかし、無料の画像編集ツールにはいくつかの注意点があります。一つずつみていきましょう。

Windows対応・Mac対応か

画像編集ツールには、対応するOSや機種が指定されているものがあるので注意しましょう。どちらでも使えることもありますが、限られていないかどうかをチェックしましょう。

ダウンロードタイプ・オンライン作業タイプ

画像編集ツールはダウンロードをしてから使うタイプと、オンラインで作業をするタイプがあります。

ダウンロードをするタイプは、ある程度のパソコンの容量が必要です。大容量ではありませんが、パソコンの要領に余裕がないと作業中に固まる可能性もあります。

また、ダウンロード自体ができないことも考えられます。パソコンの容量が心配なければ、オンラインに接続しなくても使えるダウンロードタイプの方が気軽だといえます。

オンライン作業タイプは、作業時に常にインターネット接続が必要になります。さらに会員登録が必須のツールもあります。パソコンの容量の余裕がない人や、心配な人はオンライン作業タイプがオススメです。

素材の画像を準備する必要がある

素材となる画像は、自分で準備をしなければなりません。自分で撮影をすることが難しい場合は、画像提供サイトなどでダウンロードをする必要があります。

最近のスマートフォンは画質が向上しています。写真撮影の基本を学んでから撮影してみましょう。

構図や明るさなど、人を引き付ける画像が必要です。自分で撮影する必要がある場合は、写真の撮り方をある程度知っておくことが大切です。

自分で準備ができない画像の場合は、無料のダウンロードサイトやイラスト提供サイトなどで取得しましょう。他社のSNSから無断で使用したり、ホームページから無断でコピーすることは著作権違反や肖像権侵害になる可能性があるので絶対にやめてください。

オススメの無料画像編集ツールとは?

ここからは無料の画像編集ツールをご紹介します。初心者でも手軽に加工ができるツールを選びました。目的別でいくつかピックアップしたので、ぜひ活用してください。

写真の加工や編集をしたい

Krita
高性能のブラシやペンなどが多数揃っています。イラスト作成にもオススメなツールです。

Photopea
オンライン上で編集できるツールです。Photoshopと同等程度と言われる機能性の高さがウリになっています。

Gimp
ダウンロードをして使うタイプです。Gimpも高性能の画像編集ツールとして人気が高いです。

SNS向け画像を編集したい

SNSの投稿などで、画像に文字やイラストを入れたい場合におすすめのツールです。

Camba
SNSやポスター・ポストカードなど、あらゆるシチュエーションごとに編集できます。

Desygner
Instagram・Twitter・Facebookに画像を直接投稿できます。スマートフォンでの操作も可能です。

オンライン編集ができる無料ツールとは?

オンライン上で編集できるツールをご紹介していきます。もしお持ちのパソコンのスペックが低い場合は、オンライン編集ツールがオススメです。インターネット上で作業ができるので、途中で固まる心配がありません。

befunky

befunkyは、会員登録をしなくても使用できます。初心者から上級者まで、ドラッグ&クリックで編集ができるのがメリットです。もちろん上級者向けの機能もあるので、長く使えるツールとして活用できます。

ただし一部の機能は有料のものもあります。基本的な編集はできるので、お試し程度に使ってみてください。

PIXER.US

PIXER.USは、会員登録が不要の編集ツールです。無料・有料が選べますが、無料でもじゅうぶんに編集ができます。より高度で種類の多い編集を望む場合は、有料バージョンでも良いでしょう。

加工の方法もシンプルなので、初心者にもオススメです。日本語に対応していませんが、操作に慣れれば問題なく使える手軽さも魅力となっています。ただし日本語は非対応なので注意してください。

おもな機能

・トリミング
・リサイズ
・明るさ補正
・コントラスト補正
・フィルター加工
・SNSへの直接投稿
・イラスト作成

fotor

上級者におすすめなのが、「fotor」です。多くの機能が使えるので、本格的に画像編集をしたい人向けといえます。

さらにデザインのテンプレートから加工ができるので、センスに自信がない人もOKです。ホームページのバナーも作れます。無料版と有料版がありますが、有料版では広告が非表示になるなどのメリットがあります。

おもな機能

・日本語対応
・肌補正
・明るさ調整
・回転
・ワンタッチ補正
・フレーム
・ステッカー

オフライン編集ができる無料ツールとは?

オンライン編集ツールはインターネットへのアクセスが必須ですが、オフライン編集ツールはインターネットに接続していなくても使えるのがメリットです。一度ダウンロードすればずっと使えるので、セキュリティ面でも不安な人はオフライン作業がオススメです。代表的なツールをご紹介します。

GIMP

GIMPは、上級者向けの無料ツールです。機能性が高く、Photoshopと引けを取らないと言われていますが無料で使えます。初心者はもちろんプロが使うこともあり、解説書も販売されるほどメジャーです。

日本語に対応してWindows・Macのどちらも対応しています。

おもな機能

・日本語対応
・リサイズ
・トリミング
・画像補正
・回転
・明るさ調整
・フィルター加工
・テキスト

Sumo Paint

Sumo Paintは、オンライン・オフラインのどちらでも使える編集ツールです。充実した機能ですが、初心者向けとはいえないほどの高度な作業ができます。通常の画像編集で慣れたら使う感覚でも良いでしょう。

しかし、ショートカットキーがあるので、一度覚えれば作業がはかどるでしょう。無料版では広告が表示されることと、機能に制限があります。

有料版では広告が非表示になり、すべての機能が使えるようになります。また、会員限定のサポートも受けられるなどのメリットがあります。

おもな機能

・トリミング
・リサイズ
・コントラスト補正
・透過加工
・フィルター加工
・3D描写

Photo Pad

Photo Pad」は、パソコンやモバイル端末向けのソフトウェア開発・販売を手掛けているNCHソフトウェアが提供している画像編集・加工ソフトです。パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットでの作業ができます。

ツールは無料でダウンロードできて、画像編集や加工に必要な本格的機能がシンプルな操作感で使え、簡単にプロ並みの作品を作れます。著作権フリーの素材画像も用意されており、それを編集・加工して使うことも可能です。

ただし、営利目的で使用する場合は、プロ版の有料ライセンスの登録が必要になります。使用感を試したいなら、まずは無料版を使ってみるのがオススメです。

おもな機能

・日本語対応
・トリミング
・回転・反転
・リサイズ
・明るさ補正
・フィルター加工
・フレーム
・テキスト挿入

画像編集をするときのポイント

良い画像編集ツールを見つけたとしても、利用する際にはいくつかのポイントがあり、大きく5つに分けられます。画像編集のポイントは以下の5つです。一つずつ見ていきましょう。

・ファイルのサイズを確認する
・ブランドのイメージを損なっていないか
・画像の無断使用
・白黒印刷でも見やすく作る
・文字や画像に間違いがないか

ファイルのサイズを確認する

画像を公開する場合、ファイルのサイズを合わせる必要があります。拡張子はjpgやgifなどがあり、それぞれの表示方法は異なるのです。

ファイルのサイズが大きすぎる・小さすぎるとサイトに表示されたときに不自然になってしまいます。慣れるまではファイルのサイズを確認することを徹底しましょう。

ブランドのイメージを損なっていないか

自社のネットショップなどをアピールする場合は、ブランドのイメージを損なわないようにしましょう。ブランドのロゴのフォントが異なっていたり、ブランドのイメージとかけ離れた色を使ったりしないようにしましょう。

ブランドのイメージが損なうと、ファンが違和感を持つ原因になります。サイトもごちゃごちゃとして見えるので、統一したいカラーやロゴを決めてから編集しましょう。

画像の無断使用

無料の画像提供サイトは多くありますが、知らない間に他人の画像を無断使用するケースに注意しましょう。インターネット上の画像は誰かが撮影・編集して公開しているものです。もし無断で使用していることが発覚した場合は、著作権違反になる可能性があります。

画像を使用する前にライセンスを確認し、SNSの投稿画像は本人に許可を取ることは必ずおこないましょう。逆に自身で作った画像が無断使用される可能性もあります。画像の無断使用に関して注意事項を記載するなど、防止することも大切です。

白黒印刷でも見やすく作る

カラーの画像をコピー機で印刷したり、FAXで送信したりするかもしれません。もし業務上FAX送信する場合は、細部まで表現されているかを確認しましょう。

白黒印刷には、イラスト向けの「モノクロ2階調」と写真向けの「グレースケール」が存在します。該当するデータで作成しましょう。

文字や画像に間違いがないか

画像とテキストが合っていない、誤字脱字がある、などは致命的なミスになります。公開前にしっかりと確認しましょう。

慣れてくるとチェックを怠りがちになります。最終チェックはしっかりとして、できればダブルチェックができるとより確実になるでしょう。

まとめ

有料・無料の画像編集ツールをご紹介しました。画像編集ツールを使うのが初めての人は、無料のものから使ってみましょう。慣れてきたら有料版を使って、より高度な編集にも挑戦してみてください。

まずは画像編集ツールの基本と注意点を理解し、今後のインターネットビジネスにいかしていってください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!