物販

輸入代行業者のメリットと選び方|オススメ業者も紹介!

輸入ビジネスを行う際に重宝するのが輸入代行業者です。代行業者を利用することによってビジネスが加速するだけでなく、個人で活動した場合に出合うさまざまなトラブルを事前に回避することができるのが魅力です。

この記事では、輸入代行業者を使う具体的なメリットやオススメの業者の選び方について解説していきます。

輸入代行業者と輸入転送業者

輸入代行業者と輸入転送業者は似て非なるものです。ここでは、両者の違いやそれぞれのできることについて解説します。

輸入代行業者と輸入転送業者の違い

まず、輸入代行業者は商品の輸入に対する一連の手続きをすべてまとめてサービスとして提供する企業のことを指します。ここで言う一連の手続きとは、商品の注文、支払い、通関、配送などを指しています。

それに対して、輸入転送業者とは日本の購入者の代わりに国外で荷物を受け取り、日本へ発送してくれるサービスを提供する企業のことを指します。

つまり、輸入代行業者は海外のECサイトでの注文から決済、配送までをすべて請け負うのに対して、輸入転送業者は商品の配送のみを請け負うということです。輸入転送業者の業務は輸入代行業者の業務の一部分であると言うこともできるでしょう。

このような解説をすると、海外から商品を仕入れるときには必ずどちらかの業者を利用しなければならないようにも聞こえますが実際にはその限りではありません。たとえばアメリカから仕入れる場合などは、こういった業者を利用しなくても個人で比較的簡単にすべての作業を済ませることができます。

逆に輸入代行業者が最も必要とされるのは中国です。なぜなら、日本人が中国から何か輸入しようとする場合、さまざまなハードルがあるからです。たとえば、中国のECサイト大手であるタオバオやアリババで商品を仕入れるには中国独自の決済サービスを使う必要があります。個人では煩雑だったり難しかったりする部分が大きいのです。

輸入代行業者は何ができるのか

前項でお話ししたように、この手の業者が最も役に立つのは中国から商品を仕入れるときです。いわゆる中国輸入ビジネスを行うときには、この手の業者なしで進めるのは難しいと言わざるを得ません。ここでは中国輸入を例にとり、輸入代行業者ができることについて解説していきます。

輸入代行業者はあなたに代わって中国のECサイトで商品を注文して、それを取りまとめて日本に輸送してくれます。これが輸入代行業者の基本的なサービスですが、他にもそれに付帯するサービスを利用することができます。

たとえば、Amazonで商品を販売している人はFBAと呼ばれる倉庫を利用していることが多いですが、輸入代行業者の多くは仕入れた商品を直接FBAに直送してくれるサービスを行っています。原則、仕入れた商品はいったんあなたの自宅や倉庫に送られますが、直接FBAに送ることによって、時間の短縮や経費の削減、自前のスペースを確保しなくて済むなどのメリットを得ることができるのです。また、特にアパレル関連商品で役に立つサービスとして、商品に付いているタグを外してオリジナルブランドのタグを取り付けるといった加工や、詳細な検品を行ってくれるところがほとんどです。

さらに、中国の工場等とのパイプを活かして、OEM商品やオリジナル商品を制作するといった場面でもサポートをしてくれます。他にも、業者によってはAmazonの商品カタログで使用する画像の撮影をしてくれたり、販促活動のサポートをしてくれたり、利益の計算や在庫管理といった会計や経営に関するサポートを行ってくれたりもします。中には関連するセミナーを開催している業者もあります。

輸入ビジネスと輸入代行業の違い

輸入代行業者があまりにも手広くいろいろなことをしてくれるので、輸入ビジネスそのものと混同してしまう人が少なからずいます。両者の違いはどこにあるのでしょうか。

まず、輸入ビジネスというのは基本的に物販です。海外のECサイトや工場から仕入れをして、日本に輸送し、日本国内で販売していくのがその基本となります。ざっくり言って、売上から原価を引いた残りが利益となります。

一方、輸入代行業とは他の誰かがやっている輸入ビジネスをサポートして、各種の手数料で儲けるビジネスのことを指します。簡単に言えば、あなたが行う「輸入ビジネス」をさまざまな面からサポートしてくれるのが「輸入代行業」というわけです。

輸入ビジネスと輸入代行業のどちらがより稼げるかは場合によります。あなたの輸入ビジネスが大成功している場合にはあなたのほうがはるかに稼ぐことができますが、そうでない場合には輸入代行業者のほうが確実な利益を上げることになるでしょう。

輸入代行サービス利用の流れ

ここでは、輸入代行サービスの流れについて具体的に解説していきます。

欲しい商品を代行業者に伝える

仕入れたい商品が見つかったら、代行業者にそのことを知らせます。発注する方法は業者によって異なりますが、多くの場合は専用の管理ページが用意されているためシステム上でやり取りをすることになります。

このとき、商品の色やサイズ等の他に細かな指定があれば、それも代行業者に伝えます。良心的な業者はどのような細かい指示であってもしっかりと受け止めてくれ、ECサイトないし工場側との橋渡し役になってくれることでしょう。

代行業者が見積もりを提示する

仕入れたい商品を伝えると、大体1営業日から3営業日ほどで代行業者から見積もりが届きます。見積もりの内容は大まかに次の3つです。

・商品代金
・国際送料
・代行手数料

この他、AmazonのFBAで直接商品を納品するかどうかなどの細かな違いによって見積もり金額が変わってきます。ちなみに、関税や消費税を支払う対象は代行業者ではなく国内の配送業者の場合もあります。

代行業者に入金する

代行業者から提示された見積もり金額に納得した場合には、その見積もり金額の通りに入金します。わずかでも金額に疑問がある事前に確認をしてください。

余談ですが、代行業者のWebサイトに「特定商取引法」に関する記載があるかどうかも確認することをオススメします。できれば、その記載の中に代表者の顔写真が掲載されている業者を選ぶのが良いでしょう。インターネットで顔出しをしている企業はそれだけ真剣に運営していると判断することができるからです。

業者があなたの代わりに商品を購入する

代行業者に対する入金が終わると、代行業者はあなたの代理で商品を購入します。このとき、商品の配送先を依頼者であるあなたの住所にするか、それとも別の方法を採るかによって、関税や消費税を支払うタイミングが変わります。

配送先をあなたの住所にした場合は、あなたの自宅に商品が届いたときに配達員に対して関税と消費税を支払います。一方、AmazonのFBAに直接納品する場合にはまず国内の配送業者に関税と消費税を銀行振り込みなどで支払い、それが確認された時点で配送業者が動いてくれるという段取りになることが多いです。

商品を受け取る

後は商品を待つだけです。あなたの自宅に届くのであれば、商品を保管しておくスペースを確保しておく必要があります。AmazonのFBAに直接納品する場合にはそのような準備は必要ありません。その代わり、商品がFBAに届くことをAmazon側にあらかじめ通知しておきましょう。

代行手数料とその他必要な費用

輸入代行の手数料とその他に必要な費用は以下の通りです。

・手数料
・輸送料(中国国内送料と国際送料)
・関税や消費税(支払うタイミングは場合による)
・その他の費用

ここからは関税や消費税とその他の費用を詳しく見ていきます。

関税や消費税

外国から商品を輸入する者は輸入する際に品物ごとに定められている関税、および国内と同じ消費税を支払う義務があります。関税の割合を事前にしっかりとチェックしておかないと、予想以上の出費がかかってしまうこともあります。

個人で輸入した場合でも、輸入代行業者を利用した場合でも、関税や消費税がかかることに違いはないことを覚えておいてください。

その他の法令に対応する費用

代行業者によっては、食品届や植物防疫法などが関係する商品の輸入にも対応しています。その場合には、それぞれの法律に則った費用が追加で請求されることになります。

名義貸し料金

名義貸しというと、何となく悪いイメージがあるかもしれません。ここでいう名義貸しとは、たとえば化粧品などを輸入するときに出てくる段取りです。

海外の化粧品を輸入して販売するためには化粧品製造販売業の許可が必要になりますが、この許可を得るのはとても難しいため個人では太刀打ちできない可能性があります。この場合、すでに化粧品製造販売業の許可を取得しているところに代行輸入をしてもらい、それを国内で買い取る形で手に入れることになります。このときに、名義貸しの料金が発生するのです。

オススメの輸入代行業者7選

ここからはオススメの有名な輸入代行業者を7つ紹介します。業者を選ぶ際にはぜひ参考にしてください。

イーウーパスポート

イーウーパスポートは、中国輸入の代行を行っている業者です。主な特徴を見てみましょう。

・最短2~3日のスピード物流
・ 15社以上の豊富な物流ラインナップからの選択が可能
・ FBAラベル貼り付け、FBA倉庫への直接納品に対応
・日本人の品質管理マネージャーがおり、日本レベルで検品することができる
・OEM、ODM、パッケージ制作にも対応
・会員限定のオンライン勉強会がある
・中国輸入ビジネスをマスターするためのビジネス講座を提供

代行手数料は月額制を採用しており、29,800円(税別)となっています。

参考:イーウーパスポート

セカイモン

セカイモンの特徴は、以下の通りです。

・ 2個以上購入することで30日間の無料留置サービスが利用可能
・日本国内の配送料が全国一律
・大型商品や重い商品にも対応
・英語によるやり取りはすべてセカイモンが代行
・すべて日本円で決済可能
・トラブルサポートも実施

商品を落札したときには、決済代行手数料、商品確認費用、輸入代行手数料、トラブル発生時における出品者との折衝費用として「セカイモン手数料」が引かれます。セカイモン手数料は、商品価格が5,336円以下の場合は800円、5,337円以上の場合は商品価格の15%です。

参考:セカイモン

Shipito

ShipitoはアメリカのECサイトで販売されている商品を代理購入し、日本に輸送してくれるサービスです。かつてGooppingという代行業者があったのですが、その業者が2020年にShipitoに合併されました。Gooppingを利用していたユーザーは、その後Shipitoを利用しているケースが多いようです。

特徴はアメリカ国内にユーザーの住所を用意し、その住所を使って実質的に「アメリカの商品をアメリカ国内で購入する」かたちを採ることです。そのようにして購入した商品を任意のタイミングでまとめて、あなたの居住地に送ってくれるのです。

アカウントは「無料アカウント」と、月額10ドルまたは年額60ドルの「プレミアムメンバーシップ」の2つがあります。それぞれの料金体系は以下の通りです。

【無料アカウント】
手数料:$3
代理購入:$8.50 + 手数料4.3% + コミッション8%
同梱:荷物ごとに$5
特別依頼:$7
税関申告書の作成:$7
エクスプレス手配:$8
追加写真撮影:$8
追加梱包材:$4
重量超過荷物:$10
荷物保管:7日間保管無料

【プレミアムメンバーシップ】
手数料:$2
代理購入:$8.50 + 手数料4.3% + コミッション8%
同梱:荷物ごとに$3
特別依頼:$5
税関申告書の作成:$5
エクスプレス手配:$5
追加写真撮影:$5
追加梱包材:$2
重量超過荷物:$10
荷物保管:45、60、または90日間保管無料

参考:Shipito

クロスボーダー

クロスボーダーはアメリカから商品を仕入れる際に便利な代行業者です。主な特徴は以下の通りです。

・日本事務所、アメリカ現地事務所ともに日本人スタッフによる運営
・英語は一切不要で、注文・配送・その後のフォローまで一任
・アメリカ国内の消費税不要
・商品出荷後の追跡番号共有によって、配送状況をリアルタイムで確認可能
・商品受け取り後に気づいた不具合を、メーカーに問い合わせることも代行
・仕入れに関する相談も可能

料金もシンプルで分かりやすくなっており、必要なのは商品の購入代金、送料、購入代行手数料のみです。購入代行手数料は最低額を10,000円とし、購入代金の30%で計算されます。

参考:XBORDER

イーウーマート

イーウーマートは、中国輸入の代行を行っている業者です。主な特徴は以下の通りです。

・入金から最短5日で日本に商品が到着するスピード配送
・仕入れをするだけで自動的に行われるFBA納品代行サービス
・独自の受注/検品システム導入で効率化
・商品が破損していた場合には新しい商品を用意
・ 1ヵ月の無料お試しプランあり

代行手数料がかからない代わりに、月額料金が19,700円かかります。しかし、これはリーズナブルなほうであると言えます。

参考:イーウーマート

OEMパートナーズ

OEMパートナーズは、中国輸入の代行を行っている業者です。主な特徴は以下の通りです。

・ChatWorkを使った迅速なやりとり
・プラチナコンシェルジュの場合は日本語での電話サポートが可能
・商品ごとに異なる梱包や配送方法に対応
・OEMのノウハウが豊富
・中国側のリサーチや商品撮影サービス、パッケージ制作などの幅広いサービス内容
・FBAに直接納品が可能

ゴールドプランの月額会費が29,800円プラチナコンシェルジュの月額会費が49,800円です。もちろん後者のほうが充実したサポートを提供していますので、まず最初にゴールドプランからビジネスをスタートし、ある程度売り上げが立ったところでプラチナコンシェルジュに切り替える、といった利用法が考えられます。

参考:OEMパートナーズ

チャイナ・トレーディング

チャイナ・トレーディングは、中国のECサイト・タオバオから商品を仕入れることができる輸入代行業者です。主な特徴は以下の通りです。

・手数料3%以外の費用がかからない
・一括で最大500kgまで最短翌日到着のFeDex便に対応
・商品の個別配送が可能
・サイト内ですぐに為替レートを確認可能
・配送方法のバリエーションが豊富で、目的に合ったものを選択可能

手数料の安さが魅力ですが、商品の検品は基本料金に含まれていないので注意してください。

参考:CHINA TRADING

輸入代行業者を使うべき人、そうではない人

翻訳ソフトの普及などにより、個人でも比較的気軽に輸入販売にチャレンジできる時代になってきました。とは言え、翻訳ソフトの性能はまだ発展途上で、微妙なニュアンスを扱いきれないこともあり、トラブルの際には困ったことになりかねません。

そういったときに役に立つのが、輸入代行業者です。ここでは、輸入代行業者を利用するメリットと、どのような人が利用すべきなのかについて解説していきます。

輸入代行業者を使うべき人の特徴

輸入代行業者を使うべき人の特徴は、以下の通りです。

・自分の語学力に自信のない人
・関税や消費税の仕組みが理解できていない人
・配送の流れや、トラブル時の対処法がわからない人
・各国の決済システムに対応する自信がない人

代行業者を利用することによって、こういった煩わしい部分はすべて任せることができます。

輸入代行業者を使わなくてもよい人の特徴

反対に、輸入代行業者を使わなくてもよい人の特徴は以下の通りです。

・自分の語学力に自信のある人
・税金や配送システムについての知識がしっかりある人
・トラブルが発生したときに自分で問い合わせをしたり、対処したりできる人
・海外のECサイトまったく問題なく利用できる人

このような人は、輸入代行業者を使わなくてもビジネスを進めていくことができるでしょう。ただし、いざと言うときの保険として代行業者を間に挟んでおくのも悪い選択ではありません。

輸入代行業者のメリット

輸入代行業者を使うメリットをまとめると、以下のようになります。

・その国の語学に堪能でなくても輸入販売ができる
・複雑な輸入手続きをすべて任せることができる
・海外のECサイトに詳しくなくても問題ない
・日本に出荷されていない商品を入手することができる
・現地価格で安く商品を仕入れることができる

輸入代行業者に頼んでしまえば、仕入れたい商品を指定してお金を払うだけで、基本的には簡単に商品を手に入れることができてしまいます。

優れた輸入代行パートナーを見つけるためのコツ

オススメの輸入代行業者に関してはすでに紹介しましたが、同じような業務を個人が請け負うケースも存在します。中国人が生業にしていることが多いため、現地とのやり取りに不安はありませんが、あなたとのやり取りをまともに進められるかは慎重に判断する必要があります。

ここでは、個人が行っている、いわゆる輸入代行パートナーを探すことについて解説していきます。

募集条件に対してちゃんとした回答をくれる

こちらが提示した条件について具体的に回答することなく、ただ「経験あります」「ぜひやらせてください」といったメッセージばかりを送ってくる人は要注意です。募集の時点でこのようなコミュニケーション能力不足が見える場合、その後のビジネスを共に進めていくのは不安ですよね。こういった人は、パートナーにふさわしくないと判断するべきです。

日本語がきちんとしている

完璧な日本語を話せる必要はありませんが、ところどころに理解しがたい表現が含まれる日本語を扱う相手には注意が必要です。場合によっては、その人は実際には日本語に堪能ではなく、翻訳ソフトを利用してあなたを騙そうとしている可能性もあります。

誠実で責任感がある

一度や二度のメッセージのやり取りだけでは、相手の人となりはわからないかもしれません。しかし、それが何度も繰り返されると、だんだんと色々な面が見えてきて、その人がちゃんと仕事してくれる人かどうかについてある程度の判断ができるようになります。気を遣った文面であるかどうか、返信の速度が早いかどうかといったところに、その人のビジネスに対する姿勢が表れるものだからです。

本契約をする前に具体的なやり取りを何度か重ね、相手の本質を見極めるようにしましょう。

輸入代行業者をうまく利用してビジネスを進めよう

以上、輸入代行業者の基礎知識とオススメの業者などについて解説しました。

輸入代行業者は、輸入ビジネスを行う際にぜひとも利用するべき強力なサポーターです。以前は単に商品の購入と輸送を代行してくれるだけでしたが、今では販売活動や会計、経営サポートに至るまで、広い範囲を扱う業者も増えてきました。

そういったサポートをしっかり利用し、あなたは自分にしかできない領域にすべての力を注ぎ込むようにしましょう。ある程度のお金で他人に任せることができるものは、どんどん任せてしまうのがビジネスのコツです。

あなたにぴったりの輸入代行業者を利用し、ぜひ自分の輸入ビジネスを加速させていってください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】物販の教科書

初心者から上級者まで成功事例を完全網羅!物販を仕組み化で安定して稼ぐ方法を実例を交えて解説します。

  • 物販の各ジャンル別の実践マニュアル
  • 売上伸び悩みを解消する高収益型ビジネス
  • 物販を自動化して自由な時間を得る秘訣
  • 安定資産で複数の収益源を生み出し構築する方法

その他、タメになる情報が盛りだくさん!

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!