物販

輸入ビジネスの始め方まとめ!商品の選び方や稼ぐコツも紹介

「輸入ビジネスはどう始めればいいのだろう?」という悩みを持っていませんか。輸入ビジネスに興味を持ったのは良いものの、始め方がわからない人もいるはずです。

また、実際に利益を出すために、理解しておくべきことを知りたい人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、初心者が輸入ビジネスを始めるために知っておくべきことを詳しく解説していきます。

輸入ビジネスを始める前に知っておくべきこと4選

輸入ビジネスを始める前に知っておくべき一番大切なことは、「商品の需要があるかどうか」をしっかりとリサーチすることです。思い込みだけで商品を仕入れたところで、お客様に需要がないものは決して売れません。この部分をおろそかにすると、不良在庫を山のように抱えることになるでしょう。

輸入ビジネスを始める目的は、利益や金銭的な余裕を手に入れるためです。利益を求めるのであれば、商品の需要とお客様のニーズをしっかりとリサーチしてください。ここでは、リサーチと合わせて知っておくべき以下の4つの事柄を解説していきます。

・人はベネフィットを求めて商品を購入する
・悩みを解決できる商品には大きな需要がある
・輸入ビジネスで取り扱うべき商品の条件
・「需要の高い商品」を見つけるには?

上記の4つは、輸入ビジネスにとって重要な基礎知識となっています。しっかりと読み込むことで、輸入ビジネスの基礎を身につけられるでしょう。

人はベネフィットを求めて商品を購入する

人は、「ベネフィット」を求めて商品を購入します。ベネフィット(benefit)とは利益や恩恵のことで、商品を手に入れることで得られる利益があるからこそ、人はモノを購入します。

ベネフィットの中には、「生活を豊かにするもの」や「趣味の時間を楽しめるもの」などが含まれます。たとえば、家電や本などの人生を豊かにできる商品のことです。

それ以外にも「悩みの解決に役立つもの」を求めて商品を購入する人も多くいます。薄毛の悩みや体型の悩みなど、あまり人に言えない悩みを解消するために商品を求める人もいるわけです。

輸入ビジネスを始めるのであれば、商品のベネフィットに注目しなければいけません。商品がどのような恩恵を持っていて、どのような人に需要があるのかをリサーチしてみましょう。

そして、今のあなたは「輸入品だから売れないだろう」と考えていませんか。実はその考え方だと、これから大きなチャンスを逃すことになります。

人は商品を購入する際に「海外からの輸入品」か「日本で作られた国産品」かで選んでいません。何度も言うようですが、人が商品を選ぶ際に考えるのはベネフィットの部分です。

悩みを解決できる商品には大きな需要がある

「悩みを解決できる商品」には、大きな需要があります。薄毛やダイエットに関する商品が良い例です。育毛シャンプーやダイエットサプリはかなり昔からあるはずなのに、新商品がどんどん出てきます。

さまざまなメーカーがこぞって商品を開発して販売していれば、薄毛の悩みも消えるはずです。しかし、実際のところこれらの市場は年々、拡大し続けています。これで、薄毛やダイエットは「深い悩み」を抱えている人が、解決策となる商品を求めているジャンルだとわかります。

輸入ビジネスにおいても、人が持つ「深い悩み」を解決できるジャンルを探すことで、大きな成功を手に入れることができるでしょう。しっかりとリサーチを行うことであなただけのジャンルを開拓できるかもしれません。

反対に、趣味や娯楽など「浅い悩み」のジャンルでは、大きな利益を上げることは難しいです。たとえ一時的に稼げても、長続きさせることは難しいです。なぜなら、これらの商品は重要度が低く、最悪の場合は「なくても問題ない」と判断されるからです。

輸入ビジネスで大きな利益を上げたいのであれば、「悩みが深いジャンル」を開拓してください。そうすることで大きな利益を上げられ、長くビジネスを続けられるようになります。

輸入ビジネスで取り扱うべき商品の条件

輸入ビジネスで成功するためには、「悩みが深い」商品を取り扱うべきだと解説しました。それ以外にも、取り扱うべき商品の条件が存在します。輸入ビジネスで取り扱うべき商品の条件は、以下の通りです。

・リピート性がある商品
・業務用に使われている商品
・排他的な業界が使っている商品

上記3つの条件にあう商品を取り扱うと、ビジネスの利益を上げることも可能です。では、これらの条件について詳しく解説していきます。

一つ目の「リピート性がある商品」ですが、ティッシュなどの消耗品や食べ物などです。消耗品や食料はなくなれば買い足さなければいけません。

つまり一定の需要があるこれらの商品を取り扱うことで、安定的な利益を上げることも可能です。高価格で売れにくい商品よりも、リピート性のある商品のほうが利益を上げられることもあります。

二つ目の「業務用に使われている商品」ですが、一般家庭向けと企業向けで取り扱い方が異なります。一般家庭では、業務用で安く大量に仕入れられる商品が好まれるでしょう。

企業向けの場合だと、業務に使うための商品が好まれます。利益につながるとわかれば、たとえ高価な商品でも飛ぶように売れることもあります。

三つ目の「排他的な業界が使っている商品」ですが、昔からある慣習で高い価格層が使われている流通網があります。たとえば資材や部品などです。こういった独自の流通網がある業界の商品を取り扱うことも、利益を上げるポイントとなります。

「需要の高い商品」を見つけるには?

ここまで需要が高い商品、取り扱うべき商品の条件について解説してきました。では、需要が高く利益が出せそうな商品は、どこで見つければいいのでしょうか。

商品を見つける方法はいくつかありすが、ここでは初心者でも簡単に需要の高い商品を見つけられる、以下の2つのショッピングサイトを紹介します。

・Amazon業務用ストア
・MonotaRO(モノタロウ)

Amazon業務用ストアは名前の通り、業務用の商品を専門的に取り扱っているストアのことです。食品や事務用品からカー用品まで、幅広い商品を販売しています。

売れ筋の商品を見つけることもできますが、ここでは商品のレビューをリサーチを重点的に行いましょう。商品のレビューは、実際に使ったユーザーが「良いところ」と「悪いところ」を詳しく書いていることがあります。

また、どのような使い方をしているのかを知ることもできます。このように、ユーザー視点での評価や、商品の使い方を知ることができるのです。

しっかりとユーザー目線で背景を探ることで、どのような商品を輸入すればいいのかわかります。不良在庫を抱えるリスクを減少させ、輸入ビジネスが失敗するリスクも低減させることができるでしょう。

参考:Amazon業務用ストア

MonotaRO(モノタロウ)は、主に工具や現場で使う消耗品などを取り扱っているショッピングサイトです。MonotaROも、商品ごとにユーザーのレビューが掲載されています。

Amazonと同じく、評価を鵜呑みにして輸入品を決めてはいけません。ユーザーのレビューを見て、商品の需要やメリットなどをしっかりリサーチしましょう。

リサーチ時には、「どのような人が使うのか」や「どうして購入するのか」も想像してください。そうすることで、よりユーザーにとってメリットのある商品を見つけることができるようになります。

このように、使う人の側に立つことで輸入ビジネスで利益を上げられる商品を見つけることが可能です。自分の頭で考えるのではなく、ユーザーに寄り添う形でリサーチすることを意識してください。

参考:MonotaRO(モノタロウ)

個人輸入ビジネスの最大のメリット

個人輸入ビジネスのメリットは、以下の3つです。

・クレジットカードがあれば小資金でも始められる
・集客が不要で利益の出るスピードが早い
・すべての工程をインターネット上で完結できる

これら3つのメリットについて、詳しく解説していきます。

クレジットカードがあれば小資金でも始められる

個人輸入ビジネスは、クレジットカードがあれば小資金でも始められます。なぜなら、仕入額の支払いを後日に回せるからです。クレジットカードの請求日までに商品を売り、利益を上げれば資金を回収することが可能になります。

もちろん資金は多いに越したことはありませんが、株式投資や不動産投資、飲食店の経営などと比べると圧倒的に少ない資金でビジネスを始めることができます。

たとえば、株式投資を始めようと思ったら最低でも数十万円は必要です。もし飲食店を始めることになれば、資金は数百万円まで必要になるでしょう。

しかし、個人輸入ビジネスならば数万円〜10万円ほどの資金があれば始めることができます。クレジットカードを使えば、資金ゼロでもビジネスを始めることが可能になるのです。

圧倒的に少ない資産で始められるのが、個人輸入ビジネスの最大のメリットと言えるでしょう。

集客が不要で利益の出るスピードが早い

個人輸入ビジネスは、基本的に集客の必要がありません。なぜなら、「Amazon」や「ヤフオク」などの既存のプラットフォームを活用するからです。

すでにたくさんのユーザーに認知されているプラットフォームを活用することで、ゼロから集客する必要が無くなります。それどころか、24時間、年中無休で商品が売れる可能性があり、安定した収益を上げることも可能です。

また、個人輸入ビジネスは、利益が出るスピードが速いのもメリットの一つです。有名なプラットフォームで商品を販売するため、よほどの問題がある商品以外はすぐに売りさばくことができます。

これが輸入ビジネスではなく、ブログで稼ぐとなると利益が出るまで途方も無い時間がかかります。さらに、時間をかけて作り上げたブログでも、商品がまったく売れないリスクも多々あります。

最初から売れる確率が高い商品を選び、販売力のあるサイトを活用するからこそ、個人輸入ビジネスは即金性を高く保てるわけです。

すべての工程をインターネット上で完結できる

個人輸入ビジネスは、すべての工程をインターネット上で完結することができます。仕入れに関しても海外ではなく日本国内で行え、在庫を抱えるとしても少ないスペースで事足りることがほとんどです。

もし在庫を抱えられるスペースがないとしても、在庫を持たずにビジネスを行う方法もあります。Amazonで販売するなら「FBA」というサービスを使えば、Amazonで商品の保管や発送を行ってくれます。

メルカリで販売する商品でも、Amazonの「マルチチャネルサービス」を使えば商品を保管することができます。管理だけではなく発送も行ってくれるので、在庫を抱える手間を減らすこともできるのです。

このように、個人輸入ビジネスはすべての工程をインターネットで完結できます。インターネット環境と端末さえあれば、どこにいてもビジネスをすることが可能です。もちろん完全在宅でも個人輸入ビジネスをすることができます。

輸入ビジネスで稼ぐためのコツ

個人輸入で稼ぐために、知っておくべきコツをご紹介します。

・仕入れはオンライン上で行う
・商品の配送期間を確認することで未然にトラブルを防げる
・商品の販売はECサイトを活用する
・ライバルがいない商品を見つける

これらの4点について、詳しく解説していきます。

仕入れはネット上で行う

輸入ビジネスの仕入れは、基本的にAmazonやeBayといったネットショップで行います。仕入れをネット上で完結させることには、大きなメリットがあります

そのメリットとは、「使える時間が増える」ことです。インターネットを活用することで、実店舗に足を運んだり海外に足を運んだりしなくても商品の仕入れができます。

あいた時間を使って、需要の高い他の商品をリサーチできます。輸入した商品を売れやすくする工夫のために時間を使うことも可能です。

ちなみに、海外のネットショップは日本への直接配送に対応していないケースが少なくありません。その際は、転送サービスを提供している輸入代行業者を使って、商品を日本へ送ってもらうようにしてください。

商品の配送期間を確認することで未然にトラブルを防げる

商品の配送期間を確認することで、未然にトラブルを防ぐことができます。海外から商品を購入しても、日本へ届けるためにはある程度の日数が必要です。

EMSやFedExなどの国際エクスプレス便であれば、海外から日本へ約1〜2週間ほどで配送してくれます。

しかし、エクスプレス便以外だと1ヶ月の配送期間がかかることもあります。さらには、商品の在庫がゼロの場合は、2ヶ月〜3ヶ月待たされるケースもあります。

配送期間がどれくらいかかるのか、また在庫があるのかを確認せずに商品を購入してしまうと、手元に届くまでに予想以上に日数がかかる可能性があります。

また、これまで使っていたネットショップの配送方法は国際エクスプレス便だったのに、より時間のかかる通常配達に切り替わることも考えられます。

商品がなかなか届かず、販売することもできない状況では利益も上げられません。このようなことにならないためにも、商品の配送期間をしっかりと確認するようにしましょう。

商品の販売はショッピングモールを活用する

商品の販売は、Amazonや楽天などのショッピングモールを活用しましょう。集客の必要がなく、出品すれば売れやすい即金性の高さが魅力的です。

輸入ビジネス初心者の方であれば、Amazonを使うことがオススメです。しばらく、Amazonや他のショッピングモールで商品を販売して、ビジネスに慣れていく必要があります。

ある程度の知識や経験が積み重なった後は、自社でECサイトを立ち上げることも視野に入れると良いでしょう。

ライバルがいない商品を見つける

輸入ビジネスで稼ぐためには、「ライバルがいない商品を見つける」ことが重要です。ニッチなジャンルや、他の人が思いつかないようなジャンルの商品を見つけられると、大きな利益を上げることも可能です。

反対に、誰でも思いつくようなジャンルの商品だと、価格競争に耐えられる資金を持っている人が有利になります。初心者の場合はライバルがいない、ライバルが少ない商品を見つけてください。

輸入ビジネスでつまずきやすい4つのポイント

輸入ビジネスでつまずきやすいポイントは、以下の4点です。

・販売者とのコミュニケーション
・手持ちの資金が不足してしまう
・集客や販売に関する悩み
・無駄なことに時間を使いすぎる

次の段落から、これらの4点について詳しく解説していきます。

販売者とのコミュニケーション

販売者とのコミュニケーションは、つまずきやすいポイントです。輸入ビジネスなので、海外で使われている言語を理解する必要があります

たとえば、商品の値段を聞くときや、値段の交渉をする際に、コミュニケーションができなければ取引をすることは不可能です。基本的には英語が使われることが多いので、簡単なビジネス英語の「グロービッシュ」を習得することをオススメします

どうしても英語が苦手な人の場合は、Google翻訳を使ったり、輸入代行業者を使って仕入れをすると良いでしょう。

手持ちの資金が不足してしまう

手持ちの資金が不足してしまうのも、輸入ビジネスでつまずきやすいポイントです。リサーチして商品を購入したものの、思うように売れず利益が長続きしないという人は少なくありません。

資金不足を防ぎ、利益を長続きさせるためには、「テスト輸入」や「テスト販売」をする必要があります。リサーチして利益が出ると確信できる商品でも、実際に輸入や販売をしてみなければわからない部分があります。

初めは少ロットで商品の輸入・販売テストをして、手応えを感じたら大ロットで商品の輸入・販売を行うのがオススメです。そうすることで、初めから大きな資金を使わなくて済みます。

集客や販売に関する悩み

輸入ビジネス初心者であれば、Amazonやメルカリなど既存のプラットフォームで商品を販売するのがオススメです。少しずつ、実績や評価を積み重ねていきましょう。

しかし、ネットショップを立ち上げたい、もっと大きな利益を上げたいと思っているのなら話は別です。そのような人はネットショップを無料で作成できる「BASE(ベイス)」というサービスを使いましょう。

BASEなら集客に悩む必要はほぼありませんし、ネットショップを始めるコストがかからないのも大きなメリットです。ここでも実績を積み重ねて、将来的には「BtoB」のビジネスに移行するのがオススメです。

参考:無料ショップ開設なら【BASE】

無駄なことに時間を使いすぎる

無駄な時間を使いすぎるのも、輸入ビジネスでつまずきやすいポイントです。無駄な時間とは、大きく分けて以下の2つのことを指します。

・ビジネスをやる時間はあるけど理由をつけてやらない
・ビジネスを取り組んでいるけど、無駄な部分に時間をかけている

一つ目のケースだと、あなた自身の考え方を変える必要があるでしょう。やらない理由を探して時間を無駄にするよりは、ビジネスを経験した方がいいです。

二つ目のケースは、真剣に取り組んでいるけれど時間の使い方を間違っている人のことです。細かい作業に時間をかけすぎて、リサーチや戦略など重要な部分にまで手を回すことができていない人が多くいます。

輸入ビジネスには、どうしても梱包や発送などの細かい作業が必要になります。それをすべて自分で行っていてはキリがありませんので、人に任せるなどして自分の時間を捻出するようにしましょう。

【初心者向け】Amazon輸入ビジネスの始め方を徹底解説

初心者がAmazon輸入ビジネスを始める際は、以下の手順を参考にしてください。

・輸入ビジネスを始めるためのマインドセット
・輸入ビジネスを始めるために必要な登録
・知っておくべき法律
・ビジネスの収支管理
・クレジットカードの用意

これらの手順を、詳しく解説していきます。

輸入ビジネスを始めるためのマインドセット

Amazon輸入ビジネスを始めるにあたって、必要なマインドセット(心構え)が必要になります。以下の心構えを知っておくと、ビジネスでつまずく可能性をぐんと低くすることもできるでしょう。

・稼ぐためには努力する必要がある
・失敗やトラブル、赤字になることもある
・常に分析を行いデータを集める必要がある
・利益を出すためには一定以上の時間が必要
・輸入ビジネスはどうしても資金力が必要
・収支の管理をしっかりと行う必要がある
・Amazonの規約は常に更新されていく

インターネット上で見かける広告には「輸入ビジネスは楽に稼げる!」や「リスクゼロで億万長者になれる!」といった魅力的な文言が書かれています。

しかし、実際のところは楽に稼げるのではなく、努力する必要があります。また、赤字を出したり、失敗やトラブルが起きるリスクも存在しています。

あくまでもビジネスなので、損をすることもあるでしょう。ただ、上記の心構えを持ちつつ、しっかりとリサーチや準備をすればリスクを最小限に抑えることも可能です。

輸入ビジネスを始めるために必要な登録

Amazon輸入ビジネスを始めるために、必要な登録は以下の通りです。

・米Amazonのアカウント登録
・Amazon出品者登録
・転送会社(MyUS)
・PayPal

まず、上記の4つを登録しておきましょう。米国Amazonで買い物をするためには、新しくアカウントを作る必要があります。日本のアカウントでは米国版Amazonを利用できないので、注意が必要です。

また、米Amazonでも日本への直接配送に対応していない商品があります。そのときは、転送会社を使って日本へ配送してもらいましょう。オススメの転送会社は「MyUS」です。

PayPalアカウントには3つの種類があります。はじめのうちは「パーソナル」でもかまいませんが、取引金額が多くなってくると「プレミア」や「ビジネス」アカウントへの移行も考えるべきです。

知っておくべき法律

Amazon輸入ビジネスを始める人が、知っておくべき法律があります。

・商標権
・意匠権
・薬機法
・電波法
・食品衛生法
・ワシントン条約

最低でもこれらの法律や条約は、頭に入れておきましょう。特に、知的財産権を侵害している商品の取り扱いには気をつけてください。Amazonのアカウントを削除されたケースも、存在しています。

また、輸入禁止品についても理解しておきましょう。取り扱う商品が増えれば知っておくべき法律の幅も広がるので、定期的にリサーチしておくことが重要です。

ビジネスの収支管理

ビジネスの収支管理をしなければ、利益を出し続けることは難しいでしょう。しっかりとデータに残して数字を把握することで、失敗するリスクを低減させることができます。

Amazon輸入ビジネスの収支管理には最低でも以下の2つが必要です。

・損益計算書
・キャッシュフロー計算書

上記の2つに合わせて、「貸借対照表」と「仕入計算表」があれば収支管理は完ぺきです。なんども言うようですが、収支を管理できない人はビジネスで成功することは不可能です。必ず収支管理を行うようにしましょう。

クレジットカードの用意

Amazon輸入ビジネスをするためには、クレジットカードが必要です。しかし、クレジットカードはどれを選べばいいのか迷う人もいるのではないでしょうか。

輸入ビジネスで利用するクレジットカードの選び方は以下を参考にしてください。

・カードの限度額
・支払い期日
・どのブランドのカードなのか

はじめのうちは、手元にあるクレジットカードを使っても良いでしょう。慣れてきたらいくつかクレジットカードを使ってみて、自分に合ったものを探してみてください。

まとめ

今回は、輸入ビジネスの始め方について解説していきました。記事内で解説した「輸入ビジネスを始める前に知っておくべきこと」や「稼ぐためのコツ」をしっかりと理解できれば、利益を上げ続けることも夢ではありません。

また、ベネフィットのある商品や悩みの深い人に向けた商品を取り扱うことで、さらに利益を拡大することも可能でしょう。購入者の気持ちになってリサーチすることで、思わぬ掘り出しのも商品を見るける可能性もあります。

怪しい言葉に惑わされず、計画性を持って臨めば輸入ビジネスで成功することも可能です。ぜひ本記事を参考に、輸入ビジネスを始めてみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。