物販

【個人で起業!】輸入業で稼ぐために重要なポイント

輸入業での起業を考えたとき「どんなことを知っておくべき?」「資金はいくらぐらい必要?」「仕入れで注意すべき点は?」など、疑問が湧いてきて何から始めればよいか迷います。

輸入業には言葉の壁があることや、普段馴染みのない外貨や輸入に関する国内法などが絡んできます。知らないうちに損したり、トラブルに巻き込まれることがないよう「輸入業を始める前に知っておくべきこと」をわかりやすく解説します。

この記事を読めば、輸入ビジネスを成功させるために必要な知識や費用について知ることができ、起業への一歩を踏み出すことができます。

輸入業の起業を挫折する4つの理由

EC市場が年々拡大している中、少ない資金で始められる輸入ビジネスで起業する人や副業で輸入販売する人も増えてきました。

「輸入業は儲かる」という声がある中で失敗事例も少なくありません。どんな障壁が予想されるのかを把握しておくことで事前に備えることができるという目的で、「輸入業を始めるにあたってつまずきやすいポイント」を紹介します。

輸入業に必要な英語

輸入業では仕入れ先が海外の製造元や卸問屋なので、ビジネス上のコミュニケーションをとるために英語が使われます。

輸入ビジネスに使う英語は日常会話と違ってハイレベルを要求されるのではないか?と思われるかもしれませんが、最初から流暢に話せなくても輸入業を始めることはできます

自ら海外へ買い付けに行く際には英語力は必要になってきますが、初心者が現地に直接交渉に行っても相手にされないことが多いので、輸入業はネット仕入れで始めることをオススメします。ネットの卸サイトで仕入れる場合は「Google翻訳」などの翻訳サイトを使えば仕入れが可能です。

とはいえ、仕入れ先の国の通貨が日本円でいくらくらいなのかを知っておけば、大幅な金額の相違も防げますし、ネット輸入で稼げるようになり現地仕入れに乗り出す際には、英語は重要になってきます。

言語がわからないことでトラブルに巻き込まれないためにも、貿易でよく使われる単語やフレーズから習得していきましょう。

起業するための資金

例えば、実店舗を構えてお店を出す際の起業資金300~500万円程度の起業資金が必要ですが、輸入業では、仕入れ代が起業資金となります。5万円、10万円からでも輸入業をスタートすることは可能ですが、輸入業は投資した分で利益を増やすビジネスの為、元手が少額だと稼ぎも少額になります。

輸入ビジネスを本業で始める際には、利益の中から生活費を捻出するというハードルを越える必要があるので生活費を15万円と想定する場合は、売上から仕入れや送料などを引いた利益総額が15万円以上にならなければ、事業は成長して行きません。おおよその利益率は、欧米で20%・中国で30%なので、仮に中国で50万円仕入れた時の利益は15万円となります。これを目安に、本業で輸入業を始める時に必要な資金は最低でも50~70万円と計算できます。

準備のための時間

輸入業を始めるには「輸入規則」「関税」「輸入原価」などを理解することが必要です。そのため、現在の生活の中で輸入業の準備にかける時間を確保する必要があります。サラリーマンや主婦・学生など、日々の仕事をこなした上で勉強と準備に時間を割ける人が成功への道を歩むことができます。

1日に費やせる時間は人それぞれですが、2~5時間コツコツと進めていくことで確実に進めていきましょう。この記事で輸入業をする際に知っておくべきことを把握すれば、効率よくリサーチすることができます。

輸入販売に必要なスキル

輸入ビジネスの起業では、「貿易スキル」のほか、販売業で必要な「コミュニケーション」「商品リサーチ」「集客」「販売」「管理」「マーケティング」などのスキルが必要です。

1人で全てを担うのは大変ですが、一通りの仕組みは理解する必要があります。比較的運営が楽なモール型ショッピングサイトやECプラットフォームに出店したり、便利なリサーチツールを利用して自分が担うべき作業を絞り込んでスキルアップしていきましょう。

会社の稼ぎが増えてくれば、外注したり人を雇用して役割分担することが可能になり、その際には新たに「マネジメントスキル」を求められます。

輸入業を法人化するメリット・デメリット

個人でビジネスをすることが可能な輸入業ですが、事業が大きくなってきたら法人化した方がよいでしょう。法人化は、利益300万円以上が必要といわれています。

法人化するメリットとして挙げられるのは、会社の社会的信用が上がることと、法人税が一律な点です。「法人」と「個人」では、取引先からみた会社の印象が変わります。法人としか取引しないという企業との取引の可能性が開けることや、融資を頼みたい金融機関の信用も上がります。

また、税金面でも「個人」は事業の売上に対して累進課税(5~45%)で所得税が増えますが、「法人」は一律の法人税が課せられます。今後売上を増やして事業を拡大していきたい場合は法人化したほうが税金面で得を取れます。

その他、事業主の給与所得控除や事業主とその家族も社会保険に加入できること、退職金を支給した際に適正額まで会社の損金にすることができることなどがメリットです。

一方デメリットは、法人化するときに必要な資本金や登記といった手続きが面倒なことと、個人事業であればビジネスに関係する交際費の全額を経費にすることができたのですが、法人は50%のみとなっています。ちなみに資本金が1億円以下の会社800万円までは全額経費にできます。

法人対象の補助金が受けられる可能性がある

輸入業を法人化すれば、信頼性が高まり税金面でもメリットが大きいですが、海外進出の名目で活用できる補助金があるのを知っていますか?

日本政府は経済の活性化として日本企業の海外進出を促進していて、経済産業省や厚生労働省が実地している補助金があります。

その他にも、市区町村が実地している補助金や助成金、大手企業や金融機関、財団が独自で行っているものもあるので、自分の海外ビジネスにマッチする補助金を探せば、その資金が輸入業の追い風になります。

補助金によりますが、新規事業応援などでなければ事業実績を問われたり、法人対象の場合があります。

通関業者に取り合ってもらえる

通関業者とは輸入輸出の通関を代理する会社のことで、そのほとんどが法人です。初めて輸入をする際は必ず通関業者に委任状を提出し、輸入業務を代理してもらわなければなりません。しかし、通関業者やフォワーダーや船会社などの閉鎖性は高く、通関業者が経営リスクを下げる為に新規の荷主に求める条件を厳しくしていて、個人事業主の依頼を拒否する傾向があります。

通関業者にとって個人事業主は、申請していないものを持ち込んだり、通関業者が立て替えた関税の支払いトラブルの過去が原因で印象が悪くなっています。もちろん、個人事業主にもしっかりルールを守れる人はいますが、通関業者とのスムーズなやり取りを行うためには「法人格」の信頼性を利用するのが好都合といえるでしょう。

法人化にかかる費用

法人化は、個人から法人へ名義変更の手続きです。会社名・事業内容・所在地・株式の譲渡制限を決めたり、役員の人数・任期、資本金を決めます。登記に必要な書類の作成や定款の作成は素人ではかなり時間がかかるので、難しい場合は司法書士に依頼した方が抜けがなく安心です。

定款の認証に関する費用は10万円程で、登記にかかる費用(登録免許税)は資本金の1000分の7(ただし、この計算額が株式会社で15万円未満の場合は15万円、合同会社で6万円未満の場合は6万円)となります。

会社運営に必要な「税理士」

ある程度の大きさの輸入業を行う会社を運営するには、貿易専門の税理士を選ぶことをオススメします。なぜなら、輸入業は国際会計基準や言語スキルを要する専門性が高い分野であり、輸入業の複雑な税務を正確に効率よく進めるにはスキルを要します。

有能な税理士は損益計算書や貸借対照表など処理をしてくれるだけでなく、会社の強い味方となって支えてくれる存在です。会計はソフトをつかえば自力でできないこともないですが、節税対策や融資を受ける際に税理士の存在が有利に働くことがあります。「税理士ドットコム」などで条件に合う税理士を探すことができます。

税理士選びの条件

初めての税理士選びは、何を基準に決めればよいか分からないことが多いかと思われますが、輸入ビジネスに適した税理士にはいくつか条件があります。

1つ目の条件は、先ほども述べたように、専門性の強い貿易に関して知識があることです。2つ目は、ネットビジネスにも精通していること。3つ目は、ベンチャー企業のクライアントを担当した経験がある税理士です。

費用は税理士にお任せする業務によって変わりますし、1年間は安くて2年目以降は売上次第で税理士費用が上がるというシステムを採用している税理士事務所もあります。費用を節約したいなら15,000円程度でも可能です。

税理士の人柄は、わかりやすく丁寧な説明ができる人や、会社の親身になって有効な節税方法を考えてくれる人、対応が早い人を選びましょう。

輸入ビジネスで重要な販売戦略

輸入業で売上げを作る上で最も重要なことは「商品を売るために何をするか」です。ただ何となく稼ぐのではなく、目標を立て実行します。

輸入業で売上げを伸ばすには、販売の流れを設計することが重要になってきます。製造元からお客さんまでの商品ルートを開拓し、スムーズに供給が行われるようにするにはどうすればよいか具体的に考えていきましょう。

事業の「目標」を明確にする

「輸入業で起業をする」という漠然とした目標を具体化するには、自分がどの規模の事業拡大を目標にするかを決定しましょう。例えば、規模は小さくても副業程度に続けていくのか、本業としてとりあえず1000万円を目標にやるのかではやり方が変わってきます。目標から逆算して何をいつまでにやるべきなのかを計画しましょう。

副業でやるなら、Amazonで買ってメルカリで売るといったような転売の形で、なるべく手間がかからないことを重視すべきです。しかし、大きな事業に育てるなら、AmazonやYahoo!などでの転売ビジネスから始めながら、独占販売やOEMを狙っていくことや現地買い付けができるスキルを身に付けることも視野に入れるべきです。資金集めの方法や法人化の見通しを立てる必要もあります。

このように、ゴールが違えば起業をスタートする時点から変わってきます。さらに目標をいつまでに達成するかによって、1日に取り組む作業が決まってきます。

需要と供給

ビジネスの基本は、需要と供給にあります。輸入業では、国内にある需要に対してまだ供給されていない、あるいは供給が足りていない商品やサービスを見つけて海外から仕入れお客さんに販売します。例えば、海外で流行っているけど日本にまだ上陸していないものを輸入したり、海外で安く仕入れた商品を自社ブランド化して販売する方法があります。

販売するためには、「誰が」「いつ」「どのようなものを求めているか」を明確にする必要があります。その需要は、自分の仕事や経験に基づくものから考え出されるものが良いでしょう。そして、それを適切な場所とタイミングで提供することです。

広告宣伝

取り扱う商品が決まったら、広告宣伝を出して商品のプロモーションを行います。

インターネットを使った広告では、Googleの検索結果のページに掲載する「リスティング広告」や、一度ショップページに訪れたユーザーを追尾して広告を表示する「ディスプレイ広告」といった他、「バナー広告」「Youtubeの動画広告」などがあります。

他にも、Googleショッピングに画像で商品を掲載する方法やフェイスブック広告、Instagramのショッピング機能など、発信するツールはたくさんあります。

インターネット広告は、クリックされた回数で支払う料金が決まります。月に何回までとクリックの回数を決めることができるので、まずはいろんな場所で広告を出してみてアクセスが集まりやすい媒体を見つけましょう。

「アフィリエイト広告」や商品に関連する記事を書く「コンテンツの作成」も商品を宣伝する方法です。

業務の効率化

ネットショップオーナーでも、一人ですべての業務を行うことは難しいのですが、輸入業となるとさらに業務が多岐に渡ります。売上が少ないうちは一人でも何とかできますが売り上げが上がり、採算が取れるようになれば、業務を外注することも視野に入れましょう。

在庫管理やピンキングなどは梱包・配送業務は外注業者がありますし、マーケティングには便利なツールを導入する手があります。輸入事務や英語や中国語を話せるスタッフを雇えば、電話でのコミュニケーションにも対応できるようになります。さらに、ECサイトの作成や、SEO対策・コンテンツ作りを依頼したいときはWeb制作に必要なプログラマーやライターを「クラウドワークス」や「ココナラ」などの仕事マッチングサービスで探せば、会社に雇用せずに仕事を依頼することもできます。

参考:クラウドワークス

参考:ココナラ

規模拡大と分業制

輸入ビジネスは貿易に関する法律や、関税のことなど知っておきべきことがたくさんあります。さらに事業の規模が拡大すれば、出店先のモールやECプラットフォームの規約を把握しておく必要もあるのです。そのため、自分一人で運営するには限界があります。

ある程度、輸入ビジネスが軌道に乗りってきたら外注化を考えましょう。そうすれば、自分が働かなくても利益を生み出すことが可能です。外注を決める際の条件は、自分がその作業の重要なポイントを理解した上での外注を依頼することです。

輸入ビジネスはほぼすべての作業を外注化できます。仕入れ、納品、カスタマーサポートはもちろん、リサーチやマーケティングも可能ですが、事業の要となる部分のパートナー選びは慎重に決めましょう。

輸入ビジネスにおける仕入れの方法

輸入ビジネスの仕入れには、市場のリサーチが欠かせません。国内の市場で需要をキャッチしたら、今度は、海外で商品を探します。

しかも、その商品はただ売れるものではなく「仕入れ値」「売値」「利益率」が適正か、「競合はどのくらいいるか」「ブランディングできる商品か」など総合的に検討します。売れるもの独占販売権やOEMが可能かも気になりますが、「仕入れてはいけない品物」に注意が必要です。

輸入禁止品と輸入規制品

関税法により輸入が禁止されている貨物があります。「輸入禁止品」は、麻薬や児童ポルノなど明らかに犯罪とわかるもののほか、特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権・著作隣接権・育成者権を侵害する物品が禁止されています。

気を付けたいのは「輸入規制品」で、「ワシントン条約」で絶滅のおそれのある野生動物や植物の輸入は禁止されています。「食品衛生法」は食器や6歳未満が対象のおもちゃなど口に入るおそれがあるものが禁止となっているほか、「銃砲刀剣類所持等取締法」では、日本国内の基準を超えるものは空気銃であっても輸入できません。他にも、「薬事法」では医薬部外品や化粧品に規制がかかっており、さらに「植物防疫法」によるものなど、品物によって輸入の可否が細かく決まっています。

中国で仕入れる際に特に気を付けるべき商品は、ブランド物のコピー商品や模造品です。何も知らずに輸入してしまったとしても、税関で破棄されれば大きな損失になりうるので注意しましょう。輸入してはいけない品物があることは、輸入する際の常識と心得て責任を持って仕入れましょう。

現地買い付けの方法

現地買い付けはネットでの仕入れより言語や費用の面で難易度が高いですが、実際に現地に足を運ぶことで得られるメリットもあります。それは、オンラインでは買い付けできない限定品や、国内で完売した人気商品など入手困難なアイテムの買い付けができることや、仕入れ先の在庫が無くなってキャンセルされる可能性が低いことです。

主にオンラインで買い付けしているバイヤーたちとの差別化ができるので、価格競争に巻き込まれないで利益率を上げて販売することが可能です。また、現地の直営店スタッフと直接会うことで信頼関係を築き「独占販売権」や「OEM」の交渉がしやすくなります

現地買い付けのやり方は、現地の「展示会場」へ行き、製造メーカーと直接話すことです。「見本市」で探せば、日本よりも安く仕入れられる商品や日本では目新しい商品を知ることもできます。製造メーカーの商品にかける思いを知って、「ぜひ日本で紹介したい!」と思える商品が見つかるかもしれません。

ネット仕入れの方法

オンラインの卸サイトからの仕入れのメリットは、スピードです。ネットショップでは仕入れから販売までの時間を短縮することが重要です。

例えば、冬物の衣服を仕入れても、関税手続きが長期化して販売できるのが春先になってしまったらその商品は売れません。ネットショップでは旬の商品をスピーディに仕入れることができます。

オンラインの卸元で有名なサイトを紹介します。

Alibaba】 中国の大規模なBtoB取引のプラットフォームです。

Aliexpress】 中国の卸売サイトで商社が販売していることが多いです。

ebay】 世界中の商品がみつかるアメリカの仕入れサイトです。

Amazon】 アメリカのAmazonで仕入れ国内での販売ができます。

オンライン仕入れの注意点は、商品が不良品やニセモノである可能性を踏まえて新しく取り扱う商品を最初から大量発注しないことです。輸入禁止品は税関で没収されたり、商品が手元に届いたころには返品期間の購入日から7日間という条件の期日を過ぎていて返品対応してもらえないこともあるので気を付けましょう。

輸入業初心者が扱いやすい商品

輸入業のネットショップ販売には扱いやすい商品というものがあります。海外から輸入することを考慮して扱う商品の条件を考えていきましょう。

まず、輸入には関税や国際配送料がかかるのでコストを抑えるなら、商品は「小さいもの」「軽いもの」が好ましいでしょう。また、「壊れやすいもの」は配送に不向きです。返品交換の手間を増やさないために「故障の可能性が低いもの」を選ぶのも良いでしょう。

次に、輸入禁止品や輸入規制品に当たらないものという点で「ノーブランド」の商品、価格競争を避けるなら「定番商品じゃない」ことも条件に入れましょう。

さらに、仕入れ値が安くて利益率が高いものが理想です。

初心者が取り扱いやすい品物は、みんなが扱いたい商品でもあります。この基本条件をベースに、差別化を図る要素を探ることをオススメします。

商品リサーチの方法

売れる商品を探すには需要がある商品を探せばよいのですが、世間のニーズを捉えるには、どんなことにアンテナを張っておく必要があるのかを解説します。

例えば、有名人やインフルエンサーと呼ばれるファンの多い人が愛用している商品や、メディアで紹介された商品は話題性があって売れやすいと考えられます。また、海外で人気の通販商品海外のドラマで注目された商品は、売れる可能性が高い上に国内のライバルが少ないです。

そのほか、日本に上陸していないブランドや撤退したブランドの商品も流行を先取りできる可能性があります。また、流行が終わった商品は売れる要素が詰まっています。さらに、人気が高いECサイトが販売している商品や評価が高い出品者が扱っている商品を真似て売っていくのも1つのリサーチ方法です。

商品を販売する方法

取り扱う商品が決まれば、その商品を販売しましょう。販売形態は大きく分けると、実店舗で販売する方法オンラインで販売する方法がありますが、実店舗で開業するには300~500万円はかかります。輸入業で起業するなら、店舗にかける費用があるなら仕入れで使った方が利益を上げられることから、オンラインのネットショップでの販売がオススメです。

オンラインの出店場所は、独自ECサイトやショッピングモール型ECサイト、ECプラットフォームサービスなど様々な形態があります。出店は1つのサイトだけでなく複数出店することができます。そこで、具体的に出店可能なECサイトを紹介していきます。

輸入業に適した出店サイト

輸入業の出品に適した販売サイトは、モール型ショッピングサイトと呼ばれる「Amazon」「Yahoo!ショッピング」「楽天市場」などでの販売です。その理由は、大手モールの知名度と集客力があるからです。ただし、利用するサービスごとに定められている利用規約があり、違反すればアカウント削除となることもあるので出店する前にしっかり目を通しておきましょう。

独自ドメインのネットショップは、自由度が高くモール型のようにサービス提供元の都合でショップの運営が左右されることはありませんが、自力で集客する必要があり結果を出すには時間がかかるので、起業し始めの販売には不向きです。

結果的には、モールで販売を始めながら独自ドメインのネットショップを育てることが、事業規模を拡大するのに適しているといえます。独自ECサイトが安定すれば、そこから販売された商品の利益率は高くなります。売上が数百万や数千万のショップにが育て上げることも可能です。

まとめ

輸入業は馴染みのない人にとっては難しく思えるかもしれませんが、だからこそ競合が参入しにくい事業ともいえるのです。この記事では、輸入業の起業についての概要を紹介しました。今後は、さらに情報を深堀して輸入業の起業を現実化するステップに進むことができます。