物販

個人でも始められるタイ輸入ビジネスをご紹介します

この記事では、タイから商品を輸入して、それを販売するビジネス(以下、タイ輸入と書きます)についてご紹介します。タイ輸入は、転売ビジネスの一種ですが、現時点ではライバルも少なく稼ぎやすいものになっています。個人でも問題なく始めることができるのでオススメです。

タイ輸入をおすすめする理由

まず、「タイ輸入にはどんな魅力があるのか」といったタイ輸入をオススメする理由について書きます。「タイ輸入を始めるに向いているのはどんな人なのか」もご紹介します。

こんな人はタイ輸入ビジネスを始めるべき

「タイ輸入を始めるべき人」「タイ輸入に向いている人」は、どのような人なのかについて解説します。まずは、タイによく行く人、あるいは頻繁に行きたい人です。

タイ輸入では、現地に足を運ぶ必要が出てきます。したがって、タイに実際によく行っている人、あるいはこれから行きたいと考えている人は、タイ輸入を始めるのに何かと便利なのです。

また、ビジネスとして続けていくためには、モチベーションも大事です。小遣い稼ぎ程度なら、それほどモチベーションが高くなくても続けられますが、本気で稼ぎたいなら意欲があることは大事です。

したがって、本気で副業で稼ぎたい人、いずれは脱サラして独立したい人にも、タイ輸入はオススメです。また、国内転売や中国輸出を行っていて、もっと稼げるビジネスを探している人にもタイはオススメです。

オリジナルブランドの商品を製造したいといった人にとっても、タイは穴場となっています。これらに当てはまる人は、タイ輸入ビジネスを始めることを検討してみてください。

新規参入が難しいことが逆にチャンス

ここからは、タイ輸入の魅力について書いていきます。まずは、「新規参入が難しい」ことです。これからタイ輸入を始めようとしている人に、「新規参入が難しい」と敬遠されてしまうかもしれませんが、実際には難しいというよりも、「それほど手軽には始められない」という方が近いかもしれません。

具体的に何が新規参入を阻んでいるのかというと、オンライン取引で完結しないという点です。現在のところ、タイのショップはオンラインで取引を行っているところはかなり少ないです。

つまり、少なくとも最初の内は、実際に現地に足を運んで商品を探したり、店員と交渉したりといったことが必要になってきます。これが、国内転売や中国転売との違いです。

現地に足を運ぶ必要があるとすると、それほど気軽には始めることはできません。しかし逆に言えば、ライバルが増えにくいので過当競争にならず、利益が出しやすいともいえるのです。なお、現地のショップと良好な関係が築ければ、その後はLINEなどを使って現地まで行かずに発注を済ませることもできるようになるので、常に現地まで必ず行かなければいけないというわけでもありません。

小ロットでの仕入・発注が可能

このことは中国輸出と比べると顕著ですが、タイでは小さなロットで取引が可能です。ロットというのは、取引の最小単位のことです。

特に自分のオリジナル商品を作りたいといった場合に大きく影響するのですが、中国で商品を生産しようとすると、1000個が最小ロットといった場合も多くあります。

つまり、「注文するなら1000個単位で」ということになるわけで、かなりリスキーです。

これがタイの場合は、10個くらいの数からオリジナル商品の製造が可能です。場合によっては、1個から受け付けてもらえることさえあります。

リスクを抑えて、自分のオリジナルブランドがつくれるわけです。

製造される製品の品質が高い

中国輸出を経験した人なら分かるかと思いますが、中国で商品を製造したり、商品を輸入したりすると、かなりの割合で不良品が混ざっています。しっかり検品をしないと、後にクレームに繋がりかねず、輸入ビジネスをする上ではネックとなります。

この点、タイの場合は、不良品率がかなり低く信頼できます。これは、タイの製品が質の高い職人による手作業で製造されていることに理由があります。

先ほどタイでは小ロットでもオリジナル商品の製造が可能ということを書きましたが、それも質の高い職人がいるおかげです。

製品の品質が高く、不良品のリスクが小さいこともタイ輸入の魅力となっています。

代行業者の利用も可能

中国輸入などと同様、タイ輸入の場合も仕入などを代行してくれる業者を利用することは可能です。ただ、悪質な業者にあたってしまうと無駄に高い費用を支払うことにもなりかねません。代行業者を使う場合は、見積もりを出させて比較するなどして、慎重に選定を行いましょう。

タイ輸入のマイナスポイント

ここまでは、タイ輸入の良い点を挙げてきましたが、マイナスポイントもないわけではありません。タイ輸入の欠点をあげるので、参考にしてください。

単純な価格では中国輸入にかなわない

タイ輸入の欠点の一つ目は、単純に価格を比較すると、中国輸入よりも高いという点です。タイでは職人の手作業による質の高い製品を製造してもらうことができますし、価格面でもかなり安いですが、純粋に価格だけを見ると中国の方がより安い場合が多いです。

とくに、比較的オリジナル性が低く、機械で大量生産ができるようなものは、中国に発注した方が有利な場合があります。

逆に言えば、オリジナル性が高い製品をハンドメイドで作りたいような場合は、多少単価は高くなっても、タイで製造するのがオススメです。

仕入のために現地に出向く必要がある

仕入れのために現地に出向くことは、欠点になる場合もあります。海外との取引であってもオンラインで済ませることができる時代に、わざわざ現地に行かなければならないというのは、欠点と捉える人も多いはずです。もっとも、この点はライバルが出現しにくいので長所にもなり得ますし、時間的に余裕がある人なら、一緒に観光ができるという楽しみにもなり得るので考え方次第ではあります。

自分のオリジナル商品が他でも販売される?

これは取引相手によりますが、自分のオリジナル商品として発注したはずのものが、他の人向けにも販売されていたというケースがあります。つまり、本来受注した数を超えて製造して、余った分を別に販売しているわけです。

こういった事態を防ぐには、取引相手としっかりコミュニケーションを取ることが重要です。また、商品自体についても、商品にオリジナルのロゴを入れるなどして、他の人には販売しにくくする工夫をすると良いでしょう。信頼できる取引相手を探すことが、重要であることは言うまでもありません。

タイ輸入で注意すべき業者について

タイ輸入で、代行業者や仲介業者を使う際に、注意して欲しい悪質な業者についてです。

裏でリベートを受け取っている業者

具体的にどのような悪質業者かというと、代行や仲介を行った際に、代行手数料・仲介手数料以外にタイのショップからリベートを受け取っている業者です。あなたが代行や仲介を依頼した場合、代行手数料や仲介手数料が発生するのは当然ですが、これとは別に不当にリベートを受け取っているケースがあるのが問題なのです。

リベートの何が問題なのか

リベートを取る業者は、あなたにとっても、タイのショップにとってもマイナスです。あなたは直接リベートを払わされているわけでないかもしれませんが、もしリベートがなければ、もっと安く商品を買えたかもしれませんし、ショップの側からしても、あなたに対して割引サービスをした方が、今後のビジネスにとってプラスです。正当な手数料を取ることはもちろん問題ありませんが、それ以外の便宜供与を求めてくる業者とは係らないこと、係ってしまったら直ぐに縁を切ることをオススメします。

どのくらいのリベートが発生しているか

実際にどのくらいのリベートを取られているかは場合によりますが、10%程度取られているという話を聞きます。たとえば、50万円の仕入をする場合なら、ショップに払った50万円のうち5万円は業者の手元に渡っています。

もし、このリベートがなければ、5万円分は安く仕入れることができた可能性があることになります。仕入れ値が5万円違えば、利益はかなり変わってきます。

タイにおよそ良心的な業者が存在しないなら、このような悪質業者を使うのも止むを得ないかもしれませんが、そのようなことはありません。しっかり業者選びをして、悪質な業者に引っかからないようにしましょう。

仕入ツアーの類にも要注意

仕入ツアーは、タイでの仕入と多くの場合は観光がセットになったもので、商品の仕入もできて観光も楽しめる、とくにタイ輸入の初心者には便利なものです。すべてのツアーが良くないと言っているわけではありませんが、悪質な代行業者や仲介業者と組んで、不当に高い値段で商品を売りつけることを目的にしたツアーがあります。これらにも要注意です。

旅先の高揚した気分で、つい財布の紐も緩みがちになりますが、日本に持ち込んでもまったく売れないような商品を高く買ってしまったのでは、元も子もありません。タイのことをよく知らないうちはとくにだまされ安いので、ツアーを利用する場合には、複数の業者を比較したりして、質の悪いツアーに参加しないように気をつけましょう。

タイで仕入れることができるオススメ商品

タイでは具体的にどのような商品を仕入れることができるのか、オススメの商品をご紹介します。

各種の皮革製品

タイでは、ハンドメイドで加工された革製品の質の高いものが容易に手に入ります。一般的な牛革の製品はもちろん、ワニ革やヘビ革の製品もありますし、少し変わったところでは、エイの革やサメの革を使った製品もあります。革は種類によっては輸出規制があるものもあり、事前の調査が必要ですが、財布やバッグなど日本でよく売れる製品の仕入が可能です。

銀の細工品・アクセサリー

タイは銀細工でも有名です。バックパッカーの聖地とも呼ばれるカオサン通りにも、シルバーアクセサリーを扱ったお店がたくさんあります。

シルバーアクセサリーは、ある程度高い値段を付けて売ることも可能なので、利益を出しやすい製品です。

中でも、シルバー925という純度の高い銀を使った製品は、ブレスレットやネックレスなど高値で売れる可能性が高いので、オススメです。

衣類・雑貨等のファッションアイテム

タイのファッションアイテムは低価格で仕入れられる場合が多く、タイ輸入の初心者でも扱いやすいジャンルです。

タイは、一年を通じて暑い気候なので、日本でいう夏物衣料が多く販売されています。

衣料品関係を扱うときは、日本の夏物商戦の時期に合わせて輸入をするとよいでしょう。

お店選びは慎重に

以上のような商品がタイ輸入にオススメですが、商品の価格や品質は当然のことながら、お店によっても変わります。

やりがちな失敗として、良さそうな商品にすぐに飛びついてしまうことがありますが、焦らず数店舗を比較、価格交渉なども行った上で、納得のできる仕入をしましょう。

輸入した商品をどうやって販売するか

この記事は、基本的に個人でもできるタイ輸入を意識して書いています。

そんな個人で行うタイ輸入の場合、販売方法としてはAmazonやヤフオク!などの既存のネットショップやオークションサイトに出品することがメインになります。

Amazonで販売する場合

まずAmazonは有力な販売場所です。タイから商品を輸入してAmazonで販売している人は多くないので、ライバルが少なく安定した収益を上げることが可能だからです。

ヤフオク!などと比べると手軽さでは劣る面もありますが、長期間継続してタイ輸入をビジネスとしていきたい人には、オススメです。

ヤフオク!で販売する場合

ヤフオク!を利用するのもオススメです。もともと素人が出品するオークションサイトですから、出品の手間は少なく誰でも簡単に商品を売ることができます。

ヤフオク!の場合も、タイから輸入した商品の出品は少ないので、売れ行きは悪くありません。あまり高値を付けすぎると売れない場合もありますが、値段の付け方を間違えなければ、売れ残る心配はほとんどありません。

メルカリで販売する場合

メルカリも誰でも簡単に出品できますから、タイ輸入の初心者にオススメです。

比較的コストの安い商品をメルカリで販売して、経験を積み、資金を溜めてから、Amazonなどの他のプラットフォームへの出品を考えてもいいでしょう。

楽天市場で販売する場合

楽天市場もいい販売場所になります。楽天市場は、アパレル関係に強い印象なので、特にタイから衣類などを輸入したい人にオススメとなります。

ヤフオク!やメルカリのようなオークションサイトよりも、出品までのハードルは高くなりますが、販売ページをしっかり作りこんだりすれば売上も期待でき、やりがいがあります。

Yahoo!ショッピングで販売する場合

Yahoo!ショッピングを利用する方法もあります。Yahoo!ショッピングには、初期費用や月額システム利用料、売上ロイヤルティがかからないというメリットがあります。

実際には、ストアポイント原資負担などがあり、全くの無料というわけではありませんが、費用負担が小さいのは、特にタイ輸入を始めたばかりの時期には助かります。

以上、それぞれの販売手段に特徴、メリットがあるので、自分にあったものを選んでください。

まとめ

個人でも始められる、タイ輸入について解説しました。タイ輸入は、始めるのが少し面倒ですが、その分ライバルが少なく、儲けを出しやすいことが特徴です。

この傾向は当面は続くでしょうが、将来的にも新規参入者が増えないとは限らないので、タイ輸入を始めるつもりがあるなら、早めに始めることがチャンスを掴むことに繋がります。この記事を読んで、是非チャレンジしてみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。