物販

インターネットで集客し売り上げを伸ばす方法を大公開!

現在では、売上を伸ばすにはホームページが必要不可欠です。しかし、ホームページを開設しただけでは思うようにアクセスは伸びません。世界中にある無数のホームページの中から自分のサイトにアクセスしてもらうには集客の工夫が必要なのです。

ただ、集客は効率よく行わなければ、時間とコストだけがかかってしまいます。そこで、この記事では、インターネット上で集客する方法についてご紹介します。インターネットでの集客に必要なことを理解し、ホームページのアクセス数アップを目指しましょう。

集客力アップにはSEO対策が必要

Webページを多くの人に閲覧してもらうためには、サイト自体の集客力を高める必要があります。そして、集客力を高めるために必要なのがSEO対策です。

SEOとは、検索エンジン最適化という意味です。Googleなどの検索エンジンで上位表示させるための対策を講じることで、検索エンジンからサイトへの流入が期待できるようになります。

まずは、SEOに有効な対策を見ていきましょう。

メインキーワードを選定する

まずは、サイトへ集客するためのメインとなるキーワードを選定します。どのようなキーワードを設定すれば上位表示されるかをベースに考えましょう。

キーワードの選定をするために、Yahoo!のキーワードアドバイスツールや、Googleのキーワードプランナーで月間検索数を調べてみましょう。この手のツールを使えば、メインに使いたいキーワードの1カ月の検索数を調べることができます。月間検索数は1000回以上あるものがおすすめです。

検索数の少ないニッチなキーワードを狙う方法もありますが、最初は検索数の多いキーワードを選んで検索に引っかかるように設定することをおすすめします。

例えば、飲食店のキーワードを選定する場合にあなたのお店の名前をキーワードにしてしまうと、その店名を知っている人にしか検索してもらえません。

反対に、「渋谷 イタリアン」など、地域名とジャンルをメインキーワードに設定すれば、検索エンジンからの流入が期待できます。

ドメインはキーワードと連携させる

ドメインはサイトの住所になるものです。メインキーワードと関係のあるドメインに設定することで、上位表示されやすくなります。

例えば「ドメイン」をキーワードにするなら「domain.com」という風に、キーワードをドメイン名に入れます、

こうしておけば、ひと目でドメイン名についてのサイトであることを理解してもらいやすくなります。

ドメインは日本語で取得することもできますが、英語でも日本語でもSEOに差はありません。以前は日本語ドメインの方がSEO的に有利とされていましたが、今はどちらでも変わりはないと言われています。

ただし、日本語ドメインは利用できないサーバーがあったり、Punycodeで英数字とハイフンに変換されてしまうというデメリットもあるので注意が必要です。

コンテンツを増産する

集客のためにはコンテンツを充実させることも大切です。

もっとも、コンテンツはただ増やせばいいというわけではなく、「キーワードを入れる」「文字数を増やす」「ユーザーの欲求を満たす内容にする」といったポイントを意識する必要があります。具体的には、コラムやお役立ち情報を発信するのがおすすめです。

また、ユーザーの悩みを解決する方法や、自社製品の利用方法といったコンテンツもどんどん増やしていきましょう。

ホームページを作成

キーワードとコンテンツの中身が決まったら、ホームページを作っていきます。

ホームページはWordPressで作ることをおすすめします。WordPressは、無料で使えるホームページの作成システムです。プラグインを利用することで、ホームページの運営に必要な機能を追加することができます。

参考:WordPress

ホームページを作る際は、スマートフォンでもストレスなく閲覧できるページを意識しましょう。現在はスマートフォンが普及しており、スマートフォンからのアクセスが全体の半分以上を占めています。特に若年層ではスマートフォンからの閲覧が大幅に増加しているため、スマートフォンでも快適に閲覧できるサイト作りが欠かせません。

WordPressを利用すれば、パソコン・タブレット・スマートフォンに対応したホームページを簡単に作ることができます。

頻繁に更新する

ホームページの更新は頻繁に行いましょう。検索エンジンはクローラーと呼ばれるロボット(プログラム)を使って常にネットの世界を探索しています。クローラーの巡回頻度はホームページの更新頻度と比例している傾向があるので、頻繁にコンテンツを追加すれば検索結果への反映スピードも速くなります。こまめに情報が更新されるホームページはユーザーにとっても有益であり、リピーターの獲得にもつながっていきます。

コラムコンテンツや最新情報をまめに更新することが集客力アップにつながるでしょう。

インターネット広告で宣伝する

集客をアップさせる方法の一つに「インターネット広告」があります。

集客にはSEO対策も効果的ですが、効果が出るまでに時間が掛かるというデメリットがあります。すぐに効果を実感したいのであればインターネット広告がおすすめです。

ただし、コストがかかる、広告を止めると効果が失われてしまう、というデメリットもあります。メリットとデメリットを理解したうえで利用しましょう。

純広告とは

Webサイトの広告枠を期間を限定して買い取る方法を純広告といいます。

利用者が多いサイトの広告枠を利用すれば、高い宣伝効果を得ることができます。短期間で多くの人に閲覧してもらえる可能性が高いので、宣伝効果に即効性を求めている人におすすめです。

ただし、長期的に広告を出すことになるため、数十万~数百万円の費用が掛かります。広告を出すサイトや枠の大きさ、位置などによっても費用は異なるのでいくつか比較してみてください。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、検索エンジンと連動した広告のことです。代表的なものには、Yahoo!プロモーション広告やGoogleアドワーズがあります。検索結果表示画面の上部やサイドに「広告」として表示されているのがリスティング広告です。

リスティング広告には、自分で出稿する方法と、広告代理店に依頼して代理出稿してもらう方法があります。おすすめは広告代理店に外注する方法です。費用は掛かりますが、それ以上に効果が期待できます。

動画広告とは

動画広告とは、YouTubeやインスタグラムなどのSNSを利用して動画広告を出す方法のことです。動画の場合、画像よりも多くの情報を発信することができます。

YouTubeの動画広告には、動画の前に再生される「インストリーム広告」と、検索一覧に表示されクリックで再生される「インディスプレイ・インサーチ広告」があります。インストリーム広告は視聴者が最後まで視聴した場合に料金が発生します。対して、インディスプレイ・インサーチ広告はクリックされると料金が発生する仕組みになっています。

SNS広告とは

SNSに表示させる広告がSNS広告です。代表的なSNS広告は以下の通りです。

・Facebook広告
・Twitter広告
・Instagram広告
・LINE広告

SNS広告には狙ったターゲットに向けて広告を発信できるという特徴があります。SNSには年齢や趣味などの基本的なプロフィールが記載されているため、プロフィールの情報に合わせた広告を表示させることが可能なのです。

Facebookならユーザーの行動履歴や「いいね」した対象物、コメントの履歴などのデータをもとにターゲティングすることができます。

InstagramやTwitterの場合は若年層の利用が多いため、若年層向けの広告を出せば、より効果的でしょう。

ネイティブ広告とは

ネイディブ広告とは、コンテンツと一体化した広告のことを言います。コラムなどの一般記事の間に「広告」や「PR」と記載されたタイトルがあったりしますが、これがネイティブ広告です。あからさまな広告と違い、記事の間に自然な形で挟み込まれるため、ユーザーに受け入れられやすいという特徴があります。ネイティブ広告は年々増加しており、数十万円から始められるさまざまな広告メニューが販売されています。

アフィリエイト広告

成果報酬型広告と呼ばれているのがアフィリエイト広告です。ブログやサイトに宣伝のためのリンクを貼り、閲覧者が広告を通じて商品を購入したり申し込んだりすると、広告を掲載している人に報酬が発生する仕組みになっています。

アフィリエイト広告にかかる費用は、月数万円から数十万円です。購入や契約に繋がらないとコストだけが掛かることになるので、費用対効果をしっかりと考えたうえで利用しましょう。

アドネットワーク広告とは

アドネットワーク広告とは、広告媒体となるWebサイトを集めて広告配信用のネットワークを作り、その媒体にまとめて広告を配信できるようにするシステムのことです。

複数のメディアに同時に広告を配信したいときに役に立つ方法です。

インターネット集客のポイント

SEO対策や広告を打つなどしたおかげでアクセス数が増加したとしても、自社の商品やサービスの売り上げにつながらなければ効果があったとは言えません。

ネットで集客する場合は、売り上げにつながる集客が大切です。

ターゲットを決定する

インターネットで集客をするときは、ターゲットを具体的にイメージすることが大切です。アクセス数は多いに越したことはありませんが、ターゲット以外のアクセスが増えても売り上げにつながることは難しくなります。

例えば、女性向けの美容関係商品のサイトに男性からのアクセスが増加しても購入につながることはほぼありません。

ターゲットを決めるときは「性別」「年齢」「家族構成」「趣味」「職業」などを可能な限り具体的に決めたうえで人物像をイメージしましょう。そのイメージした人物像をターゲットに集客をしていきます。

どのようなアピールが有効かを考えるのは、ターゲットが決まってからで十分です。

共感できる有益な情報を提供する

自社の商品を宣伝する前に、商品のベネフィット(利便性)を可視化し、ターゲットに対して有益な情報を提供しましょう。

有益な情報を得られたと感じると、そのユーザーの商品購買意欲は増加する傾向にあることがわかっています。「こんな情報を得られたから、ここの商品を利用してみよう」と思わせることができる情報を発信することが大切です。

有益な情報は、SEO対策にもなります。SEOは、良い情報が掲載されたページを有益なコンテンツと認識し、上位表示する傾向があるためです。

売上につなげる3つのポイント

集客する際に意識しておくべきポイントは以下の3つです。

(1)不特定多数の人にアクセスしてもらう

初めに決めたターゲットにアクセスしてもらうことは大切ですが、まずはできる限り多くの人に閲覧してもらう工夫をしましょう。

そのためには、SNSを利用して情報を発信するのが有効です。

(2)SNSからの流入を促す

SNSで興味を持ってくれたユーザーに対し、サイトへの流入を促します。その際は、Webサイトにアクセスすれば有益な情報が得られることを知らせることが大切です。

実際にWebサイト上では有益な情報を開示しましょう。ユーザーの視点に立ったお役立ち情報を提供することで、ユーザーの心をつかむことができます。

(3)商品を購入してもらう

Webサイトのアクセス数が増加したら、最後は購入につなげていきます。特に「問い合わせ」や「資料請求」のコーナーを設置しておくと効果的です。Webサイトから購入してくれた人のためのキャンペーンやクーポン券の配布といったお得な情報を提供するのもよいでしょう。

コンテンツを見直す

広告やSNSを活用しても売り上げにつながらないという場合は、以下の事項を見直してみましょう。

パフォーマンスの検証

広告を掲載したら、分析ツールを使って効果が発揮されているかを確認しましょう。おすすめは「Googleアナリティクス」です。

参考:Googleアナリティクス

特に、以下の事項をメインに検証することで、改善すべき点が見えてくるはずです。

・アクセス数の推移
・Webページの滞在時間
・直帰率
・ユーザーの行動

コンテンツを改善する

広告やアクセス数の解析が終わったら、次は売り上げ停滞の原因となっているであろう部分を改善していきます。

具体的には、コンテンツの見直し、コンテンツの追加、広告画像の変更などを行っていきます。

パフォーマンスに悪いところが見当たらない場合は、もうしばらく効果が出るまで運用し続けてみましょう。資金に余裕があるなら、広告を増やすという手もあります。

集客にはSEOや広告を駆使する

インターネットでの集客にSEO対策は欠かせません。しかし、即効性はないため、効果をすぐに得たいのであれば広告やSNSによる集客も考える必要があります。

ただし、広告を打つとなるとコストがかかるので、費用対効果を考えて適切な宣伝を行うことが重要です。

自社のサイトに最適な集客方法を見つけて、実践してみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。