物販

ネットで商品を販売する際の手数料などを詳細に解説!

この記事では、ネット販売を行うに当たって必要となる手数料などの費用を中心に解説します。ネット販売には、大きく分けて、楽天市場やYahoo!ショッピングなどに出店するモール型と、自社でサイトを開設するカート型があります。いずれの方法にも長所短所があるので、自分が利用するにはどちらが適しているのか、検討しながら読んでください。

Contents

ネット販売に乗り出す前のチェックポイント

これからネット販売についての情報を色々とお伝えしていきますが、具体的な検討を始める前に確認しておきたいポイントをいくつかお話しておきます。以下のようなポイントについて先に確認しておくと、実際にネット販売を始めた際に面倒なことになりにくくなります。

どんな商品を売りたいかによって、どんなネット販売を行うかが変わる

ネット販売を始めるにあたって、まず考えておいて欲しいのは、どのような商品を売りたいのかを明確にすることです。これは何故かというと、それぞれのECサイトには得意とする分野があるからです。

典型的な例としては、minneというサイトがあります。興味が無い方はご存じないかもしれませんが、ハンドメイド商品を専門的に扱っているECサイトです。

例えば自分がハンドメイドの商品を売りたいのなら、楽天市場やYahoo!ショッピングなどに出店するよりも、minneのような専門的なサイトを使った方が有利です。ハンドメイド商品を求める顧客が集まっているからです。

Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングといった大手のECサイトの場合でも、どこに出店しても同じというわけではありません。例えば、楽天市場はグルメジャンルの商品に定評があります。

「人気のグルメが買える」という評判が定着しているため、グルメ商品を購入したい人の多くが、最初から楽天市場で商品を検索しています。もし、自分がグルメ商材を販売したいのであれば、楽天市場は最初に検討すべき選択肢となるのです。

ネット販売というと、Amazonを思い浮かべる人も多いかもしれません。実際に国内での販売・売上高が一番多いサイトでもあります。しかし、Amazonに出品するにはマイナス面も多々あります。

例えば、Amazonではページが商品ごとに作成されているため、個々の販売者の個性が出しにくく、結局は最安値を付けた出品者の商品が売れやすいという特徴があります。価格競争の結果、想定した利益が確保できないことに陥りやすいのです。

このように、それぞれのサイトには特徴があります。自分が売りたい商品との兼ね合いで、どのサイトが一番適しているかが変わってくるのです。

ネット販売の2つの形態を知る

ネット販売を行う際の形態としては、大きく分けてモール型カート型の2つがあります。それぞれの長所短所については後で詳しく解説しますが、ここでも簡単に解説しておきます。

まず、モール型というのは、既存のインターネットショッピングモールに出店をする形式です。インターネットショッピングモールは、代表的なものに楽天市場やYahoo!ショッピングがあります。Amazonは自社でも商品を販売しているので、純粋なモールではありませんが、マーケットプレイスという形で出品をすることができます。

そして、カート型というのは、いわゆる自社サイトを作ってネット販売を行う形式です。自社サイトの開設をサポートするサービスにも色々ありますが、それらが基本的にショッピングカートのシステムをセットでサービス提供していることから、カート型と呼ばれます。

ネット販売を手軽に始めるには、モール型の方が便利です。自社サイトを一から構築するよりも手間がかかりません。

Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングといったサイトに出店すれば、そこには既に顧客が集まる環境があるため、顧客を呼び込むことに腐心する必要性が小さい点が大きなメリットです。ただし、販売手数料など費用がかかります。

これに対して、カート型は、自社サイトに顧客を誘引することが大変です。決済手数料はかかりますが、モール型の場合に支払う販売手数料よりも低率なので、ある程度の販売数量が見込めるなら、カート型のメリットが大きくなります。

集客方法についても考えておく

ネット販売を始めれば、それだけで売上が上がるというものではありません。実店舗の場合と同様で、お客様を集めることができなければ、そもそも商品が売れるはずはないのです。そこで、ネット販売を始めることを検討する際には、集客するため(アクセス数を集めるため)の方法も考えておくことをオススメします。

モール型の場合は、それほどでもありませんが、カート型の場合は、何らかの手段を講じないとアクセス数が一向に伸びないということも起こり得ます。どんな手法でアクセス数を集めるか、そのための予算をどの程度かけられるのかといった点について、早めに検討を始めておいてください。

モール型のネット販売を行う際の費用

インターネットショッピングモールに出店する際にかかる費用を表にまとめました。楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングの3大ECサイトに、ポンパレモール、Wowma!、Qoo10を加えた6つのサイトを掲載しています。

 楽天市場 AmazonYahoo!ショッピング
初期費用60,000円無料無料
月額費用ライト:39,800円
がんばれ:19,500円
スタンダード:5万円
メガショップ:10万円
小口出品:無料
大口出品:4,900円(税込)
無料
販売手数料ライト:3.5~5.5%
がんばれ:3.5~7.0%
スタンダード:2.0~4.5%
メガショップ:2.0~4.5%
8~20%無料
カード決済
手数料
月額3,000円
2.65%+処理料
販売手数料に含む3.24%
ポイント原資1~20% 0%~2.5~16.5%
アフィリエイト
手数料
1.3%~無料1~50%
商品登録数5000点/2万点/無制限無制限無制限
最低契約期間3ヶ月(ライトプラン)12ヶ月なし
流通ポイント楽天スーパーポイントAmazonポイントTポイント
 ポンパレモールWowma!Qoo10
初期費用20,000円10,000円無料
月額費用29,800円4,800円無料
販売手数料2.5%シンプル出品:5.7~11.2%
コミコミ出品:4.5~9.0%
6~10%
カード決済
手数料
2.9%+処理料15円シンプル出店:月額3,000円 3.7~4.7%
コミコミ出店:販売手数料に含む
販売手数料に含む
ポイント原資3%~1%~0%~
アフィリエイト
手数料
無料無料無料
商品登録数2万点
※上位プランあり
5万点
※上位プランあり
無制限
最低契約期間6ヶ月 6ヶ月 なし
流通ポイントポンタポイント Wow!スーパーポイント
WALLETポイント
Qポイント

カート型のサービスについては、費用等も含めて後で解説します。

モール型とカート型のメリット・デメリット

この項目では、モール型とカート型、それぞれのメリットとデメリットについて解説します。どちらの形態でネット販売を行うか検討する際の参考にしてください。

モール型とカート型については、既にご説明しましたが、モール型は、実店舗の場合のイオンモールのように、モールの中にお店を持つイメージとなり、カート型は、完全に独立した店舗を構えるイメージになります。

・モール型ネットショップの一例

・カート型ネットショップの一例

参考:自社ECサイトの制作なら|株式会社これから

モール型のメリット・デメリット

モール型の大きなメリットは、集客の必要性が小さいことです。先ほども書きましたが、カート型の場合、自社サイトにアクセスを集めるまでが大変です。また、ネットショップを開設するためのかかる手間や資金も、カート型より小さくなります。

少ない資金で始める場合や、すぐにでも販売を始めたい場合は、モール型が便利です。デメリットとしては、やはり販売手数料が高いことが一番に挙げられます。また、サイトの中での価格競争が起こりがちなので、収益を圧迫されることにもなりかねません。

また、サイトのデザインが自由にならないことも挙げられます。特にAmazonの場合は、デザインが統一されてしまっていますから、お店の個性を出すことができません。Amazonや楽天市場などのサイトを運営するプラットフォーマーの意向に左右される場面が多いことも、デメリットの一つです。

カート型のメリット・デメリット

カート型のメリットやデメリットは、基本的にモール型の裏返しとなります。大きなメリットは、販売手数料がかからないことです。ショッピングカートのサービスを利用しているため決済手数料は発生しますが、販売手数料よりも小額です。

また、サイトのデザインが自由にできますし、プラットフォーマーの意向に従う必要もありません。何かと自由に運営することができるのが、カート型(自社サイト)のメリットです。

一方で、カート型の場合は、集客が難しいという大きなデメリットがあります。既に実店舗で販売しているオリジナル商品が人気を集めていて、それの販路をネットにも広げるといった場合は別ですが、一般的にカート型は集客に苦労しがちです。

また、サイトのデザインが自由になるということは、自分で作り上げていく必要があるということでもあります。サイトのデザインに関しては、事前にテンプレートが用意されている場合も多いので、それを使えばサイトを開設すること自体は難しくはありせんが、オリジナリティがある魅力的なサイトを作るのは簡単ではありません。

オススメのカート型ネットショップ作成サービス

この項目では、カート型のネット販売を始める際に、ショップの作成をサポートしてくれるサービスについてご紹介します。

決済手数料が安い「Shopify」

Shopifyは、クレジットカード手数料が安いサービスです。

プランは、月額料金が異なるベーシック、スタンダード、プレミアムから選べます。順に月額料金は高くなりますが、クレジットカード手数料は安くなる仕組みです。

参考:Shopifyの料金プラン – 各プランの詳細情報と比較

楽天市場との販売チャンネルの連携も可能なので、既に楽天市場にショップを開設しているという人にもオススメです。

ショップ売上No.1のネットショップ構築サービス「MakeShop」

MakeShopは、GMOグループのネットショップ構築サービスです。

MakeShopを利用して構築したショップの流通総額が、8年連続でNo.1になるという実績を誇っています。料金プランは、プレミアムショッププランと、MakeShopエンタープライズの2つ。後者は大規模ショップ向けです。プレミアムショッププランは、契約期間を長くすると料金が30%割引になります。

参考:ネットショップ作成時の料金プランと比較情報|メイクショップ

デザインテンプレートが100種類以上「カラーミーショップ」

カラーミーショップは、GMOグループのGMOペポバが運営するサービスです。

デザインテンプレートが100種類以上用意されているので、商材に適したデザインを選ぶことができ、初心者でも見栄えのいいサイトを作ることが比較的容易です。

レギュラーとラージの2つの料金プランがあります。

参考:料金・プラン – ネットショップ作成サービス カラーミーショップ

利用料はかかるが、手厚いサービスの「ショップサーブ」

ショップサーブは、月額利用料はやや高めですが、手厚いサービスを提供しています。

料金プランは、パブリック、ベーシック、プライム、プレミアムの4段階で、各種オプションサービスも充実しています。決済手数料は、月額利用料とは別にかかります。

参考:料金・プランを比較 ECサイト構築なら【ショップサーブ】

月額料金無料のプランあり「STORES」

STORESには、月額料金無料のサービスがあります。ネット販売を初期費用をかけずに始めたい人にはありがたいサービスです。

月額料金無料のフリープランと、有料のスタンダードプランがあり、フリープランは決済手数料が高めに設定されています。

ショップ開設時の費用は無料「BASE」

BASEは、無料でネットショップが開設できるサービスとして有名です。

初期費用・月額料金はかかりませんから、費用を抑えてネットショップを開設できます。ただし、決済手数料、サービス利用料のほか、振込手数料、事務手数料がかかります。商品が購入されない限り手数料等が発生しないので、資金繰りに困ることがないのはメリットです。

モール型のネット販売に向いている人(企業)

ここまでの内容で、モール型とカート型のネットショップのイメージを持つことはできたでしょうか。

この項目では、モール型に適しているのは、どんな人(企業)なのかを解説します。

とりあえず販路を拡大したい人(企業)

既に解説したように、モール型は出店するまでの手間が比較的かかりません。また、集客にもあまり費用をかけずに済みます。そこで、「とりあえず販路を拡大したい」という目的でネット販売を始める人(企業)には、モール型をオススメします。

何度か申し上げたことですが、カート型はお客を集める(アクセス数を増やす)までが大変です。サイトの運営に手間やコストをかけなければ、人が集まらず、結局売上も伸びないということになりがちです。早く販路を拡大するには、モール型の方が適しています

集客力がある人(企業)はカート型でもOK

ただ、モール型は、販売手数料などが発生するので、その分のコストが余計にかかるのが難点です。カート型(自社サイト)でやれるのなら、その方が望ましいとも言えます。

そこで、カート型でも大丈夫なのは、どんな人(企業)なのか考えてみると、改めて集客をする必要性が高くないか、集客に十分なコストがかけられる人(企業)ということになります。

・人気商品を店売りしていて、行列ができるほど知名度がある
・実店舗がチェーン展開をしていて、既に世間に名を知られている
・資金力に余裕があり、宣伝広告費を十分に使える

上記に挙げた例に該当する人(企業)の場合は、サイトへの集客が可能かもしれません。しかし、これらの恵まれた環境にある人(企業)以外は、少なくともネット販売に慣れない最初のうちは、モール型から始めた方が無難です。

カート型ネット販売の難しさ

ここまでの記述と重複する点も多いのですが、カード型でネット販売を行うことの難しさについても書いておきます。

やはり難しいのは、人を集めることです。ネット販売の売上を計算式で表すと、「アクセス人数×転換率×平均購買単価」で表すことができます。転換率というのは、サイトを閲覧した人の何%が購入に至ったかという割合のことです。

この式からも分かるように、アクセス数の絶対数が少なければ、売上を増やすことはかなり難しくなります。

カート型のネット販売で成功するには

そこで、カート型つまり自社サイトを立ち上げて行うネット販売を成功させるには、サイトの認知度を高めて、アクセス数を増やすことが極めて重要であるということになります。

そのための集客方法として、以下のような手段が考えられます。

SEO対策をする
アフィリエイトやリスティング広告などによる宣伝活動
オウンドメディアへの掲載
ウェブ上の記事の純広告
テレビ、雑誌のメディア取材
新聞、チラシなどのオフライン広告

上記の中にはかなりのコストがかかるものもありますが、費用をかけるにも限界がありますから、SNSを活用するなど、費用をかけずにサイトの知名度を上げる工夫を考える必要があるでしょう。

初期費用が抑えられるサービスで始める

もう一つ考えられる対策としては、そもそも自社サイトを開設するのにかかるコストを抑えることです。この記事でもご紹介しましたが、初期費用ゼロ円から始めることができるサービスがあります。

無料のプランは、決済手数料の率が高い場合が多いのですが、売れ行きが伸び始めたらプランを変更して決済手数料を下げられる場合もあります。将来のことも考えて、自分が契約するプラン以外のプランのことも調べた上で契約するサービスを選んでおくといいでしょう。

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの3大サイトから選ぶなら

ここまでに書いてきたように、とりあえずネット販売で販路を広げたいのでれば、モール型のサイトへの出店・出品がオススメです。そこで、この項目では、代表的なモール型のECサイトであるAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの比較をしていきたいと思います。

出店型と出品型の違い

ここまで3つのサイトはモール型として一纏めにしてきましたが、サイトの作り方として、出店型出品型に大きく分かれます。出店型というのは、実店舗のショッピングモールに近いもので、出店する側は、複数の商品を自分のショップのページに掲載します。サイトのページの構成は、ショップ単位になります。

これに対して、出品型では、同じ商品はどのショップが販売する場合も一つのページにまとめて表示されます。各ショップの商品は、それぞれの商品ページに分かれて出品されることになります。3つのサイトでは、楽天市場とYahoo!ショッピングは出店型、Amazonは出品型です。

3つのサイトの特徴

まずAmazonは、出品型なので、自社のページを作成したりする手間がかかりません。出品できる商品があれば、短時間でネット販売を始めることができます。ただ、同じ商品は同じページに表示されるというAmazonの特徴により、出品者の中で最安値を付けなければ商品が売れにくくなるという欠点があります。

楽天市場は、この記事でもご紹介したように、グルメ分野に強いという特徴があり、商品がヒットすれば、大幅な増益も望めるでしょう。ただし、初期費用は高めです。

Yahoo!ショッピングは、初期費用や月額システム利用料などが無料です。初期費用を抑えて大手ECサイトに出店をすることができます。ただ、商品が売れた際には、ストアポイント原資やアフィリエイトパートナー報酬原資といった形で、決済手数料とは別に費用が発生します。

3つのサイトに出店・出品した場合の費用について

Amazonの場合、大口出品にすると月額登録料4,900円が固定費用としてかかります。販売手数料は、商品カテゴリーによって異なり、約8~15%です。毎月商品49点までが販売可能な小口出品の場合は月額登録料はありませんが、販売商品ごとに100円が基本成約料として発生します。

楽天市場は、出店プランが1年契約プランに3種類あり、これと別に3ヶ月契約のライトプランがあります。月額出店料が一番安い「がんばれ!プラン」の場合で、月額出店料は19,500円です。それとは別に初期登録料が60,000円かかります。これらとは別にシステム利用料なども発生します。

Yahoo!ショッピングの場合、初期費用、月額システム利用料、売上ロイヤルティは無料です。ただし、商品が売れた場合、ストアポイント原資負担が最低1%、キャンペーン原資負担が1.5%必須、アフィリエイトパートナー報酬原資が最低1%などの費用が発生します。これらに加えて決済手数料が発生するので、およそ7%の費用が商品が売れるごとに発生することになります。

料金体系が異なっているので、単純に比較することは難しいのですが、初期費用と月額費用、商品販売時にかかる費用を総合して判断することが必要になります。

まとめ

ネット販売を行う際の費用を中心に解説してきました。ネット販売は、始めさえすれば利益が上がるというものではありません。

しかし、実店舗の店舗数を増やすことに比べれば、手軽に販路を広げることができるのは間違いありません。この記事を読んで、ネット販売を始めてみたい人は、始めやすいモール型の出店から検討してみてはいかがでしょうか。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。