物販

海外スマホの個人輸入!-『Etoren』で楽々ショッピング

カスタム性やデザインの豊富さ、何よりSIMフリーなことで人気の高い海外スマホ。買いたいけれど、安く手に入れるには「輸入」する必要があります。

「輸入」はハードルが高いと感じ、欲しいものがあっても尻込みしてしまっている人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、海外スマホに焦点を当てた「初心者でもできる、通販サイト『Etoren(イートレン)』を使った個人輸入」についてお話していきます。

海外のスマートフォンの魅力

海外のスマートフォンには多くのメリットがあります。

デザインの豊富さ

日本のスマートフォンは、必ずと言っていいほど携帯会社の社名が入っています。デバイスの背面や前面に「au」「docomo」「SoftBank」などのロゴがあるのは、デザインの一つとみることもできますが、邪魔に感じる人も多いのではないでしょうか?

海外のスマートフォンにはこのような携帯会社の表示はなく、自由なカラーやデザインで販売されています。キャリアのロゴ付デザインを好まない方にはおすすめです。

最初からSIMフリー

日本のスマートフォンには、auユーザーはauのスマホしか使えない、docomoユーザーはdocomoのスマホしか使えないといったSIMロックがかかっているのが一般的です。

今では消費者の選択の自由のために、SIMをフリーにすることのできる法律もできましたが、少し面倒な手続きが必要です。

一方、海外のスマートフォンは初めからSIMフリーになっており、格安SIMを使うといった選択も自由ですし、面倒な手続きもありません。海外旅行の際も、現地のデータ通信を使うことができます。

アップデートが早い

海外のスマートフォンは日本に比べてシステムのアップデートが早いという特徴もあります。そのため、最新のシステムがすぐにアップデートされ、すぐに使うことができます。

日本のスマートフォンは、最初からインストールされているアプリケーションが多く、その更新に時間がかかることがよくあります。「不必要なアプリケーションが最初から入っているのが嫌」、「最新のシステムをいち早く使いたい」、そういう方には海外のスマートフォンをおすすめします。

デフォルトのアプリが少ない

日本のスマートフォンのデフォルトアプリの多さに辟易しているユーザーは少なくありません。不要なアプリでも消すことができないし、アップデートに時間はかかるしで、不満に思う方がいるのは当然です。

その点、海外のスマートフォンにはこのプリインストールアプリが入っていないため、まっさらな状態で使うことが可能です。自分にとって必要なアプリだけをインストールすれば、自分専門のスマートフォンにすることができます。

海外のスマートフォンの注意点

海外のスマートフォンを使用するには、いくつか注意しなければならない点があります。

最も注意が必要なのは、「技適マークがないと違法になる」ことです。

「技適マーク」とは何か?

「技適マーク」とは、「技術適合証明」と「技術適合認定」のいずれかの許可を得ていることを公証するマークです。不正アクセスに対する防止措置がきちんとなされているかなど、そのスマホが日本で使用するに値する安全性を備えているかをチェックしています。

「技適マーク」のついていないスマホを日本で使うと、電波法に違反したとして、「1年以下の懲役」や「100万円以下の罰金」などの罰則を課される可能性があります。ご注意ください。

「おサイフケータイ」がない

実は、おサイフケータイ機能は日本独自のものって知ってましたか?おサイフケータイに対応したICチップが内蔵されているのも日本のスマホだけなので、海外のスマホではおサイフケータイ機能は利用できません。国際的に使えるようにする動きもあるようですが、まだまだ先の話になるでしょう。

日常的におサイフケータイ機能を利用している方は、海外のスマホを購入する際には十分注意してください。

コンセントの規格が違う

コンセントの形は、世界共通ではありません。そのため、外国製のスマホによっては、日本で充電するために海外対応の変圧器を用意する必要があります。

ですが、ヘアドライヤーなどと異なり、スマホの充電にはUSBケーブルを使うことが多いので、日本のスマホの充電器を流用することが可能です。

海外のスマホを手に入れるには?

海外のスマホを実際に購入するにはどうしたらよいのでしょう?

最新機種となると、日本と海外とでは数か月程度発売日がズレるため、現地から「輸入」する必要があります。

その際、海外の通販サイトを利用することもできますが、言葉の壁、文化の違いに困惑してしまうこともあるでしょう。商品を実際に見ないで購入するのですから、「届いたものが写真と違ったら?」「すでに傷がついていたり、壊れていたりしたら?」「そもそも、届かなかったら?」などなど、不安は尽きません。

安心・安全に、かつ格安で海外スマホを購入するために注意すべきポイントを確認していきましょう。

日本に拠点があるサイトを選ぼう

外国の出品者との取引にはアクシデントが付き物です。仮に、日本語でやりとりができても、保証の手厚さや対応の丁寧さが日本と同じとも限りません。「箱が開封してあった」とか「システムが勝手に書き換えてあった」といった口コミを見ることもあります。

そこで、できる限り日本に拠点のあるサイトから購入するようにしましょう。日本に拠点があるということは、日本人スタッフが対応してくれる可能性が高く、円滑にコミュニケーションを取ることができるからです。

本体価格以外の出費に注意

本体価格だけ見て取引するのは危険です。

海外から商品を輸入する場合、通常は「関税」がかかります。しかし、スマホの輸入には関税がかかりません。「ならば本体価格と送料だけでいいのでは?」と思うかもしれませんが、それは間違いです。関税の代わりに、「輸入消費税」というものがかかってきます。ものによって異なりますが、大体5,000円前後かかると思っておきましょう。

それに、海外の通販サイトだと日本円での決済ができない可能性があります。それだと、日本円を外貨に替える必要があり、手数料がかかります。

海外の通販サイトでスマホを購入する場合は、本体価格だけでなく他の費用もきちんと考慮するようにしましょう。

修理や返品の際も海外へ送ることになる

返品や修理をお願いしたい場合、国外の販売元へスマホを送る必要が出てきます。海外への荷物の発送は国内の発送とは勝手が違います。到着まで時間がかかりますし、送料も高額になりがちです。場合によっては、何週間もスマホ無しの生活を送らなければならなくなります。

結局どこで買えばいいの?おすすめはEtoren(イートレン)!

海外通販サイトの中でも特におすすめなのが「Etoren(イートレン)」です。Etorenは、香港のサイトで、販売拠点は香港とシンガポールにあります。スマホの取り扱いが主で、日本よりもかなり安く買えるのが魅力です。

参考:Etoren

ここからは、Etorenのメリットやデメリットなどについてお話していきます。

メリット1-販売拠点が近い

Etorenは、香港とシンガポールという比較的日本に近い場所に拠点を置いているため、輸入にしては驚くほどの早さで商品が届きます。もちろん、国内と同じように地域によってバラつきは有りますが大体1~3営業日で届きます。

関東圏では、早いときには翌日に届いたりもするようです。もはや国内配送と言えるほどのスピードです。

メリット2-安心の日本語対応

Etorenのサイトは日本語で書かれており、問い合わせなども日本人のスタッフが日本語で行ってくれるので安心です。

購入前の問い合わせだけでなく、購入後のトラブルに関する問い合わせも気軽にできるというのは大きなメリットです。

メリット3-価格が税込表示

海外の通販サイトは、本体価格しか表示していない場合がほとんどです。これだと、輸入消費税や関税の計算をすべて自分でしなければなりません。ですが、Etorenは税込み価格を表示してくれるので、自分で消費税額等の計算をする必要がありません。

メリット4-安心の1年間保証

Etorenでは、すべての商品に1年間のサポート保証がついています。内容としては、公式サイトに以下の記載があります。

引用>>全ての商品(バッテリーとアクセサリーを除く)には12ヶ月保証です。本体の傷等の商品外装の問題につきましては、商品受領後、24時間以内にご連絡ください。 それ以降のご連絡は保証の対象外となります。期間内の不具合につきましては、保証内容に沿って弊社サービスセンターにて修理対応させて頂きます。送料は発送費用のみ負担頂きます。返送に係る費用、税金は弊社にて負担いたします。 それ以降の対応はできません事ご了解ください。もし交換対応にて同一商品が入手不可となった場合は、同等の商品を代替え品として発送させて頂きます。

参照:保証/修理について – Etoren 海外通販サイトー日本未発売のスマートフォン、カメラ、オーディオすべての家電をお届け<<引用

輸送中の損傷については到着後24時間以内、その他の不具合は発送費用のみ負担、あとは補償内容に応じて対応してくれる、といったところですね。もちろん日本の正規キャリアとは違うので、自分で落としてしまった場合の画面割れ等はどうにもなりませんのでご注意ください。

詳しい内容は、同じく海外スマホを扱うEXPANSYS(エクスパンシス)の保証内容が参考になります。

保証が効く症状:
A. ソフトウェアに問題がある場合
B. ハードウェアに問題がある場合(機能上の問題)
C. ドット落ちが3点以上あった場合

保証が効かない症状:
A. LCDが割れた場合
B. 液体がかかったり、液体の中に端末を入れた場合
C. 物理的損傷があった場合
D. 端末に対応していないアプリケーション、ファームウェアをダウンロードした場合
E. ドット落ちが3点未満の場合
F. 端末を改造した場合(この場合は有償でも修理は承れません。)
G. 既に他社で検査(本体の中を開ける等)、修理を行った場合

日本対応のものかわかりやすい

Etorenには「海外SIMフリー携帯ネットワークチェック」というサービスがあります。どういうものかというと、購入したいSIMフリーのスマホが日本のSIMでも使えるかどうかを調べる機能です。

参考:海外SIMフリー携帯 ネットワークチェック

SIMフリーとはいっても、どのSIMでも使えるのか気になるところですよね。間違って使えないものを購入してしまわないよう、しっかりと調べておきましょう。

デメリット1-届いたらすぐ商品チェックの必要がある

Etorenでは、輸送中の傷や、元々付いていた汚れ等に対する補償は、「届いてから24時間以内」に連絡しなければ対応してくれません。

届いてから何日か経過した後で開けてみたら傷があった、というケースまでは保証してくれないのです。届いたからと油断せずに、すぐに中身を確認しておきましょう。なお、内部の初期不良まで見つけなければならないわけではないのでご安心ください。

デメリット2-送料が高い

たとえ2~3日で届くような距離であっても、海外からの発送には違いがないので国内に比べて送料が高くなります。ものによっても異なりますが、2,500円ほどはかかると思っておきましょう。

実際にEtorenで買い物をするには?

次は実際にEtorenを使って買い物をする際の手順を見ていきましょう。

ちなみに、「日本のショップではだめなの?」と疑問を持つ方もいると思います。日本のショップにも「日本の店ならではの安心感」だったり「輸入消費税が不要」だったりとメリットはありますが、需要と供給のバランスからどうしても値段が高くなりがちです。少しでも安く海外のスマホを手に入れるには、Etorenを利用するのが一番です。

アカウント登録をしよう

まずはEtorenのアカウントを作る必要があります。メールアドレスとパスワードを入力し、利用規約を読んでチェックを入れ、アカウント作成をクリックすれば完了です。

配送先の住所を登録しよう

次は住所の登録です。購入時に登録することも可能ですが、先にしておけば実際の購入がスムーズに進みます。

アカウントの「Profile(プロフィール)」内の「Shipping Address(送り先住所)」から「Add New Address(新しい住所を追加)」を選びます。

英語で住所を記載する際は、日本の書き方の逆を意識し、ローマ字で書きます。例えば、以下のようになります。

日本:東京都墨田区向島1丁目2番3号 すみだマンション 102号室
海外:#102 Sumida-manshon, 1-2-3 Mukojima, Sumida-ku, Tokyo, Japan

この「海外向けの住所の書き方」はあくまで1例で、はっきりと定められているわけではないので他の書き方をしている例も見かけるでしょう。ですが、不安になる必要はありません。あくまでも海外の業者が送るのは日本まで。その後は日本の配達業者が届けてくれるので、「Japan」さえしっかり記載されていればなんとかなります。

First Name(名)Hanako
Last Name(姓)Tanaka
Country(国)Japan
State/Region(県)Tokyo
City(市)Sumida-ku
Postal Code(郵便番号)1234567(ハイフン無し)
Address(住所)#102 Sumida-manshon, 1-2-3 Mukojima(市より後の住所)
Phone Number(電話番号)09012345678(ハイフン無し)

入力できたら、最後に「Set as default(通常使う住所に設定する)」にチェックを入れましょう。次回以降、購入の際の送り先に反映されます。

商品を選びカートに入れよう

Etorenのサイトは日本語に対応しているので、日本の通販サイトを利用するのとそう変わりなく注文ができます。まずは、欲しい商品を選び、個数を決めてから「カートに追加」します。

カート内に進み、商品や数量に間違いがないかを確認しましょう。「注文一覧」を見ると、「配送料・手数料」もわかります。必要な際は運送保険などもかけ「チェックアウトへ進む」を押しましょう。

配送先はあらかじめ登録しておいたものを選択することもできますし、ここで新たに入力することもできます。決済方法は「銀行振込」「PayPal」「クレジットカード」から選択できるので、日本円を換金する必要もありません。

追跡しながら到着を待つ

「注文履歴」を見ることで「出荷情報」や「決済状況」を確認できます。注文をキャンセルしたくなった場合も、この画面からリクエストすることができます。

注文完了後、決済完了や配達予定日の連絡がメールやSMSで送られてくるので確認しましょう。配達業者から配達日の確認連絡が来ることもあるそうです。内容が問題なければ、あとは到着を待つだけです。

海外通販では、輸入消費税を配達員へ現金払いするケースがありますが、Etorenではそれも必要ありません。「税込価格表示」なので、商品代金を払った際に税金の処理も済んでいます。

Etorenを使う上での注意点

Etorenで買い物をする際の手順をザっと説明しましたが、ここからは特に注意しておくべきことを説明していきます。

その一、購入費用が変動することがある

Etorenだけでなく海外通販では、注文時に表示された確定金額と、実際に支払う金額が変わってくる場合があります。何故かというと、「為替」の影響を受けるためです。

注文をした際の確定金額は、米ドルでの価格を日本円に換算して表示してくれています。そして、実際にEtorenからクレジットカード会社へ請求が行くのは、商品を発送してからになるのです。つまり、「注文確定」から「商品発送」までの間に為替の変動があれば、米ドルでの価格が変わったわけでもないのに、日本円での請求金額が変わってしまうのです。

注文確定時の金額はあくまで目安で、多少上下する可能性があることをしっかりと覚えておきましょう。

その二、PayPalアカウントが必要

Etorenではクレジットカード払いができますが、その支払いシステムにPayPalを利用しています。そのため、Etorenでの買い物には支払方法いかんに関わらずPayPalのアカウントを作成しておきましょう。

PayPalは、Etoren以外のサイトでも活用できる決済手段であり、なおかつ日本語でも利用登録が可能なので、登録しておいて損はないでしょう。ただ、PayPalでの決済時にはオプション設定により米ドルから日本円への換算が少し高めに行われてしまうことがあります。PayPalを利用する際は、オプション設定をしっかり確認しておいてください。

住所の入力は必ず英語で行おう

Etorenに限らず、海外通販では自分の住所を英語で書く必要があります。上でもあげた例をもう一度見てみましょう。

日本:東京都墨田区向島1丁目2番3号 すみだマンション 102号室
海外:#102 Sumida-manshon, 1-2-3 Mukojima, Sumida-ku, Tokyo, Japan

注意が必要なのは、「住所の表記順が日本とは逆である」ことと、「郵便番号は日本独自のものである」ということです。Etorenのように、入力フォームで郵便番号を聞かれている場合は必要ですが、そうでない場合は無理に住所欄に入力する必要はありません。

「県」や「都」、「府」は省略し「Tokyo」や「Osaka」のように書いて構いません。「区」や「市」は「-ku」「-shi」と書くだけですので、英語に訳する必要もありません。結局は日本の配達員に伝わればよいので「-City」と書いてももちろん大丈夫です。

「マンション名」は必ずローマ字で書くようにしましょう。「緑川マンション」を「greenriver-mantion」と書いても、伝わらない場合がありますからね。

住所と同じくらいややこしいのが「電話番号」です。国際電話には各国ごとに決められた「国番号」が与えられており、日本の場合にはそれが「+81」になります。

日本:090-1234-5678
海外:+81-90-1234-5678

日本の電話番号を海外仕様にするには、頭に国番号の「+81」をつけ、「080」や「090」などの最初の「0」を省略します。

Etorenの場合は、登録必須なPayPalの住所を英語表記にしておけば、そのままEtorenで使用できるので入力の手間を省くことができます。

海外SIMフリースマホの購入はやっぱりEtoren!

今回は、海外スマホのメリットやEtorenという通販サイトを紹介してきました。

日本の固有のスマホよりも、通信料やデザイン、カスタムのしやすさで人気の高い海外フリースマホ。「輸入」で入手するのはハードルが高いと感じるかもしれませんが、Etorenを使えばその不安も払しょくすることができます。

「輸入」で最も面倒な税率計算も、「税込表示価格」で助けてくれ、オペレーターも日本人を用意してくれているので安心感があります。

Etorenを使って気軽に輸入を楽しんでいきましょう。