物販

日本でも話題沸騰!次世代ECのライブコマースとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「ライブコマース」は、タレントやインフルエンサーなどの有名人がライブ動画で商品やサービスを紹介し、視聴者が質問やコメントをしつつ、リアルタイムで商品を購入できる画期的なEコマース(電子商取引)です。

中国では2時間で3億円を売り上げるインフルエンサーが登場するほどの人気となっています。

そこで今回は、日本でも関連アプリがリリースされている「ライブコマース」に関する情報をご紹介したいと思います。

ハマる人が続出している「ライブコマース」とは?

ライブコマースは、EC(電子商取引)と動画のライブ配信を掛け合わせたサービスであり、視聴者はライブ動画を楽しみながら通販を楽しめます。販売者に対してリアルタイムで質問やコメントができるテレビショッピングのようなサービスといった感じです。

双方向のコミュニケーションによって商品やサービスの魅力が深まるので、販売者にとっても消費者にとってもメリットが満載です。

ライブ配信ならではの臨場感も視聴者がハマる要素の一つであり、まさに新時代のEコマースと言えるでしょう。

ライブコマースが盛り上がっている理由

理由(1):ライブ動画市場が盛り上がっている
そもそも、動画のライブ配信はライブコマースに限らず世界中のトレンドとなっています。TwitterやInstagram、Facebookなどライブ配信機能を備えたSNSが盛り上がる中で、ライブコマースもその流れに乗った形となりました。

理由(2):リアルタイムという臨場感とコミュニケーションが魅力的
臨場感あふれるライブ動画に加えて、配信者にコメントや質問ができるシステムもユーザーを熱狂させる理由の一つです。通常のECサイトでは、臨場感やコミュニケーションの楽しさはなかなか感じられませんよね。

理由(3):海外で大人気のサービスであるため
中国では日本よりも早くライブコマースが盛り上がり、多くの人が注目してきました。未知のショッピング体験とはいえ、すでに海外で成功しているサービスという安心感も手伝い、日本でも急速にユーザーを増やしています。

ライブコマースはソーシャルコマースとしての新スタイル

ネットショッピングは基本的に一人で行うものですが、ライブコマースでは人とのコミュニケーションが発生します。

ネットショッピングにエンターテインメント要素を加えたばかりか、コミュニケーションによる親近感も加味したライブコマースは、「ソーシャルコマース」としての新たな可能性を持っています。

実店舗で商品を購入する際は、信頼できる友達や家族に評判を聞いたり、店員にアドバイスをもらったりしますよね。

しかし、従来のECサイトでは他人の口コミはチェックできるものの、人から直接商品の魅力をおすすめされるわけではありません。

ソーシャルメディアとeコマースを組み合わせたソーシャルコマースとして、ライブコマースは人々のニーズに応えています。

インスタグラマーの活躍などもあり、ソーシャルメディアで情報を交換しながらショッピングするのが当たり前となってきた今、ライブコマースがヒットしたのは必然とも言えるでしょう。

ライブコマースの主な特徴

ここからは、ライブコマースの主な特徴を具体的にご紹介していきます。

コミュニケーションによって購買体験が思い出に

ライブコマースにはコメント欄があり、ライブ配信中にインタラクティブなコミュニケーションができる仕様になっています。

おかげで、「この商品すごい!」「ありがとうございます!」といった配信者とのやり取りができるので、購買体験自体が思い出として残ります。

信頼できる人や好きな有名人が紹介しているものを購入することで、ショッピングに満足感を与えてくれるのです。

ECならではの不安感を払拭

洋服やバッグなどはサイズや色だけでなく、素材の質感なども気になりますよね。ライブコマースなら商品やサービスについて質問できるので、疑問や不安をその場で解消できます。

中国では偽物が当たり前のように流通しているため、好きなだけ質問をした上で商品を購入できるというシステムもライブコマースの強みとなっています。

ライブ動画の視聴中でも購入がスムーズ

ライブコマースのアプリは、ライブ動画で紹介中の商品へアクセスし、購入するまでのステップがわかりやすく設計されています。

動画の真下に商品の詳細ページへのリンクがあり、クレジットカード情報を入力しておけばほんの数タップで購入が完了します。

ライブコマースとインフルエンサーの関係

ライブコマースにはインフルエンサーも存在します。

インフルエンサーとは、SNSを中心にネット上で多大な影響力を持つ人のことであり、数千人~数万人のファンを抱えています。

彼らの情報拡散力はテレビCMやネット広告に値するとも言われ、多くの企業が注目しています。

インフルエンサーは一般人でありながら、芸能人や有名人と同じような存在です。

インフルエンサーと直接やりとりできるライブコマースは、ファンミーティング的な要素がある上質なセレクトショップといっても良いでしょう。

インフルエンサーのマーケティング能力を高く評価

インフルエンサーと呼ばれる人たちの多くは、マーケティング能力が高いとされています。

自分のフォロワーなどのファンを増やすために何をするべきか理解しているからこそ、知名度と実績を得ているのです。

インフルエンサーは、その存在自体がすでに広告塔としての実力を証明しているマーケターだといえます。

商品を提供する側にとっても、インフルエンサーをライブコマースで起用するメリットは大きいのです。

巨大な中国市場での実績が多数

中国の代表的なインフルエンサー・張大奕(Zhang Dayi)氏は2016年にライブ配信を行い、1日で約1,500万ドル(約16億円)を売り上げました。

彼女が開設したアパレルや化粧品を取り扱うネットショップは、年商4,600万ドル(約50億円)だと言われています。

張大奕氏が出店するオンラインショッピングモール「淘宝網」(タオバオワン)には独自のライブコマース・プラットフォーム「淘宝直播」があります。

現在は同様のシステムの構築を中国の大手ショッピングモール各社が競っている状態であり、中国のライブコマース市場規模はひと月約4,400億円、年間で約5兆円という巨大さを誇っています。

また、ニューヨーク発の化粧品会社「メイベリン」など中国外の企業も参入し、ライブ配信で1万本以上の口紅を売り上げています。

インフルエンサーを起用することで若いブランドが中国で急成長するなど、中国におけるインフルエンサー×ライブコマースの影響力は絶大なのです。

ライブコマースの課題とは?

ライブコマースは海外で盛り上がりを見せる次世代ECであり、メルカリのようなCtoC型ECとの相性も抜群です。

2017年には多くの日本企業がライブコマースのプラットフォームを立ち上げたことから、日本でも一気に広まるかと思われました。

しかし、サービス開始からわずか1年で閉鎖した「PinQul」やDeNAの「Laffy」などがあるところを見ると、ライブコマースにも様々な課題があることが伺えます。

日本と中国の違いを理解する

ライブコマースの成功例はもちろん中国に多くありますが、日本が中国の真似をしても成功する可能性は低いといえます。

中国でライブコマースが成功した理由として考えられるものをまとめると以下のようになります。

◆偽物が多いため商品が信用されづらい→自分が信頼している人のおすすめなら購入する
◆広大な土地による地域格差があり、実店舗に行けない人が多い→安心して使えるネットショッピングが支持される
◆面白いテレビ番組がないと言われている→動画サイトやライブ配信を好む人が多い

その一方で日本は「商品の信用度・安全度が高い」「地方でも都心に出やすい」といった特徴があります。

また、せっかちな国民性のためかライブ配信を見ずともAmazonなどで商品を買ってしまう人が多く、テレビ番組も充実しているのでライブ配信自体が若い人向けという印象もあります。

日本と中国の違いを理解しつつ、配信にストーリー性やオリジナリティを持たせなければ、日本でのライブコマースビジネスは成功しないと言えるでしょう。

ライブコマース向きのインフルエンサーが少ない

ライブ配信では巧みな言葉で商品やサービスの魅力をしっかりと伝えなければなりません。しかし、日本のインフルエンサーにはそれができる人が少ないのです。

この問題には以下の二つの側面があります。

◆ライブ配信アプリの人気者は配信技術もファン数も兼ね備えているが、ファン層が異性であることが多く、紹介する商品のターゲットになりにくい。
◆インスタグラマーは影響力が強いが、ファンも含めてライブ配信に疎い傾向がある。また、ライブ配信の経験が少ない。

日本のインフルエンサーには、同性のファンを増やしたり、ライブ配信の技術を磨くといった工夫が求められています。

ライブコマースで成功するポイント

課題があることを踏まえた上で、ライブコマースで成功するポイントを解説していきます。

知名度よりも人気度を高める

ライブ配信を見てくれるのは通りすがりの人ではなくコアなファンです。

ライブコマースは知名度を高める場所ではなく、人気を高める場所だと考えましょう。

不特定多数に宣伝するよりも「ファンにモノを売る」というスタンスの方が配信者の収益はアップします。

配信者が本当に愛用している商品を選び、感想やエピソードを自分の言葉で話すことが大切なのです。

特典としてサインを付けたり、限定コラボデザインを作ったりといった工夫も効果的でしょう。

また、既製品ではなくオリジナル商品を販売する方がおすすめです。

広く流通していないものを売る

「そこでしか買えない商品」「あまり知られていない商品」というのはとても強みがあります。

例えば、地方の伝統工芸を生かしたアイテムなど、都会や大手ネットショップではあまり見かけない商品が狙い目です。

そして、ライブ配信でこのような希少性の高い商品の製造工程を紹介するなどすれば、見ていて面白い動画になるでしょう。

「体験」としての価値を提供する

ライブコマースは、従来の通販よりも商品の購入体験の密度が向上します。

旅行先を決めるときと同じように、商品を買うときも実際の体験者の意見や評価がないと誰でも不安になりますよね。

ライブコマースならそうした不安を解消できます。しかも、「体験の共有」というドキドキ感やワクワク感まで味わえます。

物を買うだけでない、付加価値のある体験を視聴者に与えられるように意識しましょう。

視聴者限定のお得感を用意する

商店街や市場でのお買い物では店員とのコミュニケーションも楽しみの一つですよね。

ライブコマースでもコミュニケーションの楽しさを生かし、さらにお得感をアピールすることが大切です。

ノベルティなどの特典を用意して、視聴者限定のお得感をアピールしましょう。

購入意欲を連鎖させて購買者数を増やす

誰かが購入したことにつられて連鎖的に購入者が増えることは珍しくありません。

「〇個売れました!ありがとうございます!」「残りは〇個です!」というように、商品の売れ行きをリアルタイムで伝え、ライブ感と共に購買意欲を高めましょう。

国内ライブコマースサービス

現在は配信を停止しているものも含めて、国内の主なライブコマースサービスをご紹介します。

メルカリチャンネル

メルカリチャンネルは、人気フリマアプリ「メルカリ」によるライブフリマ機能で、食品からファッションアイテムまで様々なジャンルを扱っていました。

芸能人のサイン付き商品のほか、一般ユーザーが服やおもちゃを紹介する動画も多数配信されていましたが、残念なことに2019年7月8日をもって配信停止となってしまいました。

参考:メルカリチャンネル

SHOPROOM

2016年9月にリリースされたSHOWROOMは、アイドルやアーティストの動画ストリーミングサービス「SHOWROOM(ショールーム)」の派生サービスです。

配信者は主にタレントやモデルなどの有名人が中心で、動画配信はたびたび話題となっています。

ただ、2019年6月現在、配信サービスは停止状態です。サービスの再開を楽しみに待ちましょう。

参考:SHOPROOM

Live Shop!

参考:Live Shop!

「株式会社Candee」が運営するLive Shop!は、タレントやインフルエンサーのライブ配信が中心です。

商品のPRよりも、メイクやコーディネートのコツなどノウハウを提供する動画が多く見られます。

自社スタジオで動画を撮影することが多く、動画のクオリティーが高いのも魅力です。

MimiTV

参考:MimiTV

MIMIは「女性をもっと輝かせるために」をコンセプトとしたライブコマースです。

タレントやインフルエンサーが、女性向けのメイク・ヘアアレンジ術などを動画で紹介しています。

30秒ほどの短動画が多いので隙間時間でも楽しめます。

BASEライブ

参考:BASEライブ

BASEライブは、BASEに出店しているショップやメーカーの担当者がライブ配信を行っているのが特徴です。

インフルエンサーやモデルにこだわらず、商品を熟知している人がPRするというのは理にかなっていると言えますね。

ヤフオクライブ

国内最大手ネットオークションのヤフオクも、ライブコマース事業に参入しました。

参考:ヤフオクライブ

公式HPにはヤフオクライブの特長が以下のように記載されています。

【配信者(売り手)】
・ライブだから目立てる!ライブだから安心!ライブだから伝わる!
・ライブだから終了間近のオークションがより盛り上がる!

【視聴者(買い手)】
・番組はすべて生配信!
・配信者が見えて安心!
・商品のことがよくわかる!

現在、iPhone・Android用アプリが配信中です。大手ヤフオクの新サービスに注目です。

プラットフォームは商材との相性で選ぼう

日本でも多数のライブコマースがリリースされており、それぞれに特徴や商品・ユーザー層の違いがあります。

自分の商材と相性が良さそうなプラットフォームを見極めることがライブコマース事業成功のカギとなります。

ライブコマースを活用し尽くすためにも、サービスやアプリの特徴をしっかりと把握しておきましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法」
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田ゆうすけが、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐLINEで限定情報を入手してください。

友だち追加



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る