物販

【自作orプロに依頼】自分のショップのロゴを簡単に作るには?

経営するショッピングサイトに自社の「ロゴ」を掲載すると、消費者に視覚的な印象を与えられるため、社名を覚えてもらいやすくなります。また、ロゴによってどのような事業を行っているのかも伝えやすくなり、安心感や信頼感を与えることもできます。

そこで今回は、自社サイトのロゴを簡単に作成する方法をご紹介します。また、自分で作成する場合と外注する場合のメリット・デメリットも併せてご紹介しますので参考にしてくださいね。

ロゴには種類がある

ロゴと一口に言っても、その種類は1つだけではありません。「ロゴタイプ」「シンボルマーク」「ロゴマーク」と3種類あります。ここでは、それぞれのロゴについて詳しく解説します。

ロゴタイプ

ロゴタイプとは、以下のように社名や商品名などの文字をデザインしたり、図形化したりしたものです。

ロゴタイプは基本的に「文字」を表しているので、消費者が読みやすく、社名などをすぐに覚えてもらえるというメリットがあります。早く社名を覚えてもらいたい方におすすめのタイプです。

シンボルマーク

シンボルマークとは、以下のような会社や団体、サービス、個人、家系などを象徴する図形やマークのことです。日本の家紋もこのシンボルマークに属します。

より抽象的なイメージで図案化されているので、デザインの幅が非常に広いのが特徴です。また、文字だけのロゴタイプより視覚的なインパクトを与えやすいので、覚えやすく親しみやすいというメリットがあります。

ロゴマーク

ロゴマークとは、ロゴタイプとシンボルマークを組み合わせたものです。マクドナルドやスターバックスなどが良い例です。

文字と図形を組み合わせることで表現の幅が広がるだけでなく、社名とシンボルを同時にアピールできるため、消費者により深く印象付けることができます。

また、使い勝手の良さから多くの企業が採用しており、通常、「ロゴ」と言えばこのロゴマークのことを指します。

ロゴのメリットとは?

それでは、ロゴを作成することで具体的にどのようなメリットを享受できるのか、詳しくご紹介します。

ブランディング効果がある

ルイ・ヴィトンやナイキなど、世界的に有名なブランドは、ロゴを見ただけでどのような商品を扱っているかがイメージできるようにデザインされています。このような企業は、ロゴにショップの理念や個性を込めることで社名や商品の価値を消費者にわかりやすく伝えられることを知っているからです。

また、ロゴマーク作成会社「biz-up!」が行なった調査によると、約9割の回答者がロゴがある会社の方がロゴがない会社よりも印象が良いと答えたそうです。

このように、ロゴには消費者の認知や企業に対する信頼を高め、企業そのものの価値を向上させる効果(ブランディング効果)が期待できます。

売上アップにつながる

インパクトのあるロゴは視覚情報として記憶に残りやすく、無意識に人の購買意欲を刺激する可能性があります。人間は情報の約7割を視覚から入手していると言われているからです。

たとえば、アメリカの有名実業家で「起業の神様」と呼ばれるマイケル・E・ガーバー氏の著書『Why Most Small Businesses Don’t Work and What to Do About It(ほとんどの中小企業が機能しない理由とその対処法)』によると、三角形のロゴよりも円形のロゴのほうがよく売れ、円形のロゴよりも紋章のロゴの入った商品のほうが良く売れる傾向があるそうです。つまり、ロゴの形状や書体は売り上げに大きな影響力を持っているということなのです。

このように、ロゴによって視覚にアピールすれば、消費者の心に商品が強く印象づけられ、結果として売上がアップする可能性があるのです。

ロゴは自作派?それとも外注派?それぞれのメリット・デメリット

実際にロゴを作成するとなると、自作するのか、それともプロのデザイナーに外注するのか迷う方も多いと思います。

そこでここでは、それぞれのメリット・デメリットを詳しく解説します。ぜひ参考にして、ご自身のショップに合った方法を選んでくださいね。

ロゴを自作するメリット・デメリット

ロゴを自作するメリットは、自分が納得できるロゴを作成できる点にあります。

デザイナーに頼んだ場合、自分の考えているロゴのイメージが伝わらずに、納得がいかない作品になってしまうおそれがあります。しかし、自分で作成すれば、イメージに近いデザインになるまで何度でも修正することができます。また、無料のロゴデザインツールなどを使用すれば、費用もかなり抑えられます。

一方、自作には、ロゴのクオリティが自分のデザインセンスに左右されてしまうというデメリットもあります。また、デザインに悩んだり、納得いかなかったりすると作業が中断し、いつまで経っても完成しないこともあります。

ロゴ作成をデザイナーに依頼するメリット・デメリット

プロのデザイナーは、素人の知らないアイデアや専門の技術を持ち合わせています。そのため、質の高いロゴを作成してもらえる可能性があります。クオリティの高いロゴを作りたい方は、自作ではなくデザイナーに依頼することをおすすめします。

しかし、クオリティが高い反面、プロのデザイナーに依頼すると制作費用が高くなる傾向にあります。一般的なロゴ制作費の相場は一点で3〜10万円程度であり、企業のブランディングまで併せて依頼すれば、20万円~数百万円程度かかる場合もあると言われています。

ロゴ作成サイトを選ぶ際のポイント4選

ロゴを自作する場合は、ロゴ作成サイトを利用すると効率的に作ることができます。ここでは、そんなロゴ作成サイトを選ぶ際の4つのポイントを解説します。

1.更新頻度の高いサイトを選ぶ

ロゴ作成サイトを選ぶ際は、更新頻度の高いサイトを選びましょう。

更新頻度の高いサイトは、トレンドを意識した最新のロゴ・デザインが反映されている可能性が高く、消費者の目を引くスタイリッシュなロゴを作りやすいというメリットがあるからです。

2.自社の業種と関連性のあるロゴ作成サイトを選ぶ

ロゴは業種ごとにデザインが異なります。たとえば、子供服のショップであれば、キュートで温かみのあるロゴが多く、IT関係のショップであれば洗練されたモダンなアイコンが好まれる傾向があります。

そのため、自社と関連性のある業種のロゴデザインを豊富に用意しているサイトを選びましょう。また、業種ごとにデザインが分類されているサイトなどもおすすめです。

3.操作しやすいサイトを選ぶ

ロゴ作成サイトを選ぶ際は、操作のしやすさも重要なポイントです。複雑な作業を要するサイトはロゴ完成までに時間や手間がかかり、ショップの運営にも支障が出るおそれがあります。

作成サイトの中には無料で操作を試せるところもあるので、実際に作業してみてその操作性を実感した上で、使用するかどうか判断しましょう。

4.料金を確認する

無料のロゴ作成サイトを利用すれば、作成費を抑えることができます。ただし、無料版の中には、画質が悪かったり、大きめのサイズに対応していなかったりするものもあるので注意が必要です。

ロゴはショップの顔とも言える大事な要素です。ブランディングの向上を図りたい場合は、多少費用はかかりますが、有料サイトで質の良いロゴを作成することをおすすめします。

おすすめの無料ロゴサイト4選

ここでは、おすすめの無料ロゴ作成サイトを4つご紹介します。自分でロゴを作りたいという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

1.Cool Text (クールテキスト)

Cool Text は、アメリカの無料ロゴ作成サイトです。シンプルな作業でポップかつおしゃれなロゴを簡単に作成できます。会員登録など面倒な手続きは不要なので、手軽に利用できます。また、日本語にも対応しており、ひらがなや漢字での作成も可能です。

Youidrawロゴクリエーター(ユーアイドローロゴクリエーター)

Youidrawロゴクリエーターは、何百もの豊富なスタイルとテンプレートから、ロゴをはじめ、グラフィックや見出し、アイコン、Webサイト要素、ボタンなど様々なコンテンツを作成できます。作成したロゴなどは、GoogleドライブやDropbox、ローカル上に保存可能です。

3.logo garden(ロゴガーデン)

logo gardenは、膨大な数の業種別アイコンの中から文字やシンボルマークを選択・編集するだけでロゴが作成できるので、わずか数分で作業が終わります(一部有料のコンテンツあり)。日本語表記に少々おかしなところも見られますが、作業に支障をきたすほどではありません。

4.LOGO FACTORY(ロゴファクトリー)

LOGO FACTORY は、会社名などの文字を入力後、サイズやフォント、カラーなどを選ぶだけで、簡単にロゴが完成します。文字の下にサブタイトルも入力できるので、より個性的なロゴを作ることができます。

ロゴの作成におすすめなクラウドソーシング3選

ロゴを自作することに自信がない方は、プロのデザイナーに依頼することをおすすめします。その際、クラウドソーシングを利用すれば、ハイクオリティなロゴをより安く発注することができます。

ここでは、ロゴの作成におすすめなクラウドソーシングを3つご紹介します。

1.クラウドワークス

クラウドワークスは、仕事発注数300万件以上(2021年現在)を誇る日本最大級のクラウドソーシングサービスです。会員登録料や発注手数料は無料で、コストは採用したワーカーへのデザイン料のみです。

ロゴやデザイン作成案件も非常に多く、経済産業省のロゴデザインを担当した実績あるデザイナーなども登録しているので、安心して発注できます。

2.ココナラ

ココナラは、知識や経験、スキルなどを受注・発注できるオンラインスキルマーケットです。500円から利用可能で、ちょっとしたタスクを依頼・販売することができます。

2021年現在、ロゴ制作には約15,000件の企業や個人デザイナーが登録しており、幅広い人材に対して発注することが可能です。

3.Bizseek(ビズシーク)

Bizseek(ビズシーク)は、発注にかかるサービス手数料が業界最安値を誇るリーズナブルなクラウドソーシングです。さらに、多くのプロデザイナーが登録していることから、デザイン会社に頼むよりも割安な価格で高品質のロゴを発注できる可能性があります。

ロゴには、消費者の認知を広げるだけでなく、消費者に信頼感や安心感を与える効果がある!

今回は、自社サイトのロゴを作成する方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ロゴには視覚的な印象を与える効果があるので、ロゴを作成しておけば消費者に社名を覚えてもらいやすくなります。また、どのような事業を行っているのかも伝わりやすくなるので、信頼感や安心感を与えることも可能です。

ロゴを作る方法には、ロゴ作成サイトなどを利用して自作したり、クラウドソーシングサイトを介してプロに安く依頼したりなど、様々な方法があります。どちらにもメリット・デメリットがありますので、ご自身に合った方法を選びましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!