スキル

「お金」で「お金」を稼ぐために、まずはネットで稼いでいこう

この記事を監修した吉田です。
2021年5月現在で成功者続出の秘密のノウハウを期間限定で公開します。
今すぐ確認してください。

クリックして"1300万円稼いだ方法"を読んでみる。
吉田
吉田

最近は様々な方法でお金を稼ぐことができます。その中でも、もっとも効率よく稼ぐ方法をご存じでしょうか。
それは、「お金」で「お金」を稼ぐこと、つまりすでに持っているお金を運用して利益を得ることなのです。

しかしそうは言っても、大半の人はそもそものお金を持っていません。ですから、工夫と努力によって何とか元手となる種銭を作り出す必要があります。

そのために現代で欠かせないツールが、インターネットです。ネットにはあなたが持つスキルや興味をお金に換える手段が山ほど転がっており、それらを使って副業などで高い収入を得ることもじゅうぶん可能になってきています。

この記事では、「お金でお金を稼げる」状態になるために、ネットを駆使してどのように元手を稼いでいくべきなのか、ということについて、具体的に解説していきます。

「時間」で稼ぐ一般人、「仕組み」で稼ぐお金持ち

日々の生活をひいひい言いながら何とか凌いでいる、いわゆる一般人と、使い切れないほどのお金を持っているお金持ちとを分けるものは一体何なのでしょうか。

実は両者のあいだには、どのような手段で稼いでいるのかという点で決定的な違いがあります。この項ではその違いについて解説していきます。

あなたの収入が増えない理由

収入が増えない人にはいくつかの共通点がありますが、その中でも代表的なものは「お金に対して受け身でいること」です。

受け身とはどういう意味でしょうか。それは、誰かに雇われ、その庇護のもとで自分の労働力と時間を提供し、その対価としてお金をもらう、という稼ぎ方を、当たり前で唯一の手段だと考える姿勢のことです。この姿勢を続けている限りは、どれだけ大きなお金を稼ごうと思っても、せいぜい給料や時給を上げてもらうとか、他の仕事を掛け持ちするといった方法しか採ることができません。

正社員か派遣社員か、といったステータスで世間の人々は騒ぎますが、実のところどちらであろうと、あるいはアルバイトであろうとも、時間を雇用主に切り売りして一定のお金を得るという収益モデルに変わりはありません。出世をすればもちろん給料は上がりますが、収益モデル自体には何の違いもなく、その上限は知れているのです。

「仕組み」で収入を増やす

そういった状況を打破するために、一攫千金を狙う人も一定数出てきます。すると、怪しい投資の話などに飛びついてしまうわけですね。こうした話はどんなにもっともらしく聞こえたとしても、所詮はギャンブルです。再現性は低く、下手をすると何もかもを失ってしまいかねません。

一方、お金持ちが常に意識しているのは「いかに自分の時間を売らずに人生を進めるか」ということです。そのために時間を買えるときは買い、自分の時間を切り売りすることなくお金を生み出せる仕組みを作ろうとします。この仕組みをいかに上手に作れるかが勝負です。これが上手く行った場合、あなたが寝ているあいだにもお金はどんどん増えていくことになります。

そういう「お金を生み出す仕組み」のもっともわかりやすい例が、起業をして人を雇う立場になることです。

お金儲けは「悪」ではない

日本人は「お金の勉強」をしないまま大人になるケースが大半です。そのためお金に対するリテラシーが低く、お金を増やす仕組みに疎いまま、忙しく生きている人がとても多いのが実状です。

そして、お金持ちと聞くだけで「ずるい」「何か悪どいことをしているに違いない」などと考えてしまう人が、とても多いですよね。お金の勉強をしていないがゆえに、大金を稼ぐ行為を「他人から搾取して自分だけが良い思いをしている」という風に捉えてしまうのです。

しかし、もちろんお金儲けは悪ではありません。お金が儲かるというのは、儲かる仕組みを考えてそれを実行に移した人に訪れる、当たり前の結果に過ぎないのです。この辺りの意識を変えることが、稼ぐためにまず必要な作業となるでしょう。

お金を稼げる趣味の数々

お金でお金を稼ぐための第一歩は、まず稼ぐ手段を一つでも増やし、種銭を作ることです。そのために意外と活用できるのが、あなたがすでに持っている趣味の数々です。

この項では、収入に繋げることのできる趣味を5つ紹介していきます。あなたがどれかに当てはまった場合、今日からでもお金を稼ぐために動いてみてはいかがでしょうか。

文章を書くことが好きなら「ライティング」

文章を書くことが好きで、趣味の日記や小説、ブログなどを続けている人は意外と多いです。そういう人達には、ライティング業務がとてもオススメです。

特にネットの記事を執筆するWebライターは、副業の王道と言えます。すぐに始めることができますし、即金性も高いので、最初に手掛ける副業として申し分ありません。

Webライターを始めるのであれば、まずはクラウドソーシングサービスを利用してお仕事を探してみましょう。おすすめは、クラウドワークスランサーズです。

ある程度慣れてきたら、今度は企業に直接営業をかけてみてください。そうすれば、高単価の案件を受注できるようになります。

絵を描くことが好きなら「イラストレーション・デザイン」

絵を描くことが好きな人も、それを活かして稼いでいくことがじゅうぶん可能です。イラストレーションやデザインの分野には、フリーランスで活躍している人が山ほどおり、仕事を通じてさらに腕を磨き、キャリアを積み重ねています。

依頼を受けて作品を制作し報酬を得るのが基本ですが、自分でポスターやTシャツといった商品を作って販売することもできます。こういったオリジナルコンテンツの販売は、ヒットしたときの儲けが青天井で、一気に大金を得られる可能性を秘めています。

人を楽しませることが好きなら「エンタメ」

人を楽しませることが好き、という人も、それをお金に換えることができます。InstagramやYouTube、TikTokといったプラットフォームで、あなたの面白さを自由に表現することが収益へと繋がっていくのです。

エンタメ系の収益というと、YouTubeの広告収入を真っ先に思い浮かべる人が多いかもしれませんが、収益モデルはそれだけではありません。ある程度のファンを獲得すれば、企業からタイアップの話が来ることもあります。また、オリジナルグッズを販売することで多額のお金を稼いでいくことも可能です。あなたの「面白い」がどんどんお金に直結していくのです。

毎日の献立を考えることが好きなら「料理」

料理には、日常生活を彩る便利な情報という側面もあれば、一種のアートとしての側面もあります。いつの時代も人々の料理への関心は強く、料理のできる人にはコンテンツ発信で稼ぐ道が常に開かれています。

InstagramやYouTube、ブログといったプラットフォームを通して、あなたの料理の腕前やレシピを発信していくことで、多数のファンを獲得することができるでしょう。そうなれば、自分のとっておきの情報を有料で販売できるようになりますし、もしかしたら「本を出版しないか」という打診が出版社から来ることもあるかもしれません。

遊ぶことが好きなら「ゲーム」

一昔前は、ゲームといえば時間の浪費の象徴でした。絶対的に悪とされていた時代もあり、今でも年配の人達はそのような発想でゲームを捉えているかもしれません。
しかし時代は一変しました。今ではYouTubeTwitchといったプラットフォームでゲーム実況を配信することにより、まとまった収入を得ている人が多数います。

彼らは「ストリーマー」と呼ばれ、中には年収が1億円を超える人もいるという盛況ぶりです。
とはいえ、必ずしもゲームが上手くなる必要はありません。収入を多く得るためには、配信を面白くできるかどうかがカギとなります。その意味では、いわゆる「ゲーマー」というよりも「エンターテイナー」気質のほうが、ゲームで稼げる可能性を持っていると言えるかもしれません。

ネットでお金を稼ぐ方法

ネットでお金を稼ぐには、具体的にどのような行動を取ればよいのでしょうか。この項ではその方法について、いくつか解説していきます。

一つ注意して欲しいのは、基本的に稼ぐ手段は無限大だということです。ここで解説していることがすべてではなく、時が経つにつれて新しい稼ぎ方もどんどん生まれてきます。常にアンテナを高く張っておくことを心がけましょう。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、企業と提携してあなたのサイトなどで商品やサービスを紹介し、そのサイトから購入されると一定の割合の報酬があなたの元に入る、という仕組みのことです。

アフィリエイトの一番の魅力は、いったん仕組みが完成すれば不労所得を得る手段となることにあります。たとえば、あなたのサイトが月間100万人も訪れる大きなサイトだったとしましょう。そこまで育ったサイトのアフィリエイトは、かなりの数の成約が得られることになります。そうなれば放っておいてもあなたの生活費くらいは勝手に入ってくるようになり、あなたは実質的に働かなくてもよい状態になれるのです。

とはいえ、アフィリエイトも簡単ではありません。成功するためには多くの人を惹きつけるマーケティングの知識やセンスが問われます。Googleなどの検索エンジンの上位に表示されるための施策は必須ですし、ライバルとの競争にも勝ち抜かなくてはいけません。

成功すれば大きく稼げますが、そこまでの積み重ねが大変なのがアフィリエイトであるという認識は持っておくべきでしょう。

YouTube

YouTubeでの発信を仕事にするYouTuberは、今や子どもがなりたい職業の上位に常にランクインする存在となっています。

すっかり世間に浸透したYouTubeですが、それゆえに競争は激化しており、今から始めて成功するのは並大抵のことではありません。しかしジャンルによって難易度は異なりますので、これから伸びる余地のあるジャンルであれば、波に乗って成功できる可能性も残されています。

YouTubeで稼ぐというと、広告収入を思い浮かべる人が多いと思われますが、実際には広告収入だけではさほどの稼ぎにはなりません。YouTubeをビジネスとして考えたときに稼ぎが大きいのは、企業とのタイアップ企画といったいわゆる企業案件や、YouTubeを通じたオリジナル商品の販売です。これらが上手く行けば、非常に大きな収入を得ることができるようになります。

クラウドソーシング

あなたが持っているスキルを手っ取り早くお金に換えたいのであれば、クラウドソーシングサービスを利用するのがオススメです。

クラウドソーシングサービスとは、自分のスキルを売りたい人と、誰かのスキルを買いたい企業や個人をマッチングさせるサービスの名前です。クラウドワークスやランサーズといった大手のプラットフォームには、常にたくさんの案件が転がっているため、これらを活用することで仕事を探すのがとても簡単になります。営業能力に自信のない人や、まだ何も実績のない人にはぴったりのサービスです。

一方、クラウドソーシングサービス上の案件は単価が低い傾向にある、といった注意点もあります。そのため、こうしたサービスに完全に頼り切ってしまわないようにする意識も大切です。

ブログ

ネットをやっていて、ブログ記事を目にしたことのない人はほとんどいないでしょう。中には100%趣味でやっているブログもありますが、稼ぐことを目的として運営されているブログも数多く存在します。記事を書いて広告を貼り、そこから収益を得るというモデルです。

人気が出たブログは、さらに有料メルマガを発行したり、有料記事を書いたりすることで、ファンを囲い込んでさらに収益を上げることもできるようになります。

ただし、2021年2月時点では、ブログは稼げなくなったという声も聞かれます。Googleの検索エンジンが大手企業のサイトを優先的に上位表示するようになり、個人のブログがヒットしにくくなったことや、ブロガーの数が飽和していることなどが主な理由です。

とはいえ、稼げるチャンスがまったくないメディアではありません。自分の文章を公開して稼いでいきたい人は、ブログを持っておくべきでしょう。また、Webライティングなどの仕事をしていく際には、ブログが自身のポートフォリオとして機能しますので、そのような目的でブログを運営する戦略もあります。

FX

FXとは、異なる通貨を売買する「外国為替取引」において生じる、為替レートの差額で稼ぐ手法のことです。たとえば、1ドル100円のときに10,000円で100ドル買い、1ドル110円のときにそれをすべて売れば、11,000円になるので1,000円の利益が出たことになります。

FXの特徴としては、手元にある資金の何倍もの金額を取引できることが挙げられます。これは当たれば大きいのですが、失敗したときの損失も計り知れません。FXはギャンブル的要素の非常に強いものであるという認識は、こうした性質によるところが大きいです。

ハイリスク・ハイリターンの世界ですので、FXに関してはほどほどの少額でやるか、あるいは手を出さないか、いずれにせよ自制心を持って扱うことが大切になります。とはいえ、大きく勝負して勝ち続けている成功者がたくさんいる世界であることもまた事実です。

得意分野を販売する

ココナラというプラットフォームでは、あなたが得意とするものを自ら積極的に販売していくことができます。イラストを描くのでも、小説を描くのでも、ロゴをデザインするのでも、音声を収録するのでも構いません。さまざまな人が無数のジャンルの「商品」を売っており、多くの人がそのスキルを購入しています。

クラウドソーシングサービスが「仕事の仲介所」だとすれば、ココナラは「特技のフリーマーケット」です。変に身構えることなく、軽い気持ちであなたのスキルをお金にすることができます。とはいえもちろん、料金に見合ったクオリティのものを納品しなければ、評価が下がってしまい相手にされにくくなってしまうという、一定の厳しさは存在します。

稼げない人に共通する考え方

お金を稼げない人には、共通する考え方があります。能力のあるなし以前に、その考え方によって行動にブレーキがかかり、結果として稼げていないということも珍しくありません。

この項では、そんなNGな考え方について解説していきます。

自分を確立するより先に収入を優先してしまう

稼げない人は、目先の収入に固執しがちです。稼ぐことに積極的なのは悪いことではないのですが、そのせいであれもこれもと手を出してしまい、結局「何の専門性もない何でも屋」になってしまうことが往々にしてあります。

本当に何でもできるならば問題ありません。むしろ強みになります。しかし大抵の場合、たくさんのことに手を出してしまうと、どの分野についてもスキルを深めていくことができなくなります。それはつまり、「誰でもできる仕事しかできない」ということであり、そのような人材を高い報酬で使いたいと考えるクライアントはほとんどいません。その結果、長い目で見ると、稼いでいくことが難しくなってしまうのです。

稼げる人は、自分の強みを作ることをしっかりと行っています。短期的にはそのせいで稼げないこともあるかもしれませんが、そのようにして専門性を獲得することで、結果的には高単価の仕事を得ることができるようになり、稼げるようになっていくのです。

「効率の良い仕事」にばかり飛びつく

稼げない人は、短期的に効率の良い仕事に安直に飛びつく傾向があります。もちろん、効率を追求する姿勢は大切なのですが、仕事を受ける際に目先の効率の良さばかりを追いかけていると、将来的に大きな仕事を取ることが難しくなることがあります。

一番わかりやすいのは、その仕事が持つ将来性でしょう。単体での報酬がいくら高くても、その仕事が終わってしまえばすべて終わりで、何にも繋がっていかないのでは、稼ぎを大きくしていくことはできません。それよりは、低単価であってもそれをしっかりこなすことで、将来的に多種多様な仕事、大きな仕事に繋がっていくような仕事を選んだほうが、結果的には稼げる人材になれる可能性は高まるのです。

もちろん、どうしても今すぐお金が必要な場合もあり、将来のことばかりを考えてもいられない事情は存在します。しかし、できる限り自分のキャリアを長期的な視野で考えて、戦略的に仕事を選んでいく姿勢は欠かすべきではありません。

少しの考え方の違いが、「稼げる人」と「稼げない人」を分ける

稼げる人と稼げない人の差は、このようにほんのわずかな考え方の違いから生まれていることが多いのです。考え方が違えば選択も行動も違ってきます。それが積もり積もって何年にもわたると、状況は天と地ほど変わってしまうわけです。

成功している人の多くはマインドセットの大切さを説きますが、成功していない人はそれを軽視しがちです。稼げる考え方を身につけて、それにしたがって行動していくことは、持って生まれた能力以上に重要な決め手になり得ます。この段階で脱落してしまうことのないよう、常に注意を払って日々を過ごしましょう。

稼げる人間になるための社会的基礎力

人生を豊かに過ごすためには「稼ぐ力」が不可欠です。そのために必要なスキルとして、経済産業省は「社会人基礎力」という概念を提唱しています。

この項では、その社会人基礎力を紹介していきましょう。

3つの能力と12の要素

社会人基礎力とは、2006年に経済産業省が提唱した「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」のことです。3つの能力と12の能力要素から構成されているもので、「人生100年時代をいかに生き抜くか」といった長期的な視点から、社会人としての力を解説したものになっています。

前に踏み出す力

1つ目は「前に踏み出す力」です。その言葉どおり、前に踏み出し、たとえ失敗したとしても粘り強く問題に取り組んでいく力のことです。この力を発揮するのに必要な要素として、以下のものが挙げられています。

主体性:物事に進んで取り組んでいく力
働きかけ力:他人に働きかけ、巻き込んでいく力
実行力:目的を設定し、確実に行動する力

考え抜く力

2つ目は「考え抜く力」です。物事を進めるにあたって、問題点や特性の深いところまでしっかりと考え抜く力を身につけるには、以下の要素が必要になります。

課題発見力:現状を分析し、目的や課題を明らかにする力
計画力:課題の解決に向けたプロセスを明らかにし、準備する力
創造力:新しい価値を生み出す力

チームで働く力

3つめは「チームで働く力」です。多種多少な人と、同じ目標に向かって協力する力のことです。この力を発揮するために必要な要素は以下のとおりです。

発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力
傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く力
柔軟性:意見の違いや相手の立場を理解する力
情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
規律性:社会のルールや人との約束を守る力
ストレスコントロール力:ストレスの発生源に対応する力

「お金」で「お金」を稼ぐ準備をしよう

以上、お金でお金を稼ぐために、まず実行すべき稼ぎ方について解説しました。

一言でいうと、現代においてお金を稼ごうと思ったら、ネットを活用することはほぼ必須です。もちろん今でも世の中にはいろいろな稼ぎ方がありますが、あなたの人生を劇的に変えるきっかけとするには、ネットを絡めた仕事をする以外に道はないと思ったほうがよいでしょう。

しかし「ネットで稼ぐ」といっても、その方法はいろいろです。この記事では代表的な方法をできるだけ噛み砕いて解説しましたが、1年後、3年後、5年後には、また新しい稼ぎ方が生まれていることでしょう。情報に対して常に神経を尖らせ、そういう新しい稼ぎ方を素早く察知し行動することはとても大切です。

そのようにして大きく稼いだら、そのお金を働かせてさらに大きく稼いでいく段階に入ることができます。

この記事が、あなたの人生がより豊かなものへと一変する第一歩となれば幸いです。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】2021年5月現在で成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • ○○○で仕入れた商品を1週間で1300万円販売したノウハウ
  • 2021年、海外で成功者続出中の最新事例
  • セレクトショップの商品を7割引で見つけるヒミツの方法
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 114円で仕入れて10倍の値段で販売した実例

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • ・まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • ・取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ・ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。