メルカリに出品したときの手数料は、商品が売れなかったらどうなるの?

メルカリを利用する際は、その内容に応じた手数料が発生します。普段からメルカリを利用している方も、その時々で手数料を支払っていると思いますが、漠然と手数料を払い続けるだけというのはもったいないです。

メルカリの手数料とはどのような仕組みになっているのか、またどのような場面で発生するのかをきちんと理解して、手数料がなるべくかからないように利用していきましょう。

目次

メルカリに出品する魅力とは

まずはメルカリで出品することの魅力について説明します。これを知ると、なぜ多くの人々に利用され、支持を集めているのかがわかります。

メルカリは出品のしやすさと売れやすさが魅力

メルカリはアカウントを持っているユーザーなら誰でも手軽に出品でき、しかも実際に出品するまでのハードルはとても低いです。その手軽さが好評を得ています。

また、メルカリユーザーの中には購入することだけを目的としてアカウントを保有している人もいます。ユーザーの絶対数が多いことに加えて、そのような層のユーザーも存在することが、商品がすぐに売れる可能性を高めています。

また、落札されるまで待たなくてはならないオークションサイトと違って、購入者が現れたらその時点で売買の取引が始まることも特徴の1つです。このことは、出品者が商品を発送し、売上金を手にするまでの流れをスムーズにさせています。

気軽に出品できてすぐに売れやすいのが、メルカリの魅力と言えます。

メルカリで出品できる商品は幅広い

メルカリでは、規約で禁止されている物以外は何でも出品できます。出品する物を選ばないのもメルカリの大きな魅力です。

実際に取引が行われた商品の例としては、次のような物が挙げられます。

・家電のジャンク品
・缶バッジ
・カップラーメン
・お菓子の詰め合わせ
・使用済みの化粧品
・リモコン
・牛乳パック
・トイレットペーパーの芯
・公園で拾える松ぼっくり

普通ならそのまま捨ててしまうような物や、リサイクルショップでは値段が付かなかったり買い取ってもらえなかったりするような物まで、メルカリでは出品が可能です。売れるかどうかわからない物にも可能性を見いだせるのは、メルカリならではです。

メルカリでは匿名配送ができる

メルカリでは、相手に住所などの個人情報を知られること無く取引ができます

通常、宅配便などの手段を介して物の取引を行うときは、相手に自分の名前と住所を開示する必要があります。そうしないと名前や住所が一致せず、荷物が正しく自分の元に届かないからです。

相手がきちんとした個人情報取扱事業者であれば、ためらい無く名前や住所を教えられるでしょう。しかし、メルカリで取引する相手は基本的に個人です。中には、取引の途中で知った住所を悪用するような人がいる可能性があります。これを考えると、ネット上で名前や住所を開示するのは怖いですよね。

メルカリで商品を発送する手段として使われているメルカリ便では、匿名配送が可能です。これを利用すると、発送する側も受け取る側も相手に個人情報を開示する必要がありません。出品時に発送方法をメルカリ便に設定しておく必要がありますが、自分の個人情報を守りながら取引できるのは魅力的と言えます。

メルカリ利用で覚えておきたい手数料

メルカリで商品が売れたとき、売り上げた分のお金全てが手元に入るわけではありません。メルカリ運営元に支払う手数料が差し引かれます。その他にも、メルカリを利用する際にかかる手数料はいくつか存在します。

メルカリを出品者として利用する際は、これから紹介する手数料について理解しておきましょう。

出品者が覚えておきたい4つの手数料

メルカリを出品者として利用する際に覚えておきたい手数料は次の4つです。順番に説明します。

販売手数料
メルカリに出品した商品が売れたときに発生する手数料です。その金額は、販売額の10%と定められています。1,000円を売り上げたときには、その10%にあたる100円が差し引かれた900円が売上金として計上されます。

ライセンス料
メルカリでは販売額の10%をライセンス料として支払うことで、ハンドメイドの二次創作物を販売することができます。現在、メルカリで販売が認められている二次創作物は、漫画作品「宇宙兄弟」とゲームアプリ「Ingress」のものです。

このライセンス料は、販売手数料とは別に売り上げから差し引かれます。どのようなグッズの販売が可能なのかと出品の方法については、下記の公式サイトを確認してください。

参考:宇宙兄弟

参考:Ingress

集荷手数料
「らくらくメルカリ便」を利用する際に、自宅集荷のサービスを利用する際にかかる手数料です。1つの取引ごとに30円がかかり、売上金から差し引かれます。「ネコポス」で発送する際は集荷サービスを利用できないため、注意が必要です。

振込手数料
メルカリの売上金を現金として振り込み依頼する場合、1回の振り込みにつき200円の手数料が必要です。これは振込金額や金融機関によらず、一律で決まっている手数料です。

メルカリの独自ルールとは

メルカリを上手く使いこなすには、ユーザー間の決め事として浸透しているに独自ルールついての理解を深めておきましょう。これは運営元がアナウンスしているルールではなく、中には運営元としては非推奨のものも存在します。そのため、厳守する必要はないのですが、メルカリユーザーの中には頑なに独自ルールを守るようにと言う人もいます。

余計なトラブルを回避するためにも、この独自ルールについての理解を深めておきましょう。

専用出品

メルカリで商品を探していると、○○様専用と書かれている商品を目にすることがあります。これは「専用出品」と呼ばれる独自ルールで、出品者と購入希望者がメッセージのやりとりを行った後、出品者がその希望者に向けた商品としていることを示すものです。

初めて目にする人はそのような商品の購入をためらってしまいますが、メルカリのルールには専用出品に相当するものは存在しません。特定のユーザー専用出品となっていても、その他のユーザーが購入することもできます。そして購入者はこれを拒否することはできず、仮にキャンセルするようにと購入者に連絡を入れた場合、逆に事務局に通報される可能性さえあります。そうなった場合、不利になるのは出品者の方です。

また、専用としていたユーザーからは、横取りされたとか専用を守ってもらえなかったとか、逆恨みされる可能性も考えられます。余計なトラブルを回避したいなら、専用出品は控えた方がいいです。出品時に専用出品はしない旨を書いておくのも有効です。

値下げ交渉

メルカリでは購入を検討しているユーザーが、出品者に対し「値下げをしてもらえないか」というメッセージをよく送っています。そしてこの値下げに応じない出品者は、対応が不親切であるとされ、いい顔をされません。

これは「値下げ交渉」と呼ばれる独自ルールで、多くのジャンルの商品にて行われています。そして出品者側は、値下げされることを前提としてはじめの価格を決めていることが多いです。値下げによって売り上げが減ってしまうのを防ぐなら、値下げ交渉が持ちかけられることを見越した価格設定にすることをおすすめします

送料込み

メルカリでの送料は、基本的に出品者側の負担です。出品の際に着払いの設定にすることは可能ですが、売れやすさに影響するため送料は出品者負担が一般的です。独自ルールというよりは、自然とそうなったという文化と言う方が近いでしょうか。代引きでの発送が規約で禁止されている事も影響しています。

出品者負担が一般的になった理由はもう一つあります。それは「メルカリ便」です。着払いではメルカリ便が利用できなくなっています。メルカリ便が使えないと、上記にて説明したような匿名配送ができません。つまり、双方の名前や住所の開示が必要になるのです。お互いに個人情報漏洩のリスクを回避できることを考えれば、メルカリ便を使うメリットの方が遙かに多いです。

メルカリを利用する時のちょっとしたコツ

各種手数料や独自ルールなどによって、メルカリで物を売ってもあまり利益が出ないという状況に直面することもあるでしょう。そのようなときに参考にして欲しい情報をここからご紹介します。メルカリを利用する際のちょっとしたコツになるので、しっかりと覚えておきましょう。

商品の相場を把握しよう

出品するときは、まずメルカリにおけるその商品の相場を把握しましょう。検索をかけると、他のユーザーはいくらに値段を設定しているのかを確認できます。またメルカリの検索では、既に売れている商品も一覧に出てきます。その数を見て、売れている商品かどうかを判断することも必要です。

季節物の商品を出品するなら、高く売れる時期まで待つのも手です。冬物は晩夏から晩秋にかけて需要が高まるので、価格が上がる傾向があります。

より安い商品を探す方法

購入者側として利用する際のコツは、より安く商品を購入するためのコツとなります。ここでおすすめしたい方法は、検索する際のキーワードを細かく変えてみることです。

例えば人気商品である「Nintendo Switch」を探したい時は、色々な表記方法を試してみることです。間の半角スペースを消して「NintendoSwitch」としたり、大文字を小文字にしたりしても検索に引っかかります。「ニンテンドースイッチ」とカタカナ表記で検索してもヒットします。

このようにさまざまな表記で検索すれば、より多くの商品を比較検討し、より安価な商品を探し出すことが可能です。

メルカリのキャンペーンを活用

メルカリでは不定期にキャンペーンを開催しています。その期間中に販売することで、よりお得にメルカリを利用できます。

例えば2022年3月に行われたキャンペーンでは、抽選に当選したユーザーを対象に、期間内に出品して売れた商品の売上金の2倍、あるいは同額分のポイントをプレゼントしていました。メルカリのポイントはメルカリでのお買い物に使えたり、街中でのメルペイ支払いに充当したりすることも可能です。

このほかのキャンペーンでは、手数料を無料としたり、手数料の50%を還元したりという内容のものもあります。こちらは条件を満たした全ユーザーが対象なので、より参加しやすいキャンペーンとなっています。

梱包方法を工夫する

メルカリで利用できる発送方法で最もお得なのはメルカリ便ですが、荷物の大きさなどによって値段を含めた内容は細かく区分けされています。より安く発送するなら、よりコンパクトに商品を梱包することがコツです。

しかしコンパクトにしたいからといって、無理をした梱包を行うのも禁物です。仮に割れやすい商品を梱包するとして、送料を安くしたいからと言って緩衝材をケチると、商品が破損して返金対応となる可能性があります。そうなっては送料を安くさせた意味が失われます。

商品の安全性を確保した上で、コンパクトに梱包することが必要です。

手数料を安く済ませるコツ

最後に紹介するのは、手数料を安く済ませるコツです。決して安いとは言えない手数料をどのようにして節約するのか。その簡単なテクニックを説明します。

メルペイを活用する

振込手数料を払わずに済ませるなら、メルペイを使うという方法があります。

メルカリの売上金を銀行口座に振り込んでもらう際、200円の手数料がかかることは先述したとおりです。しかし、売上金をメルペイにチャージする場合だと手数料はかかりません。メルペイはコンビニをはじめとした、日常生活で利用するさまざまなお店で使用可能なので、街中で使うシーンに困ることはありません。現金として振り込ませるよりもお得に使えます。

支払い方法を手数料ゼロの方法に

メルカリでは、購入者が負担する手数料も存在します。それが決済手数料です。メルカリでのお買い物の決済を以下の4つから選ぶと、1回の支払いにつき100円の手数料が発生します。

・コンビニ支払い
・ATM支払い
・携帯電話キャリア決済
・FamiPay

一方で、手数料無料の支払い方法も存在します。それが以下の4つです。

クレジットカード
メルペイ残高
Apple Pay
メルペイスマート払い

ただし、メルペイスマート払いもコンビニやATMを利用して支払うと手数料が発生します。

手数料をかからない支払い方法としては、クレジットカードやメルペイ残高支払いがおすすめです。

メルカリ売上金を利用する

購入者として手数料をできるだけ支払わないで決済するコツとしては、メルカリの売上金を活用するという手があります。

先ほども記したとおり、メルカリの売上金はメルペイの残高にチャージできます。それを使ってメルペイ残高支払いで決済すれば、手数料はかかりません。

またメルカリの売上金は、メルカリポイント購入にも使えます。キャンペーンなどでもらえたメルカリポイントと合わせて支払いに利用したいときは、こちらで決済するといいでしょう。

販売手数料をふまえた価格設定

最後に紹介するのは、販売手数料をふまえた価格設定のコツです。ある商品が9,000円、あるいは8,999円で出品されていた場合を例に説明します。

販売価格9,000円の手数料は10%にあたる900円です。これを差し引くと、出品者の売上金は8,100円となります。

一方、販売価格8,999円の手数料は端数切り捨てによって899円となり、差し引いた売上金は8,100円となります。

売上金は同じですが、手数料として引かれる分は1円だけ安くなります。出品者がこの値段設定で出品するメリットはあまりないように思われますが、購入者目線で見るとどうでしょう。価格が9,000円台と8,000円台では、8,000円台の方が魅力的に見えるのではないでしょうか。これが10,000円と9,999円になれば桁が変わるので、心理的に与える影響はより大きくなります。

商品検索結果の並び替えで安い順の表示にされれば、自分の商品がより上に表示されるので、売れやすさでは優位に立つことができます。

メルカリの手数料を意識して利用しよう

メルカリの手数料は避けることのできない出費ですが、販売手数料を除けば手数料を抑える方法は用意されています。また、メルペイやメルカリポイントを活用する方法もあります。メルカリでのお買い物も含めてもっとお得に利用することもできるので、普段の利用から手数料について意識していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次