メルカリで洋服が売れない理由は?原因と対策を紹介!

メルカリでは、たくさんの洋服が取引されています。しかし、自分で出品してみると思った以上に売れず、困惑してしまう人は少なくありません。

洋服には洋服なりの販売方法やPRポイントがあるため、ほかの商品と同じように販売しても売れないケースが多いです。特に、古着を出品している場合、必要な情報が明記されていないとなかなか販売にはつながりません。

今回は、メルカリで洋服が売れない原因と、売上を伸ばすための対策について紹介します。新品、古着を問わず、洋服の出品を検討している人はぜひ目を通してください。

目次

メルカリで洋服を売るのはあり?

結論から言えば、メルカリは洋服を売るのにとても適しています。理由は数多くありますが、最大の理由は市場規模の大きさです。

メルカリは日本で最大規模のフリマ市場であり、連日多くの利用者がアクセスしています。老若男女を問わず利用していることから、使用者を選ぶ洋服であっても販売に支障がありません。

また、メルカリ自体が無料で利用でき、出品手続きも簡単と出品者側にとってもとっつきやすいコンテンツである点も、販売のハードルを下げる要因になっています。売りやすく買い手が多いことから、メルカリは洋服の販売先として優れているといえます。

売れるのは新品?古着?

メルカリに出品する洋服は、新品か中古かを問わず売れます。もちろん新品のほうが高く売れやすいですが、古着の安さを魅力に感じてくれる人もいるため、数をさばけるのは断然古着です。

洋服を検索してみると分かりますが、新品も古着も数多くの出品がされています。出品数が多いのはそれだけ需要があることを意味するため、うまく販売すれば大きな利益を得ることも可能です。

ただし、新品と古着では売るためのPR方法や必要な説明が異なります。それぞれの売上を伸ばすためには、適切な販売方法をしていくことが大切です。

洋服が売れない場合に考えられる理由

出品してみたはいいものの、思ったより洋服が売れないケースも多々あります。商品自体に問題がないのであれば、売れない理由はほかにある可能性が高いです。

ここでは、洋服が売れない場合に考えられる理由について紹介します。自分が出品した洋服に当てはまる項目がないか確認し、怪しいものがあれば改善していきましょう。

商品リサーチが足りていない

洋服のようなファッションアイテムには流行り廃りがあるため、同じ商品がいつでも同じように売れるわけではありません。むしろ、そのときの流行によって大きく需要が前後するため、出品する商品のリサーチは最重要項目です。

簡単なリサーチ方法としては、今の流行やトレンドの組み合わせなどの調査が挙げられます。特に、流行に敏感な女性向けファッションは販売タイミングで売れ行きが大きく変動するので、該当する洋服から優先して出品していけば、すぐに売れる可能性が高いです。

もちろん流行だけでなく、ブランドや季節性などの基本的なリサーチも欠かせません。できる範囲からで構いませんので、リサーチ力を高めていきましょう。

写真の撮り方が悪い

洋服は、写真の質によって売れやすさが大きく異なります。洋服は見た目が購入の決め手になることがほとんどなので、写真によって洋服の外見を良く見せることが重要だからです。

特に、1枚目の写真は多くのユーザーの目に留まるため、洋服の魅力を伝えられる写真を選ばなければなりません。

1枚目の写真には、洋服の全体像が写っていて解像度が高く、明るい写真がおすすめです。写真写りが悪いとそれだけで購入候補から外れてしまうため、撮影には最大限力を入れましょう。

説明が不足している

写真が売れ行きに占めるウェイトは大きいですが、商品説明文も適当ではいけません。必要最低限の情報を記載しておかないと、不安に思われ購入してもらえないからです。

基本的な説明に加え、サイズ使用感、古着であれば着用年数回数などももれなく明記してください。また、ほかの出品者と差別化するために、購入時のメリットなども提示できると売れる確率が高くなっていきます。

出品数が足りていない

取引の実績は、多ければ多いほど信用が高くなっていきます。いくら質の高い取引を繰り返しても、出品数自体が少ないと購入者から信用を得にくいです。

特に、洋服はサイズや色など種類が豊富なため、ある程度出品数を増やさないと購入者のニーズも満たせません。最低でも100着以上は出品し、メルカリ内での信頼と実績を積み重ねていくことで、自然と売れる頻度も高くなっていきます。

価格が高すぎる

古着は一度袖を通しているため、どんなに新品同様でも新品と同じようには売れません。また、耐用年数に差はありますが、洋服の繊維は時間とともに劣化していくため、着用回数が少なくても年数が経った衣類は、着心地が劣化している可能性があります。

どんな洋服でも一定の利益を確保して販売しようとすると、全体の価格が高くなりがちです。洋服の質によっては、価格を下げて質より量で売上を稼いだほうが、結果的に成功しやすいといえます。

また、メルカリでは値下げ交渉が頻繁におこなわれていますが、利益を優先するあまり交渉をすべて断っていると、なかなか取引実績が増えていきません。すべての洋服で値下げに応じる必要はありませんが、ある程度値下げを前提とした商品群の出品もおこなうと、全体的にバランスのいい販売価格になっていきます。

洋服を売るためのポイント

洋服はただ出品しただけだと、なかなか売上を伸ばせません。購入者に買いたいと思わせるためには、いくつかポイントを押さえておく必要があります。

ここでは、洋服を売るために意識すべきポイントについてまとめました。どれも売上を伸ばすことはもちろん、販売後のトラブルを防止するためにも重要な要素なので、ぜひ参考にしてください。

写真撮影のコツ

直接見て触って確認できるお店と違い、メルカリのようなネットショップでは商品を直接確認する方法はありません。そのため、商品を確認できる唯一の方法である写真の撮り方が、売上に大きく影響します。

全体を写した写真はもちろん、など細かい部分をアップで写した写真も必要です。また、古着でシミほつれなどがある場合は、トラブルを防止するためにも必ずその個所も写真で確認できるようにしてください。

洋服は様々な角度から写真を撮って、購入者にできるだけ多くの情報が伝わるようにすることが大切です。

サイズの詳細を記載する

衣類にはサイズがあるため、見た目だけわかっても購入に踏み切れません。商品の説明文には、必ずサイズも載せておきましょう。

サイズを記載する際は、SMといった表記だけだと大まかなサイズしか伝わりません。可能であれば採寸をとって、詳しいサイズまで記載することを心がけてください。

古着の場合は、表記のサイズから縮んだり伸びていたりするケースもあるため、より採寸が重要です。

購入時期と着用回数は必ず記載する

洋服は使っていなくても徐々に劣化していくため、新品であってもいつ買ったものなのかを記載しておくことが大切です。特にウレタンなどの耐用年数が短い素材を含んでいるものは、新品を売ったのにすぐ劣化してトラブルになるといったケースもあります。素材の耐用年数は、短いものだけでもある程度調べておきましょう。

また、古着に関しては着用回数も重要な情報です。正確な回数がわからなければ、洋服の状態を見ながらざっくりとした回数や頻度を伝えるだけでも十分です。

洋服の素材もわかるようにしておく

洋服は、素材によって着心地や保管方法、耐用年数などが大きく異なります。誤解によるトラブルを防ぐためにも、必ず購入前に素材がわかるようにしてください。

タグがついていれば、写真をアップするだけで大丈夫です。特別だったりデリケートだったりする素材が使われている場合には、別途商品説明で記載しておくと、より親切な印象を与えられます。

おすすめの組み合わせも提案してみる

洋服の組み合わせは多種多様なので、なにと一緒に着たらいいか迷ってしまう購入者は多いです。そんな人のために、おすすめのコーディネート組み合わせの一例などを提案すると、購入意欲を促進させられます。

アイテムの組み合わせだけでなく、色やシーズンなどどんなTPOでの着用がおすすめなのかを伝えられると、提案に具体性が出ます。おすすめするアイテムも出品していれば、組み合わせて購入してもらうことでさらに売上を伸ばせるため、提案は積極的におこなっていきましょう。

ハッシュタグも活用する

ハッシュタグとは、商品に関連したワードを検索した際に表示されるようになる機能です。単純に検索結果に表示されやすくなるため、購入される確率を大きく高めてくれます。

ハッシュタグの内容は、アイテムの名称ブランド名着用タイミングなど少しでも関連があるなら積極的に採用してください。ハッシュタグをたくさんつけるほど、検索結果に表示されやすくなっていきます。

出品タイミングを選ぶ

同じ洋服でも、出品タイミングで売れるかどうかは大きく左右されます。たとえば厚手のセーターコートなどは、冬前の秋口に最も需要が増えるため、そのタイミングで出品すると購入されやすいです。

特にメルカリは、出品後数日もするとほかの商品に埋もれてしまい、購入される確率が一気に下がります。出品してすぐに購入してもらうためには、需要があるタイミングで出品することがとても大切です。

売上を伸ばすためのおすすめキーワード集

商品説明や写真を工夫しても売上が伸びない場合、そもそも検索結果に表示されず多くの人に出品自体を気づいてもらえていない可能性が考えられます。どんなに優れた出品方法でも、出品した商品を購入者が見てくれなければ、売上にはつながらないからです。

検索結果に表示されたり、購入者が興味を持ってクリックしてくれたりしやすくするためには、キーワードの使い方が重要です。出品した商品にあったキーワード選定をおこなうことで、売上を大きく伸ばせます。

ここでは、売上を伸ばすために役立つキーワードをまとめました。すべてを無理に取り入れる必要はないので、商品にあったものだけでも積極的に活用してください。

タイトルに含むキーワード

タイトルは多くの人が最初に見る場所なので、なるべく興味を持ってもらえるキーワードを含む必要があります。

たとえば新品であれば、「新品」「未使用品」など、商品が新品であることを伝えることが大切です。また、価格に注目してほしい場合には、「限定価格」「値下げ品」など、価格が安くなっていることが一目でわかるキーワードを含んでください。

タイトルにこういったキーワードを使用することで、詳細を確認せずとも商品の特徴を伝えられます。購入者が思わず詳細を確認したくなるようなキーワードは、積極的に取り入れてください。

限定感をだす

期間限定や、現品限りといった言葉に弱い人は多いです。同じ価格で販売したとしても、限定感をだした商品のほうがよく売れていきます。

もちろん、キーワードだけ使って価格を変えないままだと、いつかバレて大きく評判を落とすことになってしまうので注意してください。若干でもいいので価格を下げ、限定感をだすキーワードをタイトルや商品説明に組み込むことで、トータルでの売上を増やせます。

色やサイズはわかりやすく記載する

洋服を購入する場合、サイズの把握は重要です。写真だけでは不十分なので、必ず商品説明にわかりやすく明記してください。

色やサイズも立派なキーワードであり、すぐにわかるようにしておくだけでも購入してくれる確率は上がります。もし写真と実物の色合いが違うようであれば、その旨も必ず記載してください。

古着のマイナスポイントもキーワードになり得る

古着の場合、服の状態は詳しく記載する必要があります。マイナスポイントももれなく記載しなければいけませんが、このときに言い回し次第では、キーワードとして役立てることも可能です。

たとえば傷やほつれがある場合は、「ほつれあり特価」や「傷ものにつき割安提供」など、マイナスポイントと引き換えに安価というメリットがあることを強調できます。状態の悪い洋服を許容できない人には響きませんが、多少傷があってもとにかく安く購入したいという人には効果的です。

言い回しを変えることで、購入者のニーズを満たすキーワードを盛り込めます。もちろん過大広告はNGですが、マイナスポイントのある古着を出品する場合には、言い回しを変えてみてください。

まとめ

メルカリは利用者が多く、洋服がたくさん取引されています。需要があるため洋服の販売は適していますが、ただ出品しただけではなかなか売上は伸ばせません。

出品する商品のリサーチはもちろん、写真や説明文も工夫しなければ、ほかにいる多くの出品者に埋もれてしまいます。出品する洋服の状態や需要によって、適切な写真や出品タイミングを見極めることが大切です。

また、購入者が商品を目に留めなければ意味がないため、キーワードの選定も意識してください。購入意欲を促進させたり、明確なメリットを伝えたりできるキーワードを盛り込むことで、ほかの出品者と差別化され売上を伸ばせます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次