物販

初心者でも気軽に始められる副業!メルカリ転売を解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事ではメルカリ転売について、転売初心者にも分かりやすく解説していきます。メルカリを使った転売は気軽に始められ、お小遣い稼ぎ程度の副業には最適です。またやり方次第では、月に数十万円を稼ぐことも不可能ではありません。

メルカリ転売に興味がある人は、是非最後まで読んでください。

そもそも「メルカリ転売」とは、どんなもの?

メルカリはフリマアプリの一つです。誰にでも気軽に不要品などの販売ができるため、多くの人が利用しています。このメルカリを転売の手段として使うのがメルカリ転売です。

メルカリ転売の様々な形態

一口にメルカリ転売といっても、さまざまなやり方があります。転売は商品を仕入れることと、その商品に利益を上乗せして販売することで成り立っていますが、その過程でメルカリを使います。

メルカリで仕入れて他の手段(Amazonやヤフオクなど)で販売したり、他の手段で入手したものをメルカリで販売したり、仕入れと販売をメルカリで完結させてしまうこともあります。この記事では、これらをすべて含めて「メルカリ転売」として扱います。

なぜメルカリを使うのか

メルカリはフリマアプリの中でも利用者が多いので、商品の買い手がすぐ見つかりますし、仕入れられる商品が豊富です。また、固定利用料金が不要で利益を出しやすく、転売ビジネスに向いています。

転売ビジネスにメルカリを使うメリット

メルカリを使った転売ビジネスには大きく分けて、3つのメリットがあります。

相場よりも安く商品が出品されている

メルカリは規模が大きく、仕入れたい商品を見つけやすいです。相場よりもかなり安く商品を仕入れられることもあります。メルカリを利用している人の多くは主婦などの一般の人でプロのバイヤーではないため、商品の価格相場にあまり敏感ではありません。これは、メルカリを利用する大きなメリットです。

交渉次第でさらに安く買えることも

メルカリは「フリマ」アプリです。対面でのフリーマーケットの場合と同じように、売り手と価格交渉ができるシステムが採用されています。

必ず値引きしてもらえるわけではありませんが、値引きに応じてもらえることも多いので、交渉に成功すれば更に安く商品を仕入れることができます。これもメルカリのメリットの一つです。

利用料金が安い

これは主に仕入れた商品を販売する際に影響するものですが、手数料が安いのもメルカリを利用するメリットの一つです。メルカリでは出品手数料が無料、商品が売れた際に10%を支払うだけで済みます。他に販売代金を引き出す際には200円の手数料がかかりますが、他のサービスと比べると割安です。

たとえば、Amazonの大口出品の場合は月額登録料として4900円がかかります。他に注文が成約した際の販売手数料もあります。

ヤフオクは月額使用料、出品システム利用料は無料ですが、落札システム利用料が10%かかります。これだけならメルカリと同じパーセンテージですが、プレミアム会員に登録すると月額462円がかかります。

ヤフオクプレミアム会員は落札システム手数料が8.64%に下がるのですが、月額の固定費が必要になるのは、転売ビジネスを始めたばかりの落札数が少ない時期には痛手となります。

メルカリは出品作業の負担も小さいので、この点からも転売初心者にとって利用しやすくなっています。

転売ビジネスにメルカリを使うデメリット

メルカリ転売にはデメリットもあります。転売ビジネス全般に言えることも含んでいるので、転売を始めたい人は確認しておきましょう。

出品数も多いが、ライバルも多い

メルカリは出品数豊富で転売に適した商材も多く出品されていますが、狙っているライバルも多いです。相場よりも安い商品は、すぐに売れてしまうことも多いです。いち早く情報を入手して購入するスピード感が必要になります。

商品の品質にばらつきがある

メルカリの出品者は基本的に素人です。未使用の新品といっても外箱にキズがあったり、中古品の場合はコンディションの差が大きくなりがちです。

プロではないので、品質に対する判断は人によって異なります。これはメルカリを使う以上、ある程度仕方がないです。

なお、出品時の説明と商品の状態がかけ離れているような場合は、メルカリ事務局に相談してください。当事者で話し合うこともできますが、トラブルがあった際にはメルカリ事務局が間に入ってくれます。

配送の手間と費用がかかる

販売の際のデメリットとして、メルカリは個人の出品者を前提にしているので、AmazonのFBAのような配送手続を任せられるサービスがありません。

通常の配送よりもお得なメルカリ便などは用意されていますが、梱包や発送の手続は自分で行う必要があります。発送する個数が増えてくると、この負担を重く感じるようになります。配送の遅れはクレームになったり評価を下げられたりといったことに繋がりかねません。

メルカリ転売で稼ぐためには、発送手続にかかる時間を確保する必要があります。またメルカリ以外の販売手段を使った場合も言えることですが、配送料の出品者負担により利益は減ってしまいます。

ちなみに2019年の4月1日より、60サイズ以上のメルカリ便の配送料が上がりました。送料の負担を計算に入れて、適切な販売価格を設定する必要性が高まりました。

各サイズが100円の値上げになっています。

メルカリで商品を仕入れる際のコツ

メルカリは転売商品を仕入れる際の具体的なコツをご紹介します。

メルカリの販売価格には幅がある

メルカリに出品されている商品は、同じものでも価格に幅があります。

以下の画像のスニーカーをご覧ください。最初から転売目的で購入したと思われる新品らしき商品や、中古品など商品の状態は異なりますが、同じ商品でも価格差があるのがわかります。

商品によっては、数千円単位で価格差が発生していることもあります。普段から相場を意識して、転売で利益を上げられる商品を探すのがポイントになります。

価格交渉で更に仕入れ値を下げる

実際に値下げをしてもらえるかは相手次第なので値段が下がらないこともありますが、転売で利益を出すためには少しでも安く仕入れることが重要です。

交渉の際には、相手にもメリットがある提案をすると受け入れてもらいやすくなります。たとえば同じ出品者の他の商品と一購入したり、急いで現金化したい人が出品者であれば「○○円なら、即決します」と提案したりする方法もあります。

あまり強引なやり方をしたくない場合は、「少しお値下げいだたけませんでしょうか」くらいの控えめな言い方でもいいでしょう。ダメもとで一度はメッセージを送ってみる価値はあります。

メルカリ転売を行う際に気をつけたいこと

自由に出品できるのがメルカリの魅力ですが、出品が禁止されているものもあります。具体的にはメルカリガイドの「禁止されている出品物」に列挙されています。

参考:メルカリで禁止されている出品物

偽ブランド品や盗難品などは法律に違反しているので禁止されています。中には同人誌などの二次創作物のように、出品ガイドラインに従って出品する場合はOKとなるものもありますので注意しましょう。

世間的にも話題になったものとしては、現金の出品や、最近では不正チケット転売防止法の問題もあります。

ガイドラインはよく読んで、違反することがないように気をつけましょう。

ガイドラインに違反した場合はどうなる?

不注意からガイドラインに違反して出品禁止物を出品してしまったら、どうなるのでしょうか。違反の度合いによって以下のような措置が取られる可能性があります。

ガイドラインに違反した場合のペナルティ(軽度)

比較的軽度なペナルティとして、出品した商品を削除されることがあります。

違反内容についてメルカリ事務局は詳細をあきらかにしません。法令に違反するようなものではなくガイドラインに違反しただけの場合は、このペナルティで済む場合が多いです。

警告文の例

例として商品を実際に入手する前に販売する「無在庫転売」を行った場合や、アダルト商品を販売したような場合に出品を削除されます。

また、メルカリは個人間取引を前提にしているサービスなので、業者による販売行為と判断されるとペナルティを受けることがあります。

具体的には同一商品を一度に複数個出品したり、短時間に多くの出品をしたりすると「圏外飛ばし」と呼ばれるペナルティを受けることがあります。これは、検索をかけても当該出品者の出品は検索の下位にしか表示されなくなるというもので、事実上商品が売れなくなります。

ガイドラインに違反した場合のペナルティ(重度)

重度の違反があった場合には、ユーザー登録の停止(アカウント削除)の措置が取られることがあります。

明確な基準は不明ですが、偽のブランド品や海賊版のDVDを出品するような法律違反にあたる行為は、重いペナルティが課される場合が多いようです。

また、軽度な違反でも度重なるとアカウント削除にまでつながる可能性もあるので、事務局から注意・警告を受けた場合には、素直に従って改善するように努めましょう。

メルカリ転売でのおすすめ商品はコレ!

メルカリは、ヤフオクなど他のサービスと比べてユーザー層に違いがあり、仕入れやすい商品、売れる商品にも特徴があります。おすすめの商品・商品のジャンルについてご紹介します。

レディースファッション

メルカリは女性のユーザーが多いので、レディースのファッションアイテムは有力な商品になります。

この点は、男性ユーザーが多いヤフオクなどを使った転売との違いになります。扱うべき商品ジャンルが変わってくるので、注意しましょう。

スマホ関連グッズ

10代〜20代の女性が多いので、メルカリではスマホケースなどのスマホグッズが多く取引されています。

男性でもスマホは使いますが、スマホグッズを多く購入しているのは女性です。ケース以外に充電器や液晶画面の保護フィルム、ストラップなどもオススメです。

ウェア・シューズなどのスポーツ用品

スポーツウェアやシューズのようなスポーツ用品も狙い目です。

サマースポーツ・ウィンタースポーツに関連する商品もよく売れています。季節商品は販売時期が限定されるという欠点はありますが、しっかりリサーチして適切な価格で販売すれば、利益が見込めます。

他では売りにくいハンドメイドの商品

アクセサリーや小物、バッグなどのハンドメイドの商品もメルカリに向いています。

Amazonの場合、既存の商品(ASINコードやJANコードを取得済みの商品)でなければ、出品するのが難しいのですが、メルカリはフリマアプリなのでこういった制限がありません。

ハンドメイドの商品は、誰にでも出品できるわけではないかもしれませんが、手作りが趣味の人には実益を兼ねることができます。ハンドメイド商品は利益率も高いので、売れ行きが良ければ収益になります。

ゲームソフト及びゲーム関連商品

ゲームソフトは小さくて軽く梱包しやすいので、転売しやすい商品の一つです。

単価も高いものが多いので、商品一つ当たりの利益も大きくなります。またゲーム機の本体や、ゲームキャラのフィギュアなどグッズも良く売れます。ゲームに詳しい人は売れ筋の商品も把握しやすいので、転売を始める際には有利になります。

試供品でも売れる!化粧品

若い女性のユーザーが多いので、化粧品もニーズが高い商品です。

ちょっと意外な出品物としては、試供品も売られています。「もともとタダで手に入るものなのに売り物になるのか」と思うかもしれませんが、実際に購入する前に少量を試しに使ってみたいというニーズは高いです。

なお化粧品の場合、海外から輸入したもの、自分で作ったもの、自分で小分けにしたものは、メルカリの出品禁止物になっているので注意してください。

マンガ本のセット

マンガは一冊ずつでも売れますが、オススメはセット売りです。

セットにすると一気に読みたい人、自分で買い揃えるのが面倒な人が多少割高でも買ってくれます。また、古本屋の買い取り価格よりもメルカリに出品したほうが高く売れます。

メルカリを使ったことがない人は、転売ビジネスを始める前に手元のマンガを売ることから始めるのもオススメです。

まとめ

メルカリを使った転売についてご紹介しました。メルカリは利用者が多いので、商品を仕入れるにも販売するにも便利なアプリです。

出品の手間もかからないので、これから転売ビジネスを始めてみたいという人にはとくにオススメです。この記事を読んで興味を持った人は、まずは一つメルカリで購入する、出品するところから始めてみてください。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る