物販

メルカリとヤフオクを徹底比較!ニーズに合わせてうまく使い分けよう。

アクシグ編集部
アクシグ編集部
アクシグ編集部です。期間限定で利益率9割、累計6億円を超える売上を得た具体的な方法をご紹介しています。(証拠アリ)

クリックして”利益率9割のビジネス”を見る

不要品の処分先として、ヤフオクやメルカリを利用する人が増えています。その一方で、どちらを選べば良いのかわからず、二の足を踏んでいる方も少なくないのではないでしょうか。

この記事では、ヤフオクとメルカリに関する情報をご紹介していきます。どちらを使うべきか迷ったときは、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

オークションとフリマの違い

ヤフオクとメルカリには、前者がオークションサイトで後者がフリマサイトという違いがあります。そこでまずは、オークションとフリマの違いを押さえておきましょう。

オークションとは?

オークションとは、日時を決めて入札を募り、最も高い金額を提示した人に販売する取引方式、つまり競売のことです。この取引方式を電子商取引(EC)サイトで行うのがネットオークションです。

ヤフオクをはじめとするネットオークションは、予想外の高値で売れるときもあれば、その逆のケースもあるのが特徴です。自分では高値がつくと思って出品したのに、締切日の入札額が予想外の安値になることも珍しくないのです。しかし、期日が到来した以上、原則としてその時点での最高価格を提示している人に販売することになります。

フリマとは

フリマとは、フリーマーケット(Flea Market)の略称で、いわゆる蚤の市のことです。商品の価格は個々の出品者が設定します。元々は対面で行われていましたが、現在はインターネット上での取引が増えています。

メルカリをはじめとするフリマサイトを利用すればスマホ1台で不用品を処分できるので、古物市やリサイクルショップに持ち込む手間がかかりません。また、購入者が値段に納得して承諾すればその時点で商談成立となるため、オークションサイトと違って、販売完了までに時間がかからないのも特徴です。

ちなみに現在、期間限定で初期費用をかけずに、リスクなしで複数の収入源を得る方法を特別講義でお話しています。

アクシグ編集部
アクシグ編集部
あなたがもし"複業収入"を得たいのなら、下記より無料で受講してみてください。編集部が自信を持ってオススメします。

世の中の99%の人が知らない"収入を倍増させる方法"を無料公開中。


クリックして「6億円稼いだ男の特別講義」を受けてみる。

ヤフオクとメルカリ、それぞれのサービスの概要

次に、ヤフオクとメルカリ、それぞれのサービスの概要を見ていきましょう。

ヤフオク

ヤフオクは、Yahoo!JAPANが1999年に開始したインターネットオークションサービスです。

出品するだけなら無料ですが、商品が落札されると落札金額に応じて落札システム利用料が発生します。Yahooプレミアム会員が商品金額の8.8%、それ以外だと10%となっていますが、車や船などは料金体系が異なります。なお、Yahooプレミアム会員になるには、月額508円(税込)を支払う必要があります(2021年5月現在)。

オークション初心者にとっては出品価格をいくらにするかが悩みどころでしょう。ヤフオクの出品ガイドを見ると、「開始価格には、その商品が売れても良い価格を入れましょう」と記載されています。1円で出品するいわゆる1円出品も可能ですが、オークションでは思うように価格が上がらないこともありますので、以上のアドバイスに従って値段設定しておくのが無難です。慣れてきたら、現在の出品状況や過去の落札相場なども参考にしつつ、出品価格を決めていきましょう。

参考:Yahoo!プレミアム

メルカリ

メルカリは、個人間で不用品を手軽に売買できるフリマアプリ(ブラウザ版もあり)です。画面上の案内に従って出品物をスマホで撮影し、簡単な説明文と価格を付けて送信するだけで出品が完了します。この手軽さがうけて、急速に出品商品が増えました。会員登録費や月会費は不要ですが、商品が売れた時は10%の販売手数料がかかります

なお、メルカリでは値引き交渉を持ちかけられる可能性もありますので、値付けは値引き前提で考えると良いでしょう。

参考:メルカリ初心者ガイド

ヤフオクとメルカリの特徴を比較する

ここでは、ヤフオクとメルカリの特徴を比較してみましょう。

ネットオークションとフリマアプリの市場規模

まずは、ネットオークションとフリマアプリの市場規模を比較してみましょう。

2017年のネットオークションの市場規模は1兆1,200億円(前年比3.2%増)なのに対し、フリマアプリの市場規模は4,835億円(前年比58.4%増)となっています。

ヤフオクは、Zホールディングス株式会社(ヤフー株式会社が2019年に商号変更)が運営しています。ZホールディングスのEC物販事業にはヤフオクの他、Yahoo!ショッピング、ASKUL、ZOZOなどが含まれ、2020年3月期決算におけるEC物販取扱高は2兆1,473億円に上りました。そのうち、ヤフオクを中心とするリユース事業が8,041億円となっており、全体の4割弱を占めています

一方、メルカリの売上高は、2020年6月期で約763億円でした。

以上のデータを見ると、市場規模ではネットオークションに軍配が上がり、成長率ではフリマアプリのほうが勝っていると言えるでしょう。

参考:経済産業省「CtoC-EC市場規模推計」

参考:ZホールディングスIR情報

参考:メルカリのIR

利用者層の違い

続いて、利用者層を比較します。一般的に、ヤフオクは少しでも高く売りたい人が利用し、メルカリは不用品を処分したい人が利用する傾向にあると言われています。また、利用者層で見ると、ヤフオクは30~40代の男性が多く、メルカリは20~30代の女性の利用が多くなっています。

手数料

販売にかかる費用は見逃せません。そこで、手数料を比較してみましょう。

繰り返しになりますが、ヤフオクの場合、出品は無料ですが、落札システム利用料としてYahoo!プレミアム会員で商品価格の8.8%、それ以外で10%かかります。一方のメルカリの場合、会費は不要、必要な費用は販売手数料10%のみとなっています。

ヤフオクやメルカリを利用する際のポイント

ここではヤフオクやメルカリを利用する際のポイントをご紹介していきます。漫然と出品していたのでは望ましい結果を出すことは難しくなってしまいますので、ポイントをしっかり理解しておきましょう。

ヤフオクはオプション設定を活用して商品をアピールする

ヤフオクには、以下のようなオプション設定がありますので、有効活用しましょう。

・掲載期間の延長
自動延長(無料)、自動再出品(無料)

・入札、取引の設定
入札者の制限(無料)、出品者情報の手動開示(無料)

・商品のアピール
注目のオークション(22円以上/1出品・1日あたり)、あなたへのおすすめコレクション(落札価格×設定料率)

注目のオークションとは、注目のオークション上位や検索結果ページに表示させるための機能です。設定金額は1日あたり20円から1円単位で自由に決められ、設定後に増額する場合は、1日あたり10円から1円単位で追加できます

また、あなたへのおすすめコレクションを設定すると、マイ・オークションや商品ページの「あなたへのおすすめコレクション」に掲載されるようになります。設定料率は、1~99.9%の範囲で0.1%単位で設定できます。オプションの設定自体は無料ですが、あなたへのおすすめコレクション経由で入札された商品が落札されると、設定率に応じた金額がオプションの利用料としてかかります

参考:ヤフオクヘルプ 商品情報入力【オプション設定】

メルカリは高めに出品して値引き交渉に応じる

メルカリでは値引き交渉が当たり前のように行われていますので、出品価格は自分が売りたい金額より20〜25%くらい高めにするのがおすすめです。送料とメルカリに支払う手数料も踏まえた上で価格を決めると良いでしょう。また、メルカリでは1枚目の画像が売れ行きを左右するので、1枚目の写真は見栄えの良いものを使いましょう。

出品したら、アクセス数や「いいね!」の数をチェックしてしばらく様子を見ます。メルカリでは出品してから何日経過したかが商品ページの下に表示されるので、3日経っても売れないようであれば、少しだけ値引いてみましょう。出品や値引きのタイミングは、購入してくれそうなターゲットによって変えてください。例えば、ターゲットが若いユーザーであれば、平日の17時以降か金曜日の夜、または土曜日の午前中がねらい目です。主婦であれば、平日昼間が良いでしょう。

値下げは一切しないという態度よりも、値下げ交渉OK!というスタンスで臨んだ方が良い印象を与えます。いいね!の数だけが増えて売れないものは、一旦削除して再出品するのも1つの方法です。ただし、やりすぎるとアカウント停止になるので注意しましょう。

二重出品しないようにする

同一商品をヤフオクとメルカリに同時に出品するのはおすすめしません。「注文を受けた時点で商品がない!」というトラブルに発展するリスクがあるからです。

現に、ヤフオクとメルカリは、ともに同時出品を禁止行為として規定しています。

ヤフオク
・同じ商品を、他社のサービスやその他の方法によって、二重に出品すること

メルカリ
・同じ商品を他社のサービスやその他の方法によって二重に出品することにより、お客さま間でトラブルを引き起こすと思われるもの

どうしても同時出品したい場合は、必ず、「購入前にコメントを下さい」と商品説明欄に記載しておきましょう。こうしておけば、在庫の有無を確認する時間を作ることができます。

参考:ヤフオクガイドライン細則

参考:メルカリ メルカリ事務局で不適切と判断される行為(禁止されている行為)

顧客のニーズと合わないと売れない

どちらのプラットフォームを利用するにせよ、顧客のニーズに合っていない商品では売れません。したがって、世間では何が売れていて何が不足しているのか、常にアンテナを張り巡らせておくことが重要です。

また、ターゲットとなる顧客が利用しないプラットフォームに出品していたのでは、売れなくて当然です。したがって、それぞれのプラットフォームの顧客層を把握しておくことも大切です。

出品数や価格を比較して販売戦略を立てる

ここでは、3つのカテゴリー(ブランド品のショップ袋、カメラレンズ、ブランドコスメ)をとり上げ、ヤフオクとメルカリとで比較してみました。販売戦略を立てる際の参考にしてみてください。

ブランド品のショップ袋

ヤフオクで「ショップ袋 ルイヴィトン 特大」というキーワードを使い過去120日間に落札された出品物を検索すると、3件しか該当しませんでした(2021年5月現在)。

これに対し、同じキーワードを使ってメルカリで売り切れ商品を検索すると、100件以上が該当します。

メルカリユーザーはいろいろなものを探している人が多いことから、このような物にも需要があるのです。

カメラレンズ

ヤフオクで、過去120日間に落札された「カメラレンズ」を検索すると、40,000件以上が該当します(2021年5月現在)。

したがって、カメラレンズを出品する場合は、取引数が多いヤフオクに出品したほうが売れる可能性が高いと言えるでしょう。ただ、価格に差がないようであれば、メルカリに出品するのもありですね。

ブランドコスメ

ブランドコスメの出品数は、メルカリの方が圧倒的に多いです。これを逆手にとって、出品数の少ないヤフオクに出品すれば、高く売れる可能性もあります。

ヤフオクとメルカリの長所

ヤフオクとメルカリは、自身のニーズに合わせて使い分けるのが一番です。

ということで、ここではそれぞれの長所をご紹介していきます。使い分ける際の参考になさってください。

ヤフオクは業者と仕入れ交渉ができる

ヤフオクには業者が出品している場合もあります。そのため、目当ての商品があれば、値引き交渉を打診してみるのもありです。大量の取引を持ちかければ、こちらの要望を聞いてくれることもあるでしょう。

また、ヤフオクには、アウトレット品や返品された商品、在庫処分用の商品など、通常であれば業者しか取り扱っていない商品を購入できるチャンスもあります。

ヤフオクにはヘビーユーザーとコレクターがいる

ヤフオクにはヘビーユーザーが数多く存在し、常に新しい出品物をチェックしています。ヘビーユーザーは落札に熱中するタイプの人が多いので、是が非でも落札しようと高値をつけてくれる可能性があります。

また、多くのコレクターが利用しているのも特徴で、コレクターは自身が目をつけた商品を必ず手に入れようとする傾向があるため、こちらも高値での落札が期待できます。

メルカリは初心者でも売りやすい

メルカリは、なんと言っても販売の手続きが簡単なのが長所です。商品の写真を撮り、説明文を記載するだけで出品が完了します。

また、らくらくメルカリ便や、ゆうゆうメルカリ便といった簡易な配送手段が用意されているので、配送の方法に迷うこともありません。しかも、こちらの住所や名前を購入者に知らせることなく配送することができます

このような仕組みのおかげで、物販の初心者でも簡単に商品を販売することができるのです。

メルカリはチャット機能が使える

メルカリにはチャット機能があるので、対面のフリーマーケットと同じ様に、出品者とユーザーがコミュニケーションを取りながら取引ができるのもメリットです。出品者にとっては、購入希望者からの質問に答えることで商品の魅力をアピールできますし、購入希望者としても不明点を質問し納得した上で購入できるので、不満が残りにくくなります。

それぞれの特徴を把握して上手に使い分けよう!

この記事では、ヤフオクとメルカリ、それぞれの特徴を中心に解説してきました。

ヤフオクとメルカリはそれぞれに長所があるので、どちらか一方だけしか使わないのはもったいない話です。

出品する商品やそれぞれのプラットフォームの利用者の特徴をつかんでおけば自身のニーズに合わせて上手に使い分けることができます。ぜひこちらの記事を参考にして、ヤフオクとメルカリで商品を販売してみてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】複業の教科書

複数の収入源を持ち、人に感謝されながら利益を倍増させる唯一の方法

  • 個人でも売上6億円、利益率90%以上の驚異的ビジネスの成功事例
  • 物販の利益を○○○○に活用してレバレッジを掛ける秘密の方法
  • 毎月100万円以上、安定した複数の収入源を持つ具体的な手順
  • 資金ゼロでも始められる、驚きの新手法法
  • 物販を低リスクかつ高収益体質に変えるアドバイスは

など、アクシグ編集部が総力をあげて作り上げたコンテンツをお届けいたします。。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。