物販

メルカリで本を発送する際のテクニックや方法をご紹介

メルカリで取引されている数が多いジャンルの1つに、があります。あなたも、不要となった漫画や、使い終わった参考書などをメルカリに出品しようとお考えではないでしょうか。

本については、発送するときに注意したいポイントが幾つかあります。これを押さえておかないと、最悪の場合購入者とのトラブルに発展しかねません。今回の記事では、メルカリで本を発送するときに注意すべきポイントや、安く本を発送できる方法についてまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

メルカリで本を発送する前に押さえておきたい3つのポイント

まずは、メルカリで本を発送するときの基本的な考え方を3つ解説します。この3つのポイントを押さえているかどうかで、購入者からの評価が変わってきます。リピートしてもらうためにも、ポイントをしっかりと押さえて実践できるようにしましょう。

本が濡れないようにする

本を発送するときにまず一番注意したいポイントは、濡らさないことです。濡れた本は文字がにじんで見えにくくなったり、波打った状態で固まってしまったりして、汚くなってしまいます。最悪の場合、破れてしまうことも考えられます。

きちんと梱包したつもりでも、購入者の手元に届いたときには中身が濡れていたということはあり得る話です。配達途中に降雨に見舞われたり、その他の思わぬ事故によって荷物が濡れるような事態に見舞われる可能性を考慮して、梱包する必要があります。

本が折れたり潰れたりしないようにする

本を梱包するときには、まず中身のページが折れていないかを確認しておきましょう。発送してから購入者の手元に届くまでずっと折れたままだと、その部分が浮いてしまい、見栄えが悪くなってしまいます。

また、特に角の部分が折れないように気をつけて梱包しましょう。配達途中に他の荷物とぶつかると、角の部分が潰れて折れてしまうことはよくあります。これも本の見栄えが悪くなる原因の1つであり、購入者からリピートして貰えないばかりか、低評価を付けられることもあります。

対策としては、緩衝材で本を包むなどして角をカバーして発送すると安心できます。

本が透けて見えないようにする

本を梱包するときについ忘れてしまいがちなポイントとして、中身が透けないようにするという点があります。

本は包みと表紙が密着しやすいので、薄い素材の包みだと透けて見えてしまいます。購入した人や購入した物によっては、配達する人や自分の代わりに荷物を受け取る人に、何を購入したかを知られたくないと考えるので、この点も気を遣う必要があります。

本を梱包するときは、しっかりとした素材の包みにするよう心がけましょう。段ボール素材の包みだと透ける心配は少ないです。

本を梱包するときに使うもの

以上3つのポイントを解決させるためには、本の梱包の仕方を工夫しなければなりません。また、梱包するものの素材にも気を配ると、それだけで問題が解決する場合もあります。この項目では、本をきちんと梱包するときに用意しておきたいものについて詳しく紹介していきます。

本を濡らさないためのビニール袋

注意すべきポイントとして最初に挙げたのは、本を濡らさないようにすることでした。これを解決するように梱包するには、ビニール袋で包むのが一番です。

水を通さないビニール素材の袋であれば何でもいいですが、本を梱包するときに便利なのは100円ショップなどでも売っているOPP袋です。本を入れておくのにちょうど良い形であり、機能性や見栄えにも優れています。

一度に発送する本が大量にあってひとつひとつ袋に入れるのが大変なときは、ラップでぐるぐると包むのも有効です。

本を梱包するためのテープ

梱包の際には必要不可欠なアイテムですが、ここでは2種類のテープを用意することをおすすめします。

まず1つめは、ビニール袋を止める為の透明なテープです。ビニールを止めるのに使うテープが茶色では見栄えが悪くなってしまいます。また、透明なテープはビニール素材であることが多いので、中身を濡らさないための梱包をより強固なものにしてくれます。

もう1つが、紙素材で作られているクラフトテープです。クラフトテープは強度こそビニールや布素材のテープには及びませんが、荷物を受け取った購入者が包装を開けやすいテープであることから、よく使われています。

本が透けて見えない封筒

大きさや厚さが一定の範囲内にあるのなら、封筒で発送するのが一般的です。サイズを選ぶときは、ビニール袋や緩衝材を加えた大きさで選びましょう。また、中身を見えないように工夫するなら、封筒の素材や色にも気を遣うとより効果的です。

100円ショップには、小型の荷物を発送するのに使いやすいクッション材入りの封筒も販売されています。本を発送する機会が多いのなら、まとめ買いして手元に置いておくのも有効です。

本を入れる段ボール

本を一度で大量に発送するときや、本が一冊でも本体が重たいときは、段ボールを使いましょう。段ボールはホームセンターなどに行けば新品できれいな物を購入できますが、スーパーなどから無料で持ち帰れる段ボールでも、外観などの状態が良ければ大丈夫です。

ビニール袋の代用品として使えるラップ

ラップは、先ほども少し触れたように、ビニール袋の代用品として使用できます。

例えば、漫画の単行本や文庫本のようにサイズがまとまった本を大量に発送するときに、何冊かまとめてラップで包みます。それを段ボールに入れて並べると、見栄えが崩れない上にビニールで包めるので、濡れる心配がなくなります。

また、手元にあるOPP袋とサイズが合わない本を包みたいときにも使えます。

油性ペンは何かと便利

油性ペンは、主にテープや包みなどにメモを書きたいときに使います。梱包する際のメモや、購入者に向けての目印にも使えるので、手元にあると便利です。

本を梱包する方法

この項目では、前項で紹介したものを使って、具体的にどうやって梱包していくのかを、一冊だけ発送する場合を例に説明します。やり方と手順さえ守れば梱包に失敗することはないので、発送したときの状態のまま購入者の手元に届くことでしょう。

本をビニール袋やラップで包む

まずはビニール袋やラップを使って本を包みます。本が濡れないようにするのは、梱包するときにおける一番重要な作業といっても過言ではありません。ビニール袋で包むときは、口が開かないようにします。またラップで包むときは、隙間が開かないように、それぞれ注意してください。

終わった後も、きちんと包まれているかどうか確認しておくことが大事です。

本を緩衝材で保護する

次に、緩衝材で本を包みます。特に角は厳重にカバーしましょう。何らかの拍子で角を打ったときに折れたり潰れたりしやすいので、忘れずに行ってください。ビニールと緩衝材の二重で包む意味があるのかと思われるでしょうが、緩衝材では不用意に本の全体を包まないほうがいいこともあります。

緩衝材を本全体に使うと、緩衝材の分だけ厚みが増し、送料が余計にかかってしまいます。また、手元にある緩衝材の無駄遣いを防ぐ意味もあるので、緩衝材では必要な部分だけ包むようにしましょう。この一手間があるかどうかで購入者からの評価が変わってきます。それほど、本の角の保護は重要な意味を持ちます。

本を入れて封をする

最後に封筒や紙袋に入れて、封をします。中身が見えないようにするときには、白の封筒や紙袋ではなく、何か色が付いているものがおすすめです。また、袋や封筒の強度に不安があるときは、テープでの封を厳重にするか、袋そのものを二重するといいでしょう。

封筒や袋も、100円ショップでまとめ買いしておくことがおすすめです。A4サイズを購入しておけば、大抵の本は入れられます。

メルカリの梱包資材を使う

どんなビニールや封筒を使えばいいか分からないときは、メルカリの梱包資材を使うという手もあります。発送方法や宅配業者によって様々な種類が用意されていて、その全てがメルカリのアプリ内で購入できます。段ボールだけでなく、ビニール袋や緩衝材もラインナップされています。

メルカリの公式梱包資材を使うメリットは、トラブルの起きにくさです。公式資材ゆえの品質で、中身が破損するという不具合はほとんど起きません。万が一の場合でも、公式資材を使っていたという事実があなたを不利にさせることはありません。

一部の梱包資材はセブンイレブンやローソンでも購入できるので、緊急に必要となったときでも安心です。

参考:メルカリの梱包資材

メルカリで安く本を発送する方法

メルカリを使った物の売買では、発送にかかるコストを少しでも下げたいところですよね。大型の商品では送料を削ることは難しいですが、ある条件さえ満たせば本を送る際のコストは大幅に下げることができます。

コスト削減の話の前に、本を送るときの料金システムについて「普通郵便」を例にしておさらいしておきましょう。

普通郵便の郵便物を大きく区分けすると、定形郵便物と定形外郵便物の2種類になります。これらの送料は、荷物の重量によって定められます。一番安いのは定形郵便物ですが、重量が50グラム以下でなければ該当しません。多くの本の場合は定形外郵便物に該当します。

また、定形外郵便物も一定の規格に従って規格内料金と規格外料金に分けられます。その規格は、34cm×25cm×3cm以内で重さが1kg以下となっています。

詳しくは以下のリンクからご覧ください。

では、こちらの本を例にして、送料を算出してみましょう。

こちらの本のサイズは21cm×18cm×1.6cmなので、「規格内」に収まる大きさです。
ビニールや緩衝材でしっかりと梱包しても、規格からはみ出る心配は無さそうです。

しかし、本を発送するときの落とし穴はその重さにあります。本は言い換えれば紙の束ですから、ある程度の重さがあると想定できますが、実際はどうなのでしょう。

計測したところ、この本の重さは402gで、ある程度の重量があることが判明しました。

定形外郵便物で500g以内の規格内料金は390円です。これを安いと取るか高いと取るかは発送する本の数や値段にもよりますが、削減できるなら削減したい価格でもあります。

この本の配送方法を変えてみたらどうなるでしょうか。なんと送料が半額にも満たない175円にまで削減することができるのです。この項目では、その方法について説明します。

参考:第一種郵便物 手紙 – 日本郵便

本を発送するときは「ネコポス」が最安

本を発送するときに使いたいおすすめの方法は、ヤマト運輸が提供している「ネコポス」というサービスです。配達の際は郵便受けに投函されるので、購入者が在宅していなくても配達が完了します。

ネコポスの規格は31.2cm×22.8cm×3cm以内で重さは1kg以内と定められています。この大きさは封筒の(角形A4)と同一なので、一部を除いた大抵の本は納まります。専用の梱包資材を使うこともできますが、サイズが規格内に納まれば自分で用意した梱包資材を使うことも可能です。

送料は全国一律175円と、とても安いです。重量ぎりぎりの本を発送する場合で比較すると、郵便なら580円かかるので、400円近くも安くなります。また、自宅まで集荷してもらう場合も30円追加すればいいだけなので、使わない手はありません。その他、ヤマト運輸の営業所かセブンとファミマに持ち込むと発送できます。

店員との接触を防ぐなら、無人で預け入れができる「宅配便ロッカーPUDO」が使えます。スーパーやコンビニの他、駅にもあったりします。

設置場所はヤマトのページから調べられます。

ネコポスを使うメリットは他にも、荷物の追跡が可能で補償もあることです。また、匿名配送にも対応しています。自分の住所や氏名を隠せるので、メルカリユーザーには嬉しいメリットです。

メルカリでネコポスを使って発送する場合は、出品時に「らくらくメルカリ便」を選択しましょう。

参考:直営店・取扱店検索 – ヤマト運輸

ネコポスで送れない本の発送方法

本を発送するときに便利なサービスであるネコポスについて説明してきましたが、全ての本がネコポスで発送できるわけでもありません。ハードカバーの単行本や辞書などの高く売れる本に関しては、ネコポスの規格に納まらない大きさです。

そのような本を発送するときはどうすればいいのかをケース別にご紹介します。

本の重さが1kgを超えた場合

まずご紹介するのは、厚さが3cmを超えたか、重量が1kgを超えてしまった場合についてです。そんなときに使えるのが、「ゆうパケットポスト」です。送料は全国一律で200円なので、普通郵便で送るよりも安く発送できます。

ゆうパケットポストの規格は次のようになっています。

  • 三辺の合計が60cm以内、かつ、長辺が34cm以内
  • 重量が2kg以下

この規格内であれば、厚さ3㎝を超えた本も送ることができます。ポストに投函して発送するので投函できる厚さである必要がありますが、梱包したことによって多少オーバーしてしまった物には問題なく対応できるでしょう。

発送するときは、郵便局窓口で販売されている専用の箱か発送用シールが必要です。箱は65円、シールは20枚入りが100円で販売されています。シールを使う際は、梱包資材は自分で用意します。

ゆうパケットポストはネコポスと同様に、荷物の追跡と補償、匿名配送に対応しています。メルカリで出品するときは「ゆうゆうメルカリ便」を選択してください。

本の重さが2kgを超えた場合

重さが2kgを超えてしまった場合で、4kg以内に納まる際は、「レターパックライト」が使えます。

レターパックライトを使うには専用の封筒を使わなければならないのですが、封筒代さえ払えばポストに投函するか郵便窓口に持ち込むだけで発送され、追加料金はかかりません。レターパックライトの専用封筒の価格は370円で、郵便局の他、近くのコンビニでも購入できます。

注意が必要なのは、レターパックライトは荷物の補償には対応しておらず、匿名配送もできません。荷物の追跡には対応しているので、きちんと届けられたかどうかを確認するには問題ありません。

メルカリで出品するときは「レターパックライト」を選択してください。

本の重さが4kgを超えた場合

4kgを超えた場合は「宅急便コンパクト」を使います。こちらは専用の箱で荷物を送付するサービスで、大きさは20cm×25cm×5cmです。また、厚さ5cmに対応していることも強みの1つです。ネコポス同様に、荷物の追跡と補償、匿名配送に対応しています。

箱の料金は70円です。これに配送料660円がかかるので、お得感は薄まりますが、4kg超の本を発送できるサービスの中では比較的安いと言えます。

本の大きさが角形A4を超えた場合

最後は、重さや厚さはクリアしていても角形A4サイズを超えている場合の発送方法として「クリックポスト」をご紹介します。クリックポストの規格は34cm×25cm×3cm以内で重さが1kg以下となっています。

角形A4よりも多少大きい本でも発送でき、送料も198円と安価なので、雑誌などを発送するのに有効なサービスです。

クリックポストを利用する方法ですが、まず前提としてYahoo! JAPAN IDAmazonアカウントが必要です。Yahoo! JAPAN IDでログインした場合はYahoo!ウォレットで、Amazonアカウントでログインした場合はAmazon Payで送料を支払います。

支払後は専用のページからラベルを印刷して荷物に貼り付け、ポストに投函すれば発送は完了です。

本を発送するときは丁寧に安く送ろう

本の発送については、梱包方法だけでも気を遣うポイントが多く、発送に関しても多くのサービスがありました。梱包の仕方や発送方法の選び方だけで得をすることが多く、適当にやってしまうと損をしてしまいます。

相手の気持ちになって梱包し、できるだけ安くて良いサービスを利用して、互いに満足できるようにしましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • 月間利益195万円を突破した本人による最新成功事例の紹介
  • 世界トップ3位の日本人が誰も知らない革命的販売手法とは
  • アカウント停止リスクの無い安全なビジネスモデル
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 利益率80%超えの超マル秘仕入れ手法

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!