物販

メルカリ手数料徹底解析 出品時の販売手数料の無料化は可能か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は、メルカリの会員登録にはじまり、メインコンテンツとして、メルカリでネックとなる手数料について詳しく解説します。また、手数料を少しでも安くする方法や販売手数料無料化は可能なのかを紹介します。

メルカリはアプリのダウンロードにお金はかかりません。月額費もかからず、ウィンドウショッピングをするだけならタダなのです。

また、出品時においても出品をするだけなら手数料はかからないため、まだメルカリアプリを使用したことのない方は、怖がらずに試しに使ってみるとよいでしょう。

メルカリの会員登録をするには?

メルカリユーザのほぼ全ては、メルカリのマーケットで商品の売買をすることを目的としていることでしょう。商品の売買をする前に、メルカリでは会員登録が必要であり、会員登録が完了した後に購入や出品が可能になります。

メルカリの会員登録は無料でできますが、登録にあたり氏名や住所などの個人情報を記載する必要があります。出品者情報や購入時の郵送先の情報として必要な内容のためです。しかし、これはマーケットアプリを利用する際には避けて通れないところで、ヤフオクやラクマなど他のサービスを利用するときも同様のため、必要以上に不安に思わず、まずはチャレンジしてみましょう。

メルカリの会員登録は簡単

メルカリでは、商品の閲覧のみなら会員登録は不要ですが、商品の売買には会員登録の完了が必要です。これは気を付けたいところで、たとえば商品を閲覧していて欲しいものが見つかったとしても、会員登録をしていなければすぐに購入することはできないのです。会員登録自体は後述のとおり、数分あれば完了するものですが、人気の商品だとその数分が命取りになるケースも少なくないので、メルカリアプリをインストールしたら、会員登録まで完了させておくのがベターでしょう。

会員登録の手順

メルカリのダウンロードとインストールが完了していない場合は、下記のサイトから実施してください。

参考:Download on the App Store

参考:ANDROID APP ON Google play

メルカリのインストールが完了したら、メルカリのアプリを起動させます。iPhoneの画面を例に説明しますが、基本的にはAndroid端末でも同様の手順になります。

初めてメルカリを起動した場合、下記の画面が表示される場合があります。

「次へ」をタップすると次の画面に遷移します。最後の画面まで「次へ」をタップします。

「さあ、はじめよう!」をタップすると、下記の会員登録の画面が表示されます。

FacebookGoogleアカウントを持っていれば、そのアカウントで登録することも可能です。新たにメルカリ用のアカウントを作成し管理しなくてもすむので、すでにどちらかのアカウントを持っているのであれば、そこから登録するのもよいでしょう。

新しいメールアドレスで登録する場合は、ニックネーム、メールアドレス、パスワード、招待コードを入力します。

ニックネームはメルカリアプリ上でやりとりする際の名前で、メールアドレスは取引状況やキャンペーンの情報を受け取るメールのアドレスを登録します。招待コードは任意なので入力しなくてもよいですが、有効な招待コードを入力すると、招待した側とされた側にポイントが付きます。すでに知り合いでメルカリを利用している人がいるなら、招待コードを教えてもらうと双方お得でしょう。

上記の項目をすべて入力して、「会員登録」をタップすると、電話番号を入力する画面に進みます。

スマートフォンの電話番号を入力し「次へ」をタップすると、ショートメールで暗証番号が送られてきます。送られてきた暗証番号を入力すれば会員登録が完了します。

会員登録完了後、メルカリの商品閲覧画面を起動した際に「メルカリは通知を送信します。よろしいですか?」と求められることがあります。これはメルカリアプリからさまざまな通知を受け取るのに必要なため、基本的には「許可」で問題ありません。

会員登録を忘れてしまった場合の対処法

メルカリアプリを初回起動した際、会員登録をスキップすることが可能なため、意図せず会員登録ができなかったという場合が生じます。その際の対処法について説明します。

メルカリのホームの画面上にある「三」のアイコンをタップすると、以下の画面が表示されます。

顔アイコンマーク横の「会員登録・ログインへ」をタップすると、会員登録画面が表示されるので、先の手順で登録を完了させることができます。

メルカリ利用で発生する手数料

ここまでの説明で、メルカリアプリのインストールから会員登録まで無料で行えることが確認できました。しかし、全てのサービスが無料というわけにはいかず、メルカリで商品を売買する際には、3つの手数料と、送料が発生します。3つの手数料とは、支払い手数料、販売手数料、振込手数料です。それぞれの特性を押さえることで、余分な経費を抑えて賢く売買ができますので、きちんと把握しておきましょう。

支払い手数料:購入時の支払い方法によって異なる

メルカリでは商品購入の際に、支払い手数料が発生することがあります。全ての場合で発生するのではなく、以下の支払い方法を選択した場合に、手数料が発生します。

・コンビニ、ATM支払い
・d払い(ドコモ)
・auかんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・メルカリ月イチ払い

上記の支払い方法を選択した場合、1回の支払い毎に100円の手数料が発生します。

メルカリ月イチ払いとは、購入代金を翌月にまとめて支払うことができる、後払い機能です。この機能は2018年12月現在、試験運用中のため、ユーザや取引の種類によっては対象外の場合もあります。

ただ、この支払い手数料については、無料にできる方法がありますので、後述したいと思います。1回だけならともかく、10回、100回と使っていくと、たかだか100円の手数料も結構な額となるので、無駄な経費は抑えていきましょう。

販売手数料:一律10%

メルカリの販売手数料は一律で、商品価格の10%がかかります。したがって販売者の利益は、売上から販売手数料を差し引いた金額になります。
50000円で商品が売れたとすると、5000円が利益から引かれることになるので、少なからず負担となることでしょう。

なお、商品が売れた段階で販売手数料は発生するため、出品時点では手数料はかかりません。

また、販売手数料の一部ですが、特定のカテゴリーの商品では、販売手数料10%の他にライセンス料が発生します。2018年12月現在では、Ingressの商品と宇宙兄弟の商品が対象となり、10%のライセンス料が加算されます。今後対象が増える可能性もありますので、事前にチェックしておくのがよいでしょう。

振込手数料:少額の振込は避けるべき

メルカリアプリから売上を現金として引き出す場合、振込手数料が発生する場合があります。

10000円未満で引き出す場合は、210円の振込手数料がかかります。一方で10000円以上であれば振込手数料は無料のため、まとまった金額で行うのが望ましいでしょう。

送料:自己負担なら送料も発生する

メルカリに限らず、ヤフオク等のマーケットサイトで商品を売買した際には、送料が発生します。

送料の負担は出品者か購入者かを指定することはできますが、送料込で出品した方が商品が売れやすい傾向はあります。

送料はサイズ、重さ、利用する配送サービスによって金額が異なります。たとえば「らくらくメルカリ便」を使うと条件に応じて195~1500円の送料がかかります。最適な発送方法を選択することで費用を削減することが可能です。

手数料を無料にしたり、安くしたりすることは可能?

販売時・購入時それぞれにおいて、手数料が発生することがわかりましたが、これらを無料にしたり安くしたりすることはできるのでしょうか?そのテクニックについて紹介します。

販売手数料のテクニック

販売手数料は一律10%のため、残念ながらこの数字自体を減らすことはできません。そこで、よく使用されるテクニックとしては、販売手数料を加味した商品価格を設定することです。5000円の商品を売るとき、500円の販売手数料が発生するから、はじめから5500円で販売する、というイメージです。(この場合は手数料が550円かかるため、利益としては5500-550=4950円になりますが)

10%分そのまま上乗せするかどうかは、商品の需要や競合次第でもあるので、場合によっては10%未満で抑える必要もあります。似たような商品を出品している人の価格を参考にするのもよいでしょう。

振込手数料について

これは単純明快で、10000円未満の振込はしないことです。どうしても今すぐ、という時以外は10000円以上の振込をすることで、手数料の210円が発生するのを避けることができます。

支払い手数料について

メルカリではいくつかの支払い方法はあるものの、基本的な支払い方法の中で手数料が無料になるのは、クレジットカード決済のみです。1回だけの利用ならともかく、今後もメルカリで売買を続けるのであれば、手数料のかからないクレジットカード決済が望ましいでしょう。

また、スマートフォンやタブレットの使用が一般的になっている昨今、カード決済を始めとした電子的な決済方法はますます加速していくため、可能であればクレジットカード登録の抵抗はなくしておく方が、メルカリ以外でも得をするケースが多いでしょう。

支払い手数料の無料オプション

クレジットカード決済を含め、支払い手数料を無料にする方法は3つあります。ここでは残る2つとクレジットカード決済のさらなるメリットについて紹介します。

ポイントを使う

ポイントは招待による付与やキャンペーンで貰うことができ、メルカリでの商品購入時に支払いとして使用できます。ポイントでの支払いの際は、手数料は無料です。しかしながら基本的に大量に貯まるものではないため、あくまで補足的な支払い手段ととらえるべきでしょう。また、ポイントには有効期限があるため、こまめに確認しながら使用しないと、期限切れで使えなくなる場合があるので注意しましょう。

有効期限の確認は、サイドメニュー>設定>ポイント>ポイントの有効期限 で確認できます。

売上金を使う

頻繁に出品を行い、多くの売上げを出している人であれば、売上金を購入時に使用することもできます。売上金での支払いは手数料が無料であることに加え、メルカリ内でそのまま使用できるので、振込によって現金に変換する手間が省けるメリットもあります。

クレジットカード払い

クレジットカード決済の場合は手数料が無料なのは先述のとおりですが、さらにポイント還元のメリットも受けることができます。

ポイントや売上金の使用は手数料をゼロにするだけですが、クレジットカードを使用することで、カードの種類にもよりますが、購入金額の1~2%のポイント還元ができるのです。購入量が多ければ多いほど恩恵を受けることができるため、繰り返しになりますが、この点でもクレジットカード決済はおススメになります。

ただし、クレジットだと金銭コントロールができなくなる人や、クレジットカードを作れない18歳未満の場合は、手数料はかかりますが、他の方法で支払うのがよいでしょう。

なお、クレジットカード情報はメルカリで管理されるのではなく、世界的なサービスであるPayPalが管理しており、万全のセキュリティ対策が施されています。安心して利用しましょう。メルカリでは「VISA・MasterCard・JCB・AMEX・DinersClub・Discover・セゾンカード」が使用できます。ただし、海外で発行されたクレジットカードは使用できないので注意が必要です。

メルカリの手数料、不当に高いのか?安くする裏技はあるのか?

マーケットアプリとして市民権を得ているメルカリですが、不満も少なからずあるようです。とりわけ散見される不満としては「手数料が高い」が挙げられます。だからこそなのか、メルカリで手数料を安くする裏技を探す人も少なくありません。最後に、手数料を安くするウルトラCのような裏技は果たしてあるのか?また、メルカリ手数料は不当に高いのか?について見ていきます。

メルカリの手数料を安くする裏技はあるの?

メルカリの手数料を安くする裏技を謳っているサイトは確かに見られます。しかし、よくよくサイトを見てみると、本記事で紹介しているような「クレジットカード払いを利用する」「出品時に手数料分を上乗せする」という対応だったり、「取引相手と価格交渉をする」だったりと、ごく普通のテクニックが裏技として取り上げられているのです。(というかほぼ普通のテクニックしかありません)

これは裏を返せば、システムや仕組みの不備を突いたりするような、裏技的に手数料を安くする方法はないということを意味します。したがって、手数料を安くするというよりは、同じ人からまとめ買いをするなど、取引相手との工夫で価格を安くすることが、健全かつ実用的な手法と言えるでしょう。交渉がマーケットの醍醐味でもありますので。

メルカリの手数料は不当に高いの?

「メルカリ 手数料 高い」で検索すると、確かに手数料が高いのでは、という意見が散見されます。特に販売手数料の10%%は消費税より高いので、何とかしてもらいたいというものです。

ただ、この10%が不当に高いかと言うと、「手数料は高いけど送料は安く抑えられている」「手数料が高い分トラブル時の保証や運営サポートが手厚い印象がある」という声もあり、高いなりに納得のできる理由もあるようです。個人間でお金をやりとりする場なので、信頼性を重要視した仕組みを提供するのに維持費がかかると理解することもできるでしょう。

プレオープン時のページを使う

唯一メルカリの公式が認めていて、裏技に近いテクニックとして、プレオープン期間の際のページを使用するというものがあります。

メルカリは2014年10月1日までは手数料が無料であり、その際に販売していた商品は、今でも手数料無しで出品されています。驚くべきは、商品販売ぺージは商品を変更することができることで、2014年10月1日以前に作った商品ページが存在するのであれば、そのページで出品することにより、手数料無料で販売できるのです。

これからメルカリを始めるという人には適用できませんが、古参の方で2014年10月1日以前の商品ページを持っている人がいれば、試してみると驚きの結果が見られるでしょう。高額商品を手数料無料で販売できるチャンスです。

まとめ

以上、メルカリの手数料および、手数料にまつわるテクニックについて解説しました。こうしたことをあまり考えなくてもメルカリを利用することはできますが、どうせ同じものを売買するのであれば、少しでも利益が出るやり方を知りたいというのが人情ではないでしょうか。特に手数料に関しては、売買に直接関係のない、言ってみれば無駄なコストでもあるので、これを削減することが賢い売買をする鍵と言えるでしょう。この記事を参考にしつつ、自分なりの最適な方法が見つかりますように。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


最高級のステータス持つアメックスの極秘情報を無料公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法