物販

有料か無料か。ネットショップ開業サービス、メリットとデメリットを総まとめ!

どんなコンセプトのネットショップで、どの商品を売りたいかが決まれば、ショップづくりの具体的な作業になります。ここで、まず考えていただきたいのが出店方法です。

選択肢はいくつかありますが、ここではショッピングモールとショッピングカートでの出店、無料カートと有料カートの違いをまとめていきます。それぞれの違いを理解し、コンセプトをふまえて出店方法を検討することで、失敗のリスクを低減できるはずです。

Contents

ネットショップ開設前に知っておきたい5つのポイント

お客様に商品を販売するという点では、実店舗もネットショップも同じですが、出店のプロセスにもサービスフローにも大きな違いがあります。

実店舗の場合、開業から販売までの流れはだいたい以下のようになります。

1.用意した土地に建物を建てる(ビルの場合は内装から)

2.店舗スペースに内装を施す

3.完成したら商品を陳列する

4.お客様が直接店舗を訪れる

5.来店したお客様が商品を見て、触れて、検討する

6.購入を決めたらレジでお会計

ネッショップの場合はどうでしょうか。

1.インターネット上にネットショップを開設するスペース(ECサイト等)を確保する

2.ネットショップを構築する

3.商品をレンタルサーバー上に登録し、商品ページを生成する。実店舗と違い説明文や写真も必要になる

4.広告やSEO、口コミ(SNS)によって集客を行う

5.ショッピングカート(実店舗でのレジにあたるシステム)を使い、お客様自身が個人情報を入力し、注文を完了

6.店舗側が梱包と配送作業を行う

このように、実店舗とネットショップでは開業準備も、お客さんの買い物の流れも大きく異なります。

ネットショップ開設の基本的なフロー

では、ネットショップ開設の基本的な流れを確認しておきましょう。

1.インターネット接続

当然ですが、インターネットに接続するのが第一歩です。プロバイダーとの契約が必要なのは個人も同じですが、ネットショップの場合、開設するスペースとしてレンタルサーバーが必要になります。

プロバイダーがスペースを提供してくれることもありますが、商用利用が禁止だったり、個人情報(クレジットカード情報など)を暗号化する「SSL」に対応していなかったりもするので、レンタルサーバーの利用がオススメです。

2.レンタルサーバーの選択と契約

ネットショップを開設する、ネット上の土地にあたるレンタルサーバーは次の2つに大別できます。

・1つのサーバーを専有できる「専用サーバー」
・複数ショップで共同利用する「共用サーバー」

専用サーバーは大規模なネッショップ向けで、「自由度高く多機能」というメリットがあります。デメリットは「高価格、メンテンナンスのための知識が必要」などです。

共用サーバーは小規模なショップ向けで、「低価格、専用ツールで初心者でも簡単に始められる」というメリットがあります。デメリットは「他の利用者の影響を受けやすい」です。

初めてネットショップを開設するのであれば、コストが低く、管理の手間も必要ない共用サーバーがオススメです。

契約の際は一緒にドメインも取得します。ドメインとは「wyz.com」「xyz.co.jp」などお店のURL、つまりインターネット上での住所にあたります。

共用サーバー全体で使うドメインを「ドメイン」、オリジナルのドメインは「独自ドメイン」「オリジナルドメイン」と呼ぶことが多いようです。

3.デザイン(ショップの内装)

出店場所が決まったら、実店舗での内装、つまりネットショップのデザインを行い、商品を配置していきます。

デザインや商品の配置には専用のソフトが必要ですが、知識がなければウエブデザイナー等に外注する方法もあります。

4. 決済システムの導入

実店舗でのレジにあたる決済システムを導入しないと、お客様から料金をいただくことができません。

銀行振込、代金引換、クレジットカード、コンビニ払いなど、複数のシステムを導入したほうが、お客様に対しての利便性を高められるでしょう。

実店舗の場合、会計を済ませるとお客様が商品を持ち帰りますが、ネットショップでは梱包、発送の作業が発生します。

ネットショップのレジは、通常のお会計(決済方法)以外に「配送方法」や「梱包方法」を確認しなければなりません。こうした部分まで含めたのが「ショッピングカート」です。

お客様が決済してからの基本的な作業

お客様から注文を受けてからの流れもまとめておきます。指定された決済方法と配送方法にもとづいて処理を進めますが、入金の確認、商品の梱包を行い、配送業者に引き渡します。

お客様の目の前で袋に入れたり、梱包したりする実店舗と違い、ネッショップではその過程がお客様にはわかりません。商品をどう梱包したか、いつ発送したかなど、適宜メール等でお知らせすると安心できるはずです。その際、一連の流れの重要なポイントで、お客様に自動でメールを送ってくれる「受注管理システム」があると、作業負担を減らすこともできます。

受注管理システムを利用して効率化!

ネットショップ運営者の業務負担を軽減し、作業効率をアップさせてくれるのが受注管理システムです。主な機能は以下の通りになります。

1. 受注(注文を受ける)
2. 入金確認(振込があった注文、クレジットカード決済の処理状況を把握する)
3. 出荷(配送伝票の印刷、メールでのお客様への連絡など)

こうした販売管理業務をサポートするため、帳票や納品書、請求書などの出力サービスもあります。

よく使われているサービスをあげると、「CROSS MALL(クロスモール)」「ネクストエンジン」「TEMPOSTAR(テンポスター)」などです。

もしネットショップを複数管理している場合、異なるシステムで管理を行うのではなく、受注管理業務をまとめたほうが効率的です。

ネットショップのメリット、デメリットを詳しく!

ここで、改めてネットショップと実店舗を比較して、メリットとデメリットを整理しておきましょう。

・販売エリア
実店舗→基本的に店舗の周辺地域
ネットショップ→全国、または全世界での販売も可能

・安心感
実店舗→実際に商品を見て、触れられるので安心感がある
ネットショップ→実際に商品を見られないので、写真と実物のギャップの不安がある

・集客方法
実店舗→口コミや紹介、通りがかりなど(自然集客)
ネットショップ→集客のための施策が必要(広告、SEO、メルマガ、ダイレクトメールなど)

・商品の発送
実店舗→通販以外は基本的に不要
ネットショップ→商品に合わせた方法が必要(大型商品・クール便など)

・営業時間
実店舗→営業時間帯のも販売
ネットショップ→システムがあれば年中無休・24時間対応

・商品の説明とアピール
実店舗→実際に試着や試飲、試食ができる
ネットショップ→商品写真や説明文、ユーザーレビューなどからイメージさせる

・開業にかかる費用
実店舗→まとまった資金が必要
ネットショップ→ネットショップ作成にかかる費用のみで、実店舗より低価格で開業できる

「ネットショップのメリット」

大きいのは営業時間と開設にかかる費用です。

ネットショップは実店舗と違い、営業時間を気にする必要はありません。お客様は、買いたい時にいつでも商品を買えるため、実店舗ではキャッチできない顧客層もターゲットにできます。

開設費用も、実店舗は内装に時間もお金もかかります。

ネットショップなら、事務所や倉庫は自宅でもよく、ディスプレイ用の什器や棚も必要ありません。物理的なスペースを気にせず、たくさんの商品を扱えるのもメリットです。

「ネッショップのデメリット」

実店舗のように、お客様と向かい合っての接客はネットショップにはできません。商品ページの写真、キャッチコピーでお客様は判断することになります。

購入後のサポートも、メールや電話が基本となるため、細かな気配りが必要です。

実店舗に比べて、インターネット上には競合が多く、価格競争に陥りやすいというのもデメリットでしょう。

実店舗のように、ウインドウショッピングをしていたお客様が訪れることもないため、広告、DM等での集客も絶対に必要です。一度利用してもらわないことにはリピーターの獲得もできないので、開業当初は集客に注力することになります。

ネットショップ開設のために知っておくべきサービスと種類

「どのシステムを使って開業、運営すればいいのか」、ネットショップを開業しようとする人が、最初に悩むのはここでしょう。実際、ネットショップ構築サービスは数多くありますが、重要なのは、ショップのコンセプトや規模、運営方針、予算等をふまえ、最適なサービスを選ぶことです。

ショップ開設で検討すべきサービスはこの4つ

ネッショップ開設に関わるサービスは、大きく次の4つに分類できます。

1.パッケージソフト
2.レンタルショッピングカート(ASPサービス)
3.モール(ネットショップ出店ASPサービス)
4.専用システム構築

それぞれ、代表的なサービスをあげておきましょう。

1.パッケージソフト
ネットショップ・オーナー5
ダヴィンチ・カート4
ホームページ・ビルダー21
など

2.レンタルショッピングカート(ASPサービス)
MakeShop
カラーミーショップ
ショップサーブ
FutureShop2
CARTSTAR
たまごリピート
E-SHOPSカート
BASE
STORES
など

3.モール(ネットショップ出店ASPサービス)
楽天
Yahoo!ショッピング
ヤフオク!
Amazon
ポンパレモール
DeNA
ebay
eLADY
ZOZOTOWN
ぐるなび食市場
など

4.専用システム構築
コマース21
ECビーイング
ECキューブ
EC Direct
EC-Orange
Zen Cart
Cagolab
Ebisumart
Mercury
STAR SERIES
など

パッケージはこう使う

ネットショップの構築に必要な機能を備えた「パッケージソフト」を使い、レンタルサーバーなどにショップを開きます。代表的なパッケージソフトは、「ネットショップ・オーナー5」「ホームページ・ビルダー21」などで、家電量販店や通信販売で購入できます。

製品によって内容は異なりますが、ネットショップの開業から運営に必要な機能が1つのパッケージにまとめられています。

「商品を登録し、ページを増やすショッピングページの自動生成機能」
「CGIというプログラムによるショッピングカート機能」
「受注管理機能」

などが主な機能です。

パッケージソフトを使うことのメリットには、比較的安価でネットショップを開設でき、受注データなどの管理が簡単にできることがあげられます。ベースとなるシステムをもとに、ある程度自由に、ショップの内容に合わせたカスタマイズも可能になっています。

デメリットはというと、あらかじめ用意されている機能に、自分のネットショップで必要なものがないケースもあることです。また、自動バージョンアップが行われないソフトだと、例えばスマホ対応が求められたとき、その都度対応が必要になり、コスト増にもなりかねないので注意が必要です。自分でカスタマイズも可能ですが、それには専門知識が必要になり、レンタルショッピングカートより開業時間はかかってしまう傾向にあります。

レンタルショッピングカートの基本を知る

パソコンにソフトをインストールせず、ウェブブラウザで利用できるプラットフォームがASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)です。その中で、ネットショップ運営のためのショッピングカート、そして受注管理システムなどを提供するサービスを「レンタルショッピングカート」と呼びます。

多くの事業者がサービスを提供していますが、価格や機能の違いから、次の2つに大別できます。

1.パッケージソフトの場合と同様、レンタルサーバーを契約してそこにネットショップのページを公開し、ショッピングカート画面以降の受注システムを借りるタイプ

このタイプは、ASP側から提供されるものは基本的にショッピングカート部分のみで、ネットショップの内装部分はホームページ作成ソフトなどで自作します。そこに商品をショッピングカートへ入れるためHTMLタグを記述し、連動させます。

2.ショップページの作成から受注管理の機能まで、一括して提供している高機能タイプ

このタイプは「サーバー」「商品ページの自動生成機能」「ショッピングカート」「受注管理機能」がパッケージ化され、初めてでも導入しやすいところが特徴です。

費用はさまざまですが、次に解説するショッピングモールに比べると比較的低価格です。代表的なサービスに「MakeShop」「ショップサーブ」「カラーミー」などがあります。

申し込む前に、何をしたいのか、欲しい機能があるのかをしっかり考えるようにしてください。契約プランによっては、必要な機能が足りなかったり、利益に対して手数料がかかったりしてしまうこともあるからです。

レンタルショッピングカートを使うメリットは、「デザインが自由におこなえる」「モールで起こりがちな価格競争に巻き込まれにくい」「ランニングコストを抑えて利益率は高められる」などです。

顧客の会員情報は全て自社のものとなり、自由にメルマガやDM、ポイントなどのキャンペーンを実施できるのもメリットでしょう。必要なシステムやセキュリティーも、常にサービス事業者によって更新されるため、自社でメンテナンスコストをかけなくても最新の環境での運営が可能です。

デメリットもあります。例えば、初めてネットショップを開業する場合、大手モールより知名度は劣るため集客に苦労するかもしれません。すでに基幹システムを導入しており、ネットショップとの連携を行うとすると、別途開発費用がかかることがあります。

また、必要な機能(集客、運営・管理、リピート対策など)はそろっていますが、個別のニーズにすべて対応できるかはわかりません(一部「MakeShop」のようにカスタマイズできるサービスもあります)。扱う商品が特殊で自由に設定したかったり、月商の売上が億を超えたりするなら、他のサービスを検討したほうがいいかもしれません。

ショッピングモール出店のメリット、デメリット

ここでいうショッピングモールは、多数のネットショップが集まった、ネット上の総合デパートです。テナントの1つとして出店する、と考えればわかりやすいかもしれません。

取り扱う商品点数が多く、閲覧するユーザーも多いのが特徴です。高機能ASP同様、開業から運営に必要な機能もほぼ提供してもらえるため、パッケージソフトや専用システム構築より、開設のハードルは低いといえます。

代表的なサービスは、みなさんご存知の「Amazon」「楽天」「Yahoo!」などです。運営はモールのルールに従う必要があり、ポイントシステム、デザインなどで独自性を出すことには制限があります。

デメリットは「ライバルが多い」ことです。似た商品を扱うショップが多ければ、埋もれてしまう可能性も高くなり、値下げ競争に巻き込まれることもあるでしょう。モールのルールに従わなくてはいけないため、プロモーションを独自には行えず、リピーター獲得が難しいともいわれます。また、売上には手数料がかかり、利益率が低くなる傾向にもあります。

専用システム構築は、理想的ではあるが高コスト

ショッピングモールが「デパート」なら、専用システム構築は「自社ビルでのネットショップ開設」だとイメージしてください。これは法人向けのサービスで、好きなようにカスタマイズして、オリジナルのネッショップを開設できます。自由度は高いのですが、コストは跳ね上がります

ショッピングモールと違い、最初からお客様がいるところへ出店するわけではないので、独自に集客しなければいけません。代表的なサービスは「EC-CUBE」で、プレミアムプラン(集客機能付き)は初期費用が60万円~と高価で、月額費用も1万8千円~です。

専用システム構築のメリットは、ショップのデザインやコンセプト、運営方針をもとに、つくりたいショップをゼロから構築できるところでしょう。実店舗でいう間取りも自由に設計可能です。

ゼロから構築できるのはコスト面ではデメリットでもあり、開業するには数百万~数千万の資金が必要になります。システムを保守・更新にも高額な費用が発生し、相応の売上が見込める大企業以外は、現実的な選択肢とはいえないかもしれません。

最近は、導入にかかるコスト、保守・運営の難易度を考慮すると、価格に見合った優位性が失われつつあるともいわれています。紹介してきた各サービスの導入までの費用と難易度をみてみましょう。

 初期費用月額費用難易度
パッケージソフト数万円~数千万円基本なし★★☆
レンタルショッピングカート0円~数十万円数千円~5万円程度★☆☆
ショッピングモール数万円~数万円~数百万円★☆☆
専用システム構築数百万円~数千万円数十万円~★★★

重要なのは、まず自分のネットショップをどう運営したいかを明確にして、各サービスのメリットとデメリットを理解した上で、最適と思える選択をすることです。それを行わないと、十分な利益を確保てきず赤字になったり、必要なサービスを求める乗り換えで、余計な出費をしてしまうかもしれません。

ショッピングモールと、有料・無料ショッピングカートはどう使い分ける?

ネットショップ作成サービスの特徴は以下の通りですが、4つのポイント別に、具体的にみていきましょう。

種類ショッピングモール有料カート無料カート
初期費用30,000円~3,000円~0円
月額費用10,000円~900円~0円
利益率×
集客力××
デザインの自由度×

4つのポイントは「コスト」「利益率」「集客」「デザイン」になります。

代行・サポートの有無で運営コストは大きく変わる

コスト面を見ていくと、ショッピングモールの場合、販売手数料、月額費用、決済手続きの費用があり、ランニングコストはどうしても高くなります。初期費用が高いのは、新規出店でも最初からある程度の集客が見込める、つまり「土地の条件がいい」からです。独自ドメインのショップなら、見せ方や販促活動をカスタマイズできる分、初期費用は無料・低めに設定されます

ショッピングカートは、無料カートの場合、販売手数料、オプション料金など初期費用がなく、開業時のコストを低く、またはゼロに抑えられます有料カートの場合、決済手続きのオプション料金、デザイン費など、開設時にある程度まとまった資金が必要になることが多いようです。

売上げだけでなく、手数料と利益の関係にも注目

ショッピングモール、無料ショッピングカートでは、多くの場合、商品が売れた際に手数料が発生します。これは利益率に大きく影響するため、最初の段階でよく確認してください。

手数料が10%だとすると、1,000円の商品が月に1,000個売れた場合、手数料は10万円にもなります。10年続けば100万円です。有料ショッピングカートの場合、販売手数料は発生せず、どんなに売れても利益はすべて自分のショップのものになります。

集客はモールが有利だが、独自ドメイン店もアイデア次第で活路は開ける

ある商品を検索すると、上位に表示されるのは、ほとんどの場合「Amazon」「楽天」などの巨大ショッピングモールです。そうしたモールで上位に表示されれば、それだけで大勢の人の目にとまるため、集客が見込めます。

独自ドメインのショップは、積極的にSEO対策を行い、広告を出稿しないとなかなか上位には表示されません。お客様に見つけつられにくいわけですが、しっかりした対策を行えば、巨大ショッピングモールにありがちな価格競争に巻き込まれず、唯一無二の存在感を示すこともできます。また、ショッピングモールでは顧客情報をショップごとに持てませんが、独自ドメインのショップなら(一部無料カート除く)、顧客情報を使った独自のプロモーション活動もできます。

デザインでブランドイメージを構築する

ショッピングモールに出店する場合、ショップのデザイン、商品の掲載の仕方にルールが設定されているケースが多くあります。ある程度、統一した見え方になるのはそのためです。個々のショップの魅力より、ショップと商品の数で集客する手法が取られています。

無料ショッピングカートの場合、デザインテンプレートが用意されているため、商品さえあれば、登録するだけで誰でも簡単にネットショップを開業できます。有料ショッピングカートは、テンプレートが用意されるだけでなく、それをカスタマイズするのも可能です。デザインでブランドイメージを高めることもでき、積極的に活用すべきです。

有料カートと無料カート、4つの違いとは?

ネットショップ運営の選択肢、ショッピングカートには有料カートと無料カートがあります。どこに違いがあるのかを、「容量」「集客」「テンプレート」「独自ドメイン」に分けて解説していきまよう。

容量の大きさは自由度の大きさと比例する

容量には大きな違いがあり、無料カートのほうが「小」、有料カートが「大」になります。容量が大きいほど商品や写真の数を増やせ、自由度が増す一方、小さければ制限されてしまいます。

有料カートならオリジナリティを出すことも可能

デザインテンプレートは、ネッショップの初心者には必須の機能ですが、ここにも大きな差があります。無料カートのほうがレイアウトのパターンが少なく、カスタマイズは基本できません。有料カートはパターンが豊富で、カスタマイズも可能になっており、デザインでオリジナリティを出すことも可能です。

無料カートは独自の集客方法を考えること

集客機能でも無料カートは不利といえます。以前は、ZOZO MARKETやヤフオク、ユザワヤマーケットに掲載できる「STORES.jp」以外、ほぼありませんでした。

無料カートを選択する場合、集客は独自に、地道にがんばるだけです。有料カートの場合、集客機能がついているサービスが数多くあります。

独自ドメインを持っていたほうが、運営はラクになる

独自ドメインの標準対応も、無料カートと有料カートでは大きく異なります。SEOに関して、独自ドメインなら自由にできますが、そうではない場合は複数人での共用になるので、自分の思うようにはできません。仮に、共用している誰かがペナルティを課せられた場合、その影響を受けてしまうリスクもあります。

無料ネットショップ開業サービスに関する7つのクエスチョン

最後に、無料ネットショップ開業サービスの現状をまとめておきましょう。

ネットショップ開業サービスで人気あるのはどれ?

無料、有料を含めて、国内のネットショップ開業サービスで、定番といえるサービスが「BASE」です。その次が「STORES.jp」で、まずこの2つを頭に入れてください。

参考:BASE

参考:STORES.jp

どちらも内容は充実していますが、決済手数料が安い「STORES.jp」が、初心者にはオススメかもしれません。

無料ネットショップ開業サービスは、ほんとに無料なの?

中には、「無料は最初だけで、いろんな機能を使うと課金されるのでは?」と思う人がいるかもしれません。そこは明快で、どちらも初期費用、月額費用は無料となっています。商品が売れると、手数料が発生するシステムです。

無料ネットショップは個人や未成年でも開業できるの?

リアルの店舗を持つには、土地購入にも賃貸契約にもいろんな条件がありますが、ネットショップはどうでしょうか。

ちなみに「BASE」の利用規約に、出店条件はこうあります。

法人→出店できる
個人・個人事業主→出店できる
18歳未満→出店できない
未成年者(18歳以上の高校生、大学生、専門学校生など)→親権者の同意が必要

個人・個人事業主は問題ありませんし、高校生やフリーターでも、18歳以上なら親の同意が確認されればOKです。

海外在住者も日本でネットショップを出店できますか?

では、海外在住の場合はどうでしょうか。「STORES.jp」は、「特定商取引法に関する表記」に海外住所を設定できますが、その場合も、売上金を受け取る日本国内の銀行口座は必要です。

販売できるものに制約はあるの?

販売できるものに制限があるかですが、大きなショッピングモールに掲載される商品は、ほとんど販売できると考えていいでしょう。衣類、雑貨、家具などの有形商品は、「BASE」も「STORES.jp」も問題なく販売できます。音楽、映画、小説などのデジタル商品も問題ありません。

電子チケット(無形商品)は「STORES.jp」は可能になっています。違法薬物、現金や債券、商品券などの金融商品、犯罪性のあるもの(スタンガン等)は販売不可です。

無料で開業したネットショップは成功できるの?

無料ネットショップ開業サービスは、「垣根は低いけれどうまくいかない」という声を耳にした人もいるでしょう。確かに、以前は集客の部分で苦労するショップが多かったようですが、ここ数年、状況は変わりつつあります。Twitter、Facebook、InstagramなどSNSによって、ショップから手軽に情報発信ができるようになったため、十分にチャンスはあるといえます。

無料でネットショップを開業するメリットとデメリットは?

無料でネットショップを開業すると、固定費用がかからない、運営を続けやすいなどのメリットがあります。一方、サービスによっては機能制限があり、そこがデメリットといえるでしょう。

例えば、「BSAE」の場合、サービス名のロゴを非表示にするのに月額500円かかりますが、お店のオリジナリティ、ブランディングを意識するなら、これは必要経費かもしれません。Amazonの場合、小口出品プランなら月額固定費は無料となるものの、 出品点数に制限があり、売れた時の手数料は大口出品より若干割高です。

無料で始めたとしても、運営を続けると、次のステップに移行するタイミングが訪れます。そこで資金を投下し、販路を拡大できるように準備しておく必要があります。

無料で開業したネットショップも確定申告は必要なの?

本業が他にあり(会社勤めなど)、副業としてネットショップで年間20万円以上の利益を得たら、確定申告が必要です。会社勤め、学生、フリーターの場合、そもそも確定申告になじみが薄いかもしれませんが、国税局のHPにはこうあります。

「所得税及び復興特別所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得の金額とそれに対する所得税及び復興特別所得税の額を計算し、申告期限までに確定申告書を提出して、源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続です」

詳細は、国税庁のホームページで確認しておいてください。

参考:国税庁

理想は高く、でも現実を見据えた選択を行う

無料のネットショップ開業サービスを利用する場合、注意したいのは「目先ではなく中長期的なプランを立てる」です。目先だけを見て選ぶと、運営に必要な機能が利用できず、別のサービスに乗り換えるなどの無駄が発生する可能性もあるからです。金銭だけでなく手間もかかるし、心理的な負担にもなるでしょう。

もちろん、用意できる開業資金には限界があり、バランスを重視して最適な無料ネットショップ作成サービスを選ぶのが鉄則です。現実をしっかり見据えながら理想を高くあげ、今、最もふさわしいサービスを選ぶことが、成功への近道になります。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。