物販

ネットショップに集客するための効果的な宣伝方法とそのノウハウ

ネットショップを運営したことのある方ならご存知かもしれませんが、ネットの世界ではいくら魅力的な商品を揃えても、何も手を打たなければお客さまは来てくれません。お客さんを呼び込むには、集客の努力が必要なのです。

そこで、この記事では、インターネット広告やSNSなど様々な方法を使って効果的に集客し、ネットショップを繁盛店に導くためのノウハウをご紹介します。

集客でお困りのネットショップオーナーの方は、ぜひご覧ください。

繁盛するネットショップをつくるために

世の中には数多くのネットショップがあり、今やネットで買えないものはないと言われるほど、ありとあらゆるものが販売されています。

そんな中でも競争に勝ち残れるネットショップにするための基本的なノウハウを知っておきましょう。

お客様の信頼を得る

リアル店舗とネットショップに共通する商売の基本は、お客様の信頼を得ることにあります。

なぜ有名なブランドの商品は、世界中で売れているのでしょうか?

それはブランドに対して、多くの人が信頼感を持っているからです。

個人が運営するネットショップでは有名ブランドのようには宣伝に費用をかけられないかもしれませんが、ちょっとしたことでも信頼感を高めることはできます。

電話番号や決済に関する規約など、必要な情報を開示するのは当然として、店長の顔写真を載せているだけでも、随分とイメージが違ってきます。

まずは、買う人が信頼感を持てるようなネットショップづくりを心がけましょう。

消費者目線で

先ほども言いましたが、ネットの世界では、良い商品を販売していても消費者の目にとまらなければ売上にはつながりません。

消費者の注目を集めるには、消費者目線で画面のデザインを考え、商品情報を発信する必要があるのです。

消費者は、トップページを見て何を売っているのかが分からなければ、すぐに他のショップを探しにいくでしょう。また、目当ての品物が見つかっても、商品情報の詳細が分かりにくければ購入してくれません。

自分が消費者の立場に立って、ネットショップを運営しましょう。

ストレスのない導線で

たとえば、商品ジャンルごとにキチンと棚が整理されているデパートの売り場と、いろんなものがゴッチャになって売られているディスカウントショップの売り場では、どちらが買い物がしやすいでしょうか? あちこち商品を探し回ったたあげくに、欠品で商品が買えなかったら最悪ですよね。

ネットショップでも同じことが言えます。目的の商品にたどり着くまでに何度もクリックする必要があるようなサイトであれば、途中で飽きられてしまうでしょう。

ネットショップでは、ユーザーがストレスなく買い物ができる導線を心がけましょう。

スマホの利用が8割以上

ネットショッピングは当初PCがメインでしたが、今や完全にスマホに逆転されています。

ネット上での調査によると、ネットショッピングにおいて80%以上がスマートフォンを利用しているという結果が出ています。

参考:2018年版:スマートフォン利用者実態調査(2019年12月10日発表)

これからは、標準デバイスがスマホになったことを前提に、ネットショップを構築・運営していかなければなりません。

ネットショップに集客する方法

次に、ネットショップに集客する方法について見ていきましょう。

基本的にはインターネット上で使える各種サービスを利用することになりますが、有料のものから無料のものまで様々ありますので、ご自身のネットショップの特徴や予算などに応じて検討してみてください。

検索サイトのリスティング広告

リスティング広告とは、検索サイトで使われるキーワードに連動して表示される広告で、「検索連動型広告」ともいわれます。GoogleやYahoo!などの検索サイトで何かを調べると、検索結果画面の上部に「広告」と表示される項目がありますよね。あれがリスティング広告です。

クリックすることで広告料金が発生することから、「ペイ・パー・クリック(PPC)」とも呼ばれています。

GoogleやYahoo!などの大手検索サイトだと広告料も高いのでは? と思われるかもしれませんが、少額からでも始められるようになっているので心配はいりません。

クチコミ中心のアフィリエイト広告

Webサイトで記事を読んでいると、それに関連した内容の商品やサービスの広告が表示されることがあります。これがアフィリエイト広告です。

ネットショップ側が広告主(クライアント)となり、アフィリエイターと呼ばれる個人や、アフェリエイトサイトと呼ばれるメディアを通じて商品を広告してもらいます。

リスティング広告ではクリックされる毎に広告料金が発生しますが、アフィリエイトでは商品の購入に対して広告費が支払われるので「成功報酬型広告」とも呼ばれています。

優秀なアフェリエイターになると月に100万円以上稼ぐ人もいるので、使い方によっては大きな効果が望めます。

アフィリエイト広告を出すには、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)を通じて申し込むのが一般的です。

見た目が勝負のインスタグラム

「インスタ映え」という言葉が流行語になったのも記憶に新しいことかと思いますが、SNSの中でも特に若い女性に人気が高いのがInstagram(インスタグラム)です。

ネットショップの商品を「映える」写真でアピールすることで、インスタ経由で集客につなげることができます。

インスタとネットショップを連携させるツールやアプリもありますし、初期費用や月額使用料が不要で売れた商品に対する販売手数料だけというサービスもありますので、チェックしてみてください。

参考:Instagram(インスタグラム)

信頼性が高いフェイスブック

数あるSNSの中でも基本的に実名性をとっているフェイスブックは、他のSNSに比べて情報の信頼性が高いのが特徴です。

月間で2,600万人(国内:2019年4月時点)もの人が利用しているため、集客につなげるメディアとしては理想的です。

フェイスブックに広告を出す場合、ユーザーの年齢層や住所、趣味や関心などで細かくターゲットを設定できますし、予算をあらかじめ決めておけば広告費用も安く抑えることができます。

参考:Facebook(フェイスブック)

ファン獲得にはブログ

ネットショップユーザーの関心を集めるためには、きめ細かな情報発信が不可欠です。

なるべく費用をかけず、なおかつネットショップの情報をより詳しく発信するには、ブログが向いています。

また、ブログは執筆者の性格や人柄といったキャラクターが伝わりやすいので、ネットショップへの集客だけでなく、ファンを増やしていくことでリピーターの獲得にもつながります。

無料ですぐにブログを始めたいなら「はてなブログ」や「アメーバブログ」が、本格的にブログサイトを運用したいなら「ワードプレス」がおすすめです。

参考:はてなブログ

参考:アメーバブログ

参考:ワードプレス

メルマガでリピーターを育てる

ネットショップを運営する上で新規ユーザーを獲得することが大切なことは言うまでもありません。しかし、それ以上に重要な課題が、いかに新規のお客様を囲い込んでお得意様に育てていくか。つまり、リピーターの獲得です。

ネットショップではお客様の顔が見えないだけに、限られた手段で誠意を伝える必要があります。

そのために、有効なのがメールマガジンです。

効果的な販売促進のためのチラシやDMは、よく「お客様への手紙だと思って書くこと」と言われます。メルマガは多数のお客様に一斉配信することになりますが、手紙に一番近いメディアです。お客様目線に立ち、有用な情報やお得なサービスなどを直接伝えていけば、リピーターの獲得につながるでしょう。

無料配信サービスを使えば、初期費用、月額使用料無料で始められるのもメリットです。無料で使えるメール配信システムとしては、「まぐまぐ!」が有名です。

参考:まぐまぐ!

オフラインでの集客、販促活動

ネットショップのビジネス活動はネット上(オンライン)がメインなのは言うまでもありません。

しかし、最近ではリアル(オフライン)での集客・販促といったマーケティング活動が見直されてきており、ネット/リアル、オンライン/オフラインの区別がなくなりつつあります。

オフラインでの集客・販促活動には予算も人手も必要なのである程度規模の大きなネットショップに限られてしまいますが、可能性があれば検討してみてください。

見本市・展示会に参加する

取り扱う商品にもよりますが、市場規模がそれなりに大きい商品や、ニッチな商品でもマニアックなユーザーが多い商品は、全国各地で見本市や展示会が開かれています。

これらのイベントに参加すれば、新しい顧客の獲得につながるだけでなく、同業他社の動向や新しい商品のリサーチにもなります。

健康食品や美容関連商品などに特化した見本市や、海外向けに日本製品を紹介する展示会まで、様々な見本市・展示会が開催されているので、ぜひチェックしてみてください。

ポップアップストアを開く

ポップアップストア(ショップ)とは、リアル店舗の中でも期間限定で開く仮店舗のこと。

新商品のプロモーション目的で開かれることが多く、目新しさからSNSによる拡散効果を期待することができます

最近では空き店舗の有効活用を目的として期間を区切って貸してくれるところも多いので、安く借りられるところを探してみましょう。

また、実店舗でポップアップストアを開かなくても、地域のイベントや縁日で開催されているフリーマーケットに参加するのでも同様の効果を得られます。

集客方法で効果が高いのは?

上記のように、ネットショップに集客する方法はいろいろとありますが、効果が高いのはどれでしょう?

SNSは目的に応じて使う

現在、国内で多くのユーザーを獲得しているSNSと言えば、LINE、Twitter、インスタグラム、フェイスブックなどがあります。

ネットショップへの集客という観点から見ると、各SNSはそれぞれのユーザーの特性や拡散力によって効果が違ってきます

例えば、インスタグラムだと、若い女性には人気がありますが、中高年の方でこれを利用している人は稀です。そのため、ネットショップで扱っている商品が中高年向けの健康食品であれば、インスタグラムを使っても集客はそれほど望めないでしょう。

Twitterはリツイート機能による拡散力がバツグンですが、匿名ユーザーが多いため、一歩間違えると炎上する危険性もあります。

フェイスブックは基本的に実名制で、ユーザーの年齢層も高めなので、正確な情報で丁寧なコミュニケーションを心がければ効果を上げられるでしょう。

SNSは、販売する商品やユーザーの特性に応じて使い分けましょう

リスティング広告は費用対効果が低い

リスティング広告は、ユーザーが検索時に打ち込んだキーワードに応じて広告を表示させることができるので、ユーザーへの告知という点では最も確実な広告方法です。

しかし、広告を見たユーザーが成約まで進むかは不透明です。

大手のネットショップが大量に表示させる場合はスケールメリットがあるかもしれませんが、個人レベルのネットショップでは、その費用対効果は微妙です。

アフィリエイト広告はリスクもある

優秀なアフィリエイターや有力なアフェリエイトサイトからの集客は、確かに魅力です。

広告費も商品の売上げに対して発生する成功報酬型となっているので、リスクが低いように思えます。しかし、リスクがないわけではありません。例えば、アフィリエイターが不誠実だと、商品の情報が誤って伝わったり、クレームにつながったりする危険があるのです。

アフィリエイト広告にはリスクもあるということを充分承知しておきましょう。

SEO対策は地道に根気よく

SEOとは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)のことで、自分のネットショップを検索サイトの上位に表示させることです。そして、ネットショップを繁盛させるにはSEO対策が欠かせません。

しかし、GoogleやYahoo!などの検索サイトのアルゴリズムは非常に複雑なため、生半可な知識では歯が立ちません。

1つ言えることは、検索サイトは「ユーザーにとって有用な情報が上位に表示される」という大原則があるということです。

したがって、ネットショップの見込み客が興味を持ちそうな情報やキーワードを入れながら、地道に根気よくコンテンツを充実させることがSEO対策につながるでしょう。

集客だけではないブログの効果

自由に情報を発信できるブログは、ネットショップを運営する上でぜひ活用したいツールです。

ブログを使って魅力的な内容の情報を発信すれば、ファンの獲得につながりますし、お客様との信頼関係も築けます。そうすれば、自然とオーダーへとつながっていくでしょう。

ネットショップを運営するASPにはブログ機能が付いているものも多いので、積極的に使っていきましょう。

ネットショップに合った方法を最適化しよう!

ここまで、ネットショップに集客する方法と、売上につなげるためのノウハウを紹介してきました。

限られた予算や人員のなかで最大限の効果を上げられる方法は取り扱う商品やターゲットとするユーザー層によって異なってくるので、絶対的な正解はありません。

いろいろな方法を試しつつ、良いと思えるものを組み合わせことによって、あなたのネットショップにとって最適な宣伝方法を見つけてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。