物販

事前準備が大切!ネット販売の始め方

インターネットでの買い物が一般的になり、今や誰でもネットショップを出店できる時代になりました。しかし、出店しても100%売上が上がるわけではありません。事前準備がとても重要なのです。

自社ネットショップのファンを作るためにも、コンセプト作りからポジショニングをハッキリさせましょう。今回は成功のポイントと開業までの流れをご紹介します。

ネットショップ開業に必要な知識と物

ネットショップは手軽な事業ですが、下準備を行わず始めても利益は上がりません。手軽な分情報が多すぎて何から始めて良いか分からない人も多く、最初は誰もが不安になります。ここでは、ネットショップ開業に必要な物をご紹介します。

実店舗とネットショップは何が違うのか

実店舗とネットショップでは、必要となる物やお客様との接し方など多くの違いがあります。

・実店舗の開業~販売の流れ
店舗を建設する→内装を施す→商品を陳列する→お客様が店舗を訪れる→商品を手に取る→レジでお会計を済ませる

・ネットショップの開業~販売の流れ
インターネットに接続する→ネットショップを公開するためのスペースを確保する→専用のシステムを使ってデザインを決める→専用のシステムを使って商品をレンタルサーバー上に登録し商品ページを作る→自社のネットショップに集客する→ショッピングカートシステムを使い、お客様自身に個人情報を入力してもらい注文を完了する→商品を梱包し配送作業をおこなう

比べてみると、これだけの違いがあります。実店舗とネットショップでは、商品のアピール方法も変わってきます。

ネットショップの開業~販売の詳しい流れ

ネットショップの開業には、まずパソコンをインターネットに接続する必要があります。インターネットに接続するためにプロバイダーと契約をし、必要なスペースを借りるためにレンタルサーバー貸出業者と契約します。

プロバイダーが必要なスペースを提供してくれる場合もあります。ただし、商用目的での利用が禁止されていたり、個人情報などの大切な情報を暗号化して送受信するSSLに対応していなかったりデメリットがあります。

次に、レンタルサーバーとの契約が必要です。インターネット上の土地であるレンタルサーバーには、ひとつのサーバーを丸ごと利用できる「専用サーバー」と、複数のユーザーで利用できる「共用サーバー」があります。

「専用サーバー」は大規模な状況に向いていて、自由度が高く様々なことができます。ただし高価格で、メンテナンスは自らが行うため技術が必要となります。

「共用サーバー」は小規模な状況に向いていて、低価格で専用のツールが用意されており簡単に利用できます。しかし、他の利用者の影響を受けやすくなります。初心者には、「共用サーバー」がオススメです。

レンタルサーバーの契約時に独自ドメインも取得しましょう。ドメインとは、お店のURLになる部分のことです。実店舗で考えると、「住所」にあたります。オリジナルのドメインについては「独自ドメイン」や「オリジナルドメイン」と呼ばれます。

次に、専用のシステムを使ってネットショップのデザインを考え、商品を配置していきます。レンタルサーバー上に商品のページを作り装飾します。

最後はお会計です。これにもシステムの導入が必要です。

ネットショップでは、「配送方法」や「梱包方法」の確認をしなければなりません。ネットショップの「ショッピングカート」は、実店舗で考えると「レジ」にあたります。

商品がお客様に届くまでの流れ

お客様から注文を受けたら指定された決済方法と配送方法で処理します。入金の有無を確認し、商品を梱包し配送業者に引き渡します。

お客様は、注文がどのように処理されているのか見ることができません。そのため、注文を受け付けた時や商品を発送時などにお客様にメールや電話で経過報告を行います。ネットショップの注文~発送という一連の作業を行うには、お客様に自動でメールを送る機能を持っていて、面倒な作業が軽減される受注管理システムがあると便利です。

受注管理システムって何?

受注管理システムとは作業効率を向上させるためのシステムです。注文の受付、入金の処理確認、商品の出荷指示という3つの機能があります。サポート用として、様々な帳票や納品書・請求書の出力機能を搭載したサービスもあります。

代表的なサービスにはCROSS MALL、ネクストエンジン、TEMPOSTARがあります。複数のネットショップを管理している場合は、異なるシステムで管理すると効率が下がります。受注管理業務をまとめ、事務作業を効率化することが重要です。

実店舗とネットショップの比較

実店舗の販売エリアは店舗周辺の地域に限られますが、直接商品を確かめられるためギャップが少なく安心感があります。自然にお客様が訪れ(自然集客)、商品の配送は基本的に不要です。

開店時のみ販売が可能ですが、実際に手にとって購入を判断することができます。商品について不明な点は店員に直接質問できます。ただし、開業のためには多くの資金が必要です。

一方、ネットショップの販売エリアは全世界ですが、直接商品を見ていないため写真と実物が異なる不安があります。集客のために施策が必要で、商品に合わせた配送方法が必要です。

注文を受けるシステムがあれば年中無休・24時間営業可能ですが、写真や説明文、商品レビューからイメージして購入を判断します。商品について不明な点は電話やメールでの問い合わせが必要です。ネットショップ作成にかかる費用のみで実店舗より低価格で開業できます

ネットショップのメリットとしては、営業時間に制限がないところです。お客様は買いたいときに商品を買うことができます。営業時間外で買えないということがありません。

また、実店舗と比べると低予算で開業できます。実店舗は、都内であれば家賃だけでも15万~50万程度かかります。

商品を陳列する棚も必要です。ネットショップなら事務所や倉庫は自宅でも可能で、見栄えの良い棚は不要です。立地という物理的な制限もなく海外のお客様に商品を販売できますし、陳列スペースを考慮しなくて良いので扱える商品数が増えます。

ネットショップのデメリットとしてはお客様との接点が少ないところです。実店舗なら対面接客ができますが、 ネットショップは実際にお客様の顔を見て販売することはできません。

商品ページの写真の見せ方や説明文の表現で購入を判断されてしまいます。購入後のサポートも電話やメールが中心になります。お客様の立場で考える細かな気配りが必要です。

価格競争も実店舗と比べると不利です。ネットショップは価格競争になりやすく、他の店舗が同じ商品を何円で販売しているのか簡単に調べることができます。

また、フラっとお客様が立ち寄ってくれる可能性が少なく、集客が必要です。もちろん一度気に入ってもらえればリピーターになってくれます。ネットショップでは、特にお客様を呼び込むことがとても重要です。

ネットショップの種類と仕組み

どのようなシステムを使ってネットショップを開業・運営していくのか、ネットショップの開業では多くの方が最初に悩みます。様々な種類のネットショップ作成Webサービスがあるので、お店の運営方針や予算などを組み込み、自分に合った方法を選ぶことが重要です。

ネットショップ作成Webサービスの種類と仕組み

ネットショップ作成Webサービスは大きく分けて三種類です。

1つ目は、ショッピングモールです。デザインに制限はあるものの機能性も良く、集客力も高いですが、費用は数十万円必要です。代表的なサービス例には楽天市場、Yahoo!ショッピング、ZOZOTOWN、Amazonが挙げられます。

2つ目は、ショッピングカート(ASPサービス)です。自動更新ができる機能性の良さに加えてデザインを幅広く選ぶことができ、ショッピングモールよりは弱いものの集客も望めます。費用も安価で1,000円程度から可能です。代表的なサービス例にはカラーミーショップ、MakeShop、ショップサーブ、STORES、BASEが挙げられます。

3つ目は、ECオープンソースパッケージ(ECサイト構築サービス)です。手動更新で自由度が高く、デザインも幅広いです。集客には努力が必要で、セキュリティ対策や機能の追加更新、維持費用など全体的なコストとして数百万円かかります。中規模以上のショップに向いています。代表的なサービス例にはEC-CUBE、コマース21が挙げられます。

想定している予算内でどこに一番負担をかけるか、よく計画して選ぶようにしましょう。

ショッピングカート(ASPサービス)有料サービスのメリット

ショッピングカート(ASPサービス)には無料サービスと有料サービスがあります。将来的にお店の拡大や機能の追加を検討している場合は有料サービスを選択することが多いです。有料のショッピングカートのメリットには初心でも安心・簡単なこと、低コストでスタート可能なこと、機能が随時アップデートされていることが挙げられます。

ブログのような管理画面やマニュアル、スマートフォンアプリがあり、ネットショップ作成未経験でも簡単に始めることができます。初期費用や月額料金が安く、制作や運営面での手間も抑えられています。新しい機能やセキュリティ対策も随時更新されており、安心して使い続けることができます。

カラーミーショップは特に総合的なコストパフォーマンスに優れているため、スモールスタートで大きく成長したい方から多く選ばれています

開業に必要な機材と便利なソフトや物

ネットショップではデジタルカメラを持っていると大変便利です。商品写真のクオリティは売上を大きく左右します。商品説明文や写真のクオリティが購入の決め手になります。プロレベルの写真加工ソフト「Adobe Photoshop」があると便利ですが、最初はフリーの写真加工ソフトでも構いません。

最低限必要な物にはパソコン、デジタルカメラ、住所や電話番号などネットショップに記載する情報が挙げられます。便利なソフトや物には画像編集ソフト(Adobe Illustrator)、写真加工ソフト(Adobe Photoshop)、会計ソフト(マネーフォワード)、ショップの屋号が入った名刺が挙げられます。

開業の手続きと初期費用

ネットショップの開業には個人事業主の申請と確定申告の申請が必要です。個人事業主の申請は法人であれば不要です。会社員なら、就業規則に副業が認められているか確認しておきましょう。

個人事業主の場合は屋号やネットショップ用の銀行口座を用意し、最寄りの税務署で「個人事業の開始届出書」を提出します。万が一申請を忘れていても、オープンしてから1ヶ月以内に「個人事業の開始届出書」を提出すれば問題ありません。

ネットショップの準備には機材やソフトの購入費用の他にも、デザイン制作外注や商品仕入れというコストがかかります。オリジナルの商品なら材料費がかかりますし、セレクト商品なら仕入れにかかる手数料や輸入料がかかります。確定申告で報告する際に必要なので領収書や収支のやりとりは管理しておきましょう

開業するための重要なポイント

ネット販売を始めようと思っても、準備することが多くて何から始めればいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。ここでは開業までの流れとポイントを説明します。

まずは開業の許可と手続きから

取り扱いに許可が必要なものがあります。食品は保健所に「食品衛生責任者免許」「食品衛生法に基づく営業許可」を、酒類は税務署に「一般酒類小売業」「通信販売酒類小売業免許」を、中古品は警察署に「古物商許可証」を、ペット販売は保健局に「動物取扱業登録」を提出しましょう。

医薬品は、実店舗でも販売していなければなりません。輸入品は、上記とは別に許可が必要です。

実店舗よりも手続きが複雑な場合があり、悩んでいる場合には担当署に相談しましょう。誇大広告や不当な表示の禁止、広告の表示義務といった法的に規制されている内容もあります。

コンセプトと客層の決定

コンセプトは重要な部分です。顧客視点と提供者視点でそれぞれ考えてみましょう。

客層の設定はできるだけ絞り込みましょう。商品が必要なお客様にピンポイントでアピールすることでリピーターの獲得につながります。

そしてお客様に提供したい価格を決めましょう。商品がお客様のニーズを満たすことができるのか考えてみましょう。

自分だけが持っている独自性をアピールできれば他社と差別化できます。ナンバーワンである必要はありません。自社のオンリーワンのポイントを見つけましょう。

お客様はコンセプトの無い店よりも、特徴のある店の方を魅力的に感じます。コンセプトや客層を絞り込めばお客様へしっかりアピールすることができます。

必要な機材の準備をしよう

ネットショップにはカメラ、パソコン、セキュリティ対策・画像加工といったソフト、プリンター、FAX、電話が必要です。特に、カメラにはこだわるべきです。

例えば飲食店では店先の看板メニューの写真で入店を決めるように、ネットショップの写真も同じぐらいの影響力を持ちます。全く売れない商品の写真は暗い印象を受けることが多いです。

商品詳細を伝える「ディテール写真」と使用シーンを伝える「イメージ写真」が必要です。実際に商品を手に取ることができないので、お客様にとっては商品写真と説明文が何より重要なのです。

スマートフォンでも綺麗な写真は撮れますが、一眼レフカメラやミラーレスカメラで撮影する方がオススメです。余裕があれば、専用カメラを用意しておきましょう。

開業方法の決定

開業方法は大型サイトに出店するモール型と、レンタルサービスを利用し出店する自社ドメイン型があります。

出店方法でメリットやデメリットが異なります。費用面に余裕がある場合や固定客のついている商品を扱う場合は、集客力の高いモール型がオススメです。自由にネットショップの運営をしたい場合や検索エンジンを有効に活用したい場合は自社ドメイン型の方が良いでしょう。

最近は無料サービスも多く、低リスクで開業できます。自分のネットショップに適した出店方法を検討しましょう。

決済方法の決定

ネットショップにはクレジット決済、コンビニ決済、キャリア決済、郵便振替、銀行振込、代金引換などがあります。お客様の事情によって必要なサービスが変わります。最低でも2種類の決済方法に対応できるようにしましょう。

決済方法は、お客様にとってサービスの1つです。運営方針に合わせて検討しましょう。

Webページの作成

Webページは、「見やすさ」と「コンセプトに沿った設計」が大切です。コンセプトを決めたら、お客様に第一印象で伝える必要があります。一目で伝わるキャッチコピーを考え、配色をコンセプトに合わせるようにしましょう。

「見やすさ」は顧客満足度に関わります。商品写真は複数ある方が商品についてのイメージが伝わりやすく、お客様に納得して買ってもらえます。

購入までの手順が長かったり購入画面で多くの情報を入力させてしまうと、お客様は購入を止めてしまう可能性があります。構成は簡潔にすることも大切です。Webページが完成したらお客様になったつもりで操作してみましょう。

どのように集客するべきか

主な集客方法には4パターンあります。

新規顧客獲得でよく利用されているのが、②検索連動広告です。広告はコンセプトに合わせて極力絞ったキーワードを使いましょう。キーワードを細かくすることで狙った客層に効果的にアピールでき、効果を上げることができます。

コンセプトを決めたらピンポイントで宣伝できるようにしましょう。集客方法は内容が複雑で難しいことから専門のコンサルタントに相談してみるのも良いでしょう。

ネットショップで成功するための秘訣

平均月商100万以上の約500ショップを徹底分析してみると、共通点がありましたので紹介します。

安心感のある情報

電話番号を積極的に掲載しているショップの購入率は、積極的に掲載していないショップと比べると223%も高い結果が出ています。お客様に不安を抱かせないためにも電話番号を掲載し、購入率の向上を狙いましよう。Web申し込みが苦手なお客様を電話注文で拾う効果もあります。

電話の種類を見てみると、フリーダイヤルが19.8%、固定電話が77%、IP電話が2%です。購入率に大きな差はありません。電話番号は掲載するようにしましょう。

電話番号を載せると業務の負担が増えると考えがちですが、お客様の声は新規開業時には特に改善のヒントになります。メリットもあるのです。電話からの問い合わせを減らしたいなら、よくある質問をFAQとして掲載する手もあります。

また、店長や生産者、スタッフの写真があるショップの購入率は、写真がないショップと比べると125%高い結果が出ています。顔写真を掲載することでお客様の不安を無くし、 購入率の向上につながります。

そして規約の要約情報を掲載したショッピングご利用ガイドがあるショップの購入率は、表示がないショップと比べると126%高い結果が出ています。お客様が気になる情報を分かりやすく表示することで、スムーズに購入してもらえます。

更に、決済方法を設定しているショップは、未設定ショップと比べると111%購入率が高い結果が出ています。利用可能な決済方法を表示することで、ショップへの信頼感を向上させることができます。

最後に、後払い決済を導入しているショップは、未導入ショップと比べると359%も売上が高い結果が出ています。お客様は初めて商品を購入するとき、先払いで商品を購入することに抵抗を持ちます。

後払い決済なら、商品到着後に支払いできるため購入のハードルが下がります。よく使われるクレジットカード決済がなければ購入率が減ってしまうので、あくまでメインとなる決済方法を用意してから導入を検討しましょう。

お客様を逃さない工夫

買い物カゴボタンのデザインでもクリック率が変わります。小さなボタンではクリックしづらく、そのままページを閉じてしまうケースがあります。大きなボタンを使いましょう。

単品注文が多い場合は「すぐに注文する」ボタン複数商品注文が多い場合は「いったんカートに入れる」ボタンにすると購入確率が高くなります。また、決済ページに看板画像を表示するようにしましょう。

看板がある方が、商品ページのテイストを維持しやすいです。これにより、お客様が途中で離脱しない工夫ができます。更に決済ページでステップ画像の表示をすることで親切な誘導ができます。

そして、決済ページのフォントサイズや画面幅、色の変更で売上アップを狙いましょう。画面の見やすさはとても重要です。不安感を残さないためにも、サイトと決済ページの雰囲気は統一しましょう。

集客の工夫

商品数が100商品未満のショップと比べると、商品数が100以上1000未満のショップ売上は5倍、商品数が1000商品以上のショップ売上は43倍という結果が出ています。商品数が100以上1000未満のショップと比べると、商品数が1000商品以上のショップ1商品当たり売上高の減少率はわずか3.5%です。

商品数に比例して、売上が伸びています。売上を伸ばすためには、品揃えを充実させる必要があることが分かります。商品数が増えると検索ヒット数が増えることや、高評価をもらえると全体の検索エンジンの評価も上がり検索に強くなること、来訪者の商品マッチ率が上がることと言った好影響をもたらします。

また、SEOのキーワードをタイトルに設定しているショップは、未設定ショップと比べると166%売上が高い結果が出ています。SEOは敬遠されがちですが、キーワードの設定だけでもしておくと効果に期待できます。お客様の気持ちになって、検索語句を徹底的に考えましょう。

更に、SEOサイトマップを設定済みのショップは、未設定ショップと比べると115%売上が高い結果が出ています。検索順位に反映される時間を短縮し、順位が上がりやすくなります。

有料のショッピングカートなら、基本的には標準機能として搭載されています。標準搭載していない場合は作成したいURLを入れるだけでサイトマップの作成ができ、ファイルをダウンロードできるsitemap.xml Editorを活用しましょう。

下記のデータは、PayPal Pte. Ltd.及びJECCICAが2万人の消費者を対象に実施したものです。中小のECサイトを利用しない理由が分かります。

購入の1番の障害は「知らないこと」です。会社に対する負のイメージが隠れている場合が多いので、できるだけ情報を開示し安心して買い物ができることを証明する必要があります。

そして、商品数が少ないことは購入しない理由の3番目にあります。新規会員登録が面倒な方が、2番目に多いことも分かります。入力の負担を減らせば、売上の向上につながります。

成功している企業は、売れる努力をしているのです。自社にも活用していきましょう。

こういうネットショップは失敗する!

続いては、失敗について考えてみましょう。撤退したネットショップを調査すると共通点がありました。
即撤退することのないように、教訓としましょう。

準備しないで始めた

ネットショップは誰でも簡単に始めることができます。しかし、最初に考えるべきコンセプトをしっかりと考えないと失敗してしまいます

コンセプトを考えることでメインとなるお客様を特定することができます。お客様の立場になって考えやすくなり、アピールするメッセージにも一貫性が出ます。デザインやコミュニケーション、商品開発という軸にもつながるので、コンセプトを考えることはとても重要です。

集客に努力していない

ECモール以外で出店するなら集客が必要です。ネットショップは、何もしなければ誰にも見てもらえません。集客施策の実施と工夫をすることで、売上の向上にもつながります。

集客機能が豊富な有料のショッピングカートASPを選ぶ方法もあります。有料ショッピングカートASPは、ECモールよりも費用が安く集客機能の種類が豊富です。簡単で、売れた分だけ支払う成果報酬の形式が多いため、人手とお金をかけずに集客することができます。

リピーターを作ろうとしていない

リピーターは、売上アップに直結します。
新規のお客様を集めてもリピート購入されなければ利益は伸びません。

基礎的なことから実施し、安定してきたらアルバイトスタッフや外注を活用して時間を作るようにしましょう。
集客とリピーターの対策を考える必要があります。時間が無いからと言って、ここを疎かにしていては一向に状況は改善しません。

初心者がネットショップを成功させるには

初心者はネットショップ運営の知識を付けることが重要です。いきなり出店したり、無料CMS系ネットショップを開設しても上手くはいきません。

ネットショップ開業サービスが出す広告につられて契約するケースも失敗しやすいです。すべての店舗が売れているような印象を与えるキャッチコピーが、インターネット上には多くあります。

実は、売れているネットショップは全体の10%以下しか存在していません。初心者が失敗しないためには現状の把握から始めましょう。

まとめ

ネットショップは、誰でも簡単に始めることができるビジネスです。その分競争が激しく、他店との差別化が重要です。

そのためにもコンセプトを考え、周りに流されない店舗作りが必要です。一人でも多くのファンを獲得し、継続した収入につながるように対策を練りましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。