物販

ネットオークション徹底比較!料金が安くて使いやすいオークションサイトはここ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ネットオークションは不要品の処分や小遣い稼ぎに最適です。リサイクルショップや買取店に持っていけば数十円で買い叩かれてしまう不用品も、オークションなら数千円以上で売れることも珍しくありません。逆に、普通のお店で買ったら数万円するゲーム機が、数千円で落札できることもあります。

今回は、国内外のオークションサイトを徹底比較し、あなたの需要に応える最適なオークションサイトをご提案します。オークションが苦手という人のためにオークション代行サービスも紹介していますので、最後までお読みください。

ネットオークションとは?

まず最初にネットオークションとはどのようなものか説明します。

ネットオークションとは、文字通りオークション(競り売り)をネット上で行うことを指します。

ネットオークションは個人間取引

ネットオークションは基本的に個人間取引です。個人間取引は非課税対象であるため、消費税はかかりません。

ただし、一部のBtoCやCtoBのネットオークションの場合は、消費税がかかります。

オークションとフリマの違い

ネット上の個人間取引は、オークションフリマの2種類に分けられます。具体例を出すと、ヤフオクはオークションで、メルカリがフリマです。

オークションは、出品された商品に対して、入札者が希望落札価格を入札していきます。入札者は自分より前の入札額より大きい金額でないと入札できません。そのため、入札が増えれば増えるほど価格が上がっていきます。そして、最終的に入札額が一番高かった人が、その価格で商品を落札できるシステムです。

それに対してフリマは、出品者が商品価格を決めて出品します。購入者は、決められた価格で購入することになります。

落札手数料がかかることが多い

オークションサイトの場合、取引が成立すると落札手数料を徴収するサイトがほとんどです。

出品者と落札者のどちらが落札手数料を負担するかはサイトによります。

月額利用料がかかる場合もある

また、取引手数料とは別に月額利用料がかかるサイトもあります。月額利用料がかかるオークションサイトは、その代りに取引手数料が無料であることが多いです。

使いやすさは千差万別

オークションサイトは国内外にたくさんあります。使いやすいサイトもあれば、使いにくいサイトもあります。色々試してみて、自分に一番合うオークションサイトを見つけましょう。

ネットオークションの決済システムは安心・安全

ネットオークションの多くは個人間取引であるため、一昔前は様々な詐欺が横行していました。例えば、代金を支払ったのに商品が届かないケースや、商品を発送したのに代金が支払われないケースが多々ありました。

しかし、現在は、落札者が先払いした代金を運営側が一時預かり、商品到着確認後に出品者にその代金が支払われる決済システムが一般的です。そのため、安心して取引できるサイトが多いです。

国内のおすすめオークションサイト7選

続いて、国内のおすすめオークションサイトを7つ紹介します。

ヤフオク

まず1つ目は、ヤフオクです。

皆さんおなじみのYahoo JAPANが運営する日本最大級のオークションサイトです。常時6,000万点以上の商品が出品されています。商品のジャンルも幅広く、総カテゴリ数は40,000以上です。

ヤフオクを落札目的のみで利用する場合は、Yahooに無料会員登録さえすれば取引できるようになります。手数料・利用料は一切かかりません。支払うのは商品代金・送料のみです。出品者が落札者に手数料の負担を要求することは規約違反なので、このようなことがあった場合はヤフオクに報告しましょう。

一方、ヤフオクに出品する場合は、Yahooへの無料会員登録に加えて、本人確認手続きとYahoo!ウォレット登録が必要です。無料で出品できますが、落札された場合は落札額の10%が落札手数料として徴収されます。もっとも、Yahoo!プレミアム会員に登録(月額498円)すれば、落札手数料が8.64%とお安くなります。また、車・バイクの出品はプレミアム会員のみとなっています。

モバオク

2つ目は、モバオクです。

モバオクは元々はモバイルオークションの略で、2004年に携帯電話用オークションサイトとして誕生しました。現在はパソコンでも取引可能です。

古着・子供用品・漫画・ゲーム・金券など200万点以上の商品が出品されています。なかには非売品も出品されています。

落札者・出品者ともに月額利用料がかかります。金額はGoogle Play決済の場合は360円、iTunes決済の場合は324円です。

基本的に出品・落札し放題ですが、車・バイクの取引の場合のみ、出品者に落札手数料が課せられます。車の落札手数料は4,860円、バイクの落札手数料は3,024円です。

決済はモバペイ取引と代引取引のみ利用可能です。

Brandear

3つ目は、Brandearです。

Brandearは中古のブランド品専門のオークションサイトです。50万点以上が出品されており、ブランドの種類は7,000以上にも上ります。

Brandearは上記2サイトと違い、個人間取引(CtoC)ではなくBtoCのオークションサイトです。Brandearは中古ブランド品を買い取り、その中古ブランド品をオークション形式で販売している企業サイトです。したがって、出品はできません。入札・落札のみとなります。

会員登録は無料で、その他手数料などはかかりません。ただし、送料が620円(沖縄は2,500円)かかります。

チケットストリート

4つ目は、チケットストリートです。

チケットストリートはその名の通りチケット専門のオークションサイトです。様々なライブ・演劇チケットが出品されています。

出品する場合は手数料が全くかかりません。チケットストリートが仲介してくれるため、取引相手に個人情報を知られる危険もありません。

落札する場合は、取引手数料が5%(8,000円以下の場合は400円)、決済手数料が3%(1万円以下以下の場合は300円)かかります。

チケット流通センター

5つ目は、チケット流通センターです。

こちらもチケットストリート同様、チケット専門の販売サイトです。

出品する場合は、落札時に仲介手数料が10.26%(8,000円以下の場合は820円)かかります。

落札する場合は、事務手数料がかかります。金額は1万円以下の場合は432円、1万円超~3万円の場合は756円、3万円を超える場合は3.24%です。

SellCa

6つ目は、SellCaです。

SellCaは中古車買取専門のオークションサイトです。あなたが出品した車に、全国6000社のバイヤーが入札するCtoB形式のサイトです。

出品は非常に簡単です。SellCaのサイト上で査定依頼すれば勝手に入札が集まります。面倒な手続きは不要で、手数料もかかりません。

カープライス

7つ目は、カープライスです。

カープライスもSellCa同様、サイト上の査定依頼だけで出品できるCtoB形式の中古車買取サイトです。査定依頼は無料です。

海外のおすすめオークションサイト

国内のオークションサイトで欲しい商品が見つからない場合、もしくは商品を出品しても希望の価格がつかない場合は、海外のオークションサイトの利用をおすすめします。

eBay

海外でおすすめのオークションサイトはeBayです。

eBayはアメリカ発の世界最大級のオークションサイトです。その市場規模はヤフオクの20倍以上です。日本の相場では考えられないくらい格安の商品がたくさん出品されています。

また、日本製品は海外での評価が高いため、日本製品を出品すると日本で売るより高く売れる傾向があります。

eBayの利用にはPayPalアカウントが必要です。出品手数料は毎月最初の50商品までは無料です。落札された場合は、10%の落札手数料がかかります。

オークション出品代行サービス徹底比較

最後に、出品作業が面倒だという方に向けて、おすすめのオークション代行業者を3つ紹介します。

オクサポ!

まず1つ目は、オクサポ!です。

オクサポ!はYahoo公認ストアです。2006年にサポートを開始して以来、ヤフオクで10万件以上も代行販売しています。月額会員費などは一切かかりません。また、出品代行して落札されなかった場合は自動で再出品してくれます。

クイックドゥ

2つ目は、クイックドゥです。

クイックドゥもYahoo公認ストアです。オクサポ!同様に落札されなかった場合は再出品してくれます。落札された場合は、たとえ未入金トラブルがあっても入金してくれます。

宅オク

3つ目は、宅オクです。

宅オクはネットオフ運営の代行サービスです。落札されなかった場合はネットオフが買い取ってくれます。

オークション代行業者3社のサービス比較

3社それぞれのサービス内容の特徴は以下のようになっています。

オクサポ!

・宅配キットを使って無料で商品を発送可能
・相場から開始価格設定(こちらで指定することも可能)
・出品作業は全て代行
・最大90日間は無料で再出品

クイックドゥ

・相場から開始価格設定(こちらで指定することも可能)
・出品作業は全て代行
・何度でも無料で再出品
・ヤフオク費用は全てクイックドゥが負担

宅オク

・相場から開始価格設定(こちらで指定することも可能)
・出品作業は全て代行

オークション代行業者3社の手数料比較

3社の各代行手数料は以下のとおりです。

【オクサポ!】

落札価格手数料
1,500円以下落札価格-100円
1,501~3,000円1,280円
3,001円~5,000円36%
5,001円~10,000円28%
10,001円~30,000円22%
30,001円~60,000円16%
60,001円~100,000円10%
100,001円~300,000円5%
300,001円以上2%

【クイックドゥ】

落札価格手数料
1,500円未満0円
1,500円〜2,999円1,300円
3,000円〜4,999円35%
5,000円〜19,999円23%
20,000円〜49,999円15%
50,000円〜99,999円10%
100,000円〜299,999円5%
300,000円以上3%

【宅オク】

落札価格手数料
3,500円未満1.500円
3,500円〜50,000円35%
50,000円以上15%

一番のおすすめはヤフオク

あなたに合ったオークションサイトは見つかりましたか?もし迷っている場合はヤフオクをおすすめします。ヤフオクは出品商品数も利用者数も業界No.1です。ぜひ一度ご利用ください。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法