物販

ネットショップの成長には宣伝が大切!効果的な集客方法を紹介!

この記事を監修した吉田です。
2021年9月現在で成功者続出の秘密のノウハウを限定公開します。
今すぐ確認してください。

クリックして"1300万円稼いだ方法"を読んでみる。
吉田
吉田

ネットショップの売り上げを上げるためには、広告による集客が欠かせません。いくら良質な商品を扱っていていても、利用者に存在を認知されなければ売り上げにはつながらないからです。

広告にも種類があるので、自分がどんな商品をどのくらいの期間でどうやって周知させたいのかによって、効果的な広告方法は異なってきます。

今回は、ネットショップにおける効果的な集客方法や、集客のための分析方法について紹介していきます。

ネットショップの集客は「買い手」と「売り手」の両面から考える

ネットショップでの販売を行う時、商品の魅力やページの見やすさなど、「売り手」側の視点に立って考える人は少なくありません。勿論それも大切なことではありますが、集客をする上では、商品を買ってくれる「買い手」の視点に立った考え方が最も大切な要素です。

買い手の視点に立った考えを第一に考え、その中で売り手の視点からも良さを発信していくなど、買い手と売り手の双方からネットショップを見ていくことが大切になります。ここでは、双方の視点に立った考え方について解説していきます。

買い手視点から見た、タイプに応じた戦略の立て方

一口に買い手と言っても、買い手のタイプによって広告の戦略を変える必要があるのです。ネットショップの買い手には、大きく分けて4種類の人がおり、それぞれに必要な広告効果は以下の通りです。

・扱うサービス、商品に興味のない人→興味を持てるようなサービス、商品の広告
・商品に興味があるがサイトの存在を知らない人→ネットショップの存在を知って購入を促すための広告
・過去にサイトで購入経験のある人→サイトに親しみを感じさせリピーター客になってもらうための広告
・リピーターの人→サイトのサービス、商品の良さを周囲に広めるための広告

それぞれの立場に立った広告を活用して、買い手に一歩を踏み出させることが重要になるのです。

売り手視点から見た、ショップの魅力の伝え方

買い手へのアプローチと同様、サイト全体を良くしようという売り手側の視点も大切になります。親しみやすいネットショップの方が、買い手も最初の購入やリピートに繋がりやすいからです。

ネットショップの魅力とは、商品自体の魅力は勿論、サイト自体の見やすさや購入までのスムーズさも重要な要素です。他にも、親しみやすさを出して個性的なネットショップにすることで、リピーターのファンを獲得しやすくなります。

広告によって集まってくれた買い手が、購入に踏み切ってもらえるような魅力を感じさせるサイトデザインや商品紹介を目指しましょう。

短期で効果の出やすいネットショップの広告方法6選

続いては、実際のネットショップの広告方法について紹介していきます。広告には、短期的な方法と長期的な方法がありますが、今回は広告開始から1〜3カ月で効果を実感しやすい広告方法の紹介です。

1つ覚えておいてほしいのは、あくまで短期で効果を実感しやすい広告方法であって、短期間で必ず効果が出る広告方法ではない点です。サイトや商品によっては、利用した広告が効果的に働かない可能性があります。費用のかかる広告もあるので、一定期間で効果が見込めなかったら、広告の内容や種類の変更も検討していきましょう。

リスティング広告、ディスプレイ広告

リスティング広告とディスプレイ広告は、Web広告の代表的なものです。リスティング広告とは、GoogleなどのWeb検索結果に表示される検索連動型の広告を表します。対してディスプレイ広告は、特定のWebサイト内に表示される広告です。どちらも広告のクリックがあった際に料金が発生する仕組みなので、知名度や利用が少ない内はかかる費用も少なくて済むメリットがあります。

・リスティング広告(検索連動型広告)
ユーザーが検索キーワードを入力した際に、同じキーワードのテキスト広告が表示されます。元々の認知度に関わらずに人目に広告が表示される可能性があるので、キーワード選択を間違えなければ集客性が高いです。実際の広告は、以下のように表示されます。

リスティング広告を利用する際は、大きなキーワードよりも、特定ユーザーに向けた限定的なキーワードの方が高い効果を発揮します。大きなキーワードはかかる費用が高くなるので、競合と差別化でき、且つ自分のサイトに誘導できるキーワード選定が必要です。

・ディスプレイ広告
特定のWebサイト内の広告エリアに広告が表示されます。掲載されるWebサイトの設定が出来るので、サイトターゲットが利用しそうなサイトに絞って広告の掲載を行う事で、効果的な運用が可能です。実際の広告は以下の通りです。

リスティング広告と違い、画像やアニメーションを使った広告も可能です。文字だけのリスティング広告よりも具体的な商品イメージを伝えやすいので、明確な目的を持ったユーザーよりも、潜在的なニーズを発掘するのに役立ちます。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、アフィリエイターという第三者に自分のサイトや商品の紹介をしてもらう手法です。リスティング広告と違い成果型報酬であり、実際に商品が売れた時のみ広告料を支払うので、コストパフォーマンスは抜群です。欠点としては、広告設定までの手順に手間がかかる事と、広告効果はアフィリエイターによって大きく左右される点が挙げられます。

アフィリエイターの紹介文を介して商品のPRを行う形なので、ユーザーにとって親しみやすい商品ほど広告効果が高い傾向があります。逆に知名度が低かったり効果が分かりにくい商品は、紹介から購入に繋がりにくいので効果が表れにくいです。

また、広告を利用するアフィリエイターの知名度が広告効果に直結するため、広告効果にムラがります。どの広告を紹介するかはアフィリエイターが選ぶという点も注意が必要です。逆に言えば、一度有名アフィリエイターに紹介してもらえば一気に購入ユーザーを増やすことができるので、大きな売り上げアップを見込みたいなら検討の余地のある広告方法と言えるでしょう。

リマーケティング広告

リマーケティング広告とは、過去にサイトを訪れた人に対して広告の配信を行う方法です。広告はGoogle広告などが提携しているWebサイトに表示されます。一度サイトに興味を持ったユーザーに向けての広告なので、サイトへの再訪問や再購入に結びつけやすいという特徴があります。

サイトのキャンペーンなどに連動して広告を表示することで、高い集客を見込めるでしょう。過去に閲覧した商品を表示したり、画像とアニメーションを組み合わせたり等、ユーザーに応じた広告の表示ができるので、リピーター客を作るのに効果的な広告と言えます。

ただし、サイトや商品をを全く認知していないユーザーには広告が表示されないため、新規顧客の開拓には不向きな広告です。リピーターだけでは継続的な売り上げアップは難しいので、他の広告と組み合わせて利用する事が大切です。

SNSを利用した広告

facebookやInstagram等、各種SNSでも広告を表示することができます。広告の表示には別途ビジネスアカウントの作成が必要なため、少し手間がかかりますが、幅広いユーザーに広告を表示させることができるのは大きなメリットです。

SNSはどんどん普及率が上がっており、多くの人が閲覧する市場での広告には高い集客効果が見込めます。最近はパソコンでのWebサイト閲覧よりもスマートフォンを使ったSNS閲覧の方が多くなる傾向もあり、多くの人の目にとまる可能性のあるSNSをメインにした広告には十分な価値があるのです。

ただし一つ注意する事が、SNSによって利用する人数や年齢層が違うという事を意識するという点です。以下のグラフは各種SNSの利用率と年齢の一覧ですが、SNSによって利用率や利用の多い年齢層に違いがある事が分かります。

参考;令和元年度年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査

自分のサイトや商品によっては、利用者の年齢層や利用目的に合わない可能性もあります。どのSNSにどれだけ広告を表示させるのかは常に考える必要があると言えるでしょう。

メールマーケティングの活用

メールマーケティングとは、メールを利用してユーザーに購入意欲を促進させ、マーケティング行動を促す方法です。新規ユーザーよりは、既にある程度購入意欲のあるユーザーが対象になるので、リピーターからの売り上げをより確実にする効果が見込めます。

メールマーケティングは、誰にどんなメールをどのペースで送るのかが重要です。例えばステップメール(ユーザーのアクションに応じたメールを送る仕組み)を利用する際は、ユーザーがどんなアクションをしたらどんなメールを送るのが効果的なのかを考える必要があります。商品購入後に特典クーポンのついたメールを送ったり、登録車にお得なメールマガジンを定期送信する等、メールをうまく活用できればより安定したリピートを狙う事ができます。

ただし、あまり沢山メールを送るとユーザーが煩わしく感じてしまいます。メールを活用する際は、さじ加減に十分気を付けましょう。

プッシュ通知の活用

プッシュ通知とは、こちらからのお知らせを相手に自動で通知する仕組みです。プッシュ通知はユーザーが他のサイトやアプリを利用中にも通知されるので、何をしていても自分のサイトへ誘導させることの出来る効果があります。

プッシュ通知を効果的に活用するためには、ユーザーとの関係性が重要です。他の操作中にも通知が行われる関係上、ユーザーとの関係性が深ければ効果的に働き、ユーザーとの関係が浅ければ迷惑に感じられる傾向があります。何度か購入実績のあるリピーター客の購入を促進するためには効果が高い一方で、ライトユーザーにはメール以上に煩わしい広告手段となるのです。

とはいえプッシュ通知を送るには相手側からの承認が必要なので、プッシュ通知を承認してくれるユーザーであれば効果的な広告効果が見込めるでしょう。

ネットショップにおける顧客分析の方法

サイトの広告方法を検討するにあたって、顧客データの分析は必要不可欠です。利用者の正確なデータを集めて分析を行う事で、より効果的な広告の選択が可能になります。

続いて紹介するのは、ネットショップにおける顧客分析に効果的なツールです。これらのツールを活用し、自分のサイトユーザー傾向を正確に分析していくことで、ネットショップの売り上げアップを目指しましょう。

Googleアナリティクスを活用する

Googleアナリティクスは、無料で提供しているアクセス解析ツールです。登録したサイトに訪れたユーザーがどれくらいいたか、どこから来たのか、どんなデバイスを使ったか、ユーザーの性別や年齢は、など様々な情報を自動で分析してくれる高性能なツールです。これらのデータを分析することで、集客方法や利用ユーザーの分析が可能になります。

例えばスマホユーザーの訪問が多いことが分かれば、スマホから見やすいサイトデザインにしたりプッシュ通知を利用することで、売上アップを狙う事ができます。新しく何らかの広告を利用した場合、その前後でのユーザー訪問数の推移や広告商品の売れ行きを分析することで、広告効果の確認もできるのです。

サイトに訪問するユーザーの動向を都度分析することで、自分のサイトの長所や短所、広告の集客力などあらゆる分析が可能になるため、サイト運営の方針決定に非常に役立ちます。情報の分析には慣れが必要ですが、正しく活用できれば販売サイトを大きく成長させることができるでしょう。

Google Search Consoleを活用する

Google Search Consoleは、Googleアナリティクスと合わせて使用すると便利なツールです。Googleアナリティクスがユーザーの動向を分析するものであるのに対して、Google Search Consoleは販売サイト全体の状態を把握するのに役立ちます。

例えば、自分のサイトがGoogleでどのキーワードで検索した時に、どの程度の順位で表示され、どの程度クリックされているかなどが分かるようになります。サイトの現状が客観的に見られるようになるので、そこから対策を立てる事ができるのです。

商品が売れない理由が、販売サイトが検索結果上位に表示されていないからだと分かれば、SEO対策を意識したり広告を増やしたりといった対策を考える事ができます。検索上位でもクリックされていなければ、クリックを促進する表示方法を考える事が必要です。そして検索結果も良くクリック率もいいのに売り上げが悪いのであれば、扱っている商品やサイトデザインに問題があると分かります。

Googleアナリティクスでサイト内の分析を行い、Google Search Consoleでサイト外の分析を行う。これによって自分の販売サイトの現状を明確にし、対策を考えて行きましょう。

Shopifyのストア分析を活用する

もし販売サイトの解説にShopifyを利用していた場合、Shopify独自のアクセス解析ツールを利用することができます。ホーム画面にある「ストア分析」を活用する事で、広告前後の顧客の動向を比較したり、販売数やリピーターの比率、平均購入額などを分析できるのです。

販売サイトのパフォーマンスをより詳細に分析したければ、上位プランを利用すると機能を増やしていくことができます。ただしその分費用も掛かるので、足りない分析は前述したGoogleアナリティクスやGoogle Search Consoleを活用するのも一つの方法です。

ストア分析は、外部のサイトやアプリに頼らずに販売サイトの分析ができるようになります。Shopifyの利用者は利用を検討してみましょう。

ネットショップのお手軽キャンペーン例

キャンペーンは上手く活用することで、販売サイトにユーザーを呼び込む事ができます。しかし集客効果が弱いと逆に損をしてしまう可能性もあるので、適切なキャンペーンを考える必要があるのです。

続いては、ネットショップで手軽に行えるキャンペーンの例を紹介します。自分の販売サイトの状態に合わせて行うキャンペーンの参考にしてください。

値引きキャンペーン'(安売り)

期間限定で、定価から一定額を値引きするキャンペーンになります。最も単純なキャンペーンであり、誰でも等しく恩恵を受けられるのがメリットです。

購入額に応じて値引き額を増やしたり、一定金額以上の購入から値引きを行ったりなど、ユーザーの購入意欲を促進する方法で用いると高い効果が見込めます。

人間だれしも安売りと聞くと、つい足を止めてしまうものです。定期的に行う事で新規ユーザーを呼び込む効果も見込めるので、タイミングを考えてキャンペーンを行いましょう。

ポイント還元キャンペーン

購入時に獲得できるポイントが増えるキャンペーンです。ポイントを活用してるネットショップではよく用いられている手法でもあります。

普段よりポイントを多く貯める事ができるので、ユーザー一人当たりの購入金額の底上げを狙う事ができます。また、ポイントが貯まるからと自分の販売サイトを利用してもらいやすくなるので、こちらも定期的にキャンペーンを行うと効果的です。

ただし金額が安くなるのではなく、もらえるポイントが増えるだけなので、新規ユーザーや会員登録をしないユーザーには恩恵が受けにくい点は注意が必要です。既存の利用者の購入意欲を促進させるキャンペーンと言えるでしょう。

送料無料キャンペーン

購入金額に比べ意識が向きにくいですが、送料も購入意欲を促進する重要な要素です。実際の商品以上の費用が掛かってしまうため、金額に関わらず送料が発生すること自体に嫌悪感を抱くユーザーも少なくありません。

普段の送料が高めに設定されている販売ショップ程、送料無料キャンペーンは効果的に働きます。この機会にまとめ買いを検討するユーザーも多いので、キャンペーン期間内の客単価の向上も見込めるでしょう。

ノベルティプレゼントキャンペーン

ノベルティとは、販売促進や宣伝のために無償で提供するアイテムの事です。「期間内に特定の品物(一定金額以上)の購入で限定グッズをプレゼントします」などのキャンペーンが、ノベルティプレゼントになります。

限定グッズや非売品をノベルティとして利用することによって、販売商品に希少価値が生まれ、ユーザーの購入意欲を促進させることができます。別途ノベルティの作成が必要なため手間はかかりますが、ファンユーザーの多い販売サイトでは特に有効な方法です。

ファン(リピーター客)を作ろう!

販売サイトの売り上げを伸ばす最も効果的な方法は、自分のサイトのファンを増やすことです。特別な事をしなくても売り上げを伸ばしてくれるリピーター客は、販売サイトにとっては非常に貴重な存在といえるでしょう。

ファンを作るためには、自分の商品や販売サイトを好きになってもらう事が必要不可欠です。続いては、少しでもファンを増やしていくための方法について紹介していきます。

販売後のアフターケアを行う

ユーザーの満足度を上げるためには、購入までだけではなく購入後の対応も大切です。特にネットショップでは店員と直接やりとりをすることがないため、ユーザー側としても不安を感じるケースも少なくありません。

そこで効果的なのが、購入後のアフターケアを行う事です。具体的には、サンクスカードを活用してユーザーに感謝の気持ちを伝えてみましょう。

サンクスカードを送る事で、貰ったユーザー側は親しみのあるショップだと感じるようになり、安心して利用することができるようになります。ユーザーの満足度も高くなり、次回以降もまた買ってもらえる確率も高くなるでしょう。

サンクスカードはデザインや文章を少しずつ変える事で、さらに高い効果を発揮します。季節やユーザーごとにいくつかパターンを用意しておくと、負担を軽くすることができるのでおすすめです。

人の感情に訴えかけるサンクスカードは、数字では測れない大きなメリットを持っています。手間はかかりますが、ぜひ活用してみましょう。

SNSを活用してみる

SNSを利用することで、ネットショップであってもユーザーと簡単にコミュニケーションをとる事ができます。交流を深める事ができれば、お店のファンになってくれる可能性も高くなるでしょう。

ユーザーの商品レビューを紹介したり、商品購入後にコメントをしてみたり、質問コーナーを設けて回答してみたりすることで、ユーザー側が人と人とのやりとりを感じる事ができます。人とのやりとりは安心感や信頼に繋がるので、販売サイトのファンを作るのに非常に有用なのです。

元々SNSは、広告を発信する場としても活用が出来るので、既存の運営に無理なく組み込めることもメリットです。SNSで1人のユーザーと繋がるだけでも、ユーザーの関連ユーザーにも広まって一気に販売サイトのファンを増やすことができる可能性があります。販売ショップは勿論、運営するあなた自身のファンを増やすために上手く活用していきましょう。

ただしSNSは、いい事も悪いことも情報の拡散が早いです。ショップオーナーとしての不適切な発言や、ユーザーごとに異なる対応を取っていると、すぐに悪評が拡散して取り返しのつかない事になるので、十分に注意しましょう。

まとめ

今回は、ネットショップの広告方法や、顧客分析の方法、効果的な集客方法について紹介しました。ネットショップを成長させるためには、とにもかくにもショップの認知度を上げなければ始まらないため、特に開設したてのネットショップ程、広告は積極的に行っていくべきなのです。

勿論広告をしても効果が出ない事もありますし、広告には費用も掛かります。しかし今回紹介した分析ツールも活用すれば、どんどん広告の効果を高めていくことができるでしょう。

失敗してもそれを糧に次の行動に移すメンタリティがあれば、いつか成果を出せる日が来るようになります。分析を繰り返しながら効果的な広告を発信し、ネットショップを成長させていきましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • ○○○で仕入れた商品を1週間で1300万円販売したノウハウ
  • 2021年、海外で成功者続出中の最新事例
  • セレクトショップの商品を7割引で見つけるヒミツの方法
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 114円で仕入れて10倍の値段で販売した実例

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!