物販

ネットショップ開業方法2種類を比較!あなたに向いているのはモール?自社サイト?

この記事では、「モール型ECサイトへの出店」と「開業サービスを使った自社サイト作成」の2種類のネットショップ開業方法について解説します。それぞれのメリットとデメリット、代表的なサービスの例をお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてください。

ネットショップの開業方法2パターン

ネットショップの開業方法には、大きく分けると「ショッピングモール型ECサイトへの出店」と「自社サイトの立ち上げ」の2つのパターンがあります。ここでは、それぞれの開業方法の特徴を紹介します。

ショッピングモール型ECサイトに出店する

ショッピングモール型ECサイトへの出品とは、もともと仮想モールとして立ち上がっているサイトの中に、商品を出品する方法です。デパートの中の1店舗として出店するイメージを持つとわかりやすいでしょう。

サイト自体に集客力があるため、出店するネットショップ自体の知名度が低くても集客が可能です。既存客を持っていない状態でネットショップをオープンする場合、モールの集客力は大きな強みと言えます。モール自体がネット広告やテレビCMで宣伝をしてくれるので、広告費用の削減にも繋がります

ただし、出店費用や商品が売れた際の成約手数料をモールに支払う必要があります。このため自社サイトでの販売に比べると利益率が低くなりがちです。また、同一サイト内に競合がひしめき合っている状況ですので、価格競争が起こりやすいという側面があると覚えておきましょう。

ネットショップ開業サービスで自社サイトを立ち上げる

もうひとつが、自社サイトを立ち上げる方法です。インターネット内に自分のお店を持つイメージです。

これまでは、プログラミングの知識が必要だったり、外部に依頼するにしても費用が高額になりがちだったりと、初期投資がかかる方法でした。しかし、最近ではレンタルカートを代表するネットショップ開業サービスが充実し、初期費用を抑えてネットショップの構築ができるようになっています。レンタルカートのブランド選択によって、モール出店よりも利益率の高い運用が可能です。

また、制約が少ないので、ショップコンセプトに沿ってサイトを作り上げられることも強みです。デメリットとしては、モールの知名度を利用した集客ができないので、宣伝広告など集客に対する対策が必須なことが挙げられます。

ショッピングモール型ECサイト

ここでは、ショッピングモール型ECサイト出店のメリットとデメリットをお伝えします。

ショッピングモール型ECサイトのメリット・デメリット

《メリット》
・モールの集客力を利用できる
・広告費をかけなくてもショップへのアクセスが見込める
・モールのシステムを使って決済や顧客の管理ができる

モール型ECサイトのメリットは、集客力です。モール自体に固定客が付いているので、特に広告費をかけずとも集客ができます。モールと顧客の信頼関係、もモールのブランド力といった信用を借りられる点も、恩恵が大きいと言えるでしょう。

《デメリット》
・モールの規約に沿った運営が必要
・ショップページを自由にカスタマイズできない
・モールによっては初期費用が高額になる
・固定費や成約手数料がかかる分、利益率が低くなりがち
・価格競争が起きやすい

デメリットとしては、上記のような事柄が挙げられます。モール内に出店する際には、モールのルールに従う必要があります。ショップコンセプトを自由に表現したい人にとっては、制限が多く窮屈に感じてしまうでしょう。また、同一商品や類似商品との価格比較が容易にできるので、価格競争が起きやすい一面もあります。固定費や手数料の高さと相まって、自社サイトと比較すると利益率は低くなりやすいと言えます。

ネットショップ開業サービス

ここでは、ネットショップ開業サービスのメリットとデメリットをお伝えします。

ネットショップ開業サービスのメリット・デメリット

《メリット》
・ショップコンセプトに沿った自由なデザインができる
・競合との差別化が図りやすく、ファンを獲得しやすい
・モール型に比べて利益率が高くなる傾向にある
・定期販売やショップ独自のキャンペーンなど自由な運営が可能

ネットショップ開業サービスの魅力は、自由度の高さです。ショップコンセプトにあったデザインを施し、ターゲットのニーズに合ったサービスを実施できます。これは、規約に縛られるモール型にはない魅力です。さらに、モールへ支払う固定費用や手数料がない分、利益率が高くなる傾向にあります。

《デメリット》
・集客を自分でおこなう必要がある
・広告費用がかかる
・ショップページをカスタマイズする必要がある

ネットショップ開業サービスの魅力は自由だとお伝えしましたが、それは「自分でやらなくてはいけない作業が多い」ことも意味しています。積極的に集客をおこなう必要がありますし、検索エンジンにサイトを認識してもらえるまで時間がかかるので、広告を出す必要も出てくるでしょう。ショップページも、コンセプトに沿ってイチから作り込まなくてはいけません。

あなたに合うネットショップの開業方法

ここでは、開業目的やネットショップ運用経験別に、おすすめの開業方法を紹介します。

型番商品を販売したい場合

JANコードや製品番号、商品コードなどがある「型番商品」を販売したい場合、モール型ECサイトへの出店がおすすめです。場合によっては、商品画像の用意や商品説明文も必要ありません。もともとモールが用意している出品ページに掲載するだけで、容易に販売ができます。

反対に、自社オリジナル製品やハンドメイド作品などは、モールへの出品には向いていません。

ネットショップ開業初心者

ネットショップ開業初心者には、無料カートがおすすめです。無料カートとは、初期費用や月額料金がかからないネットショップ開業サービスのことです。商品が実際に売れるまで費用が発生しないので、集客に不安がある人も安心して取り組めます。

デメリットは、商品の売れ行きが安定してくると、有料カートに比べて利益率が劣ることです。無料カートでは、固定費が発生しない代わりに、商品が売れた際に発生する成約手数料が高めに設定されています。開業初期は無料カートを利用し、売上が落ち着いてきたら有料カートに移行するなどの対策を取りましょう。また、集客機能が少ない側面もありますので、自分でサイトへの流入経路を作る事が重要です。

すでに実店舗を構えている場合

すでに実店舗を運営していて、ネットショップへの集客経路が確保できている場合、有料カートがおすすめです。有料カートも、無料カートと同じくネットショップ開業サービスのひとつです。初期費用や月額料金などの固定費が発生する代わりに、販売成約手数料が安価に設定されています。中には成約手数料が一切かからないサービスもあるので、売上と比例して利益率も上がっていく仕組みになっています。無料カートに比べると、ショップデザインの自由度も高いので、今まで築き上げてきたブランドイメージを崩すことなく、自社サイトを立ち上げることができます

デメリットは、集客と販売につまずいてしまうと、カートの維持費用全体が無駄な支払いにつながります。ネットショップへの集客が見込めない実店舗には、やや厳しい開業方法と言えるでしょう。

代表的なショッピングモール型ECサイト

ここでは、代表的なショッピングモール型ECサイトを3つ紹介します。いずれも集客力が高いというメリットはありますが、費用や傾向には差があります。自分に向いているのはどのモールか、吟味しながら読んでみてください。

楽天市場

《メリット》
・楽天会員ID数1億1,140万というシェア率の高さ
・販売ノウハウの提供サービスがある
・ECコンサルタントが販売戦略をアドバイス
・ショップページにオリジナリティを出しやすい
・独自ページがあることでショップ名を覚えてもらいやすい
・メルマガ配信機能がある

会員シェア率の高さと、販売サポートの充実が強みです。ネットショップ開業がはじめてでも、ECコンサルタントと二人三脚で運用をおこなえます。独自ショップページやメルマガ機能があることによって、リピートを確保しやすいのも魅力です。

《デメリット》
・初期費用や月額料金が高い

4つの出店プランがあり、ショップの規模や予算に合わせて選択ができます。ただし、一番安いプランでも、初期費用60,000円と月額費用19,500円がかかります。月額費用というものの、実際は年間一括払いとなっているので、出店初月ににかかる費用は294,000円です。ほかのモールに比べて初期投資費用がかかるのがデメリットだと言えるでしょう。

《向いている人》
・1ヶ月に100万円以上の売上を出せる、もしくは出すことを目標にしている人
・副業ではなく本業としてネットショップ運用をおこなう人

参考:楽天市場

Amazon

《メリット》
・月額料金が安い
・固定費無しで出店できるプランがある
・梱包や発送をAmazonに委託できる
・出品作業の操作がシンプル
・検索表示の上位がとりやすい

Amazonには、小口出品と大口出品という2つの出品プランがあります。

小口出品であれば固定費は無料ですので、副業でネットショップを開業したい人にも手が出しやすいでしょう。また、大口出品であっても、月額料金は4,900円です。いずれも初期費用はなく、安価でネットショップ開業ができます。梱包や発送をAmazonに委託できる「FBAサービス」を利用すれば、商品在庫を抱える必要ないので、倉庫家賃も抑えられます。

Amazonには独立したショップページはなく、商品ページの中に複数の店舗が出品をおこなう形式です。もともとあるページが使えるので、スピーディーな出品が可能です。また、Amazonのショップ表示順は、商品ごとに安い価格順です。他店より1円でも安く設定をすれば上位表示が可能なので、成約確率が上がります。

《デメリット》
・独自ショップページがなく、リピーター確保が難しい
・販売手数料が高めに設定されている

独立したショップページがないというのは、デメリットも存在します。Amazonの商品ページでは、仕組み上、価格や商品状態、発送までの日数に目が行きやすいです。結果ショップ名を覚えてもらえないため、リピーター確保はしにくい環境下だと言えるでしょう。また、月額料金は安いのですが、その分販売手数料が高めです。

《向いている人》
・委託サービスを使いたい人
・ジャンル問わずさまざまな商品を扱う人

参考:Amazon

ヤフーショッピング

《メリット》
・初期費用、月額料金、売上ロイヤリティが無料
・アクティブユーザー数4,158万人/月
・自社サイトやSNSへの誘導が可能

月額費用の少なさが最大の魅力です。かかるのは、「ポイントやキャンペーンの原資負担料」「アフィリエイト手数料」「決済サービス利用料」のみです。固定費や販売成約料がかからないというのは、楽天市場やAmazonにはない強みだと言えます。さらに、自社サイトやSNSといった、外部サイトへの誘導も許可されているのもポイントです。ヤフーショッピングを入り口として、自社のファンを育てられます。

《デメリット》
・楽天市場やAmazonに比べると集客力が弱い

アクティブユーザー数は決して少なくないものの、価格帯がやや高めに設定される傾向にあり、楽天やAmazonに比べるとシェア率が低いです。

《向いている人》
・初期費用や月額費用を抑えてモール型ECサイトに出店したい人
・自社サイトへの誘導をおこないたい人

参考:ヤフーショッピング

代表的なネットショップ開業サービス

ここでは、代表的なネットショップ開業サービスを4つ紹介します。

MakeShop

《メリット》
・集客のフォロー制度が充実している
・電話によるサポートがある
・ヤフーショッピングや価格.comへの自動出品サービスがある
・販売手数料が無料

MakeShopの魅力は、集客力の高さです。独自ドメインの取得やフリーページの公開といった、SEO対策にも対応しています。また、自動で外部サイトに出品してくれる「アイテムポスト」という機能が便利です。出品の手間や固定費用を増やすことなく、モールの集客力の恩恵を受けられます。

《デメリット》
・料金が高め

MakeShopには2種類の出店プランがありますが、安くても初期費用10,000円、月額費用7,000円がかかります。機能の多さから言えばコスパは悪くないものの、初心者には負担が大きいでしょう。

参考:MakeShop

カラーミーショップ

《メリット》
・月額834円から始められる
・販売手数料が無料
・口コミ掲載システムがある
・開店サポートやセミナー開催などフォロー体制が充実

「エコノミー」「レギュラー」「ラージ」の3つの出店プランがあり、一番安いエコノミーは月額834円です。それでいて販売手数料は無料なので、利益率の高い運用が可能です。サポート体制も充実しているので、ネットショップ開業が初めての人でも安心して取り組めるでしょう。

《デメリット》
・決済手数料がかかる

デメリットとしては、決済手数料がかかることです。特にAmazonPayや楽天ペイでの支払いを導入した際の手数料が高額に上ります。月額料金+売上金額の4~5%が加算されますから、それを加味して利益率を計算した上で価格設定をおこなうようにしましょう。

参考:カラーミーショップ

BASE

《メリット》
・数分でネットショップが開業できる
・サーバーやドメイン取得不要
・完全無料で出品できる

BASEは、初期費用や月額料金がかからないネットショップ開業サービスです。サイトをオープンするまでの手順も簡単で、ショップページだけなら数分で作れてしまいます。初心者にとっては機能が多すぎる有料カートよりも、悩まずに操作できるという点がメリットです。

《デメリット》
・商品が売れた際にかかる手数料が高め

固定費がない分、商品が売れた際の手数料は高めに設定されています。販売手数料で3%、決済手数料で3.6%+40円がかかるので、売上が安定してきたら有料カートへの切り替えを検討しましょう。

参考:BASE

STORES

《メリット》
・無料プランと有料プランがある
・有料プランへの移行が楽
・キャリア決済や翌月後払いなど、手数料の決済方法が幅広い
・無料プランでもアイテム登録数に制限がない

月額料金無料・決済手数料5%の無料プランと、月額料金1,980円・決済手数料3.6%の有料プランがあります。無料プランで始めて、売上が落ち着いてきたら有料プランへとスムーズに移行できるのが魅力です。商品ページやショップページを作り直すことなく移行できるので、二度手間になりません。また、無料プランでも手数料の決済方法が幅広いのも強みです。

《デメリット》
・無料プランではできない機能がある

有料プランにあって無料プランに無い機能は、以下の7つです。どうしても使いたい機能がある場合、有料プランで契約する必要があります。

・決済方法:代引き、AmazonPayの2種類
・決済手段カスタマイズ
・送り状のCSV出力
・アクセス解析
・独自ドメイン
・サービスロゴの非表示

参考:STORES

まとめ

モール型ECサイトは、集客力が活かせるというメリットがある反面、自由度が少なくモールの規約に縛られるというデメリットがあります。自社サイトの立ち上げは、自由度が高い反面、集客や商品ページの作り込みなどに手間がかかります。好みや相性もあるため、一概にどのサービスが良いとは言えません。今回紹介したそれぞれの特徴、代表的なサービスを参考に、自分の理想が叶うサービスを見つけていただければ幸いです。