物販

ネットショップで起業したい! 必要な基礎知識と準備について

誰にとってもネットが身近な存在になった現在、「趣味のお店を始めてみたい」「趣味と実益を兼ねてネットショップを経営してみたい」という方をはじめ、「ネットショップ起業でガンガン稼いでみたい」という方もいらっしゃることでしょう。

この記事では、そんな方々に向けて、ネットショップで起業するための基礎知識と必要な準備についてお伝えしていきます。

実店舗とネットショップの違いは?

モノを売るという点では、実店舗もネットショップも同じです。しかし、両者には様々な点で違いがあります。

実店舗とネットショップの違いはどんなところにあるのでしょうか?

開業から販売までの流れ ~実店舗の場合~

実店舗の場合は、お店の開業から売上が上がるまでの流れはこんな感じです。

1.お店を建てる、または借りる
2.お店のコンセプトにふさわしい外装・内装を施す
3.商品を並べる
4.チラシや看板などでお店の宣伝をする
5.スタッフを雇う
6.お客様を迎え入れる
7.お客様に商品をご覧いただき、スタッフが商品の説明をして、気に入っていただければお買い上げとなる
8.お客様にレジでお会計をしていただく

開業から販売までの流れ ~ネットショップの場合~

では、ネットショップの場合だとどうでしょう?

1.サーバーと契約し、オリジナルドメインを取得
2.お店のHPを作成し、コンセプトに沿ったサイトデザインを構築
3.商品の写真と説明文が掲載された商品ページを作成
4.インターネット上にネットショップを公開
5.広告・口コミ・SNSなどを駆使してお客様に宣伝
6.サイト上でお客様が商品を選択
7.ショッピングカートシステムを使ってお客様が注文
8.注文を受けたら商品を梱包し、発送する

こう見てみると、実店舗とネットショップではけっこう違いがありますね。

ネットショップで起業するときの準備とは?

ネットショップと実店舗の違いがわかったところで、いよいよ開店の準備に進みましょう。

実店舗を開業するのと比べると、ネットショップの経営を始めるのはハードルが低い反面、ネットショップ独自の準備と注意点があります。詳しく見ていくことにしましょう。

最も重要なのはショップのコンセプトづくり

ショップのコンセプトを明確に定めることは、とても重要です。

「安さで勝負!」「豊富な商品ラインナップをアピールする」といったコンセプトが、ショップページを訪れたお客様に明確に伝わるようにすべきです。そのためには、まず「どういうお客様をターゲットにするか」を絞ることが大切でしょう。

商品写真の質が売上を左右する?

実店舗でのお買い物なら、商品を実際に手に取ってよく見ることができます。店員さんに詳しい説明を求めることもできます。これは実店舗の大きな強みですね。

一方、ネットショップでは、写真と説明文以外に商品に関する情報を得ることができません。

そこで重要な役割を果たすのが写真です。デジタル一眼レフカメラを使えば、素人でも見やすくてきれいな写真が撮れます。しかも、今ならお手頃価格で高性能のカメラを手に入れることも可能です。

どのような写真を撮ったらいいのかよくわからない時は、「このお店の商品写真は見やすくていいな」と思ったショップの写真を参考にするのも良いでしょう。

とにかく、商品写真にこだわることがネットショップを繁盛させる秘訣です。

モール出店を選ぶ? 自社サイト出店にする?

新規のネットショップで起業する際は、Yahoo!ショッピング・Amazon・楽天市場などの「モール出店にするか?」「自社サイト出店にするか?」を決めなければなりません。その際は、それぞれのメリット・デメリットを十分考慮する必要があります。

【モール出店のメリット】
・モールのブランド力、信用力、集客力に乗っかることができる
・お客様にとって、使い慣れたシステムで買い物ができる

【モール出店のデメリット】
・出店料をモールに支払わなければならない
・価格面でばかり同業他社と比較されやすい

【自社サイト出店のメリット】
・費用が安くて済む
・独自のサイトデザインを構築でき、個性をアピールできる

【自社サイト出店のデメリット】
・独自の集客力、販促力が求められる
・お客様との信頼関係を築くのが大変

顧客の好みで選べる決済方法を3つは準備しよう

商品自体をいくらお客様に気に入っていただいても、お客様の好む決済方法がなければ注文にはつながりません。自分の都合のいい決済方法をお客様に押しつけるのではなく、お客様に合わせた複数の決済方法を準備しておくことは、地味ながら売上アップには欠かせません。

1.代引き
ネットショップでお買い物をするお客様の心配事の1つに、「先払いしたものの、商品が届かなかったらどうしよう?」ということがあります。このような心配を払拭するためにも、商品が届いたのを確認すると同時に手早く決済できる「代引き払い」の選択肢は用意しておくべきでしょう。

2.代金後払い
「商品が届いたのを確認しただけでは不十分だ。中身をゆっくりチェックしてから支払いたい」というお客様のためには、コンビニや郵便局での後払い決済が必要です。

3.クレジットカード払い
もちろん、「現金を用意しておいたり、コンビニや郵便局まで行ったりするのは面倒。ポイントも貯まるクレジット前払いの方がいい」という方もいます。このような方にとっては、クレジットカード払いができないショップは論外でしょう。

確かな配送とていねいな梱包も大事

お届けした商品に満足していただくためにも、発送前は、「輸送中に梱包材が破損して見苦しくなったりしないか?」「商品はお客様が希望する日時にきちんと届くか?」「お客様が注文してくださった商品の輸送状態はどうなっているか?」といった部分にも気を配りましょう。

具体的には、以下のポイントです。

1.エコでありながらていねいな梱包を心がける
2.複数の配送業者を比較したうえで、お得で信頼できるところを選ぶ
3.ネット上で荷物を追跡できる配送形態を選ぶ

魅力あるサイト設計を心がけよう

ネットショップでは、サイトの設計がとても重要です。バーチャルな空間ならではの商品の魅せ方を追求しましょう。

それでは、「売上の上がるサイト設計」とはどのようなものでしょうか?

1.印象的な看板ロゴの作成と設置
看板ロゴは、ショップを訪れたお客様が最初に目にする部分です。そのため、ショップのイメージが伝わるデザインを工夫しましょう。覚えやすさや親しみやすさをアピールしたいならポップな感じに、高級感を出したいならシンプルに、とんがった感じにしたいなら画面を黒にするなどしてみましょう。

2.サブコピー
「伝統の味つけひとすじ」「NY最先端のモードをあなたの手に」などのように、看板ロゴに添えてショップのコンセプトを的確にお客様に伝えられるようにするとよいでしょう。

3.トップページ
ショップの理念や営業方針を掲載するだけでなく、キャンペーン情報やお買い物ガイドなどにアクセスしやすい作りにしておきましょう。

4.商品カテゴリーごとの商品ページ
カテゴリーごとに色調を変えたりして、全体の統一感と変化の両方を演出しましょう。

とにかく、お客様の立場に立ってページを作成するようにしましょう。込み入ったサイトにするよりも、初めはシンプルで使いやすいものを目指すとよいでしょう。また、サイトマップを表示すれば、Googleなどの検索エンジンに引っかかりやすくなり、検索結果を上位に引き上げる効果が見込めますので、必ず設置しましょう。

開業に必要な機材とは?

ネットショップで商品を売るからには商品自体を豊富に揃えておくのはもちろんですが、商品の他にもいろいろと必要なものがあります。開業してから「あれが足りない」「これを準備するのを忘れていた」ということにならないよう、備品や消耗品も過不足なく揃えておくようにしましょう

かさばる商品を取り扱うのなら在庫の保管スペースが必要ですし、商品を梱包するための資材も意外に重要です。スタッフの顔が見えないネットショップにおいては、梱包がショップの「ていねいさ」「誠実さ」「センス」を伝える媒体となるからです。コストを抑えるために安い梱包資材を選ぶというのも1つの方法ですが、時には少しお金をかけてワンランク上のものを使うのもよいでしょう。

ネットショップの起業に必須の機材と言えば「パソコン」「プリンター」「デジカメ」

ネットショップが軌道に乗ってくれば、ハイスペックのパソコンが欲しくなってくるでしょう。プリンターにしても、家庭用の安価な機種では印刷スピードが遅く、大量の伝票や納品書を短時間で印刷するには心もとなくなってきます。とは言え、パソコンとプリンターに関しては、その処理速度の遅さは自分が我慢すればよいだけなので、そこまで問題にはなりません。

しかい、カメラについては話が違ってきます。カメラの性能によってはお客様に不便を強いることになるので、カメラ選びには注意が必要です。

例えば、「カメラは高級であればあるほどよい」と一般的には考えられていますが、ネットショップ用のカメラはそこまで高級である必要はありません。高級なものほど画素数が多いため商品をきれいに見せるにはよいのですが、反面、その写真が掲載されているページが重くなり、開けるまでに時間がかかったりするからです。これはサクサクお買い物を楽しみたいお客様にとってはストレスです。そのため、カメラを選ぶ時は、性能の高低だけでなく、ネット上にアップした際の商品ページに及ぼす影響も考慮するようにしましょう。

セキュリティソフトは必須

最近は、個人情報が漏洩したというニュースをよく耳にします。自分の生年月日や家族構成だけでなく、ひどい場合は年収やクレジット情報までが漏れることもあります。個人情報を漏洩させてしまうと、当然損害を賠償しなければならなくなりますし、ショップの評判はガタ落ちになってしまいます。こんなことにならないよう、セキリュティソフトは、費用を惜しまず良いものを入れましょう。

ネットショップ起業のメリットとデメリット

ここからは、ネットショップを起業するメリットとデメリットを見ていきましょう。

ネットショップで起業するメリットとは?

ネットショップを起業するメリットとしては、次のようなものが挙げられます。

1.初期費用を低く抑えられる
実店舗を開くには店舗スペースを買ったり借りたりしなくてはなりませんが、ネットショップではその必要がないので費用をかけずに始められます。

2.ランニングコストが低く抑えられる
実店舗を運営していくには、家賃に光熱費、人を雇えば人件費まで必要ですが、ネットショップならこの手の経費を大幅に節約できます。

3.気軽に始められる
費用があまり掛からないおかげで、気軽にスタートできるのもネットショップを起業するメリットです。

ネットショップ起業のデメリットとは?

一方、ネットショップには実店舗運営にはないデメリットもあります。

1.お客様を集めるのに苦労する
実店舗であれば、人里離れた山奥にでもお店を構えない限り、通りがかりの人が入店してくれることもあります。しかし、ネットショップではそういうことは期待できません。お客様にお店の存在に気づいていただき、興味を持っていただくためには、集客のセンスと努力が必要です。

2.他店との競争が激しい
ネットショップを立ち上げたからといって、もちろんそこで終わりではありません。そこからがスタートです。お客様は「価格」「品質」「サービス」などを常に他のネットショップと比較しています。価格競争に陥ることなく、いかに自店の特色と利点を出せるかが問われています。

ネットショップ起業に必要な手続きとは?

ネットショップを開店するとなると、税務署に「開業届」を出さなければなりませんし、確定申告をする必要も出てきます

そこで、ここからは開業届と確定申告についてご紹介していきます。

個人事業主としての開業届を出そう

個人事業主として新たに起業するときは、税務署に開業届を出さなくてはならないと法律で決められています。開業届を出さなくても罰則は科されません。しかし、開業届を出していれば得られたはずのメリットが受けられなくなってしまいます。「いよいよ起業だ!」となった際は、開業届をきちんと出しておきましょう

開業届を出すメリットとは?

開業届を出すメリットには以下のようなものがあります。

1.屋号入りの銀行口座が持てる
開業届を出したら、その控えを大切に保管しておきましょう。控えがあれば、銀行で屋号入りの口座を開設することができます。お客様からすると、お買い物の代金を振り込むのに個人名義の口座宛てに振り込むより、屋号入りの口座へ振り込む方が信頼感は高いものです。ぜひ活用しましょう。

2.青色申告を選べば税制上の優遇措置が受けられる
事業者は所得の申告の際に白色申告と青色申告のどちらかを選ばなくてはなりません。儲けの少ないうちは簡易な白色申告でも不都合はありませんが、売上が上がっていけば青色申告にする方が節税できます。開業届を出さなければ青色申告にすることもできませんので、きちんと開業届を出しましょう。

青色申告のメリットとは?

青色申告を選ぶと以下のようなメリットを受けられるようになります。

1.所得から年間65万円の「特別控除」が受けられる
簡単に言うと、実際の所得から65万円を引いた金額が課税対象になるということです。これによって所得税はもちろん、住民税・国保税・保育料などの額も下がってきますから、これは大きいです。なお、この「特別控除」を受けるには複式簿記に基づいて帳簿をつけなければなりません。

2.家族に支払った給料の一部または全部に「専従者控除」が適用できる
家族に支払った給料をあなたの所得から控除できれば、必然的に収めるべき所得税額も減縮します。

3.赤字が3年繰り越せる
赤字が3年繰り越せるということは3年分の税金が安くなるのと同じことなので、これは見逃せません。

基礎知識を身につけて、ネットショップ起業にチャレンジ!

これまで見てきたように、ネットショップの起業は比較的ハードルが低く、初期費用も低くて済みます。パソコンが人並みに操作できる人であれば、基本的な準備を行うだけですぐにでも始められます。

この記事を読んでネットショップの起業に興味を持たれた方は、ぜひトライしてみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。