物販

ネットショップで売れる写真!初心者でも上手に撮れる方法とは?

ネットショップで多くのお客様に商品を買っていただく上で「写真」はとても大切です。リアルのお店であれば、気になる商品を手で触って確かめることができます。しかしネットショップではそれができません。

いかに魅力的な写真を用意できるかで、お店の業績は大きく変わります。どんな写真なら、より多くのお客様に興味をもってもらえるのでしょうか。

そこで今回は、売れるための写真撮影テクニックをご紹介します。これを読んで、ぜひネットショップの業績を上げていきましょう。

Contents

ネットショップの写真撮影で欠かせない3つのポイント

まずは、写真撮影において欠かせない3つのポイントを解説します。光、背景、シチュエーションという3つです。「えっ、それだけなの?」と思うかもしれません。

しかし、この3点をおさえるだけで、写真の出来栄えは大きく変わってくるはずです。順番に説明していきましょう。

ネットショップの写真なら光に注目しよう!

写真撮影において欠かせない1つ目のポイントは「光」です。意外と軽視されがちなポイントですが、光は非常に大切な要素です。

試しに、近くにある商品の写真を撮ってみて下さい。そしてプロが撮影した商品画像と比べてみましょう。明らかな違いあるとしたら、ほとんどの場合「光」が影響していると言っても言い過ぎではありません。

一般的なスタジオにはたくさんの照明器具が用意されています。それだけたくさんの照明を使うことで、ようやくプロの写真や映像ができあがるのです。しかしコストもかかります。そこでおすすめしたいのが「太陽光」を活用することです。

自然な光は、照明とは異なるあたたかみがあります。そしてここでポイントとなるのが直射の日光を使うのではなく、カーテン等を使って光を弱める工夫をすることです。また影が目立つ場合は、その方向に白い画用紙を配置してみましょう。太陽の光が反射されて、影を消すことができるはずです。

こうした工夫をするだけでも、商品画像のできあがるは見違えて良くなるものです。ぜひ試してみて下さい。

ネットショップの写真なら背景に注目しよう!

写真撮影において欠かせない2つ目のポイントは「背景」です。プロの商品写真を見ればわかる通り、商品画像の背景にはいろいろな工夫がなされているものです。背景を変えるだけで、商品のイメージもまた変わってくるからです。

一般的には背景色を白にして撮影する場合が多いですが、ぜひ異なる色でも試してみて下さい。赤、青、黒といった多種多様な色で撮影してみると、印象がいかに変化するかがわかるはずです。

また時計やグラスなど、背景の様子が写り込んでしまう性質の商品もあります。この場合、写り込んでしまう方向に白の画用紙を置くと、映り込みを防ぐことができます。これらは小さな工夫ですが、商品画像の出来栄えを大きく左右します。細かいところまで気を配ることが、成功するネットショップの写真づくりには大切です。

ネットショップの写真ならシチュエーションに注目しよう!

写真撮影において欠かせない3つ目のポイントは「シチュエーション」です。同じグラスでも、オフィス机の上に置かれているものと、カフェの木目のテーブルに置かれているものとでは、見た目の印象は大きく変わります。

その商品を使ってほしい状況をふまえて、写真撮影の設定を工夫することが大切です。その商品の近くにペットがいるケース、初老の男性が商品を使いながらくつろいでいる様子、あるいは小さなこどもが商品をかかえて笑っているシーン。それぞれによって印象が変わります。

その商品は、どんなシーンで使ってほしいでしょうか。どんなシーンなら、その商品を欲しくなるでしょうか。周りの人にヒアリングして回るのも、一つの方法です。

3つのポイントを意識すると、撮影機材が欲しくなる!

ここまで3つのポイントを解説しました。わずかこの3つを意識するだけでも写真は見違えて変わってきます。ぜひ意識しながら、練習を重ねてみて下さい。

練習を重ねるうちに、次第に腕が磨かれていきます。より魅力的な写真が撮れるようになってくると、写真撮影のための小道具が欲しくなってくるでしょう。

ネットショップの写真撮影で大事にしたい2つの機材!

先ほどの項目でも紹介しましたが、写真撮影には様々な小道具があります。非常に多くのアイテムがあるので、どれを揃えたらよいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

しかし、いきなり全てを用意する必要はありません。練習を重ねるにつれて欲しいものが出てきます。欲しいと思った時に、少しずつそろえていけばOKです。

とは言え、これだけは欠かせないという重要アイテムについてお話ししておきましょう。1つは「デジタルカメラ」、もう1つは「トレーシングペーパー」です。

デジタルカメラは一眼レフでないとダメ?

まずは「デジタルカメラ」です。撮影のためには最も重要なツールだと言って良いでしょう。しかし素晴らしい写真を撮りたいからと言って、いきなり高額なカメラを用意する必要はありません。すでにあなたが所有している、手持ちのカメラに慣れることから意識して下さい。

デジカメを持っていないなら、スマホのカメラでも問題ありません。今はスマホでも、非常に美しい写真が撮れるようになりました。またデジカメも、わずか数万円で魅力的な写真が撮れる時代です。

ただし、スマホもデジカメもどんどん進化しています。もし「古いモデルしかない」ということであれば、ぜひ新しいものを買うようにしましょう。

トレーシングペーパーを活用しよう!

もう1つは「トレーシングペーパー」です。ネットショップで取り扱い商品を撮影することを「物撮り」と言いますが、物撮りでは欠かせないマストアイテムだと言って良いでしょう。

直接フラッシュなどで光を当てると、商品の後ろ側に影が目立つようになります。また、明るいところと暗いところの差が大きく、硬いイメージになりかねません。

しかしフラッシュとモノの間にトレーシングペーパーを挟むと、光の具合がやわらかくなります。そのため撮影されたモノの印象がソフトになるのです。文具店でも安価に購入できるので、ぜひ活用してほしいアイテムです。

ネットショップの写真撮影の前に準備しておくべき5つのポイント

それでは具体的に、理想的な写真撮影の流れを説明しましょう。まずはアパレル商品を撮影するという前提で、写真撮影を始める前に準備しておくべきことを解説します。

アパレル商品は、撮影をしても光が反射することがないため、初心者でも撮影のしやすいアイテムです。しかし、それなりの準備をしなければ魅力的な写真にはなりません。撮影前に、どのような準備をしておくべきなのでしょうか。ここでは5つのステップに分けて説明します。

「お客様にどう見せるか」を考える

まず第一のステップは、そのアイテムを「お客様にどう見せるか」を考えるということです。テーブルに置いて撮るのか、マネキンに着せて撮るのか、あるいはモデルに着てもらって撮るのか、同じ商品でも異なる印象付けになるはずです。

またマネキンを使う場合も、モデルを使う場合も、どのようなポーズで撮るかによって、商品の魅力が変わってきます。モデルなら、どんなタイプの人に着てもらうか、どんな表情をしてもらうか等によっても、異なる演出が可能です。

「お客様にどう見せるか」を考えるには、そのアイテムをどんな人に買ってもらいたいか、そしてどんな人なら注目してもらえるかという点をしっかりイメージする必要があります。「いきなり撮影をする」のではなく、しっかりした事前準備が欠かせないというのは、そのためです。

まずは撮影する商品をすべてそろえよう!

二番目のステップは、商品の用意です。まずは撮影を予定する商品をすべて揃えましょう。撮影しながら「あれも撮ろう」「これも追加で撮らなきゃ」と思うと、商品の準備とカメラの準備が交差してしまい、わけがわからなくなってしまいます。

まずはすべてのアイテムを揃えましょう。そしてアパレル商品なら、スチームやアイロンがけをしておきましょう。終えたら商品をすべて広げてみて、そのまま撮影しても問題ない常態かどうかを確認して下さい。

撮影する場所を整えよう!

三番目のステップは、撮影場所の設定です。具体的には「背景の設定」「照明の設定」「カメラの設定」という3つの設定を行うことで、撮影場所が完成します。

背景なら、例えばトレーシングペーパーを使うことによって商品の後ろ側に影ができないようにすることもできます。また背景の色を変えることでも、商品の見栄えを変えることが可能です。

照明は「3点照明」と言われますが、3つの場所に配置するのが基本です。カメラの横がメインライト、少し離れたところに45度の角度で補助ライト、そしてモノと背景の間にもう一つの補助ライトを設置すると良いでしょう。

カメラの設定内容をチェックしよう!

四番目のステップはカメラの設定です。最近はカメラの細かい設定を知らなくても、「オートモード」を使えば魅力的な写真が撮れるようになりました。しかし、ちょっとだけで「設定」に詳しくなるだけでも、より良い写真が撮れるようになります。ぜひ覚えておきましょう。

おさえるべきことは3つあります。「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」です。

「絞り」は、レンズから入ってくる光の量を調整する機能です。これを数値化したのが「F値」と呼ばれるものです。アパレル商品の場合はF8からF11くらいが理想とされていますが、ぜひいろいろなF値設定で撮り比べてみて下さい。

「シャッタースピード」は、シャッターが開放されている時間です。短ければ短いほど、ブレない写真が撮影可能です。アパレルの場合は1/125くらいの設定が良いとされています。

「ISO感度」は、カメラがどれくらい光をとらえるかという指標です。アパレル商品の撮影には、400から800くらいの設定が良いと言われています。

いよいよ撮影!2つの点に注意しよう!

そして最後のステップは、いよいよ撮影スタートです。特にアパレルの場合、注意すべきポイントは2点です。

1つ目は、商品の素材感がきちんと伝わるように撮るということです。ネットショップでは、お客様が直接商品を触ってみるということができません。素材の感覚や肌触りは、写真と文章を通じて想像するしかありません。

素材感がしっかり伝わるような撮影を心がけましょう。そのためには商品をいろいろな角度から撮ることです。

もう1点は、使うシーンが想像できるように撮るということです。商品をそのまま置いて撮るのと、マネキンに着せた上で撮るのとでは、同じ商品でも異なる印象に見えるものです。いろいろな方法があるので、ぜひ工夫してみて下さい。

「ネットショップのための写真術」をきわめよう

魅力的な写真に仕上げるためにはいくつかのコツがあります。テクニックもたくさんありますが、まずは「基本スタンス」をしっかりおさえることが大切です。

「ネットショップのための写真術」は、撮影だけに夢中になるのではなく、常にお客様のことを考えながら撮影することが求められます。そのために大切なことをお話ししましょう。

できるところから少しずつステップアップしよう

「ネットショップのための写真術」を極める上で、まず大事なことは「できるところから少しずつステップアップする」ということです。

いきなり高額な一眼レフや機材をそろえるのではなく、まずは自分がもっているスマホやカメラから練習を始めましょう。練習を重ねることで、自分なりの発見をしていくはずです。経験の量は、確実にスキルになるので、あわてずに進めていきましょう。

その後、だんだんと一眼レフに移行したり、撮影機材を買い揃えていけば充分です。そしてまた練習を重ねて下さい。大事なことは、たくさん撮って、経験から学ぶことです。

「お客様のことを意識しながら撮る」という練習を重ねてくると、次第に他のネットショップの写真が気になってくるはずです。

「この店は、どうしてこんな写真を用意しているんだろう?」とか「このショップの写真の撮り方は、何を狙っているんだろう?」といった問題意識も出てくるはずです。こうしたステップをふむことで、自然と写真テクニックが上達していくのです。

「光」と「シーン」の2点を大事にしよう

写真撮影で大事にしてほしいのが「光」「シーン」です。どれが正解というのは無いので、ぜひ様々なパターンを撮り比べて試してみましょう。

例えば光なら、太陽の光で撮る場合と、照明の光で撮る場合で仕上がりは変わります。太陽の光で撮る場合も、早朝の日の出の時間、昼間の時間、夕日の当たる時間など、それぞれ異なる印象の写真ができるはずです。

シーンは、シチュエーションとも呼ばれますが「どんな時に使うと心地よいか」をイメージしてもらうことです。都会のカフェが良いのか、緑あふれる公園が良いのか、異なるシーンで異なる写真が仕上がるはずです。ぜひ複数のシーンで試してみることをおすすめします。

ネットショップの撮影術の目的は、売上げアップだけではない

ネットショップにとって、商品写真を整えることの意味は2つあります。1つは「より魅力を感じてもらい、購買意欲を上げること」です。もう1つは「商品の内容を理解してもらい、安心して購入を決断してもらうこと」です。

ネットショップ向けの写真活用術を見ると「売上の向上」に焦点をおいた内容が多いです。たしかに「売れるようにする」ことは大事です。買ってもらうように、魅力を盛った写真を用意するのも一つのテクニックかもしれません。

しかし同時に2つ目の「安心して買ってもらう」ことも大切です。きちんと商品の内容を理解してらもうこと。どんな素材が使われていて、本当に自分のほしい商品かどうかを確認してもらうことです。もし「イメージしていたものと違った!」となれば返品やクレームになりかねません。

ネットショップにとって、商品写真を整えることの意味は、売上を上げることだけでなく、ショップに対する安心感と信頼感を生み出す点にもあることを、しっかりと理解しておきましょう。

ネットショップの撮影で見逃されがちな大事なポイント

「ネットショップのための写真術」をきわめようという話をしてきました。この点について、少し角度を変えた視点から、2つのポイントを追加でお伝えします。

撮りたい写真より、お客様のためを意識しよう

繰り返しになりますが、「ネットショップのための写真術」をきわめたいなら、常にお客様を意識しながら撮影することにこだわりましょう。「自分が美しいと思う写真」ではなく「お客様が魅力的に感じる写真」を追求しましょう。

買ってほしいお客様のターゲットが異なれば、写真の撮り方も、撮る場所も、撮るシーンも変わってくるでしょう。どんな条件で撮影すれば、よりお客様に魅力が伝わるかを真剣に考え続けましょう。

カメラの機能に好奇心をもとう

カメラのレンズは円形をしています。しかし、できあがる写真は四角形です。なぜだか考えてみたことはありますか? このようなカメラの不思議について、ぜひ好奇心をもつようにして見て下さい。

写真を撮影すると、被写体は円形でカメラに記録されます。これをイメージサークルと呼びます。デジタルカメラは、これをイメージセンサーで切り取って保存します。この時に長方形のかたちになるのです。

このように、カメラには不思議な技術がたくさんあります。ぜひ「なぜ?」という好奇心をもちましょう。こうしたところを追求していくと「あぁ、カメラにはそんな仕組みがあるのか!」と、また新たなカメラ理解につながるはずです。こうしたことも、カメラの技術を磨いていくことにつながっていくことでしょう。

ネットショップの写真撮影は、撮影後の加工も大事!

最後に、写真を撮った後のステップとして「写真加工」についてお話ししておきます。写真はそのままアップロードするのも良いですが、適切な加工をすることで、より魅力的な写真へと変身させることも可能です。撮影に慣れてきたら、ぜひ加工にもチャレンジしてみて下さい。

レタッチソフトを使うと何ができる?

写真を撮影した時には「うまく撮れたぞ!」と思っても、後になって見返してみると「もっと明るい方が良かったなぁ」とか「あたたかみのある光景にしたいなぁ」と感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

そういう時にぜひ知っておきたいのが「レタッチ」という技術です。レタッチソフトを使って「切り抜き」や「彩度」「コントラスト」を調整することにより、より魅力ある写真へと加工することができます

「切り抜き」を使うと、写真の余計な部分をカットできます。より近づいて撮った方が良かったという時に使うと良いでしょう。また「彩度」を調節すると、よりはっきりした色合いにすることができます。「コントラスト」なら、明るいものをより明るくし、暗いものをより暗くすることができるため、よりくっきりした印象にすることができます。

こうしたテクニックも、ぜひ実践を重ねて磨いていきましょう。

おすすめのレタッチソフト3選!

このレタッチをするには、レタッチソフトが必要です。無料のレタッチソフトと有料のレタッチソフトがありますが、まずは無料のソフトから試してみるのがおすすめです。

デジカメを購入すると、多くの場合は無料のレタッチソフトがついてきます。それを利用してみて、もし興味があれば、有料ソフトへとステップアップしていきましょう。

無料でおすすめのソフトは「Fotor」です。過去に必要な基本的な機能がそろっていて、顔の加工がやりやすいのが特徴です。ブラウザ上で操作をするので、インストールをする等の手間がないのもおすすめです。

参考:Fotor

なお画像加工ならAdobe社が有名ですが、ソフトが高額なことでも知られています。そんなAdobe社が提供する無料ソフトが、「Photoshop Express Editor」です。基本機能をそなえつつ、「世界のAdobe」という安心感がウリです。ただし英語にしか対応していません。

参考:Photoshop Express Editor

有料なら、おすすめはAdobe社の「Lightroom Classic」でしょう。写真管理の機能も充実しているため、写真管理とレタッチとをワンセットで操作できるのが特徴です。難しい加工はできませんが、初心者ならこれでも充分です。

参考:Adobe Lightroom Classic

ネットショップの写真は少しの工夫で大きな違いに!

スマホやデジカメがあれば誰でも写真を撮ることができます。しかし、ちょっとした工夫をするだけも大きく雰囲気が変わるということが、おわかりいただけたのではないでしょうか。

ネットショップにとって、写真は売上を大きく左右する大事な存在です。なぜならネットショップの場合、お客様は商品を直接手にとって確かめることができないからです。写真を見て、素材を推し量り、雰囲気をつかみ、そして納得したら購入します。

魅力的な写真を撮るにはどうすべきか、写真撮影にあたっての考え方や、具体的な流れ、工夫すべきポイントなどを解説しました。ぜひネットショップの業績アップに活用してみて下さい。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。