物販

個人だからできる!ネットショップでどんな商材を売る?

ネットショップは今や誰にでも手軽に始められるビジネスです。事業として立ち上げなくても、ヤフオクやメルカリなどのサイトでも気軽に売ることができる時代になりました。副業として使っている人もいるでしょう。

実際に商品を手に取って見ることのできないネットショップでは、取り扱う商品が命。固定でよく売れる商品を見付けることができれば定期的な収入にもつながります。この記事では、どういった商品に需要があるのかをまとめています。

よく売れる商品を見極めよ!

ネットショップを始めたいけど何を売れば良いのか分からない、そのような人も多いです。既に運営している人でも、なかなか注文につながらず売上に悩んではいませんか?
ネットショップではどういった商品を取り扱えば良いのでしょうか。

手当たり次第に売れば良いわけではない

インターネットを使えば何でも理想通りに売れてくれるわけではありません。売れる商品を見極める必要があります。

まずは書籍のジャンルに絞って見てみましょう。日本の流通金額は兆を超えます。本だけでも全国でこれだけの金額が動いています。その売上のほとんどがインターネット経由かと思いきや、意外にもネットでの流通金額は数百億円程度。インターネット上で買うよりも実際に書店へ出向いて買う人の方が多いです。

例えばA社が発案しヒットした商品があるとします。すると多くの方が「A社=ヒットした商品」と結び付けて認知するようになります。

A社とヒット商品が連想されるようになれば当然A社に注文が集中します。仮にA社以外がこのヒット商品を取り扱うようになったとしても、A社の売上には全く届かないことも考えられます。

様々な商品を取り扱うことができ、個人でも気軽に始められることからネットショップはライバルが多いです。確実に特定の地域で実績を残すことが求められ、店舗建設の初期費用が必要な実店舗と比べるとハードルが低いことも出店者が多い理由の一つです。ネットショップを長く運営するには他のネットショップには無い特色を出すことが必要となります。

売れやすい商品を見付けることが命

ネットショップなら固定のジャンルだけに絞る必要は無く、様々な商品を取り扱うことができます。ただし手当たり次第に商品を販売しても売上にはつながりません。全く売れない、利益も少ない商品を販売することによって手間だけがかかってしまうこともあります。

定期的に収入につながる商品に出会えることができれば売上を伸ばすことは簡単です。極端に言ってしまえば、ネットショップでは売れる商品だけ取り扱えば良いのです。もちろんそれはネットショップ運営で一番難しいことです。

売れる商品を選定するために、いろいろな角度から検討してみましょう。なぜネットショップには需要があるのでしょうか?実店舗で買えるならネットショップは必要ないはずです。

人によってネットショップを利用する理由は様々です。実際に店舗まで出向いてみたが必要な商品を置いていなかった場合、数店舗巡っても出会えなかったら少々高くてもネットショップで買うことになります。

もし目当ての商品を置いていたとしても、想像よりも高価だったら一旦保留にしてネットショップを検討するパターンも考えられますね。他にも自分で持ち運ぶには躊躇される大型の商品だったり、軽くても自宅に運んでもらえる方が楽だと思ったり。ネットショップの利点はたくさんあります。

逆にマイナーな商品に特化させて売上を伸ばす方法もあります。マイナーなジャンルなら当然ライバルが減ります。「この商品はここのネットショップにしか売っていない」という認識が広がれば固定客を獲得することもできるでしょう。ただしこの方法が成功するか失敗するかはギャンブルのようなものです。初心者はメジャーな商品を取り扱うようにしましょう。

商品販売で面白いのは、一つでもヒット商品があれば簡単に売上が他店と逆転することです。ピンポイントで売れる商品を見極めることがネットショップで生き残る最大の秘訣です。

どんな商品なら買いたくなるだろう?

よく売れる商品が分かれば売上を伸ばすことは簡単です。頭では理解していても、その「売れる商品」を見極めることが難しいです。

これまでの記事で思い浮かぶ品物はありましたか?結局何も思い浮かばない人もいるでしょう。もし想像できたとしても、自分なら買うけど他の人には需要はあるのか不安になりますね。

ネットショップで勝ち抜くためにはピンポイントで売れる商品を選定しなければなりません。いわばネットショップの顔となる商品です。ここを失敗するとあっという間に他店に抜かれ、インターネットの世界に埋もれてしまいます。売上ゼロという悲惨な現実に打ちのめされることになるのです。

そうならないためにも商品選定のための大切なポイントをまとめました。売りたい商品が決まった方でもネットショップ運営を始める前に一度考え直してみて下さい。一人でも多くの人にネットショップのやりがいを経験してほしいです。

レアな商品を取り扱う

必ずしもマイナーな商品である必要はありません。要は近所のお店に置いてないものを売れば良いのです。

例えばその地域でしか買えないものはネットではレアな品物です。地元の特産品を思い浮かべて下さい。

実際に住んでいる人ならいつでも買うことができますが、他県に住んでいる人は旅行や出張でもしない限り手に入れることはできません。お土産として頂くことがあっても、ピンポイントで食べたかったものをもらえるとは限りません。

地域限定の食べ物や特産品をインターネットから取り寄せる人が多くいます。お取り寄せグルメが人気なのもこういった背景があります。

ハンドメイド品もレアな品物です。ドールハウスなどに使われるミニチュア玩具は子供から大人まで人気があります。

もちろん市販品を取り扱うことも一つの方法ですが、高クオリティな作品を作る技術があれば高価な値段でも取引されます。原価の何倍、何十倍にもなるのです。もし特化した技術があればハンドメイド品はとても心強い主力の商品となるでしょう。

マニアックな商品を取り扱う

どんなジャンルにも固定のファンはいるものです。一般的には爬虫類や虫は嫌われ者ですが、その世界に特化した人の中では愛され続けています。単純にペットとして愛情をかけていたり、コレクターとして集めていたり。フィギュアやおもちゃ、骨董品なども愛好家が多い世界です。

元々専門店として取り扱っている店が少ないジャンルのものは、高価な値段でも売れる可能性があります。専門店でも結局は売上が無いと存続できないわけですから、マニアックなジャンルの中でもメジャーな商品を取り扱います。そうなると、ネットショップを使って買おうと考えます。

マニアックなジャンルに特化したネットショップにすれば固定客が付きやすいです。わざわざネットショップの宣伝をしなくても、定期的に注文が入るようになるのです。

専門店として運営する

特定の商品だけを取り扱うことも戦略です。自分の好きなものに絞って考えると分かりやすいのですが、例えばインテリア収集が趣味だったとします。インテリアと言っても幅広いです。

壁に掛けるもの、棚に置くもの、大型で場所を取るもの。ここを更に絞って限定した商品を取り扱うことで固定客が付きやすくなります。壁に掛けるものだけ取り扱うことにすれば、インテリア全体を取り扱っている店と比べて多種多様な商品を売ることができます。今までは大手のインテリア店を愛用していたお客さんが、壁のインテリアだけはここのショップを使おうと思ってくれるようになるかもしれません。

いろいろな商品を取り扱うことも利便性の面では良いですが、このように取り扱う商品を細かく限定することで固定客を獲得することができるようになるのです。

「買ったら終わり」ではない商品を取り扱う

個人のネットショップの利点は、企業と比べると自由度が高いところです。ネットショップではよく売れる商品を選定して取り扱うことが大切ですが、継続して利用してもらえる仕組みを取り入れると更に売上アップにつながります。レッスンや授業を商品として売り出すのも面白いでしょう。

誰もが知っている知識を売っても商売にはなりませんが、裏技やコツ、「こんな方法があったのか!」という新たな発見につながる講座は人気が出ます。得意・不得意が分かれるものでも良いです。

実際に出向かなくても、動画サイトであれば気軽に情報を発信することができます。親切で丁寧なネットショップであることが伝われば、固定客の獲得にもつながります。

ネットショップで売れない商品

売上につながりにくい商品は手間がかかるだけで収益にはつながりません。どういった商品は人気が出ないのか考えてみましょう。

近所に売っているもの

日用品など、スーパーで簡単に買えるものはあまり売れません。そもそもネットショップを利用すれば量によっては送料がかかってしまいます。実店舗へ実際に出向いて買った方が安いのです。

パソコン操作に慣れていない高齢者は地元の宅配サービスを使うでしょう。より安く販売する必要がある日用品をインターネットで売っても獲得できる利益が少なくなってしまいます。

目で見て購入を決めたいもの

ネットショップで買った商品が画像のイメージと違っていた経験はありませんか?特に服の分野で多いです。実店舗に出向けば試着して着心地を確かめてから買うことができますが、ネットショップでは画像と説明文だけで判断するしかありません。

想像と違うものが届いたらリピーターにはなりません。クレームにつながる可能性も考えられます。実際に目で見て買いたいものはネットショップには向いていません。

商品選定のポイント

やみくもに多くの商品を取り扱えば良いわけではありません。どういった商品なら多くの利益を獲得することができるのでしょうか。

高価な商品は避ける

ネットショップでは高価すぎる商品は売れにくいです。名の知れた大手のネットショップであれば既に信用があるため、高級品でも実店舗と大差なく売れるかもしれません。しかし個人が運営するネットショップで高級品を取り扱っても、本物なのかどうか疑うところから入ってしまいます。

確かに高級品が1つでも売れれば、どれだけ安く仕入れることができるかによって多くの利益を手に入れることができるでしょう。多くの数を売らなくてもポツポツと売れてくれれば利益が出ます。

こんなに楽な商売方法はありません。ところが人間は印象で物事を決めるもの。まだまだ無名のネットショップに大金を払おうとはならないわけです。

どうしてもブランド品などの高級品を取り扱いたい場合は、2万円以下の品物に絞って販売しましょう。これ以上高いものだと警戒されてしまいます。自分が買う立場として考えてみても同じ答えが出ます。

重量のある商品は避ける

重量のある商品はネットショップで購入する方が家まで運んでもらえて便利ですが、送料が高くなることを頭に入れる必要があります。重ければ重いほど配送業者の手間がかかるので必然的に送料が高いのです。

送料無料で販売しているネットショップが多いですが、当然送料分を含んだ値段設定にしてあります。送料が高くなればなるほど商品代金を上げなければなりません。実際に配送してもらったら思っていたよりも送料が高くなり赤字になってしまうことも考えられます。重量で送料が大幅に変わってしまいます。特に初心者は重量のある商品を避けて販売するべきです。

大型の商品は避ける

大型の商品を売れるまで置いておけるスペースはあるでしょうか。大型の商品は場所を取るので扱いづらいです。個人で所有している倉庫でもあれば良いですが、普通に生活していてそんなスペースを持っている人は少ないです。持ち運びにも気を遣います。

また、送料も大型の商品であればあるほど高くなります。こちらも重量のある商品同様に赤字につながる可能性があります。初心者は大型の商品を避けて販売するようにしましょう。

2万円以下・軽量・小型の商品

ネットショップで取り扱いがしやすい商品は「2万円以下・軽量・小型の商品」です。選定の幅がかなり狭まりました。それでもまだまだ多くの商品が候補に挙がります。

スマホ関連なら保護フィルムやケース、イヤホンが思い浮かびます。他にも車関連なら芳香剤や収納ケース、雑貨であれば更に幅広く取り扱うことができます。

ポーチや財布、小銭入れ、キーケースにストラップ、自分の好きなものに特化したネットショップにするのも良いでしょう。

例外として、服の中でも子供服であれば主力の商品になります。小さい頃の服は試着できる店が少なく、条件はネットショップでも実店舗でも同じだからです。産後の主婦は子育てに手一杯で頻繁に買い物に行くことができません。ネットショップで買える子供服には需要があるため、子供服に絞って取り扱うこともオススメです。

より多くの売上を手に入れるために

商品の仕入れはネットショップ運営にあたって一番大切なところです。これまでの記事で何となく思い浮かぶ商品が出てきたかと思います。個人で商品を仕入れるときのポイントをまとめました。

まとめ買いで安く仕入れる

仕入サイトを使うことで安く商品を仕入れることができます。注文にロット数の制限はありますが、1つ1つの単価としては普通に買うよりも安くなります。業者でなくても購入することができるので、主力な商品として取り扱う場合は仕入サイトを利用することも一つの手です。

ネットショップで販売する際に手間なのは商品画像の用意です。お客様が画面越しに見て「欲しいな」と思ってもらえるような写真でなければなりません。その点仕入サイトを使えば既に宣材写真が用意されているため、そのままネットショップ上に掲載することができ余計な手間がかかりません。

ただし誰にでも購入できるということは、他のネットショップでも同じ価格で仕入れた商品を販売することができるということです。より安く販売することができれば安定的な収入につながるでしょう。

メーカーからの直接仕入れ

小売店で商品を購入すると、小売店が仕入価格に利益を加算して販売しているため、当然仕入値よりも高く購入することになります。要は小売店を挟まず直接仕入れしてしまえば安く買うことができるのです。

メーカーから個人へ直接売ってくれる店はそう多くはありません。まずは売ってもらえる店探しから始めましょう。電話やメールで問い合わせをすれば良い返事をもらえるかもしれません。多くの売上を目指すなら人と同じことをしていても意味がありません。独自の販売ルートを確保する必要があります。

海外オークションで仕入れる

海外オークションでは思わぬ掘り出し物が見つかることがあります。日本でも個人で商品を販売できるメルカリやヤフオクでは「まとめ割引」など実施している出品者が多くいます。たくさん買ってくれる人には値引きしてくれます。

海外オークションも同じことで、まとめ買いすれば大幅に値引きしてくれる出品者がいます。例えば在庫処分などで破格で買えることもあるかもしれません。定期的に必要な商品をチェックすることで見逃しもなく安く仕入れることができるようになります。

ハンドメイド品を売る

ハンドメイド品は売れる個数に限りはあるものの、原価の何倍・何十倍、場合によっては何百倍の値段で売ることができます。定期的に売れる作品が見付かればたくさん作る必要があります。将来は外注に出すことになるかもしれないと想像しながら作品を制作するのもモチベーションの1つになります。

一定のコレクター数がいるジャンルでは多少高価でも手に入れたいと思う人がいます。そういった人たちに気に入ってもらえる作品があればリピーターとして定期的に購入してくれるようになるでしょう。

消耗品はおすすめ

固定客はネットショップにとってはかなり重要な存在です。大手のネットショップでは既に多くの固定客が付いているため、お店の宣伝などしなくても定期的に注文が入ります。将来的には固定客を付けていくことが最大の目標になります。

一度買って終わりになるようなものよりも、使い切ったら再度必要になる商品は固定客につながりやすいです。日用品は確かにライバル店が多いものの、安く販売することができるのであれば頻繁に注文が入るでしょう。

インターネットだからこそ買いやすい商品を仕入れる

店員さんに見られると恥ずかしい商品もネットショップに向いています。特に日本人は周りからどう思われているのかを気にする傾向にあります。いつも真面目な印象を持たれる人がド派手な衣装を手に取ってレジに向かったらどうでしょう。かなり目立ちますね。場合によっては見ず知らずの人に笑われて嫌な思いをすることもあるでしょう。そういった商品はネットショップでは買われやすいです。

インターネットならどれだけ派手に宣伝しても良いですし、逆に商品ページが誰に見られても恥ずかしくない程度に派手さを抑えても良いです。発送時の品名や梱包方法についても説明すると安心して買ってもらえます。

マニアックな商品よりもライバルの少ない商品を仕入れる

マニアックなジャンルには一定数のファンがいると説明しました。ところが意外にもマニアックな商品ばかりを取り扱っているネットショップはたくさんあります。その中で勝負をしても、既に固定客の付いているネットショップ相手に勝負するわけですから、定期的な売上の獲得は難しくなります。

利益重視で考えるならライバルが少ない商品を仕入れることです。誰も取り扱っていないジャンルを新規開拓することは難易度が高いですが、これさえクリアできれば固定客を味方に付けることができます。

タダで仕入れることが最強

仕入れにはお金がかかります。仕入れが安ければ安いほど手元に残る利益は多くなります。

人からの頂きものでどうしても使い道がないものがあるとします。自分にとってはゴミでも、その商品が欲しい人は高確率で存在しますが、何かを頂く機会は少ないと思います。

他にもタダで仕入れることができるものがあります。自然の中で出来上がったものはコレクターには人気があります。海岸で拾った石やシーグラス。この世には一部の人には欲しくてたまらないものが存在します。あくまで誰でも拾えるものに限りますので、立入禁止な場所には入らないように注意しましょう。

売れ筋商品を仕入れる

安定的に人気のある商品はランキング検索で知ることができます。それだけではなく常に情報収集をするようにすれば、次に流行るものを誰よりも早く見付けることができ収入につながるかもしれません。売れ筋商品は多くの人が欲しいと思っている商品ですから人気が絶えません。

在庫過多にならないように仕入れる

売れるものをたくさん仕入れることが基本になりますが、一歩間違えると在庫過多になる場合があります。季節商品など一時期にしか売れないものは仕入れ過ぎないことが大切です。せっかく売れるものも1年経過しただけで売れなくなることもあります。効率よく販売するためにもどれだけの個数を仕入れるべきか慎重に検討する必要があります。

必要最低限の在庫で運営することができればネットショップは長く運営していけるようになります。

流行りに集中する

テレビや口コミであっという間に流行が広がることがあります。昨日まで全く見向きもされなかった商品がたくさん売れるようになります。売れ筋商品が分かればどんどん注文が入るので、これほど楽なことはありません。普段からどれだけ情報収集しておけるかが重要なカギになります。

まとめ

ネットショップは気軽に始めることができるビジネスです。取り扱う商品が重要であることがお分かり頂けたはずです。人と同じことをしていても利益にはつながりませんが、一番は自分が楽しんで運営できる環境づくりが大切です。

よく売れるようになればモチベーションにもつながります。これからネットショップ運営を考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。