物販

失敗事例から学ぶネットショップを成功させる方法

これからネットショップを開設するにあたって、「自分のネットショップは上手くいくだろうか」と不安を感じてしまうことはありませんか? しかし、ネットショップという新しいビジネスに挑むのに不安はつきものです。

この記事では先輩たちの失敗例成功しているショップの特徴を紹介しますので、ネットショップの運営に挑むための参考になさってください。

ネットショップの失敗事例

ネットショップは、どのように失敗してしまうのでしょうか。まずは、ネットショップを開設する前に知っておくべき、先輩たちの失敗事例を紹介します。

売れると思った商品が売れなかった

20代・30代女性の間で炭酸シャンプーが流行っている時、流行に敏感なAさんは「炭酸シャンプーが流行っているなら、クリームシャンプーも売れるのでは?」と思い、クリームシャンプーを扱うネットショップを開設しました。

しかし、クリームシャンプーはほとんど売れませんでした。多くの人は、あるヘアケア商品が流行っていたら、同じような効果のあるヘアケア商品も売れるのでは、と考えますよね。ところが、当時の日本では炭酸シャンプーは流行っていたものの、クリームシャンプーは世間でほとんど知られていなかったので、口コミも少なく、興味を持って購入してくれる人は多くなかったのです。

お客さんがほとんど来なかった

Bさんは「ネットショップを立ち上げるなら、オリジナリティの高いネットショップを開設したい」と思い、自分でサーバーをレンタルしてネットショップを立ち上げました。自分のショップで、商品をたくさん販売したら売れるだろうと考えていましたが、全く売れませんでした

それどころか、お客さんは1日に数人来てくれたら良いくらい。お客さんが少ないので商品も中々買ってもらえません。Bさんは、お客さんは勝手にネットショップを訪れてくれるものと思っていたため、全く集客のための努力を行っていませんでした

お客さんが購入してくれなかった

Bさんからネットショップ失敗談を聞いていたCさんは、TwitterやFacebookで積極的にネットショップの宣伝をしました。そこには、お店の宣伝や販売している商品について詳しく書きました。

そのおかげで、お客さんは一定数来てくれるようになりました。しかし、なぜかアクセスしてくれたページからの直帰率が高く、購入には結びつきませんでした。Cさんは、お客さんがたくさん来てくれさえすれば商品は自然と売れるだろうと思い、商品の購入までの流れをサイトに分かりやすく記載していませんでした

売れているのに利益が得られなかった

Dさんが開設したハンドメイド製品のネットショップには、お客さんがたくさん来てくれて、商品も順調に売れていきました。ところがDさんは、ある日、ネットショップを閉める決意をしました。

Dさんは「商品を買ってもらいやすいように」と思い、商品価格・送料を低く設定していました。そのため、商品がたくさん売れても利益が出ない状況になってしまっていたのです。

失敗を成功に導くには

先ほどご紹介した失敗事例の場合、どうするべきだったのでしょうか。Bさん、Cさん、Dさんのそれぞれについて、失敗を成功に導く方法を見ていきましょう。

メルマガやSNSで集客する

集客力の高い楽天市場やYahooショッピングを利用する場合は、特に集客を頑張らなくても、Googleやヤフー検索で商品がヒットして、お客さんが来てくれることが多いです。しかし、Bさんのように自分でサーバーを用意してネットショップを立ち上げる場合は、何もしないとお客さんはなかなか来てくれません

そのため、メルマガSNSを利用するなどして、自らお客さんを呼び込む必要があります。

分かりやすいページ設計を行う

多くのお客さんは、商品の購入手続きが分かりやすく、支払い方法や配送方法が明確な通販サイトからしか商品を購入しません。そのためCさんは、ネットショップを初めて訪れるお客さんでも分かりやすいページ設計を行うべきでした。

利益を得られる価格設定を行う

Dさんのように、お客さんのことを考えると、良心的な値段設定にしたいところです。しかし、ビジネスとしてネットショップを運営する場合は、しっかりと利益を得られる価格設定にしなければなりません

ネットショップが失敗してしまう理由

複数人のネットショップ失敗談を読んでいくと、ネットショップが失敗する原因が見えてきます。ここからは、ネットショップが失敗してしまった理由について解説いたします。

甘い言葉に騙されてしまった

ネットショップの運営について、他人に頼りすぎるのは良くありません。この記事を読んでくださっているあなたは、「ネットショップが失敗した原因を知りたい」と思い、色んなサイトを閲覧されていると思います。

しかし、ネットショップの開設・運営について書かれたサイトの中には、「たった半年で月商200万円達成」などと言って、メルマガやLINE@に登録を促すところもあるでしょう。

全てのサイトがそうとは限りませんが、ノウハウを提供する代わりに高額な料金を請求してくる人も少なくありません。そうなると、ネットショップの資金が消えてしまいます。そうならないためにも、他人に頼りすぎず、自分の力でスキルアップすることを意識する必要があります。

ネット上には、高いお金を支払わなくても、ネットショップの開設方法を丁寧に解説されている個人や企業のブログ等は存在します。色んな人のネットショップ成功体験と失敗談の両方を読んで、自分の力でネットショップを作り上げていきましょう。

自分なりの集客方法を考えていなかった

ネットショップは、開設さえしておけば自然にお客さんが集まってくる、というような簡単なものではありません。しっかりと集客しておかないと、来店するお客さんの数がゼロの日が続くなんてことが普通に起こります。

つまり、ネットショップを開設する前から集客方法を考えておくことが重要なのです。今では、TwitterやFacebook、Instagramなどを利用すれば、お金をそれほどかけなくても集客ができます。商品を宣伝したり、インフルエンサーに商品を提供してレビューを書いてもらったりすれば効果的です。

集客方法は、ネットショップを開業する前から研究しておきましょう。

顧客対応の流れを考えていなかった

商品を売ることだけを考えて、顧客対応の流れをきちんと考えていなかった、という人も少なくありません。お客さんが商品を購入すると、受注確認メールを送り、迅速に商品発送準備を行う必要があります。

この流れを誰がどのように行うかを考えておかないと、一度に複数の注文が入った時に対応しきれなくなってしまいます。対応が遅くなり、お客さんが不満を持ってしまうとリピート購入は望めません。

複数人でネットショップを運営する場合は、誰がどの段階の作業を行うのか役割分担をしておきましょう。また、配送業者に問い合わせて送料を抑えられる配送方法を見つけておくのも大切なことです。

商品を仕入れすぎた

全体的には黒字になっているにも関わらず、ネットショップを閉めてしまう人もいます。その原因の多くは、在庫を抱え過ぎたことにあります。ある商品がたくさん売れると、嬉しくなって同じ商品をたくさん仕入れる人は多いですよね。

しかし、流行が過ぎると、今までコンスタントに売れていた商品がさっぱり売れなくなってしまうことも。そうなると自宅または事務所に多くの在庫を抱えてしまいます。在庫が多いせいで、新しい商品を仕入れるスペースがなく、販売が滞ってしまったという失敗例は少なくありません。

リピーターが増えなかった

ネットショップを開設してもサイトの更新を怠るとリピーターは増えません。私たちが普段買い物をする時のことを想像してみてください。ネットショップのトップページが更新されて新しい商品が宣伝されていたら、つい見てしまいますよね。

このように定期的にネットショップに変化を付けることが重要です。そうすれば、以前商品を購入してくれた人が再訪してくれるようにもなります。

利益の少ない商品ばかり販売してしまった

利益の少ない商品ばかりを扱っていたら、ネットショップは失敗してしまいます。なぜなら、ネットショップでは商品の仕入れ費用だけでなく維持費や人件費などもかかるのに、利益が少ないとこのような費用が賄えなくなるからです。

100円ショップのようなお店がネットショップに少ないのは、これが理由です。1つの商品につき利益が10円程度だと、たくさん売れたとしてもトータルすると赤字になってしまうということです。

ライバルチェックをしていなかった

ネットショップは特定の商品だけを販売したままにしておくのはよくありません。ボーッとしているうちに、同じジャンルの商品を取り扱うライバル店がどんどん登場して、いつの間にかお客さんを取られてしまっていることがあるからです。

ネットショップは開設して終わりではなくて、常に市場をチェックして、どんな商品が売れるか、ライバルはどのように商品を売っているかを確認する必要があります

定番商品ばかり販売していた

ネット通販でよくある商品ばかりを販売していても、売れない場合があります。なぜなら、強力なライバル店が多いからです。例えば、洗濯洗剤や柔軟剤はネット通販でよく売れる商品です。

この手の商品は、多くの店舗が取り扱っている商品でもあります。中には、大手ドラッグストアや小売業者など強力なライバルもいます。そんな中で、個人のネットショップが同じ商品を売ったとしても買ってくれる人は少ないでしょう。

ネットショップで売れる商品を見出したいなら、他店にはない、オリジナルの商品や販売方法を見つける必要があります

成功したネットショップに共通する特徴

これまでネットショップの失敗例ばかり見てきましたが、逆に、成功するネットショップには共通する特徴があります。ここからは、ネットショップで順調に売り上げを伸ばしているお店に共通する特徴を細かく紹介します。

販売者の情報が明確に記載してある

私たちが通販サイトで商品を購入する時、販売者の記載がない怪しい通販サイトは利用したくないですよね。成功しているネットショップは、誰が運営している通販サイトなのかを明確にしています

例えば、販売者情報のページを設けており、代表者の氏名や電話番号を記載しているネットショップは多いです。また、購入者がいつでも問い合わせられるようにメールアドレスを記載しているネットショップも多くあります。

このように、商品に問題があった場合はいつでも問い合わせられるという安心感を提供できているお店は、商品の購入率が上がる傾向にあります

ただ、電話番号やメールアドレスを公開していると、お客さんからの問い合わせが殺到して業務が円滑に進まないことも…。そんな場合は、「よくある質問」または「Q&A」のページを作っておきましょう

資金に余裕のあるネットショップだと、チャットボットを導入して、お客さんの疑問に自動で応答できる仕組みを作っているところもあります。また個人の場合は、親しみを感じるネットショップを作ると、リピーターさんがついてくれます。例えば、販売者の顔写真をのせたり、ショップのブログを発信したりすれば、親しみを感じてもらえるでしょう。

カートボタンや購入ボタンが分かりやすい

売り上げを伸ばしているネットショップは、お客さんが商品を購入しやすいようなページ設計をしています。楽天市場やAmazonのような大手通販サイトは、商品をカートに入れるボタンやお気に入り追加ボタンが明瞭で分かりやすいですよね。

ボタンがわかりやすいと、お客さんが商品をカートに入れたり、お気に入りに追加したりと、次の行動に移りやすくなります

また、お客さんが買いたい時にすぐ会計ページへ行けるように、会計ボタンを分かりやすい位置へ配置しておきましょう。会計ボタンがハッキリと分かるネットショップの方が、お客さんが商品の購入まで進みやすいものです。

売れるための工夫をしている

売り上げの多いネットショップは販売している商品数が多いです。当然といえば当然なのですが、商品の種類が数十点のお店より、数百点のお店の方が売り上げを順調に伸ばしています。

つまり、安定した売り上げを維持するためには、販売する商品数も増やしていく必要があるということ。しかし、ネットショップを開設したばかりの頃は、販売できる出品数も限られてしまいますよね。

そんな時は、他のネットショップと差別化するために、オリジナル商品を売り出したり、企画商品を目立たせたりといった工夫を凝らすと良いでしょう。

ネットショップを運営している間に、順調に商品数が増えていくと、GoogleやYahooなどの検索ページからも商品ページにたどり着いてくれるお客さんが増えてきます。商品数に比例してアクセス数も増えていくパターンです。

また、成功しているネットショップはSNSで集客しているだけでなく、検索サイトにも表示されやすいページ作りを心がけています。例えば、香りの良いアールグレイティーを販売しているネットショップなら、香りの良いアールグレイティーを探しているお客さんがどんな風に検索するかを考えます。

この場合、「良い香り アールグレイ」と検索するお客さんもいるでしょう。それなら、アールグレイティーの販売ページで、「良い香り アールグレイ」という単語や説明文をしっかり入れておけば、お客さんが検索ページからたどり着いてくれる可能性が高まります。

ネットショップを成功させよう!

ネットショップを初めから成功させられる人はあまりいません。多くの人は失敗を繰り返しながらも諦めずにネットショップ運営を続けています

今回ご紹介したネットショップの失敗例や成功するネットショップの特徴を参考に、自分らしいネットショップを作り上げていきましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。