物販

【ネットショップ開業】サイトオープンの準備~使えるサービスまで徹底解説

この記事では、ネットショップ開業についての基礎知識を解説します。実店舗とネットショップの違いに始まり、ネットショップ開業に必要なもの、開業するために使えるサービスまで、網羅する内容となっています。

ネットショップを始めてみたいけれど、どこから始めるべきか悩む人は、ぜひ参考にしてください。

実店舗とネットショップの特徴と違い

はじめに、実店舗とネットショップ、それぞれの特徴や違いについて説明します。

実店舗は費用がかさむ

実店舗は、土地の購入や建築、または賃貸の契約が必要です。店舗そのものだけではなく、商品の陳列棚やディスプレイ用品も必要になるので、初期費用が高額になってしまうのが難点です。

店舗を構えた後の集客は、近隣にチラシを配る、ネットに広告を出すなどの方法があります。ただ、レジャースポットなどでない限り、遠方からの来客は見込みが薄いと言えるでしょう。

固定費がかさむ割に、集客範囲が狭く、利益を上げ続けるのは難しいと言えます。

ネットショップは初期費用を抑えることが可能

一方でネットショップは費用を抑えて開業することが可能です。無料でネットショップを開業できるサービスも増えているため、初期費用は商品仕入れ費と、梱包材などの小物のみで済みます。

開業した後は、ネット広告やSNSなどを利用し、集客します。また、検索からの流入を確保するため、SEO対策も必要です。サイトに訪れてもらえなければ店舗を認知してもらえない、という難しさはあるものの、ネット環境さえあればどこからでも訪れてもらえるのが強みです。

固定費が少なくて済むため、失敗したときのリスクも少なく、初心者でも始めやすいと言えるでしょう。

ネットショップではこまめな連絡が大切

実店舗とネットショップでは、商品が売れた後の流れが違います。

実店舗では、目の前で会計をし、基本的にはその場で持ち帰ってもらいます。しかし、ネットショップでは、システムが動いていれば、時間や曜日に関わらず注文が入ります。ショップ側が注文を確認次第、発送をおこなう形となります。

つまり、リアルタイムでの対応ではなくなるということです。お客様は、注文をした後、どのくらいで商品が手元に届くのかわかりません。お客様を安心させるためにも、こまめな連絡が必要です。これは、クレーム防止の観点でも、大切なことです。

下記の流れを見ていただければ分かる通り、実店舗での接客に比べると工程が多くなります。すべてを手動でやるには手間がかかりますし、ミスが起きる原因にもなります。「受注管理システム」を導入して、作業を効率的におこなっていきましょう。受注管理システムを使えば、メールの自動送信や、発送先住所の一括印刷などができます。

《ネットショップでの商品販売の流れ》
1.注文を確認する
2.注文に対してのお礼メールを送る
3.入金を確認する
4.入金に対してのお礼メールを送る
5.商品をピックアップする
6.配送用伝票や納品書を用意する
7.商品を梱包する
8.商品を配送業者に引き渡す
9.商品を発送した旨のメールを送る

ネットショップは集客対策が重要

ネットショップは、サイトを認知されない限り、来客が見込めません。お客様がたまたまフラッと寄ることもある実店舗とは、性質が異なるのです。そこで、ネットショップ運営と切っても切り離せないのが、集客対策です。

まずは、SEO対策を施しましょう。SEO対策とは、Googleなどで検索をした際に、上位表示させるための施策です。たとえば、小型犬のためのアクセサリーと洋服の店をオープンするとしましょう。

そこで、ターゲットとなるお客様が、どのようなワードで検索をして来るかを想像します。この場合だと、「小型犬␣アクセサリー」「小型犬␣洋服」がメジャーでしょう。さらに詳細に上げていくとすれば、「小型犬␣アクセサリー␣可愛い」「小型犬␣洋服␣おしゃれ」なども考えられます。

これらのキーワードを検索窓に入れた際に、上位に自社サイトが表示されるように対策するのです。商品説明文には、これらのキーワードを入れ込みます。自社サイトとリンクするブログを立ち上げるのも、効果的です。

続いて、お客様がサイトに訪れるようになったら、一見客をリピーター客に育てる施策をおこなっていきます。リピーター限定クーポンの配布や、読むだけで役に立つメルマガの配信など、できることは積極的におこなっていきましょう。

どちらの場合も利益が出たら確定申告が必要な点に注意

実店舗、ネットショップに限らず、利益が出たら確定申告が必要です。ネットショップは、副業として始める人も多く、納税義務などが曖昧になりがちです。しかし、確定申告漏れが指摘されると、延滞税として多額の税金をとられてしまいます。以下を参考に、納税義務を怠らないようにしましょう。

《確定申告が義務になる収入ライン》

【売上】-【経費】=利益(収入)

この公式をあてはめ、1月1日~12月31日までのショップ収入について、利益を算出しましょう。
利益の金額と自分の身分によって確定申告が必要になるかどうかがわかります。

【会社員やフリーター、兼業主婦など】
20万円以上なら確定申告が必要

【フリーランス、専業主婦】
38万円以上なら確定申告が必要

ネットショップ開業までに準備しておくべきもの

ここでは、ネットショップ開業までに準備しておくべきものを紹介します。

パソコン・スマホ

ネットショップをおこなう以上、パソコンとスマートフォンは必須です。基本的に、商品の出品やお客様とのやりとりはパソコンでおこないます。スマホは、外出先でのイレギュラー対応や、ショップサイトのスマホでの見え方確認の為に使用しましょう。

カメラ周辺機器や営業許可申請手数料

ネットショップの出品には、画像が必須です。高価なものでなくても構わないので、カメラと周辺機器は準備しておきましょう。白い壁の部屋があれば、一角を撮影スペースとして確保します。それが難しいようならば、撮影ボックスと呼ばれる、白いボックスを購入しましょう。撮影ボックスは、1台でレフ板の代わりと、背景布の配置場所になってくれるため、汎用性が高いです。

また、販売商品によっては、営業許可が必要です。役所に申請する際に、手数料がかかりますので、初期費用は気持ち多めに準備しておくと安心でしょう。営業許可が必要な商品で代表的なものを挙げると、以下のようなものがあります。

・中古品販売-古物商営業許可証
・食品-食品関係営業許可証

また、中古品の売買には古物商などの許可が必要になります。所管の行政機関に問い合わせましょう。

サーバーとドメイン

自社サイトをオープンするのであれば、サーバーとドメインが必要です。

サイトを作っただけでは、他者から見てもらうことができません。サーバーという場所にアップすることで、URLを使って世界中からアクセスできるページになるのです。

そして、URLの一部がドメインです。ドメインがあることによって、サイトのアクセス先が明確になり、お目当てのサイトに辿り着くことができます。一般的に、サーバーは土地、ドメインは住所に例えられます。

ただし、モール型や、一部のカートサービスでは不要の場合もあります。

無料カート利用が向いているのはこんな人

ネットショップをオープンする方法はいくつかありますが、ノーリスクで開業できるおすすめの方法があります。それが、無料カートを使用することです。無料カートは、初期費用・月額費用無料のネットショップ開業サービスです。商品を出品するだけなら完全無料で利用できるため、赤字になる心配がありません。ここでは、無料カートに向いている人物像を3パターン紹介します。

趣味でネットショップを始めたい人

まず挙げられるのが、趣味でネットショップを始めたい人です。収入源にするために始めるのではなく、楽しく気楽に取り組みたいというケースが想定されます。
商品が全く売れなくてもリスクがない無料カートなら、安心して取り組めるでしょう。

ただし、固定費の発生や販売手数料といった思わぬ出費が赤字を招く可能性があります。

テストマーケティングに使用したい人

次に、テストマーケティングをしたい人にもおすすめです。テストマーケティングとは、実際にビジネスを始める前に、試運転としておこなう販売のことです。

テストマーケティングを通して、ターゲットのニーズを再確認し、課題を洗い出してから、本格始動します。大規模な事業展開を考えている場合、はじめから有料カートでおこなうのはリスクがあるでしょう。テストマーケティングの結果次第では、販売戦略の再構築が必要になることもあるため、費用をかけずに販売できる無料カートが向いています。

すでに自社サイトがあってカート機能だけ追加したい人

最後は、すでに自社サイトを持っている人です。全てではありませんが、外部サイトにカート機能を追加できるカートソフトがあります。その機能を利用して、外部サイトで販売をおこないたい人は、わざわざ有料カートを持つ必要はありません。自身の持っているサーバー+ドメイン+無料カートサービスで、ショップを運用していきましょう。

モール型サイト3選

モール型とは、ひとつのサイトに複数店舗が商品を出品する形式のネットショップです。実店舗でいうところの、デパート内テナントに出店するイメージです。カート型に比べると、月額費用や手数料が高いですが、モールの持っているブランドや集客力を生かせるというメリットがあります。ここでは、代表的なモール型サイトを3つ紹介します。

Amazon

参考:Amazon

Amazonは、もととなる商品ページに各店舗が出品する形式のモール型サイトです。商品検索がしやすく、ユーザーにとって使い勝手が良いシステムになっているのが強みと言えるでしょう。

さまざまなジャンルの商品を取り扱っていますが、なかでもビジネスマンの需要に答える商品やサービスが豊富です。効率の良い検索システムと相まって、男性ウケが良いモールです。

《費用》
【小口出品】
初期費用・月額費用無料

商品販売時に以下の費用がかかる
・販売手数料
・カテゴリー成約料
・1点ごと100円の基本成約料

【大口出品】
初期費用無料
月額費用4,980円

商品販売時に以下の費用がかかる
・販売手数料
・カテゴリー成約料

小口出品の場合、商品が売れるまでは一切費用がかかりません。ただし、100円の基本成約料がかかることに注意しましょう。大口出品と同じだけの販売手数料、カテゴリー成約料まで加算されることを考えると、薄利多売戦略では赤字になる可能性があります。

また、大口出品と違って販売への制約も大きいです。本格的にビシネスとしてやっていくのであれば、月額料金を支払って、大口出品者としてやっていくほうが賢明です。

参考:出品形態による機能条件などの違い

《メリット》
・アクセス数が多いモールのため、集客が比較的容易
・出来上がっている商品ページにアップするだけなので、出品作業が楽
・FBAサービスを使えば、梱包から発送までを委託することができる

《デメリット》
・ショップページがないため、リピーター確保が難しい

楽天市場

参考:楽天市場

Amazon同様、非常にアクセス数の多いモールです。商品紹介ページには画像が多い仕上がりになっており、ウィンドウショッピングの感覚でネットショッピングを楽しめる点が魅力です。

アパレルや食品系に強く、女性ウケの良いモールに仕上がっています。20~40代の女性をターゲットとする商品と、相性が良いでしょう。

《費用》

参考:出店プラン・費用

楽天市場では、上記の金額に加えて、初期登録費用60,000円がかかります。月額費用も、実際は毎月ではなく年間一括払いや2回分割など、まとめて支払う形式です。出店するためには、かなりまとまった費用を用意する必要があります。

また、メルマガ配信や海外販売サービスなどを使う際には、別途費用が必要な点にも注意しておきましょう。

《メリット》
・アクセス数が多いモールのため、集客が比較的容易
・ショップページを作り込めるので、リピーター確保がしやすい
・ネットショップ開店サポートやセミナーなど、フォロー体制がしっかりしている

《デメリット》
・費用が高額

Yahoo!ショッピング

参考:Yahoo!ショッピング

楽天やAmazonに比べると利用者が少ないモールですが、少ない費用で始められる点が最大の魅力です。固定費だけではなく、売上ロイヤルティも無料のため、「手数料を取られてほとんど利益が残らない」という事態は免れます。

また、外部サイトへのリンクが可能といった点が大きな特徴です。通常モール型サイトは、サイト内での販売を原則としており、ユーザーを外部サイトに誘導する行為は規約違反に当たることが多いです。ところが、Yahoo!ショッピングでは、自社サイトやSNS、他モールへのリンクすべてを許可しています。

《費用》

参考:料金費用について

かかるのは、ストアポイント原資負担やキャンペーン原資負担といった、購入者への還元分のみです。Yahoo!ショッピングへ支払う費用は、発生しません。モール型のデメリットである、売上から引かれる手数料の高さを気にしなくて良いので、利益率の高い経営が可能になるでしょう。

《メリット》
・費用が安い
・外部サイトへの誘導が可能

《デメリット》
・Amazonや楽天に比べると集客力が弱い

カート型サイト3選

カート型は、サイトで用意されたサーバーを使って、自社サイトをオープンできるサービスです。モール型とは違い、作ったサイトは独立したもの、いわゆる自社サイトとなります。
作ったばかりのサイトに集客力や知名度はなく、集客のノウハウが必須です。ただ、固定費無料のものや売上手数料無料のものなど、少ない費用で始められるサービスが多いことが魅力になっています。
ここでは、代表的なカート型サイトを3つ紹介します。

Make Shop

参考:MakeShop

MakeShopには、カート型のデメリットである、集客力の弱さをカバーしてくれる仕組みがあります。それが、アイテムポストです。これを使えば出店費用無料で、Yahoo!ショッピングや価格.comなどの大手モールに商品を出品できます。モール経由で商品が売れた際には、別途売上手数料の支払いが必要になりますが、少ない手間と費用で流入経路を増やせるチャンスです。

参考:アイテムポストの仕組み

検索からの流入を増やすためのSEO対策にも特化しているため、集客方法がわからない人でも安心して、カート型サービスに手を出せるでしょう。

《費用》

参考:プラン別料金表

15日の無料体験がありますが、基本的には有料のカートサービスです。長期利用で月額料金が安くなったり、2店舗目オープンでは初期費用が無料になったりと、本格的にネットショップ経営をおこないたい人に向いています。

《メリット》
・集客機能が充実している
・アイテムポストを使えば、カート型とモール型を同時に利用可能
・ECアドバイザーの無料サポートがある

《デメリット》
・売上を確保できないうちは、固定費がかさみがち

STORES

参考:STORES

無料プランと有料プラン、両方用意されているのが強みです。無料プランでも基本的な機能は揃っています。売上が安定してから有料プランに移行することで、リスクなく運用できるでしょう。

デザインテンプレートは、無料プランであっても、有料プランと同じ全48種類から選ぶことができるのが魅力です。シンプルなデサインが多いため、スタイリッシュな商品との相性が良いです。

《費用》

参考:料金体系

スタンダードプランでは、固定費が発生する代わりに、決済手数料が安く設定されています。売上が一定ラインを超えると、固定費で支払いを済ませたほうがトータルで安く済むようになります。そうなれば、スタンダードプランへの切り替え時期です。

《メリット》
・売上に応じて、無料から有料へ移行できる
・無料プランでも、ほとんどの機能が使用可能

《デメリット》
・集客機能は強くないので、Instagram連携やメルマガ作成などを利用して、自分で集客する必要性がある

BASE

参考:BASE

BASEは、完全無料にもかかわらず、機能が豊富なのが魅力です。他のサービスでは有料のことが多い、独自ドメイン設定も無料でおこなえます。

またBASEでは、ショッピングアプリやリアル店舗での販売も可能です。アプリでは、ユーザーがお店をフォローできるシステムになっています。フォロワーになってもらえば、プッシュ通知で情報を流すことができるようになるので、新商品のアピールもしやすいでしょう。

《費用》
・初期費用、月額費用:無料
・決済手数料:3.6%+40円
・サービス利用料:3%

《メリット》
・完全無料で使える
・アプリや実店舗を使った集客が可能
・HTMLやCSSが使えれば、ショップページのカスタマイズも可能

《デメリット》
・成約手数料が高い

まとめ

ネットショップの開業方法は、ひとつではありません。モール型を使う方法、カート型を使う方法、自社サイトにカートシステムだけ導入する方法など、何通りもの手段があります。

また、ネットショップ開業サービスは増加傾向にあり、一概に「モール」「カート」とカテゴライズできなくなっているのも事実です。費用がかさむことがデメリットと言われているモール型でも、Yahoo!ショッピングのように、ほぼ無料で出店できるものもあります。集客力が弱いと言われているカート型でも、MakeShopのようにモール型への同時出品が可能なサービスもあります。

自分に合ったサービスを見つけ、ぜひ納得のいくネットショップを作り上げてください。