物販

ネットショップを開業したらブログを書くべき! ブログは立派な集客方法

ネットショップを開業したのにお客さんが来てくれなくて悩んでいる人は少なくないでしょう。ネットショップを繁盛させるには集客が必須ですが、集客には様々な手段があるので、出店スタイルや内容によってそれぞれ適した方法を見つけなければなりません。

今回取り上げる「ブログ」は、一般的には日記のイメージが強いようですが、実はネットショップの集客において大きな効果が期待できるツールなのです。「過去にブログを書いたことがあるけど、売上に影響がなかった」という人もいますが、それは書く内容や期間に問題があったのです。ブログは、正しい方法で継続して書き続けなければ成果は得られません。

この記事では、

・ネットショップの開業を考えているけど、ブログは必要なの?
・ブログを作りたいけど何を書いていいのかわからない
・ブログを書いたけど成果が出ない

といった方に向けて、ブログの重要性や正しい書き方についてお話していきます。

3つの集客方法

ブログの重要性について解説する前に、まずは、3つの集客方法についてご紹介します。

ネットショップで失敗するパターンとして、店舗のオーナーが正しい集客方法を見つけられないことが挙げられます。

出店さえしておけば、勝手にお客さんが来てくれるわけではないのです。様々な方法を試しながら、どうしたらお客さんに商品を知ってもらえるのかを考えなければなりません。

一言で集客方法と言ってもたくさんあります。ここでは、取り組みやすい方法を3つ挙げて説明していきます。

・広告
・SNSで拡散する
・お店のブログを作る

広告

広告は、費用はかかりますが最も即効性の高い集客方法です。

広告にはいくつかの種類がありますが、なかでも即効性が高いのが「リスティング広告」です。これは、Googleの検索結果画面にユーザーが入力した検索ワードに関連する広告を表示させるタイプの広告です。この方法であれば、もともとその商品やジャンルに興味のある人へ直接アプローチできます。

さらに、過去に自分のお店のサイトを訪れたことがある顧客に配信する「ディスプレイ広告」や、第三者に宣伝してもらう「アフィリエイト広告」などがあり、どれも短期的に効果が期待できます。

しかし、広告は有料なので、最初から取り入れるのは現実的ではありません。まずは、ブログやメルマガでリピーターを増やし、お店の認知度を上げてから広告に取り組むべきです。

SNSで拡散する

今や、情報の発信や商品の宣伝にSNSの利用は必須です。

代表的なものとして、「Twitter」・「Instagram」・「Facebook」・「LINE」などが挙げられます。これらすべてのSNSに共通していることが、利用者の数の多さです。人が集まる場所で効果的な宣伝ができれば、多くの人に商品を認知してもらうことができるでしょう。

しかし、自分のアカウントやお店を知ってもらうことは、実は簡単なことではありません。商品の宣伝ばかりしていると人が寄り付かなくなってしまうので、時には知っておくと便利な情報を発信するなどして、自分のファンを作ることがポイントです。

即効性は高くないですが、お店や商品の宣伝にSNSは欠かせません。

お店のブログを書く

お店のブログを書くと、ユーザーに親近感を持ってもらえることがあります。

基本的にお店の販売ページでは価格や商品の説明しか記載されません。しかし、商品を使用した感想やそのジャンルの有益な情報などを語ることで、ユーザーにオーナーやお店を身近な存在に感じてもらえるようになるのです。これがファンの獲得へつながります。

また、ブログ経由でのユーザーの流入も期待できるようになります。ですから、ブログのアクセス数を増やすことに専念するのは、有効な集客方法と言えるのです。

ネットショップ用のブログを持つ

3つの集客方法について述べてきましたが、なかでも大きな集客効果が期待できるのがブログです。ここからは、ネットショップ用のブログを書くことについてフォーカスしていきます。

ネットショップ用のブログを書くことには以下のようなメリットがあります。

・ブログを更新し続けることがお店が動いてる証明になる
・商品の販売ページで説明しきれないことをブログで語ることができる

ただ、自分本位にならないよう注意する必要はあります。

ブログを更新し続けることがお店が動いてる証明になる

取り扱う商品にもよりますが、多くの場合、毎日新商品を仕入れて販売ページを更新し続けるのは困難でしょう。

商品に興味を持ってくれるお客さんがいても、長い間販売ページに変化がないと、そのお店が稼働しているのかどうか不安になるものです。結果的に、販売機会を逃してしまう可能性もあります。

その点、ブログがこまめに更新されていると、店が営業中であることがひと目で分かります。逆に、ブログの更新が止まってしまうと、お店の営業も停止したと思われかねません。ですから、ネットショップのブログを作るなら、「絶対に更新し続ける」という強い意志を持たなければなりません。

商品の販売ページで説明しきれないことをブログで語ることができる

ネットショップの商品紹介ページにおいて販売者個人の主観や想いを述べることは、あまり好まれません。客観的な視点から商品を少しでも伝わりやすく説明することが求められます。

そこで、販売者個人の主観や想いはブログで発信すると良いでしょう。ショップサイトでは伝えきれなかった、販売者の視点からのレビューなどをブログで発信することで、商品をより身近に感じてもらえるでしょう。しかしここでも、過度に販売側の感情が入り過ぎてしまうと逆効果となりかねないので注意が必要です。

同じ商品でも、見方によって価値が変わることがあります。ブログで商品説明の補足や体験談を語ることが、商品の見方を変える役割を果たすのです。

自分本位になってはいけない

ブログを頻繁に更新していると、書くネタがなくなる場合があります。すると、販売者のプライベートな情報や時事ネタについて語りだす人がいますが、これはやるべきではありません。あくまでお店のブログなので、商品やお店に関する話題に限るべきです。

店長の個性を全面に押し出して顧客の興味を引く方法もありますが、これはかなり特殊な例であり、なかなか出来ることではありません。

ですから、基本的にお店のブログにはお店やそのジャンルに関する情報のみを投稿するべきです。

売上に悩むショップオーナーがブログを書かない理由

ネットショップ用のブログを書くことには色々なメリットがあることがわかりましたが、現在すべてのネットショップオーナーがブログを書いているわけではありません。なかには売上が伸びず集客に悩んでいるにもかかわらず、ブログを持とうとしないオーナーもいます。

ではなぜ、ブログを書こうとしないのでしょうか。そこにはブログのデメリットや個人的な事情が影響しています。

ここでは、ネットショップオーナーがブログを書かない5つの理由をまとめました。

・文章が苦手
・時間がない
・ブログの作り方がわからない
・ブログを書く理由がわからない
・書いた経験があるが、売上に影響しなかった

文章が苦手

文章を書くことに苦手意識を持つ人は少なくありません。しかし、小説を書くわけではないのです。自身のショップについて書くのですから、別に綺麗な表現とか上手い言い回しは必要ありません。情報を伝えることが目的なので、読んだ人がわかり易いようにまとめればいいのです。

最初から上手くは書けないかもしれません。しかし、文章は書いた分だけ上達すると言われます。有名なブロガーでも、文章が苦手だったと言う人は何人もいます。

文章が苦手でも、ブログは書けるということは覚えておきましょう。

時間がない

ネットショップの運営上やらなければいけない事は多いため、ブログを書く時間が確保できないという人もいるでしょう。

しかし、ブログを書くことで得られるメリットは多くあります。もちろん、ブログ以外の手段で集客できるのなら、それでも構いません。しかし、もしあなたが現在売上や集客で伸び悩んでいるなら、ブログを書くべきです。

難しく考える必要はありません。新しい商品をショップサイトにアップしたら、その情報をブログに投稿すれば良いのです。ショップサイトとブログの更新をセットにすれば、そこまで時間もとられません。慣れてきたら、そのジャンルに特化した有益な情報なども発信してみましょう。

時間がないときは、やる事に優先順位を付けて、優先度の高いことから取りかかるのがセオリーです。時間がないからブログを書かないという人は、ブログの優先順位を付け間違えている可能性があります。ブログの優先度はそんなに低くありません。

ブログの作り方がわからない

現在、ブログ作成サービスには、無料のものから有料のものまで様々なものが存在します。「たくさんあり過ぎて、どれを選べばいいのかわからない」という理由で諦めてしまう人もいるくらいです。

確かに、ブログサービスを検索するとたくさんのサービスが出てきますが、どれも大した違いはありません。迷ったらとりあえず無料のものを選びましょう。「ブログサービスおすすめランキング」などで上位に挙がるメジャーなものを選べば問題ありません。後で有料版に切り替えることもできますから。

無料サービスでもあっという間に自分のブログが作れて、いつでも記事の投稿ができるようになります。

ブログを書く理由がわからない

ネットショップの運営においてブログを書く理由がわからない人は、まずブログの本質を理解する必要があります。

あまり詳しくない人だと、「ブログと言えば日記」といったイメージを持っているかもしれませんが、ネットショップ用のブログはそうではありません。あくまで情報を発信するメディアとすることが目的なのです。ですから、個人のプライベートな話題に触れることは基本的にありません。

ブログをメディア化し、お店の情報を発信し続けることで見込み客を集め、自分のお店に誘導するのです。

ブログを書いた経験はあるが、売上に影響しなかった

ネットショップの運営においてブログを書くことをおすすめしてきましたが、もちろんブログを書いたからといって、すぐに売上が上がるわけではありません。

そもそもブログは即効性の高い集客手段ではないので、ある程度長い目で見てコツコツ積み上げていく必要があるのです。

「過去にブログを書いてみたけど全く売上に反映されなかった」という人は、正しい方法で書いていなかったか、もしくは即効性を期待しすぎたのでしょう。

商品の体験談を語ったり、ときには有益な情報を発信したりして少しずつお店のファンを作るのがブログだと理解してください。

ブログによってネットショップの売上が上がる理由

ネットショップ用のブログを書くことは、集客において大きな意味があることがわかりました。

それではさらに深堀して、ユーザーがどういった心境や経緯であなたのブログにアクセスし、そこからお店を訪ねてくれるのかについて詳しく見ていきましょう。

検索エンジンから新規顧客獲得

集客において大きな効果をもたらすのがSEOです。SEOとは、簡単に言えば「検索エンジンで上位に表示させる」ことです。

お店の集客や商品の宣伝にブログを利用する場合が多いのは、実はブログがその構造上から「SEOに強い」という特性を持っているからです。

Googleなどで商品に関するキーワードを検索した場合に、自分のブログが上位に表示されると、それだけでブログのアクセス数は大きく上昇します。ブログのアクセス数が伸びれば、そこを経由してあなたのお店へ訪問してくれる人も増えるのです。

ですから、しばらく検索結果で上位表示され続けると、新規の顧客を獲得し続けることが出来ます。

ブログには購買意欲の高い人が集まる

あなたのブログを訪れる大半の読者は、あなたのお店の商品や取り扱うジャンルに関心があります。要するに、その段階で全く関心の無い人に比べて、購買意欲が高いのです。

日頃から、そのジャンルに特化した話題を提供し続けることで、あなたのお店にも興味を持ち足を運んでくれるようになるのです。

購買意欲の高い見込み客をお店に呼び込むことが出来れば、売上に直結します。

権威性による集客

ブログを書く上で重要なのが、権威性をもつことです。

権威性とは簡単に言うと、「この人は正しい」とか「この人の言葉に従おう」と思わせる力のことで、医師など専門的な知識を持つ人が備える性質です。

ブログにおいて権威性を持つことができれば、読者はあなたやあなたのお店のファンになります。あなたが言っていることを信じ、あなたが勧めた商品が欲しいと思うようになるのです。

では、ブログで権威性を得るにはどうしたらいいのでしょうか。

それは、読者の役に立つ情報を発信し続けることです。例えば、読者の共感を得たり、悩みを解決したりする記事を書き続けることで、「この人はいつも正しいことを言っている」と思ってもらえば良いのです。

さらに、あなたがその業界でそれなりの経験や知識を持っていると効果は倍増します。その経歴が説得力となり、あなたの言葉の重みを増すからです。

人の役に立つことを考え続けること。これが売上獲得への一番の近道になり得るのです。

ブログを書くコツ8選

ブログを書くことは重要ですが、意味のないことや方向性が間違ったことを発信していては、いつまでたっても成果は得られません。せっかく時間や労力をかけて更新するのですから、目的に向けて正しく効果的な内容の記事を書かなくてはいけません。

ここでは、「店長のプライベートな日記」のような見当違いの投稿がなくなるように、正しく効果的に集客できる記事の書き方を8つのポイントとともにご紹介していきます。

1.商品を使用した感想や意見を紹介する

商品数が多いと、ショップサイトだけでは商品の詳細まで説明できないことも珍しくありません。

そういった場合に、あなたが販売に力を入れたい商品をブログで取り上げて紹介していくのです。ただ、スペックなどを紹介するだけでなく、実際に自分で使用してみた感想などを入れると、説得力が出てユーザーに喜ばれる記事になります。

買い物をする際、実際に利用した人の意見は何よりも参考になるものです。

2.ユーザーのレビューや評判を紹介する

先程、述べたように利用者のレビューは非常に大切です。購入を迷っているお客さんは、安心できる材料を探しています。

しかし、良い意見ばかり掲載していても信頼性に欠ける場合があります。時には、許容範囲内で否定的な意見も掲載し、それに対する解決策を述べることが、お店の信用を上げることにつながるでしょう。

3.お客さんの問い合わせに返答

ユーザー側からの質問には、集客にとても重要なキーワードが含まれている場合があります。

お客さんの中には販売者が思ってもいなかった視点から商品を見ている人がいるものです。そのような人の率直な意見や質問は、他の多くのお客さんにも共感されていきます。

したがって、お客さんの問い合わせをコンスタントにブログで取り上げていれば、ブログへのアクセスを増やすことができますし、そういった問い合わせにしっかり答えていれば、オーナーの熱意をお客さんに伝えることもできるでしょう。

4.お客さんの悩みを想像する

ユーザーが困っていそうなことを想像しそれを解決してあげる記事を投稿すると、あなたに対するお客さんの好感度が上がります。

これを定期的に続けていると、お客さんはあなたに興味を持ち始め、やがてファンになってくれます。ファンが獲得出来るとショップ運営は楽になっていきます。

「ユーザーが何に困っているのか」を常に考えることが好循環に繋がるのです。

5.お店のコンセプト

商品ばかりでなく、ときにはお店にスポットを当てていくことも大切です。

「どんな意図やこだわりを持ち商品を仕入れているのか」、「どういったお客さんに向けた商品を扱っているのか」といったお店のコンセプトを日頃から発信しておきましょう。

コンセプトが明確なお店は、お客さんにとっても利用しやすいものです。

6.ジャンルに関する役立ち情報

商品のジャンルに関連した情報について話をするのも良いでしょう。

気をつけたいのが、情報だけでなくそこにひと工夫加えた話をした方が良いと言うことです。これが先で述べた、権威性につながりますから。

ウンチクもいいですが、それを読者が本当に求めているのかは慎重に考える必要があります。

7.お店のスケジュール

休業のお知らせなどはショップサイトで告知している人が多いでしょうが、お客さんが気づかない場合もあります。

せっかくお店に来てもらっても対応が遅れたら販売機会を逃してしまうかもしれません。

そこで、正月、GW、お盆などの休業スケジュールはブログにも投稿しておきましょう。そうすれば、より多くの人に知ってもらえます。

8.商品にからめたプライベート話

毎日、ただの日記のような投稿をしていても面白みはありませんが、お店の商品にからめてプライベートを紹介するのは効果的です。

例えば、商品を利用してみた感想などを語ってみましょう。生活の中で実際に利用している雰囲気が伝わると、ユーザーは自分が利用する姿をイメージしやすくなるので購買意欲が高まります。

「読む」ではなく「観る」イメージ

インターネット上で情報を探している人は、せっかちな場合が多いです。せっかく検索サイトからあなたのブログを訪れても、価値がないとか読み辛いと思ったらすぐ離脱して他を探しにいきます。ですから、ぎっしりと文章だけが詰まっていたり、漢字が多過ぎるサイトは好まれません。

読みやすいサイトは、読者が一瞬で何が書かれているのかを直感的に理解できるように画像や表を掲載しているものです。

また、文章と文章の間に空白を入れる工夫も忘れていません。こうすれば、行間に余裕が生まれ、読むストレスが少なくなるからです。結果として、読者の滞在時間も長くなります。

絵本のように、文字を「読む」ではなく「観てもらう」イメージを持ってブログを書けば、わかり易い記事になることでしょう。

ネットショップを運営するならブログを書きましょう!

この記事では、ブログの重要性についてお話してきました。

ブログには多くのメリットがあるにもかかわらず、リスクはほとんどありません。始めない理由がないのです。にもかかわらず躊躇している人は、大きな機会損失をしている事に気づくべきです。

今やブログは、集客における必須ツールと言ってもいいでしょう。検索上位に表示されれば、それまでの倍以上の集客に繋がることもあります。ブログは非常に大きな可能性を秘めているのです。

集客の方法について悩んでいる時間があるなら、とにかくブログを書いてみましょう。あれこれ悩むのは、その後で大丈夫です。この記事で述べた正しい方法でブログを書き続ければ、必ず成果は出ますから。

この記事が、一人でも多くのネットショップオーナーがブログを始めるきっかけになれば幸いです。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。