物販

ネットショップ(販売用ホームページ)を構築する方法。おすすめのネットショップ構築サービスも併せてご紹介!

ネットショップの開設にはいくつかの方法があり、最近は、ネットショップ初心者でも簡単に開設ができるサービスが充実しています。

今回は、そんなネットショップの種類とネットショップ構築サービスを比較・紹介していきます。

ネットショップの種類とサービス

ネットショップを開業するにあたっては、どのように構築するか、どのサービスを利用して運営していくかを決めなければなりません。

いろいろある方法の中から、予算や目的、運営方針などを踏まえて、どのサービスを利用するか決めましょう。

ネットショップの構築方法

ネットショップの構築には、4つの方法があります。

・パッケージソフト
・レンタルショッピングカート
・モール
・専用システムの構築

それぞれ解説していきます。

パッケージソフトで構築する

まずは、パッケージソフト(ネットショップの構築や運営に必要なサービスがすべて含まれているソフト)を使ってショップを構築する方法です。

パッケージソフトの難易度

ほとんどのパッケージソフトには、ネットショップを運営するために必要な機能がすべて揃っています。手順通りに進めていけばショップは構築できるのですが、ある程度WEBに関する知識が必要になります。経験者や知識のある人であればそれほど難しくありませんが、初心者には難易度が高めです。

メリットとデメリット

【メリット】

・ショップを運営するためのサーバーなどの環境を自分で選ぶことができる
・決済方法や発送方法などが自由に選べる
・カスタマイズの自由度が高く、オリジナリティを出せる
・運営コストが安い

【デメリット】

・構築や運営に関するトラブルを自分で解決しなければならない
・ネットショップの構築と運営に関する知識が必要
・初期コストがかかる

パッケージソフトにかかる費用

ネットショップの構築と運営の機能をすべて備えたソフトでも50,000円以内で購入できるものが多いです。

ただし、パッケージソフトを使っての構築を外注すると、数十万円から数百万円の費用が掛かります。かなり高額になるので、自社が運営するネットショップにそれだけコストをかけるメリットがあるのか、よく考えたうえで外注しましょう。

おすすめのパッケージソフト

販売されているパッケージソフトは数十種類を超えており、価格帯も幅広いため、どれを使えばよいのか悩むところです。

ここでは、初心者にもおすすめのパッケージソフトを紹介します。

EC-ORANGE

EC-ORANGEは、マルチテナントや企業間取引、オムニチャネルなどさまざまな構築モデルに対応しています。外国語にも対応しているため、英語や中国語でECサイトを表示させることもできます。安定したインフラ環境を整備できるので、大量のアクセスや注文にも対応可能です。

EC-ORANGEは2019年4月にフルリニューアルし、完全なオリジナルソフトウェアとして多くの人に利用されています。

参考:EC Orange

ecbeing

ecbeingは、大手企業でも導入されている、11年連続シェアNo.1のパッケージソフトです。定期的なバージョンアップが無料で利用できるので、常に最新のシステムを使うことができます。

セキュリティ水準も高いので個人情報を多く扱うショッピングサイトでも安心ですし、Amazonや楽天市場といったモールと連携させて運営することも可能です。

参考:ecbeing

コマース21

コマース21は、大中規模のショッピングサイトで導入されることが多いパッケージソフトです。販売の強化や業務の効率化を一気に図ることができます。カスタマイズ機能を駆使すれば、よりオリジナリティの高いサイトを構築できます。

サポート体制も充実しているので、初心者でも安心して導入できます。

参考:コマース21

ショッピングカート(ASPカート)

ASPカートとは、ネットショッピングにかかせないショッピングカートのシステムをレンタルしてネットショップを構築する方法です。「ショッピングカート」「カートASP」「ASPカート」「ECシステム」などと呼ばれています。

ASPカートを使う場合、インターネット上にあるプログラムを利用して商品の登録やデザインを設定することでネットショップを構築することになります。パッケージソフトと比べると、比較的簡単に構築できるのが特徴です。アップデートやセキュリティ対策もサービス提供者が行ってくれるので、ネットショップの運営に関する知識が浅くても問題ありません。

メリットとデメリット

【メリット】

・初心者でも比較的簡単に導入できる
・初期費用が安い

【デメリット】

・月額料金など運営コストがかかる
・デザインや利用できるサービスが限られている
・カスタマイズの自由度が低い

ASPカートにかかる費用

ASPカートの利用には、初期費用・月額料金・販売手数料などがかかります。ASPやプランによっても異なりますが、月額数千円から利用できます。利用できる機能の違いによって価格は変動します。月額料金が安いものは、デザインや決済方法、発送方法、登録できる商品数などに制限があることが多いです。ユーザーのことを考えると、決済方法や発送方法の選択肢は多いほうが良いといえます。取り扱う商品が多い場合も、プランによっては容量が足りない場合もあるので確認しておきましょう。

また、プランごとに集客や顧客管理機能といった運営に必要な機能にも違いがあります。集客はネットショップの運営には欠かせない機能です。どのような集客機能があるのか、必ず事前にチェックしておきましょう。

初期費用や月額料金のかからない無料のASPカートもあります。最近は、無料でもサービスが充実しているものが多いですが、有料と比較すると劣る面もあります。

かけられる費用や運営に必要なサービスなどを考慮しつつ、適当なASPカートを選ぶとよいでしょう。

無料で利用できるASPカート

最近は、販売手数料だけで利用できる、初期費用・月額料金無料のASPカートが人気を集めています。初心者や趣味の範囲でネットショップを運営したい人には、以下でご紹介する無料のカートASPをおすすめします。

BASE

ショップ開設数900,000件を突破した、人気のASPカートです。初期費用・月額費用無料で、ネットショップを開設できます。無料ですがデザインの種類が豊富なので、カスタマイズ次第では自分らしいショップを作ることができます。

チャットを通したサポートを受けることもできるので、初心者でも安心して利用できます。

BASEかんたん決済手数料として1回の注文の合計金額(送料含む)に対して3.6%+40円と、サービス利用料として1回の注文の合計金額(送料含む)に対して3%の手数料がそれぞれかかります。

参考:BASE

STORES

STORESには、月額利用料無料・決済手数料5%のフリープランと、月額利用料1,980円・決済手数料3.6%のスタンダードプランがあります。フリープランとスタンダードプランでは使える機能に違いがありますが、ほとんどの機能はフリープランでも使うことができます。

梱包や発送を委託できる倉庫サービスもあるので、業務量が増えたときに便利です。

参考:STORES

イージーマイショップ

イージーマイショップには4つの料金体系があります。

・無料版

無料版には利用制限があり、配送方法の選択やお気に入り管理機能などが利用できません。

・スタンダード
初期費用3,000円、月額利用料2,700円

・プロフェッショナル
初期費用3,000円、月額利用料5,400円

・カートプラン
初期費用3,000円、月額利用料1,800円

参考:イージーマイショップ

モール

ネットショップの構築方法には、モール(複数のショップが集まってできたECサイト)に出店するという方法もあります。代表的なモールと言えば、Amazonや楽天市場です。

メリットとデメリット

【メリット】

・集客力に優れている
・ユーザーからの信頼性が高い
・安心感がある

【デメリット】

・競合が多い
・商品が他社の商品に埋もれやすい
・運営にコストがかかる

モールにかかる費用

ASPカートと比較すると、モールは初期費用や月額料金が高くなっています。プランによっても異なりますが、楽天市場の場合、初期登録費用として60,000円が、月額費用として50,000円がそれぞれ掛かります(スタンダードプランの場合)。月額費用は半年分をまとめて支払うことになります。ほかにも、システム利用料として、月間売上高の2.0~4.5%の費用がかかります。さらに、システムサービス利用料や決済サービス利用料も必要です。すべて合わせると、スタンダードプランでの初回支払金額は、360,000円になります。

楽天市場のブランド力や集客力を考えると決して高い金額ではありませんが、それだけのコストをかけるメリットがあるのかは慎重に判断する必要があるでしょう。

おすすめのモール

日本国内で有名なモールといえば、「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「Amazon」です。ほかにもモールはありますが、この3社の知名度は飛び抜けています。

以上3つのモールに出店している店舗は多いため、競合相手も多くなります。そのため、商品のオリジナリティや価格で勝負できなければ、あなたの商品はすぐに埋もれてしまいます。

また、モールを利用するユーザーは、「楽天市場で購入した」「Yahoo!ショッピングで購入した」という認識で買い物をするので、自身のショップを覚えてもらいにくいというデメリットもあります。それでも、モールのブランド力や集客力は圧倒的なので、ネットショップを開業するならモールへの出店がファーストチョイスになるでしょう。

楽天市場

国内シェアトップを誇る楽天市場。その知名度の高さから集客力があり、多くのショップ運営者から人気を集めています。

最近は楽天ポイントを目当てに楽天市場を利用するユーザーも多く、利用者は年々増加しています。

一番安いプランで、初期登録費用60,000円、月額費用19,500円から利用できます。ショップの構築も簡単なので、初心者にもおすすめです。

参考:楽天市場

Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピングは、初期費用・月額費用無料で利用できるモールです。運営にコストがかからない分、ネットショップ開設のハードルは低くなっています。販売手数料もかかりませんが、ストアポイントやアフィリエイトの報酬原資、アフィリエイト手数料、決済サービス個別手数料などは必要です。それでも月数万円から利用できます。

運営コストが安いので、「始めてのネットショップ運営で売上が心配…」という人におすすめのモールです。

参考:Yahoo!ショッピング

Amazon

Amazonは、世界中にユーザーがいる大型モールです。月4,900円と販売手数料で出品できます。初期費用は必要ないので、コストをかけずにネットショップを始めることができます。

小口出品にも対応しており、1点につき100円と販売手数料という費用のみで出品できます。お試し感覚で始めることができるのも魅力です。

参考:Amazon

専用システム構築

自らネットショップを構築して運営する方法を専用システムの構築といいます。自由にカスタマイズできるのでオリジナリティを出すことができる反面、かかる費用は高額になります。また、ネットショップの構築や運営に関する高度な知識も必要です。

専用システム構築の特徴

専用システムは、一から自社で構築します。そのため、運営方針から搭載するシステムやデザインまで、すべて好きなように決めることができます。

一方で、集客を自ら行う必要があるため、広告やSEO対策が欠かせません。

メリットとデメリット

【メリット】

・構築の自由度が高い
・オリジナルのショップが作れる
・運営方針を自分で決められる

【デメリット】

・開業に数百万円の費用が掛かることもある
・システムの保守、更新が大変
・構築の知識が必要

専用システム構築にかかる費用

専用システムの構築には、数百万円の費用が掛かります。また、構築に関する知識も必要となるため、外注することがほとんどです。金額にもよりますが、サイトの構築とともに、商品写真の撮影やコンテンツの作成も請け負う企業が増加しています。

専用システムを構築するとなると、モールやカートと比較しても莫大な費用が掛かります。また、構築に費用と時間が掛かることや運営の難易度が高いことを考えると、企業や経験者向きの方法だと言えるでしょう。

自分に合った構築方法を選びましょう

どの方法でネットショップを構築すべきかは、どのようなショップにしたいのかという目標や目的を考慮して決めれば良いでしょう。

それぞれのメリットやデメリットを理解したうえで、自分に合った構築方法を選んでくださいね。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。