物販

ネットショップ運営で最も重要なマーケティングのポイントについて解説

この記事では、ネットショップ運営で最も重要なことについて解説していきます。当記事の内容を正しく実践することで、ネットショップでの売上をアップさせることができるでしょう。現状に満足できていないネットショップ運営者には役立つ内容なので、是非最後までご覧ください。

ネットショップ運営で最も重要なこととは?

まずは、ネットショップ運営で最も重要とされることについて解説していきます。

デザインでも商品の質でもない

ネットショップ運営で重要なことは「ショップのデザイン」や「扱う商品の質」だと思われがちです。カスタマーサービスが重要だと思う人もいれば、資金が大事だと思う人もいるでしょう。

しかし、これらのことはネットショップ運営で最も重要なわけではありません。デザインや商品の質よりも優先度を高く持つべきことは他にもあります。

重要なのは「集客」

ネットショップ運営で最も重要なことは「集客」です。どれだけ質の高いサイトを構築したとしても、アクセスを集められなければ意味がないからです。サービスや商品の質を高めていく前に、まずは集客をしっかり行っていく必要があります。

集客の優先度を高く持つ

ネットショップでいち早く結果を出していくためには、集客の優先度を高く持たなければいけません。とにかくお客さんを集めることが最優先事項なのです。

ネットショップ初心者は、サイト作成に時間をかける傾向がありますね。自分が満足いくサイトができてからようやくオープンする人は多いです。

しかし、それでは商品を販売してもなかなか売れていかないでしょう。逆に、中途半端な状態でオープンした方が、すぐに目に見える結果を出すことができます。なぜなら、「売れるショップ」は検証の繰り返しで作るものだからです。

売れるショップは検証の繰り返しで作るもの

最初から100点満点のネットショップなど存在しません。実際にお客さんの反応を見ながら仮説を立て、検証を繰り返していく必要があります。であれば、1秒でも早くショップをオープンし、データをもとに改善していく方が早いです。

ネットショップで成功するためのポイントとは?

次に、ネットショップで成功するためのポイントについて解説していきます。

コンテンツSEOの徹底

まず、自然検索からの流入を増やしていくためには、コンテンツSEOを徹底する必要があります。今は自演リンクで上位表示を狙う小手先のSEOが通用しないからです。ユーザーが求める情報を細かくリサーチし、充実したコンテンツを提供していきましょう。

必要経費を把握する

今は無料でネットショップを開設できる時代ですが、実際には以下のような必要経費が掛かってきます。

・商品の仕入れ代
・サーバー・ドメイン代
・梱包材費
・広告費
・商品の配送料

上記のような経費を把握していないと、思わぬ出費で赤字運営になる可能性があります。そうならないためにも、必要経費は事前に計算しておきましょう。

適切な配送方法を選択する

適切な配送方法を選択することも重要です。送料の価格や配送スピード、商品補償などをもとに適切な配送方法を選ぶようにしましょう。一般的には「メール便」か「宅配便」の2パターンで分かれることが多いです。

レコメンドエンジンを実装する

レコメンドエンジンとは、ユーザーの行動を元に興味を持ちそうな商品を提案するシステムです。実際にユーザーが購入した商品と関連性の高い商品を提示すると、購入率は高くなります。購入単価を高めたいのであれば、確実に導入した方が良いでしょう。

ユーザーの行動を分析

アクセス解析を有効に使い、訪問ユーザーの行動を分析することも重要です。データの異常値が出た際は原因を追求し、適切な施策を行うことで売上アップを望むことができます。

リピーター獲得のための施策を実施する

リピーターを増やすことができれば、顧客1人あたりのライフタイムバリューを高めることができます。結果的に、ネットショップ全体の利益を上げることが可能になります。「ステップメール」や「クーポン」はリピーター獲得のための施策として有効なので、積極的に取り入れていきましょう。

ネットショップのリピーターを分析する

リピーターの分析をすることも重要です。どの属性の人から反応がとれているのか?この点を明確にすることで、その後の施策を行いやすくなります。分析をもとにターゲットを再度絞り込むことで、訴求力の高いネットショップにすることも可能です。

SNSを活用する

今やWEBマーケティングにおいて、SNSの活用は欠かせません。SNSは、ネットショップのブランィングや認知拡大などの様々な面に寄与する力を持っているからです。顧客属性に最適なSNSを活用することで、反応を得ていくことができるでしょう。

決済手段を選定する

ネットショップを開設するにあたり、決済の導入は避けては通れません。クレジットカード決済やコンビニ決済などはメジャーな決済手段ですが、代行手数料がかかるので利益が圧迫されてしまいます。各サービスの仕様をしっかり確認し、自社のショップに最適な決済手段を選ぶことが重要です。

カゴ落ちしたユーザーへのアプローチ

カゴ落ちしたユーザーにメールでアプローチすることで、売上アップを期待することができます。カゴ落ちしたユーザーのメール開封率は48%であり、そのうちの33%が購入に至るからです。ユーザーの商品への熱が冷めてしまう前に、セールスのメールを送信するようにしましょう。

モバイルコマース用にウェブサイトを最適化する

モバイルコマース用にウェブサイトを最適化することは重要です。現時点でスマホからの利用ユーザーはかなり増えており、今後もスマホからECを利用する人は増えていくからです。ネットショップをレスポンシブデザインにするとともに、サイトがモバイルデバイスでうまく起動するように対策していきましょう。

トリガーメールを活用する

「ウェルカムメール」や「商品の補充確認メール」などをカゴ落ちした利用者に送信していくことで、購入率のアップにつながります。カゴ落ちした利用者には、このようなトリガーメールを活用していってください。

SEOで有利なコンテンツマーケティングのポイントとは?

続いて、SEOで有利なコンテンツマーケティングのポイントを4つ紹介していきます。

闇雲にコンテンツを作成しない

闇雲にコンテンツを作成するのではなく、キーワードの検索意図や検索ボリュームを調査したうえで、コンテンツの作成に取り組んで行きましょう。

KPIの根拠を明確化させる

コンテンツで得られる効果をシミュレーションし、費用と費用対効果を精査して、KPIの根拠を明確にします。KPIを決めずにコンテンツを作成すると継続が難しくなるからです。

他と被らないコンテンツを提供する

SEOを意識し過ぎたコンテンツではなく、ターゲットに気付きを与えられるような「他と被らないコンテンツ」を提供するようにしましょう。

できるだけ費用を抑えて継続的に作成する

1つのコンテンツにかける費用をできるだけ抑え、継続的に多くのコンテンツを作成することが大切です。そのためには、社内の知見などを生かし、常にネタを集めておくことが重要になります。

ネットショップで成功した4つの事例

最後に、ネットショップで成功した5つの事例を紹介していきます。

1.北欧、暮らしの道具店

次に、コンテンツマーケティングで成功した事例を紹介していきます。。

参考:北欧、暮らしの道具店

「北欧、暮らしの道具店」は、コンテンツマーケティングがとても優れていることでよく紹介されています。

「北欧、暮らしの道具店」では商品説明だけでなく、シチュエーションが丁寧に説明されているからです。ネットショップ内では、「スタッフの愛用品」として商品を紹介しており、収納術や料理レシピのようなコラム記事も毎日更新されています。紹介されている商品はネットショップで販売されているものがほとんどなので、コラムを読みながら気に入ったものはすぐに購入することが可能です。

また、SNSでもセンス溢れる写真が頻繁に更新されており、北欧雑貨の良さや、ショップ運営者の趣味がとてもよく伝わってきます。このように顧客が求めている情報を提供していくことで、コラムやSNSを通じてコミュニケーションがとれるようになります。顧客と長く付き合える長期的な関係を構築できるとともに、検索エンジンからの評価も高くなるといったメリットがあります。

2.グリコダイレクトショップ

続いて、動画の活用で成功した事例を紹介していきます。

参考:グリコダイレクトショップ

「グリコネットショップ」では、2008年頃に動画を活用して商品売上が9倍になった事例としてよく取り上げられています。お客様の声を動画で紹介することで、その商品を購入した後の体験をうまく表現しました。商品を紹介する際、テキストだけではどうしても伝えきれないことが出てきます。例えば、食品などがその代表と言えるでしょう。「食品の美味しさ」などは、文章で説明するよりも実際に食べている様子を動画で流した方が圧倒的に伝わりやすいです。消費者のシズル感を刺激することができるため、感覚的に訴えかけることが可能になります。このように、文章だけでは伝えきれないことには積極的に動画も活用していきましょう。

3.caseplay jam

続いて、メルマガでの追客で成功した事例を紹介していきます。

参考:caseplay jam

「caseplay」とは、女性向けスマートフォンケースのネットショップです。「caseplay」が実施したメルマガ施策の具体的な数字が公開されていますので紹介します。
【caseplayで開封率の低いタイトル】

WORST3: 残りあと4日!500円OFFで春を先取りできるチャンスは今しかない♪
開封率:13.0%
WORST2: 【あと12時間】還元セールも本日が最終日!!14%OFFでとってもお得♪
開封率:12.8%
WORST1: 本日500円引き!!ホワイトバレンタイン応援SALE♪
開封率:12.7%

【開封率の高いメルマガのタイトル】

TOP3: 本日発売開始!あの人気デザインに新カラバリ登場♪
開封率:18.9%
TOP2: 発表!年間人気スマホケースベスト10!!
開封率:19.4%
TOP1: お待たせしました!さらさらマット素材を始めました!
開封率:20.5%

上記のタイトルを見比べると、開封率の低いタイトルでは「割引セール」、開封率の高いタイトルは「新着や人気商品」の内容になっています。「開封率の低いタイトル」よりも「開封率の高いタイトル」の方が、ひと目で内容を判断しやすいです。メールを開封してもらうためには、「タイトルをより具体的にしてみると効果的」ということがこの事例で分かります。

4.we

最後は、温かみのあるアフターフォローで成功した「we」の事例を紹介します。

参考:we

「we」は、購入者に対してフォローメールを手紙で出しているようです。その後、掲示板のURLを送信し、感想や写真をアップして頂いた購入者には会社のノベルティを送るなど、独自の施策を行っています。このようにネットだけのやり取りで完結させず、リアルでの活動も仕組みに入れることで、アフターフォローに温かみを出すことができます。

まとめ

今回は、ネットショップ運営で最も重要なことについて解説してきました。現時点でショップへの集客に悩んでいるのであれば、当記事で紹介した内容を是非実践してみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。