物販

ネットショップとは?経験ゼロからでもできるネットショップ開業のコツ教えます

今や私たちの生活に身近なものとなったネットショップ。欲しいものを好きな時、好きな場所から注文できるその便利さから、どんどん利用者が増えています。それに伴い、開業希望者も増加傾向です。

しかし、ネットショップの開業は、客として利用するときとは勝手が全く異なります。いざ開業しようにも、何から手を付ければ良いかわからないという人がほとんどでしょう。

そこでこの記事では、ネットショップの概要や開業方法、運営のコツなどについて、わかりやすく解説していきます。ネットショップの運営に興味はあるけど、やり方がわからず困っていたという人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

ネットショップの基礎知識

まずは、ネットショップの基礎知識について見ていきましょう。

ネットショップとは?

ネットショップとは、インターネット上で商品を販売するウェブサイトのことを言います。サイトに掲載された商品画像や説明文をもとに売買取引が行われます。注文や代金の支払い、問合せなども全てショップサイトを介したやり取りになるため、非対面での買い物が可能です。

ネットショップのメリット

ネットショップには、次のようなメリットがあります。

・営業時間
インターネット上でのやり取りのため、システムさえ稼働していれば、お客さまは24時間365日いつでも好きな時に注文できます。また、お店側にとっては、購入意思があるお客さまを営業時間の制約によって逃さずに済みます。

・販売エリア
インターネット環境がある場所なら、世界中どこででも販売できます。

・立地
お店の売上が人通りの多さや交通の便などの立地条件に左右されないため、好きな場所で開業可能です。

・スペース
商品をきれいに陳列する必要がないため、最小限のスペースで運営できます。

・開業資金
立地やスペースの制約がほとんどなく、自宅の一角やワンルームアパートなどの限られた空間でも運営できるため、家賃やテナント料をカットできます。また、お店の内・外装工事の必要もありません。さらに、接客スタッフを用意する必要もないので、人件費を抑えることも可能です。

ネットショップのデメリット

一方で、デメリットもあります。

・集客
新しいサイトは認知度ゼロなので、ただ待っているだけでは存在に気付いてもらう事すらできません。たくさんのお客さまをショップサイトに集めるには、積極的かつ効果的な集客対策を講じていく必要があります。

・接客
ネットを介したやり取りになるので、お客さまはサイトに掲載された情報しか判断材料がありません。商品の魅力がしっかりと伝わる写真や説明文でなければ、お客さまをみすみす逃すことになります。

・写真と実物のギャップ
お客さまはサイトの商品情報を元に、「きっとこんな商品だろう」というイメージを作り上げて購入しています。しかし、実物を見ていない以上、お客さまのイメージと実際に手元に届いた商品との間にギャップが生じることもあります。あまりにギャップが大きいとクレームにつながる恐れもあるため、商品情報は出来るだけ正確に、かつ、わかりやすく伝える工夫が必要です。

・配送コスト
お客さまの元へ商品を届ける際は、配送業者を利用することになります。その際、配送料はもちろん、商品に適した梱包をするための梱包代も必要になります。

・価格競争
インターネット上では、同一または類似商品の価格を簡単に比較することが可能です。そのため、ネットショップ間で価格競争が起こりやすくなります。

実店舗との違い

「商品をお客さまに販売し、受け取った代金を元に店舗を運営する」という点ではネットショップと実店舗とで違いはありませんが、両者は主に次の点において異なります。

・開業準備期間
ネットショップは、商品とインターネットに接続できる環境があれば、すぐにでも開業できます。

しかし実店舗は、店舗を構える土地やテナント探しから、内・外装工事、商品の陳列、接客スタッフの確保などさまざまな準備が必要なため、開業までに時間が掛かります。

・集客対策
ネットショップの場合は、SEOやネット広告対策をすることでショップサイトを検索サイトの上位に表示させ、多くの人にサイトを訪れてもらいやすくする集客方法が中心です。

一方、実店舗の場合は、人通りの多い地域や駅の近くに出店する、来店特典を記載した広告を打つなどの方法が採られます。

・接客
ネットショップでは、商品の写真や説明をサイトに掲載したら、あとはお客さまからのアプローチを待つことになりますが、実店舗だとお客さまへ直接アドバイスしたり、新たな提案をしたりといった積極的な働きかけが可能です。

最低限必要なもの

ネットショップを開業するには、最低限用意すべきものがあります。それは次の5つです。

・パソコン
スマートフォンでもできなくはありませんが、本格的にネットショップを運営するのであればパソコンは必須です。

・インターネット環境
パソコンをインターネットに接続する必要があるため、プロバイダーとの契約は必須です。また、安定的なネットショップ運営のためには、セキュリティや緊急時のサポート体制が整っているレンタルサーバーとも契約する必要があります。

・商品
お店はあっても商品がなければ商売はできませんよね。しっかりとした仕入れルートを確保しておきましょう。

・カメラ
商品写真を撮影するのに必要です。スマートフォンのカメラでも良いですが、商品の魅力が十分伝わる写真が撮れるものを用意しましょう。

・連絡先
プロバイダーやサーバーとの契約、また、お店の問合せ先としてサイトに登録する際などに必要です。ただし、くれぐれも個人の連絡先をサイトで公開してしまわないようご注意ください。

ネットショップを成功に導く3つのコツ

ネットショップを上手く運営するにはコツがあります。それは次の3つです。

1.商品の品揃え

1点目は、商品の品揃えを充実させること。

すでに運用中のネットショップ500店を対象とした調査で、品揃えが豊富なお店ほど売上が多いという結果が出ています。それは、商品数が多いほうがサイト訪問者のニーズに合致する確率が上がり、結果として購入につながりやすくなることが一因です。また、全ての商品を表示するためにページ数が増えるため、自ずと検索にヒットする可能性が上がることも理由のひとつです。

仕入れを強化することに加え、セット販売を実施するなど、既存商品の売り方を工夫して商品数をできるだけ増やしていきましょう。

2.サイトの使いやすさ

2点目は、お客さまにとって見やすく、使いやすいサイトにすること。

まず、買い物カゴボタンはできるだけ大きく、認識しやすい色にしましょう。また、お客さまの注文傾向によって、買い物カゴボタンの種類を使い分けることもおすすめです。例えば、単品購入が多ければ「すぐに注文」、複数購入が多ければ「いったんカートへ」のボタンにすると、購入確率が上がると言われています。

次に、決済ページのデザインに気を配りましょう。決済ページの幅やフォントサイズを大きくすれば画面が見やすくなるので、使い勝手が上がります。また、商品ページとのトーンを合わせると、サイト全体に一体感が生まれ、お客さまは安心して購入手続きを進めることができます。

最後に、お客さまの手間を極力省くようにしましょう。氏名や住所、連絡先など、必要だけれども入力が面倒な情報を外部サービスと連携して読み込むことができれば、お客さまにとっての利便性は向上します。例えば、Amazon PayやLINE Payなどの決済方法を導入すれば既存のアカウント情報を利用することができるため、初めてのお客さまでも購入してもらいやすくなります。

3.安心感

3点目は、お客さまに安心感を与える情報を積極的に公開すること。

お互いの顔が見えないネットショッピングでは、お客さまに対していかに安心感や信頼感を伝えられるかが大切です。そのためにも、以下の対策を試してみてください。

・トップページや目に止まりやすいところに、ショップの電話番号と連絡先を明示する
・スタッフや生産者など、商品の製造や販売に携わる人の顔写真を掲載する
・配送や決済方法、返品交換などの情報を簡潔にまとめた利用ガイドを掲示する
・利用可能な決済方法を明示する
・クレジットカード決済や銀行振込に加えて、後払い決済にも対応できるようにする

ネットショップ開業に役立つ4つの知識

ネットショップを開業するにあたって、知っておくと役に立つ耳より情報を4つご紹介します。

1.開業手続き

個人事業主としてネットショップを開業するのであれば、開業届を出しましょう。

開業届とは、事業を開始したことを公的機関へ申告するための書類です。所管の税務署に提出する「個人事業の開廃業届出書」と、各都道府県税事務所に提出する「個人事業税の事業開始等申告書」の2種類がありますが、原則として、前者は開業から1ヶ月以内、後者は15日以内に提出しなければなりません。

開業届を出しておけば、ショップ名義の銀行口座やクレジットカードが持てるようになるだけでなく、オフィスの契約などの各種手続きがスムーズに進みやすくなります。

また、青色申告での確定申告も可能になります。青色申告であれば、さまざまな控除が受けられたり、損益を繰り越せたりするため、高い節税効果が期待できます。青色申告をする予定の方は、開業届と合わせて「青色申告承認申請書」を提出しておきましょう。

2.仕入れ方法

商品の仕入れには、直接買い付けたり、自分で作ったりなどさまざまな方法がありますが、中でも手軽でおすすめなのが、「ネット仕入れサイト」を利用する方法です。

ネット仕入れサイトとは、インターネット上の卸問屋のことです。家にいながら簡単に仕入れることができる、非常に便利なサービスです。取扱商品のジャンルやサービス内容が異なるサイトがたくさん存在しており、多様なニーズに応えてくれます。

会員登録無料のサイトも多いので、気になる方は試しに登録してみると良いでしょう。

3.運営環境

運営環境を整備することで、ネットショップを効率よく運営できるようになります。

具体的には、

・動作の安定性や信頼性の高いレンタルサーバーの利用
・独自ドメインの取得
・画像編集、加工ソフトの活用
・受注管理システムや会計システムの導入

などが挙げられます。

これらを利用するには費用がかかる場合もありますので、期待される効果とコストをしっかり比較検討した上で判断してください。

4.出店形態

ネットショップを開業する主な方法は、「ショッピングモールサイトへ出店する」か「独自サイトを構築して出店する」かのいずれかです。どちらの形態を取るかは、メリットとデメリットを比較して慎重に判断する必要があります。

【ショッピングモールサイトへの出店】
ショッピングモールサイトとは、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングのような、多様なジャンルのお店が出店しているサイトのことです。特に新規出店者にとっては、モール自体の集客力やブランド力を利用できることは最大のメリットと言えます。

しかし、各モールではさまざまなルールが定められているため、ショップの個性を打ち出しにくい面もあります。また、出店数が多い分ライバルも多いため、価格競争になりやすいのもデメリットです。

【独自サイトでの出店】
独自サイトを構築して出店する最大のメリットは、自由にショップ運営ができることです。ネットショップ作成サービスの中でも無料や低価格のものを利用すれば、固定費を抑えることもできます。

一方で、ゼロからのスタートとなるため、お客さまを集めるのが難しいのがネックです。SEOやSNSなどの集客対策を地道に行い、認知度を上げていく必要があります。

ネットショップサイトを作成する方法

独自のネットショップサイトを作るには、3つの方法があります。

1.ゼロから自分で構築する

1つ目は、自分でプログラムを組んでサイトを構築する方法です。すでにプログラミングやwebデザインの専門的な知識と技術を持っている人向きです。

ただし、目的はネットショップサイトを構築することではなく、ネットショップを運営して利益を上げることです。サイト自体の運用やメンテナンスに手を取られて肝心のショップ運営が疎かになってしまっては、元も子もありません。

この方法を取るのであれば、サイトの運用とネットショップの運営のバランスを十分に考慮することが大切です。

2.専門業者に委託する

2つ目は、ホームページ制作専門業者に作成を依頼する「フルスクラッチ開発」と呼ばれる方法です。

この方法だと、デザインや機能など、サイトの全てをカスタマイズできるため、独自性の高いサイトを作り上げることが可能です。

しかし、その分事細かに指示を出す必要があるため、依頼する側にも専門的な知識が求められます。また、いわゆる「フルオーダー品」なので、注文が多くなるほど費用も高額になってしまいます。さらに、メンテナンス費用も継続的に必要です。

そのため、潤沢な資金を持つ大企業向けの方法と言えます。

3.ネットショップ作成サービスを利用する

3つ目は、ネットショップ作成サービスを使って、自分でサイトを作る方法です。

「自分でサイトを作るなんて無理!」と思われるかもしれませんが、ネットショップ作成サービスには、サイトの作成からネットショップの運用まで誰でも簡単にできてしまう機能が揃っているため、専門知識がなくても大丈夫です。困ったときのサポート体制が充実しているサービスも多いので、ネットショップ初心者にはこの方法がおすすめです。

サービスによって料金体系や利用できる機能が少しずつ異なるため、自分に合ったサービスを選択してください。

おすすめのネットショップ作成サービス5選

たくさんあるネットショップ作成サービスの中から、特におすすめのものを5つご紹介します。

おすすめ1:BASE

BASEは、初期費用・月額費用無料でネットショップを作ることができるサービスです。サイトのデザイン、商品管理、入金管理に関するあらゆる機能を備えているだけでなく、操作方法もシンプルなため、初心者でも簡単に出店できます。100万店舗がBASEを利用していることからも、その人気の高さがうかがえます。

商品が売れるごとに手数料が発生するものの、初期投資を抑えて開業できるのは大きなメリットです。また、BASEには600万人が利用する専用のショッピングアプリがあるため、集客面でも安心です。

参考:BASE

おすすめ2:MakeShop

MakeShopは、オンラインショップの運営全般に役立つ機能を651個備えたネットショップ作成サービスです。その機能数は業界随一。これまでに22,000店舗に導入されています。

初期費用と月額費用は必要ですが、販売手数料が基本0円なので、商品が売れるほど利益が増えていきます。サポート体制も充実しているため、オンラインショップ初心者から月商100万円以上のネットショップオーナーまで、幅広くおすすめできるサービスです。

まずは15日間の無料体験を試してみてください。

参考:MakeShop

おすすめ3:EC-CUBE

EC-CUBEは、誰でも無料で利用可能な「オープンソース」と呼ばれるサービスです。ソフトをサーバーにダウンロードするだけでサイトを開設することができます。

また、各種ツールを購入して機能を拡張したり、自分でプログラムを書いてカスタマイズしたりすることも可能です。さらに、プログラミングの知識はないけどサイトのオリジナリティを出したい方へ向け、EC-CUBEとパートナー契約を結んだ制作会社にサイトの作成を有料で依頼できる仕組みもあります。

参考:EC-CUBE

おすすめ4:Amazon

Amazonは、言わずと知れた大手ショッピングモールサイトです。全世界で利用されており、非常に高い知名度を誇ります。

Amazonの魅力は、その知名度の高さに加え、集客対策をAmazonが一手に担ってくれる点にあります。集客に関する問題から解放され、ショップの運営に集中できる環境は、大きなメリットと言えるでしょう。

また、アカウントを登録し、初期設定と商品登録をするだけで出店できる手軽さも嬉しいポイントです。

Amazonには「大口出品」と「小口出品」の2つのプランがあり、費用や利用可能なサービスが異なります。毎月50点以上の商品を販売するなら大口、そうでなければ小口での出品がおすすめです。

参考:Amazon

おすすめ5:楽天市場

国内インターネット通販シェア第1位の楽天市場。超有名ショッピングモールサイトなので、集客力は群を抜いています。

また、RMS Service Squareという独自の店舗運営支援サービスがあり、専門のアドバイザーやコンサルタントからきめ細やかなサポートを受けることができるのも魅力の一つです。

一方で、審査に時間がかかること、他のサービスに比べて出店費用が高いことがデメリットです。楽天市場への出店を希望するのであれば、時間に余裕を持って準備を進めましょう。

参考:楽天市場

コツさえ押さえれば誰でもネットショップを運営できる!

ネットショップは、きちんと順を追って準備すれば簡単に始めることができます。そして、初心者でもコツを押さえれば、早期に経営を軌道に乗せることも不可能ではありません。

ぜひ、この記事を参考に、あなたの思いと魅力が詰まったネットショップを作り上げてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。