物販

【2020年版】ショッピングカートを機能・費用・サポートごとに徹底比較!

「ショッピングカート型のネットショップを始めるにはどのASPがいい?」「商品が売りやすいプロバイダの選び方は?」、カート型のネットショップを始めるとき、ショップの基礎の部分を支えるASPは、しっかり選びたいところです。実は、カート型ネットショップは、利用するASPによって商品の売りやすさに差が出ます。

この記事では、2020年に主要となるASPを商品の売りやすさ・利用料はもちろん、使いやすさ・決済機能など細かい項目までをショップオーナー目線で徹底比較します。この記事を読んだ後は、ネットショップを始めるのに最適なASPが見つかります。

ネットショップでいう【ショッピングカート】とは?

「ショッピングカート」が示す意味は、ショップ運営者と購入者によって微妙に異なります。ネットショップを運営する人にとって「ショッピングカート」とは、お客さんがショップ内で買い物した時に注文や支払いを自動で行うソフトウェアを指します。さらに、それに付随する集客サポートなどを含めたショップサイト運営サービスの総称を指していることもあります。

一方、ネットショップを利用するお客さんにとって「ショッピングカート」の役割は、気に入った商品をまとめて購入できるように商品ページを残しておくことができる機能のことです。ショップサイトによって「カートへ進む」「商品をかごに追加」「かごに入れる」などのボタン表記はいろいろです。基本的な役割は実店舗のスーパーなどの買い物で利用する「ショッピングカート」と同じですが、ネットショップでは一定時間を超えるとカート内の商品が自動的に消去されます。

【有料版】or【無料版】ASP型ショッピングカートの違い

ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)は、ソフトウェアやアプリケーションを実行するためのプログラムを、インターネットを経由して提供するプロバイダのことです。「有料版」は、ほとんどが独自ドメインに対応しているので、ネット上で独自のショップとして実績を積んだり、評価を受けることが可能です。

また、ポイントの付与やクーポン券などの販売促進機能が充実していて、集客に注力できるサービスが豊富で売上げに繋がりやすいといえます。サーバーの容量が大きいので商品をたくさん並べることができたり、デザインの種類が豊富でブランディングしやすいことなど、サービス面において手厚いのが有料版です。

「無料版」は、有料版に比べて利用できるサービスが限られていますが、無料で簡単にショップを出店することが可能です。ハンドメイド商品などで商品数が限られていたり、ページデザインが決まっている方が使いやすいという人は利用しやすいです。サービスを実際に試してから出店を決めたいという慎重派のショップオーナーや、期間限定の出店や小規模のショップにオススメです。

【レンタルできる】ショッピングカート

ショッピングカートはレンタルすることができます。本来、独自ドメインのECサイトを構築してサービスに必要な機能をひとつひとつカスタマイズしてショップを作り上げるには、ページを作るための専門知識と初期に投資できるまとまった費用が必要です。

レンタルショッピングカートは、ショップに必要なインフラをすべて整えているので、インストールして構築する必要がある従来の独自ドメインのECサイトよりも手間がかからず、簡単に少ないコストでショップを始められることで出店希望者に人気です。

サイトのカスタマイズなどの自由度は低いですが、中には独自ドメインを設定できるカートもあり、会員限定サービスやギフト対応、さらに決済手段の充実など細やかなサービスが行き届くショップを出店できるので、ショップオーナーと購入者双方にとって快適な買い物を実現できます。商品登録数や受注数などの詳細が出店したいショップの内容に合っていれば、レンタルショップを選ぶ人が増えています。

APS型ショッピングカートの長所と短所

「ASP型カートシステム」の長所は、初期費用が高くても数万円で、ショップの運営を維持するためのランニングコストは1000~3000円程度です。そのため、安くで手軽にECサイト事業に乗り出すことができるところが良い所です。

ASPは、共通のプラットホームをレンタルして、提供されたフォーマットでショップサイトを運営します。売上を伸ばすために必要な最新の機能が標準で備わっていて、専門知識が無くても導入しやすいため中小規模の新規参入に役立っています。

例えば、パッケージ型のショップカートに費用を費やして一から構築したとしても、数年で新しい機能が開発され、自分のサイトが古いシステムのショップとなってしまうことを考えると、低コストで最新機能を利用できるのはメリットです。

反対に、ASPはショップごとに売り方やサービスに独自性を持たせたり、サイトをショップごとにカスタマイズすることには対応できません。差別化を図ってより大きな売上を目指すときには、パッケージ型を導入する企業もあります。

【ASP型カートのメリット】専門知識は無くても大丈夫!

ECサイトでネットショップを運用するとき必要な知識はスキルは一つではありません。ホームページの作成には「HTML」「CSS」の知識が必要ですし、検索エンジンの上位表示を狙うための「SEO」や「マーケティングスキル」も欠かせません。それだけでなく、商品の見栄えを考えた「写真撮影」や「画像加工」も必要です。ほかにも、物流や決済に関する知識や商品に関することも知っておかなければなりません。その分野の専門知識を身に着けることは、想像するだけで大変そうです。

その点、ASP型カートでの出店では、サーバーはASP会社のものをレンタルでき、商品を売るための機能が充実しています。システムが自動でアップデートされ、共有のプラットホームなのでセキュリティー面でも安心です。サポート体制も手厚いので、相談できる環境が整っているのです。

ショップがやることは、商品ページに商品を掲載したり、受注に対しての処理や在庫管理といったところになります。特別な知識やスキルが無くても、ネットショップを始められるのはインフラが整備されたASP型カートのメリットです。

【ASP型カートのデメリット】カスタマイズができない!

ASP型カートのデメリットは、機能的なカスタマイズができないことです。ショップを始めた後で新しい機能の必要性を感じても、あらかじめ備わっている機能の範囲でしか変更することができません。

また、デザイン面で標準デザインで他店との差別化を図るのが難しいことや、商品数を増やしたりデザインをカスタマイズしようとすれば容量が大きくなるので、費用が高くなってしまうという点がデメリットです。

また、レンタルという性質上ショップのベースとなる部分をASPの提供会社に依存することになるので、提供会社のトラブルがショップにダイレクトに影響を与えることもあります。情報の取り扱いに関する規約やセキュリティーポリシーなどを事前によく確認・検討する必要があります。

ASP型カートを選ぶ基準

ASP型カートを選ぶ際に抑えておきたいポイントは、「使いたい機能がちゃんと備わっているか」という点です。カスタマイズができないASPでは、自分のショップに必要なサービスが提供されていることを確認しておく必要があります。

例えば、商品数や受注数が設定されているASPもあるので、ショップの成長に合わせて後々変更できるかどうかも確認しましょう。ASPはそれぞれに特徴があるので、ショップや商品と相性の良いプロバイダを選択しましょう。

ASP型カートにかかる費用

ASP型カートにかかる費用は、初期費用・月額費用・注文手数料に加えて、売上に対して成果報酬と手数料がかかります。その費用は無料~数万円までさまざまです。

その他、クレジット決済手数料や送料などの費用を提供会社へ支払うことになります。固定費が0円の完全成果報酬のASPもあります。

月額プランごとに、使える機能や登録商品数、受注数の設定が異なります。提供されるサービスとマラソンコストが自分のショップと見合っているかを総合的に考えましょう。

ASP型カートの決済機能をチェックしよう

決済が多様化している昨今ではネットショップにおいても、決済の選択肢は多いほうがユーザーにとって利用しやすいショップとなり売上に繋がります。決済の種類には、クレジットカードの種類だけでなく、コンビニ払い・代引き・銀行振り込み・郵便振替・ウォレットやペイでの決済もあります。さらに、注文の変更やキャンセルの対応がスムーズに行われることも、ショップの信用にダイレクトに響く要素です。

出店者サポートをチェックしよう

ネットショップを運営している上で課題となるのは「集客」です。集客ができなければ、どんなに素晴らしい商品を売っていても人目に触れることはありません。特にネットショップの場合は、実店舗のように地域に根付くという作戦はできないので、SNSを使った宣伝や広告の打ち出し方を知る必要があります。

ASPのサービスに対する問い合わせのサポートだけでなく、ショップのアクセス数を上げるためにマーケティングの講習会があったり、集客力を伸ばすための方法を一緒に模索してアドバイスをくれる専門コンサルが付いているASPもあります。

検討しているASPには、どのような出店者向けサポートがあるかを知っておきましょう。

商品を登録できる数をチェックしよう

ASP型ショッピングカートは、サービスやプランにより登録できる商品数が変わってきます。取り扱う商品数が少ないものだと登録数が月に10点だったり、大きいものは容量内で無制限という場合もあります。

また、受注数が設定されているものあり、受注数に関しては見込み数を出すのが難しいですがおおよその受注数を上回るプランを選ぶ必要があります。自分のショップが扱う商品と種類に対して、十分な登録数と受注数があるサービスを選びましょう。

管理画面の使いやすさをチェックしよう

ASP型カートでは、受注時から発送、決済の確認に至るほとんどの作業をショップ側がパソコン画面で行うことになります。そのため使いにくさが気になる管理画面のASPは作業効率が大幅に遅れ、作業効率が悪くなってしまうことが考えられます。

作業効率の悪さはムダな疲れを招くだけでなく、他に使えたはずの時間を吸い取られてしまうので、ショップの運営にとってもマイナスです。

ネットショップは顧客の受注にできるだけ素早く対応することで信頼性が上がるので、パソコン画面だけでなくスマートフォンやタブレット端末での作業の使いやすさもしっかりと確認することをオススメします。

スマホ対応しているかをチェックしよう

出店者がスマホでショップの操作ができることも大切ですが、ネットショップのASPがスマホユーザーを取り込める環境なのかはとても重要です。最近はスマーとフォンから買い物をする人も多くなっていて、スマホ対応のASP型カートも増えています。

パソコンよりも画面が小さくなるスマートフォンで商品がどのように表示されるのかを確認しながら、スマホでもわかりやすい商品ページを工夫して作っていることで、購入しやすさが売上に繋がります。

2020年代表的な【ASP型ショッピングカート】5選

さまざまな会社がサービスを提供しているASPですが、その中でも2020年ネットショップの開業に選ばれている代表的なショッピングカートの特徴と機能、費用について比較します。

スマホファースト【aishipR】

株式会社ロックウェーブが提供する「aishipR」は、ECサイトのデザインや情報はそのままでモバイル端末に合わせたレスポンシブができるのが特徴です。これまでPCファーストで設計されていたカートをスマホファーストにすることで、ECサイトのレスポンシブ化でスマホだけでなくタブレット対応も同時に可能です。また、GoogleのSEO検索にも強いです。

さらに、「ワンページカート」を開発し、完全にワンページでスムーズな情報入力ができたり、会員が商品を購入する際に最短1クリックで購入できる快適さをモバイルで実現しています。

インフラでは、Amazonを運営する「AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)」を用いて強固なセキュリティーと迅速性の高さを叶えています。アクセスの集中に対して自動的にサーバーを増やす「オートスケーリング」でスムーズな接続が可能になっています。

料金プランは、ECサイト立ち上げ向けの「エントリープラン(初期費用20,000円・月次基本料金9,800円~)」
現在のECサイトからの乗り換えの「ベーシックプラン(初期費用30,000円~・月次基本料19,800円~)」
独自機能カスタマイズに対応した「アドバンスプラン(初期費用100,000円・月次基本料金89,800円)」となっていて、3つのプランの中でも初期費用・月次基本料金・登録商品点数で細かく分けられた設定があります。

参考:aishipR

月額1,000円からのカート【Xcart】

株式会社ラクスライトクラウドが運営する「Xcart(エクスカート)」は、実績導入数2400社以上。月額1,000円~レンタルできると低価格を売りにしています。カートシステムは標準的な機能を備えていて、2店舗目の出店や商品数は少なくて良いから安くで高機能なカートを探しているという人にオススメです。

出店者向けのサポートはメールのみですが、原則3時間以内に返信してもらえるという安心対応です。

料金プランは、カートのみレンタルの「クラウドプラン(初期費用4,000円~・月額1,000円~)」
サーバーとカートのセットレンタルプランの「レンタルサーバープラン(初期費用8,000~・月額4,000円~)」があります。

さらにプラン内に、スタート・ベーシック・プロ・ハイパー・特別限定と5段階でコースが設定されていて、コースごとに「ショッピングカートスペック」が変わります。商品点数10点・顧客データ保持数2,000件~となっています。

参考:Xcart

高価格だけど高機能【CRAFT CART】

株式会社クロフトクラフトの提供する【CRAFT CART(クラフトカート)】は、売れるための機能を備えているだけでなく、高機能を簡単な操作で使いこなせることが魅力のASP型カートです。

定期購入を自動的に管理したり、顧客限定販売をするなど機能が充実していて、ショップによって販売方法を設定できるのも【CRAFT CART】だから。

料金プランは全プラン初期費用59,800円で、「ライトプラン(月額19,800円)」「スタンダードプラン(月額46,800円)」「アドバンスプラン(月額94,800円)」の3コースです。その他、機能ごとにオプションを選択できる料金設定です。

成果報酬のような従量課金制は無いですし、新機能にバージョンアップする際の追加料金はかかりません。

他のASP型カートを利用していた出店者を納得させるサービスで乗り換えを決める人も多いです。

参考:CRAFT CART

8年連続No1【MakeShop】

GMOメイクショップ株式会社の提供する【MakeShop(メイクショップ)】は、利用事業者22,000店舗、サービス継続率98%のASP型カートです。2020年現在に発表されている流通総額は1,734億円となっています。業界最多の651機能を標準搭載していて高機能なのに、サービスにかかる費用は低価格でコストパフォーマンスに優れています。

さらに、販売手数料が無料で、売り上げが伸びるほどショップの利益が出るという出店者に嬉しい料金設定も特徴の一つです。

料金プランは、「プレミアムショッププラン(初期費用は 10,000円・月額費用7,000円~)」「MakeShopエンタープライズ(初期費用100,000円~・月額費用50,000円~)」 の2通りです。機能ごとのオプション設定があります。その他、15日間の無料体験でプレミアムショッププランがお試しできることや、長期割引・複数店舗割引があります。

他のASPでは利用できない「LINEショッピング連携」や「Instagramショッピング機能」でSNSと商品ページを連携できることや、サイトに訪れたユーザーを広告が追客する「リターゲティング広告」は、集客の強い味方です。

参考:MakeShop

1店舗当たりの流通額が高い【futureshop】

株式会社フューチャーショップが提供している【futureshop(フューチャーショップ)】は、店舗の流通額が高いことが特徴です。10店舗に1店舗の割合で年商1億円超えの有名店舗が存在しています。そんな店舗をサポートしてきた経験を持つECアドバイザーからアドバイスを受けることができます。

機能性が高いことはもちろん、2019年は5回35項目のバージョンアップをするなど市場の変化に敏感に対応する姿勢や、メールだけでなく電話応答が高くサポートが手厚い部分が大型ショップを輩出させる理由の一つとして挙げられます。

さらに、ASP型カートではブランディングが難しいとされるアパレル・ファッション・コスメに対応できるという強みもあります。

料金プランは、「スタンダードプラン(初期費用22,000円~・月額費用22,000円〜)」「ゴールドプラン(初期費用52,000円・月額費用81,000)」となっており、プラン内でも商品登録数によってコースが分かれています。別途、オプションで機能を追加することが可能で、販売手数料は無料となっています。

参考:futureshop

【コンテンツマーケティングを活用】主要なショッピングカート比較

昨今のネットショッピングでは、消費者は自ら求める情報を探して比較してから購入に至るようになりました。それに伴ってECサイトにもコンテンツマーケティングの活用が求められています。コンテンツマーケティングを活用できる主要なショッピングカートを比較しましょう。

【shop serve】

株式会社Eストアーが提供する【shop serve(ショップサーブ)】は、流通総額は1兆円、50,000社のサポート実績があります。「Googleショッピング」や「価格.com」などメジャーな媒体に自動で商品を出品することができるという特徴があります。

コンテンツマーケティングの活用として、Wordpress連携が可能です。カートボタンを外部サイトに設置することもできますが、HTMLの知識が必要になります。

管理画面の操作が直感的で使いやすいことに加えて、専任担当者が付いて初心者サポートやビジネスサポートまで相談できフォロー体制が整っています。

料金プランは、開通料が一律15,000円で「パブリック(月額費用11,400円~)」ベーシック・プライム・プレミアムの4プランがあります。WordPress連携はオプションで(開通料4,565円・月額利用料1,000円)となっています。

参考:【shop serve】

5月末まで「ECサイト立ち上げ支援」20社限定で製作費50%OFFキャンペーン実施中

【e-shopsカートS】

株式会社ハンズが提供する【e-shopsカートS(イーショップカートエス)】は、キャッシュレス決済「PayPay」が利用できる初のECサイトです。導入実績10,000店舗以上、200種以上の機能とサービスで月に1度のペースで最新へとアップデートしています。

コンテンツマーケティングの活用としては、Wordpressなどの外部サイトにカートボタンを設置することで可能です。

ネットショップに必要なカート機能が一通りそろっていて、電話サポートが付いています。さらに、たくさん売れても販売手数料は0円になっています。【e-shopsカートS】は、機能と料金のバランスが良いショッピングカートといえるでしょう。

料金プランは、「ベーシックプラン(初期費用10,000円・月額2,500円~)」その他、スタンダード・ビジネス・エキスパートの4プランが設定されています。

参考:【e-shopsカートS】

「コロナに負けるな!飲食店様支援テイクアウト無料プラン」提供中

【COLOR ME】

大手企業であるGMOペパボ株式会社が提供する【COLOR ME(カラーミー)】は、低価格なうえに販売手数料0円なので、ショップの売上規模が大きくなっても安いコストで運営できるところが魅力です。また、ECサイトのスマホ対応やSNSやブログとの連携ができます。

コンテンツマーケティングの活用としては、「プラチナプラン」内の個別機能開発で依頼すればWordPressの利用は可能です。

【COLOR ME】は、運営コストが安いことから手づくりの小物やアクセサリーの販売にも適しています。趣味の延長で作ったものを販売したいという人におすすめです。

料金プランは、「エコノミー(月額費用834円~)」「レギュラー(月額費用3,000円)」「ラージ(月額費用7,223円)」となっています。

参考:COLOR ME

【WISECART】

株式会社ストアテックが提供する【WISECART(ワイズカート)】は、無料ネットショップZEROという、業界で唯一、初期費用・月額費用・電話サポートがすべて0円のサービスを行っています。さらに、他社では100ページ以下に設定されていることが多いフリーページが、無制限に作成できるので。キャンペーンページなどいくつも作ることが可能です。

コンテンツマーケティングが活用できる機能は現状ではついていませんが、累積売上が3万円に達するまでは手数料の支払いが無いのでネットショップの運営を本格的にするというよりは、WordPressを主体としてショップも置いておきたい人に向いています。

料金プランは、初期費用・月額費用ともに0円。累計30,000円以上の売上に対して手数料が3%となっています。

参考:【WISECART】

【easy my shop】

株式会社システムリサーチが提供する【easy my shop(イージーマイショップ)】は、個人店や小売店向けの機能が豊富で、セット販売・オーダーメイド販売強いネットショップ作成サービスといった特徴があります。高解像度の商品画像で簡単にキレイな商品画像が作れます。

HTMLの知識がなくても、「Yahoo!ショッピング」や「Googleショッピング」などの連携が可能で、プロモーションに役立ちます。試着やコーディネートができる機能をもつ「ちょいコデ」とも連携でき、アパレルショップの出店にも適しています。

「Instagramショッピング」「Facebookショップ」の機能も揃っていて、カートボタンを設置は、固有のHTML又はJavaScriptを追記するだけなので簡単にコンテンツマーケティングを取り入れることができます。Wordpressには対応していません。

料金プランは、無料版と「スタンダード(初期費用3,000・月額費用2,700円)」その他、プロフェッショナル・カートのみのプランがあります。

参考:【easy my shop】

まとめ

ショッピングカートのサービスは、機能・サポート・費用の3つの項目に分けることができます。

1.自分のショップに必要な機能が揃っているか
2.システム利用するためのサポートと集客サポートは十分か
3.ショップを継続するのに無理のない価格か

自社のショップに最低限必要なサービスを3つの項目に分けて検討し、それに見合うショッピングカートを選ぶことが大切です。その上で、外部との連携などショップの商品が売りやすさや、ショップの成長に伴うプランの変更が可能かどうかを確認・検討するのが良いでしょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。