物販

無在庫販売なら、低コスト・低リスクでビジネスができる!

突然ですが、みなさんは無在庫販売という販売形態をご存じでしょうか。

無在庫販売というのは、文字通り、在庫を持たずに商品を販売することです。先に商品を販売しておき、注文を受けてから実際に商品を仕入れて販売することになります。

この記事では、そんな無在庫販売について解説していきます。無在庫販売のメリットなどを含めてじっくり解説しますので、無在庫販売に興味のある方はぜひご一読ください。

通常の在庫販売と比べた場合の無在庫販売の特徴

無在庫販売に対して、在庫を確保してから販売することを在庫販売や有在庫販売といいます。

一般的なスーパーやコンビニをはじめとする小売店の販売形態は、そのほとんどが在庫販売です。この記事ではネット販売を前提としてお話していきますが、ネット販売の場合も基本は在庫販売です。

在庫がある商品を販売する在庫販売

在庫販売の場合は手元に在庫があるため、注文を受けたら直ぐに発送することができます。その一方で、在庫がなくなると「在庫切れ」となって、注文を受け付けることができなくなります。

このように在庫販売をするには在庫を保有しておく必要があるので、倉庫などの保管スペースが必要です。また、在庫として保有している商品は、売れなければいわゆる不良在庫となります。

不良在庫は倉庫に置いておくだけでも保管費用がかかるので、早めに安売りなどをして処分しなければならなくなります。こうなると想定していた利益が出ません。不良在庫は、在庫販売をする上での大きな問題なのです。

在庫を持たずに販売する無在庫販売

これに対して、無在庫販売では注文を受けてから商品を仕入れるので、基本的に在庫を抱えることはありません。もちろん、倉庫のような保管スペースも必要ないため、保管コストもかかりません。

ただし、在庫を持たないことにはリスクもあります。注文を受けた商品が在庫切れなどの理由で仕入れることができなかった場合は、注文をキャンセルせざるを得なくなりますし、キャンセルを繰り返すことになれば、当然お店の信用は無くなってしまいます。これは大きなデメリットです。

また、注文を受けてから仕入れるということは、在庫販売の場合よりもお客様に商品をお届けするタイミングが遅れるということです。配送が遅れると、これまたお店の評判を下げてしまいます

無在庫販売を特徴にしているサイトも

ネット販売の場合でも基本は在庫販売です。しかし、無在庫販売を特徴としているサイトもあります。それがBUYMAという海外ブランド品を中心に扱っているサイトです。

BUYMAでは、出品者の多くがパーソナルショッパーと呼ばれる個人です。典型的なBUYMAの取引は、以下のような流れで進みます。

(1)海外在住のパーソナルショッパーが売りたい商品をBUYMAに出品
(2)それを見た日本の顧客が注文
(3)注文を受けたショッパーが現地のショップで商品を購入して日本の顧客に発送

上記のプロセスのうち、(1)と(2)の段階ではパーソナルショッパーは在庫を確保していないケースがほとんどですが、それでもOKというのがBUYMAなのです。

無在庫販売のメリット・デメリットを更に掘り下げる

ここでは無在庫販売のメリット・デメリットについて、更に掘り下げてみましょう(以下でご紹介する内容は前述したものと内容が被っていますが、大事なことなので重複を厭わずご紹介します)。

在庫を持たないことによるメリットは多い

在庫を持たないメリットは色々とあります。

まず、販売を始めるにあたって在庫を確保する必要がなく、また在庫の保管スペースも必要ありません。有在庫販売と違って、仕入れ費用も在庫の保管費用もかからないため、少額の資金でも物販事業を始めることができます

また、不良在庫を抱える心配がないのも大きなメリットです。仕入れる商品はすでに注文を受けたものばかりなので、不良在庫を心配することなくビジネスを続けることができます

商品管理が楽というメリットもあります。例えば、プリンターのインクのように、商品によっては在庫として保有している間に使用期限を迎えてしまうものもあります。食品や飲料水の場合の賞味期限も同じです。期限を迎える前に商品を売り切るためには、必要に応じて値段を下げて販売するなどの工夫が必要となってきます。その点、無在庫販売ならその心配はありません。

在庫を持たないことにはデメリットも

在庫を持たない販売手法にはデメリットもあります。

デメリットの一つ目は、商品発送に時間がかかることです。注文を受けてから商品を仕入れる無在庫販売では、手持ちの商品をすぐに発送に回せる在庫販売よりも発送までの時間がかかります。

また、時間がかかるだけならまだしも、仕入れ先で在庫切れを起こしていると、商品が手に入らないことにもなりかねません。他の仕入れ先から仕入れることができれば商品を発送すること自体はできますが、通常以上に時間がかかることになります。仮に代わりの仕入れ先が見つからなければ、注文をキャンセルせざるを得ず、お店の評判が下がります。

販路が限られるという問題もあります。ECモールやフリマサイトで無在庫販売をしたいと思っても、たいていのサイトでは無在庫販売を禁止しています。「サイトの運営元に発覚しなければ大丈夫」という割り切った考え方で無在庫販売をしている人もいますが、発覚した場合には、アカウント停止などの措置が科される可能性もあります。

無在庫販売は違法か?

ここで、無在庫販売の適法性について簡単に説明しておきます。手元に商品がない状態で商品を売るという行為について、「そもそも違法なのではないか?」という疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、この点は問題ありません。民法という法律が他人の所有物を売ることを許容しているからです。したがって、無在庫販売のように、注文を受け付けた時点では商品が売り主の所有物ではなくても、後でそれを手に入れて買い手に引き渡すことができるなら、法律上は問題ありません。

日本とアメリカのAmazonを使った無在庫販売

ここでは、具体的な無在庫販売の手法として、アメリカのAmazon(amazon.com)で仕入れて、日本のAmazon(amazon.co.jp)で売る方法をご紹介します。

物販ビジネス初心者にもおすすめ

このような無在庫販売をAmazon無在庫販売と呼ぶことにします。

Amazon無在庫販売は、少ない資金で始められて、しかも「安く仕入れて高く売る」という物販ビジネスの基本を学ぶことができるので、初めて物販ビジネスを行うという人にもおすすめです。

Amazon無在庫販売の基本的なやり方

Amazon無在庫販売で狙う商品は、アメリカのAmazonに出品されている商品のうち日本では高値で販売されているものです。

例えば、以下の高圧洗浄機は、日本のAmazonでは約4万円で販売されています。

一方、アメリカのAmazonでの販売価格を見ると、約120ドルです。ただし、日本への送料などが150ドル程度かかるので、仕入れ値としては、約270ドル(約2万7千円)になります。この他に日本のAmazon(amazon.co.jp)での販売手数料なども計算に入れる必要がありますが、これ1つで1万円以上は儲かりそうです。

こういった商品をリサーチして、コンスタントに売れるようになれば、ビジネスとして成立します。

Amazon無在庫販売の欠点

Amazon無在庫販売は、アメリカのAmazonで仕入れた商品を日本のAmazonで売ることになるため、商品の配送に時間がかかることが欠点です。

Amazonでは、アカウント健全性という基準に従って出品者を評価しています。配送に時間がかかると、出荷遅延率や期日内配送率に影響します。これらのパフォーマンス指標が悪化すると、アカウントを停止される可能性も出てきます。

このような事態を避けるためには、無在庫販売をするだけでなく、売れ筋商品の有在庫販売を組み合わせるのが効果的です。

無在庫転売で利益を出すコツ

Amazon無在庫販売に対して「海外のサイトを使う無在庫販売は難しそう」「簡単には手を出しにくい」と感じた方もいらっしゃると思います。

そこで、ここからは国内サイトを使った無在庫販売ついて解説します。

比較的高値で売りやすいのは、フリマサイトやオークションサイト

フリマサイトやオークションサイトは、比較的高値で商品が売れる傾向があります。

フリマサイトやオークションサイトには物販素人の人がたくさんいて、そういった人の中には商品価格の相場に疎い人も多いからです。

サイトごとの価格差を意識する

フリマサイトやオークションサイトはそれぞれに個性があり、利用者の層が違います。サイトに集まっている人が違えば、売れやすい商品も違ってきます。サイトごとの傾向を知り、かつサイト間の価格差を把握すれば、安く仕入れた商品を高く売ることが可能になります。

将来的には外注化も考える

無在庫販売は、最初のうちは一人でもできますが、扱う商品が増えてくると人手が足りなくなります。

人に任せられる作業を外注化すればさらにビジネスを大きくすることができるので、商売が軌道に乗ってきたときは外注化も検討しましょう。

安く仕入れられる方法を考える

無在庫販売は、基本的に転売の一種です。商品を買って売る転売では、買値と売値の差額をいかに大きくできるかで儲けが決まります。

安い仕入れ先を探すのはもちろんですが、Amazonの場合なら、Amazonギフト券をamatenのような転売サイトで安く買い、これを仕入れ時に使うようにすれば実質的に仕入れ値を浮かすことができます。

このようにして少しでも安く仕入れる方法を考えましょう。

無在庫販売のバリエーション紹介

ここからは、無在庫販売の色々なバリエーションを紹介します。

中国から仕入れたアパレル商材で無在庫販売

中国のECサイトには、アパレル商品が日本よりもずっと安い値段で売られているサイトがたくさんあります。例えば、淘宝網(タオバオワン)阿里巴巴1688.com天猫T-MALLなどです。

日本のECサイトで販売されている商品と同じものが中国のECサイトで格安で売られているケースもありますし、全く同じものでなくても流行りのデザインと似た商品を探すこともできます。

このような売れ筋デザインのアパレル商品を日本のECサイトで無在庫販売するのも良い方法です。

OEM生産したオリジナル商品を無在庫販売

これはやや特殊な例ですが、オリジナルデザインの商品を注文に応じて生産してくれる無在庫OEMができるサービスがあります。

このサービスを利用すると、オリジナルのデザインを提案しておくだけで後は自動的に商品を生産してもらえます。

ツールを利用して、多量の商品を無在庫販売

無在庫販売は、商品を事前に購入しておく必要がありません。そのため、無在庫販売では、多くの商品を一度に出品してもリスクは極めて小さくなります

多くの商品を出品するには手動では限界がありますが、作業を自動化できるツールを利用すれば、多量の商品を一度に出品できるようになります。

自社サイトを作成して無在庫販売をする

自社サイトを作成して無在庫販売を行う方法についても解説しておきます。

「自社」サイトと一般的に呼ばれますが、特に会社組織である必要はなく、全くの個人でもサイトを作って無在庫販売をすることはできます。

具体的には、BASEやSTORESといった、ネットショップを初期費用ゼロ円から作ることができるサービスを使って自社サイトを作成し、そこで無在庫販売を行うという手法です。

この手法のメリットは、販売活動がかなり自由にできることです。無在庫販売は、ECモールやフリマサイト、オークションサイトでは禁止されている場合がありますが、自社サイトならこういった制限を受けることなく無在庫販売ができます。

自社サイトを使った無在庫販売の問題点

自社サイトを使った無在庫販売の問題点は、サイトの集客にあります。

Amazonやヤフオク、メルカリなどの既存のプラットフォームを利用する場合は、そのサイト自体に顧客が付いていますから、集客の手間がかかりません。

これに対して、自社サイトの場合は、そのサイトの存在をお客様に知ってもらうところから始める必要があります。人が集まらなければ(アクセス数が増えなければ)、商品の売れ行きも伸びません。

自社サイトでの無在庫販売では出品数を多くする

繰り返しになりますが、無在庫販売はコストがかからず、在庫リスクもないので大量出品が可能です。このメリットは自社サイトで無在庫販売をする場合にも強力な武器となります。

例えば、商店街にあるお店のうち商品棚に空きが目立つお店では商品を買いたくならないはずです。ネットショップの場合も同じことが言えます。商品数の多さは、お店の魅力の一つなのです。

多ければ多いほど良いとまでは言いませんが、自社サイトを作ったら、商品点数を増やすことは意識すべきです。その点、無在庫販売なら小さなリスクで商品を増やせるので、商品点数を増加させてお店を魅力的なものにするのも簡単です。

無在庫販売なら小さなリスクでビジネスを始められる!

無在庫販売は、在庫を抱えて赤字になる危険がほとんどないため、初めて物販ビジネスを始める人にとっては理想的な販売手法です。

最終的には扱う商品を増やして儲けを増やしていきたいところですが、少ない商品点数からでも始められます。

副業として実践することもできるので、この記事を読んで興味を持った方は、ぜひ無在庫販売に挑戦してみてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!