物販

ネットショップ作成サービス、おちゃのこネットの機能や評判など詳細に解説します!

この記事では、「おちゃのこネット」を紹介します。おちゃのこネットは、費用を抑えてネットショップが開設できるネットショップ作成サービスの一つです。

ネットショップ作成サービスでは、BASEやSTORESのような無料プランがあるサービスが人気です。おちゃのこネットは無料ではありませんが、月額500円(税抜)から利用できるので、有料サービスの中ではかなり安い料金設定です。おちゃのこネットは、どのような特徴があるサービスなのか、評判は良いのか悪いのか、色々な観点から紹介していきますので、ネットショップ開設を考えている人は、是非最後までお読みください。

こんな人に「おちゃのこネット」はおすすめ

最初に、おちゃのこネットは、どのような人にオススメなのか書いておきます。

費用をあまりかけずにネットショップを始めたい人

おちゃのこネットは、費用をあまりかけずにネットショップを始めたい人にオススメです。おちゃのこネットには、ライト、ベーシック、アドバンスドの3つのプランがあり、ライトプランの場合は、月額500円(税抜)でネットショップが開けます。初期費用や販売手数料はゼロ円です。

ただし、決済手数料は別途発生しますから、この分の費用負担は生じます。それでも、かなり低予算でネットショップを始めることができることには間違いありません。

ネットショップ初心者で色々質問したい人

おちゃのこネットは、「よくある質問」や「Webマニュアル」が充実しているので、自分で疑問点を解消することもできます。

それらでも解消できない疑問については、「お問い合わせフォーム」による問い合わせを受け付けています。レスポンスはかなり早く、原則として営業時間内の問い合わせは当日中に、営業時間外の問い合わせは翌営業日には返信があります。また、「おちゃのこ広場」という掲示板に質問を書き込むこともできます。

また、この記事を書いている時点では、新型コロナウィルス感染防止のため休止中ですが、スタッフと直接質問のやりとりができる「おちゃのこカフェ」というサービスもありますし、オンラインで行う「おちゃのこカフェ オンライン」もあります。「おちゃのこカフェ」、「おちゃのこカフェ オンライン」は有料のサービスです。

手軽におしゃれなデザインのネットショップが作りたい人

おちゃのこネットでは、プログラミング等の特別な知識がなくても、簡単に好みのショップがデザインできる、おしゃれなテンプレートを数多く準備しています。

レイアウトを変更したり画像を差し替えたりするアレンジも簡単にできますから、手軽におしゃれなデザインのショップが作れます。

おちゃのこネットの便利な点、不便な点

ここからは、ネット上の評判なども参考にして、おちゃのこネットの便利な点や、ちょっと不便な点について紹介します。

「おちゃのこ倉庫便」が使える

「おちゃのこ倉庫便」は、おちゃのこネットが井阪運輸と提携して行っているサービスです。倉庫に商品を送っておけば、商品の保管、仕分け、梱包、出荷の作業を行ってもらえます。AmazonのFBAと同じようなサービスです。

ショップの規模が小さい最初のうちは、自分で出荷作業を担当することもできますが、商売が軌道に乗ってくると、出荷作業の負担が大きくなります。そんなときに便利なサービスです。なお、おちゃのこ倉庫便は有料のサービスで、月額スペース料、作業料が発生し、配送運賃は別途かかります。

なお、小規模なネットショップを前提としているライトプランでは、おちゃのこ倉庫便は利用できません。利用する際は、ベーシックプランかアドバンスドプランで契約している必要があります。

電話でのサポートがない

先ほども書きましたが、おちゃのこネットでは、お問い合わせフォームから質問を受け付けています。人によっては、電話でやりとりをしながらの方が分かりやすいと思われるかもしれませんが、電話での問い合わせは受け付けていません。

ただ、問い合わせには当日か翌営業日には返信があるので、対応はかなり迅速です。低価格でサービス提供をするための制限ですから、多少不便を感じるかもしれませんが我慢しましょう。

Webマニュアルが分かりやすい

おちゃのこネットのWebマニュアルは、実際の管理画面と同じレイアウトになっていて、見たい項目をクリックすることで説明が表示される仕組みになっています。

普段自分が使っている管理画面と同じレイアウトの画面から知りたい情報を探せるので、かなり便利です。

参考:おちゃのこネットWebマニュアル

また、トップページには「デモ管理画面」へのリンクがあります。申し込み前に管理画面を確認できるので、おちゃのこネットの使い勝手をある程度想像することができます。

定期購入に対応していない

食品や日用品などは、食べ終わった頃あるいは使い終わった頃に、定期的に商品が配送される定期購入が便利です。商品を売る側としても、定期購入の仕組みがあればリピーターを獲得しやすいので有利です。

買い手にとっても売り手にとっても便利な定期購入の仕組みですが、残念なことにおちゃのこネットは未対応です。

おちゃのこネットの機能に関する説明

ここからは、おちゃのこネットで提供されている各種機能について説明します。もちろん、ネットショップを経営する上で必要な機能は揃っていますが、使いやすい機能、それほどでもない機能はやはりありますから、他のサービスと比較検討する際の参考にしてください。

決済代行会社が選べるクレジットカード決済

ネットショップの場合、決済手段の中心になるのはクレジットカードです。クレジットカード決済を導入する際には、決済代行会社と契約を結ぶことになります。ライトプランの場合は、「おちゃのこ決済」以外を選ぶことはできませんが、ベーシックプラン・アドバンスドプランの場合は、複数社から選択可能です。

参考:決済一覧(おちゃのこネット公式ホームページ)

ちなみに、おちゃのこ決済の場合は、初期費用や月額利用料はかかりません。ただし、4.0%~5.0%の決済手数料が発生し、月額最低手数料も設定されているので、無料で利用できるというわけではありません。

参考:おちゃのこ決済TOPページ

独自ドメインの使用は有料

おちゃのこネットでは、ライトプランは共用ドメインocnk.netのみ使用可能です。ベーシックプランかアドバンスドプランで契約すると、独自ドメインが使用できるようになります。

ただし、独自ドメインを使用するには、設定費用が6,000円かかります。ドメインの取得をおちゃのこネットで行った場合は、ドメイン年間費用として、年3,000円~6,000円がかかります。

スマートフォン、タブレット向けの表示に自動対応

スマホやタブレット用に自動的に表示が調節されるデザインを、レスポンシブルデザインといいます。おちゃのこネットでは、レスポンシブルデザインのテンプレートも各種用意されていて、これらを使えば、どの端末で閲覧しても見やすくショップが表示されます。

「店長日記」を作成可能

おちゃのこネットには、店長日記という機能もあります。いわゆるブログ機能です。What’s Newの作成もできるので、新着情報などはそちらに載せることもできますが、商品に対する思いなどを書きたいときは、この店長日記を利用するのもいいでしょう。外部ブログとリンクさせることができるので、他でブログを書いている人も便利に使えます。

SNSとの連携も

最近では、ショップの集客のためにSNSを活用することが重要になってきています。おちゃのこネットでは、FacebookやTwitter、mixiとの連携が可能です。

Instagramで商品をタグ付けすることも可能になったので、SNSとの連携がスムーズになりました。

おちゃのこネットの利用者の評判は?

ここからは、おちゃのこネットを利用している人の評判をチェックしていきます。

おちゃのこネットの使い勝手は?

おちゃのこネットの使い勝手については、概ね好評です。管理画面に表示されるメニューがカラフルに色分けされているので見やすいと評価されています。

一方で、文字がやや小さいとか、レイアウトが古臭いといった評価もあります。ただ、これらは慣れれば問題のないレベルです。HTMLとかCSSといったプログラミングの知識がなくても問題なく操作できることも好評です。

海外向け通販に使っている人の評判は?

おちゃのこネットは、海外向け通販にも利用できます。英語、多通過対応可能で、管理画面の「基本設定」から「グローバル設定」を選ぶことで、言語設定や通貨設定が可能です。比較的簡単に海外向けのショップが作れるので好評です。

また、おちゃのこネットには、海外版「Ochanoko」もあります。海外在住でもおちゃのこネットのサービスが使えます。

参考:Ochanoko

おちゃのこネットのSEO対策は?

おちゃのこネットには、SEO対策としてメタタグを設定できる機能があります。メタタグというのは、サイトの情報を検索エンジン等に伝えるためのもので、検索結果に影響します。

もっとも、メタタグを記入すれば検索上位に表示されるというような単純なものではありませんが、タイトルやディスクリプション、キーワードが簡単に設定できるので、やっておいて損はありません。メタタグの個別設定が簡単にできると、ユーザーに高く評価されています。

おちゃのこネットの利用方法

この記事の最後は、おちゃのこネットの利用方法を説明します。無料お試し期間があるので、おちゃのこネットが気になっている人は、とりあえず新規登録をしてみてください。

新規登録から、利用開始手続へ

新規登録の際は、TOPページの「新規登録」をクリックすると、メールアドレスを入力する画面が表示されます。メールアドレスを入力して、「無料でお試し登録する」をクリックすると、登録したメールアドレスに登録用のメールが送られてきます。

後は、メールにあるURLをクリックすると、本登録用のページが開きます。この時点では、料金は発生しません。

登録が終わると管理画面が開けるようになります。管理画面には「お支払い手続」というハイパーリンクがあるので、これをクリックすると利用開始の手続を始められます。

最初は、料金プランを選択します。ライトプランでは料金が安くなりますが、機能に制限もあります。フルにおちゃのこネットの機能を使いたいなら、ベーシックプランで契約してください。

この記事でも書きましたが、おちゃのこネットでは独自ドメインを利用する際には、別途費用がかかります。

ショップのデザインを決める

ショップのデザインは、管理画面の「デザイン管理」で変更できます。まずは、デザインの基本となるテンプレートを選びます。デザイン管理の「テンプレート選択」を選んでください。

各種のテンプレートから好みのものを選びます。この記事でもご紹介しましたが、パソコンでもスマホでも閲覧しやすい「レスポンシブデザイン」から選ぶのがおすすめです。

テンプレートには色々なデザインがあります。テンプレートのイメージに合った名称が付いているので、それも参考にして選ぶといいでしょう。

例えば、下の画像は「ポップ」です。カラフルなデザインなので、扱う商品が色鮮やかな雑貨や文房具などの場合にマッチします。

逆に、落ち着いた印象を与えるテンプレートもあります。下の画像は「クラフトペーパー」です。雑貨や文房具を扱う場合でも、落ち着いた大人向けの商品の場合は、こういったデザインの方が合います。

同じ大人向けでも、化粧品やアクセサリーのような商品なら、黒を貴重にした「ブラックライン」のようなテンプレートで高級感を出すといいでしょう。

このように、扱う商品や客層によってふさわしいデザインは変わるので、色々と試してみて、自分のイメージに近いデザインを見つけてください。

メイン画像を差し替えれば、印象も変わる

テンプレートを選択したら、メイン画像をショップのイメージに合ったものに差し替えましょう。自分で撮影した写真などをアップロードして使用することができます。

メイン画像はショップの印象を大きく左右しますから、イメージに合った画像を用意してください。

オリジナルのロゴでショップを印象付ける

オリジナルのロゴを作成すると、ショップの印象付けに役立ってくれます。

ロゴ作成などの画像の作成に関しては、おちゃのこネット利用者限定の「グラソル」というグラフィック作成サービスがあります。有料のサービスですが、利用を検討してみるといいでしょう。

参考:グラソル

クラウドワークスのようなサービスを使って、クラウドソーシングで依頼することもできます。

参考:クラウドワークス

販売する商品を登録する

商品の登録は、管理画面の「商品管理」で「商品一覧」を選択すれば可能です。「新しく商品を登録する」をクリックしてください。

商品名や型番・品番・JANコード、カテゴリー、販売価格、送料など細かく設定できます。

店長プロフィールやWhat’s Newも準備

おちゃのこネットでは、店長プロフィールを掲載することもできます。お客様に親しみを持ってもらうためにも、是非書いておきましょう。既にご紹介したようにWhat’s Newや店長日記も書けます。

これらの記事に関する項目は、管理画面の「コンテンツ管理」にあります。

まとめ

おちゃのこネットについて解説してきました。おちゃのこネットがどんなサービスかイメージはつかめましたでしょうか。

おちゃのこネットは利用者の評判も悪くありませんし、無料お試し期間もあるので、一度試してみても損はないサービスです。これからネットショップの開設を検討されている方は、おちゃのこネットの利用も選択肢の一つとして考えてみてください。